金町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 葛飾区 > 金町
金町
—  町丁  —
JR金町駅
金町の位置(東京23区内)
金町
金町
金町の位置
座標: 北緯35度46分08.91秒 東経139度52分14.97秒 / 北緯35.7691417度 東経139.8708250度 / 35.7691417; 139.8708250
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Katsushika-ku, Tokyo.svg 葛飾区
地域 金町・新宿地域
人口 (2016年(平成28年)12月1日現在)
 - 計 17,778人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 125-0042
市外局番 03(東京MA)
ナンバープレート 足立
※座標は金町駅南口付近

金町(かなまち)は、東京都葛飾区の地名。住居表示実施済み。金町一丁目から六丁目が設置されている。2016年12月1日現在の人口は17,778人、世帯数は9,203世帯[1]郵便番号は125-0042。

金町という名称には広義での呼ばれ方と狭義での呼ばれ方が存在する。狭義での金町は、当町域のみを示す場合であり、広義での金町は住居表示が実施される前の金町全体を示して呼びその対象は金町駅の南北にある金町・東金町を併せて全体を呼ぶ場合とに使い分けて呼ばれている。

地理[編集]

葛飾区の北西部、金町駅の南に位置する。市街地住宅地が殆どを占める。北で東金町一・三・六丁目、東で江戸川を挟んだ対岸に千葉県松戸市中矢切、南で金町浄水場及び柴又二・三丁目、西は新宿三・四・五丁目に隣接する。


歴史[編集]

本節では葛飾区の前身の一つである南葛飾郡金町について記す。

金町は古くは金町郷といい、下総国香取神宮領の中心地として栄え、古利根川沿いの鎌倉街道に面した町屋が形成されていた。その後、金町屋と呼ばれていた時期を経て後に金町村になる。応永5年(1399年)の『葛西御厨注文』、永禄2年(1559年)の『小田原衆所領役帳』に地名が載り、中世には葛西神社(香取宮)が香取神宮造営の役所をつとめたと「香取文書」に記述がある。[2]

金町
廃止日 1932年10月1日
廃止理由 編入合併
新宿町本田町亀青村南綾瀬町金町
水元村奥戸町東京市葛飾区
現在の自治体 葛飾区
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京府
南葛飾郡
総人口 9,370
国勢調査1930年
隣接自治体 【東京府】
南葛飾郡新宿町、奥戸町、水元村
千葉県
東葛飾郡松戸町市川町
金町役場
所在地 東京府南葛飾郡金町大字金町
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

南葛飾郡金町にあたるのは、金町・金町浄水場の全域と、東金町(二丁目を除く)、柴又(四・五・六・七丁目)である。

古墳時代から近世まで[編集]

古墳時代には既に拓けていたと考えられており、古墳時代の遺物は半田稲荷神社(東金町4-28-22)・金町浄水場工事現場ほか各所から発見され、同時代にはかなりの集落が散在し、人々が住みついていたことが伺える。時代を下り、飛鳥・奈良時代の711年(和同4年)に半田稲荷神社が、平安時代1185年元暦2年)には葛西神社が創立されており、これら時代にはある程度の大きさのとなっていた。室町時代の1325年(正中2年)に記された「三浦和田文書」には「下総国金町郷」として地名としての金町の記述が見られる。[3]

江戸時代初期の1612年慶長17年)には江戸幕府により水戸道中の要所として江戸川の渡舟場を利用した関所である「金町松戸御関所」(葛飾区東金町8-23)が武蔵国金町村(幕府領)に設置され、以後1869年明治2年)に関所廃止まで江戸幕府の防備上の機能を果たした。また1822年文政5年)の『駅逓志』の記録によれば、五街道・四往還のうち東海道・奥州道中に次ぐ三番目の交通量があり、宿場に常置する伝馬の人数も五街道と同数とあり、かなりの重要な役割を担っていた。[4]

沿革[編集]

  • 1869年明治2年)1月13日 - 廃藩置県で小菅県の設置により、小菅県 南葛飾郡金町村となる。
  • 1871年(明治4年)11月14日 - 第1次府県統合により品川県、東京府(第1次)と合併し、東京府(第2次)の発足に伴い、東京府 管下第十一大区四小区 金町村となる(大区小区制)。金町村役場は現在の第一病院の隣(現葛飾区東金町4-2)に置く。
  • 1889年(明治22年)5月1日 - 町村制の施行に伴い、金町村、柴又村が合併し、行政村としての東京府 南葛飾郡 金町村が発足。
  • 1925年大正14年)8月6日 - 金町村が町制施行の上、金町に改称する。金町役場を現在葛飾区金町子どもセンターとなる場所置く。
  • 1932年昭和7年)10月1日 - いわゆる「大東京市」設置に伴い、南葛飾郡全域が東京市に編入。金町の区域は葛飾区となり、東京府東京市葛飾区 金町となる。「行政町」としての金町はこの時に消滅し、「区画」としての金町(旧一丁目~旧六丁目)と柴又町とになる。この時の金町は現在の金町と東金町の合わせた全体で金町村当時の地域に戻る。
  • 1943年(昭和18年)7月1日 - 東京府と東京市が廃止されて新たに東京都が設置されたのに伴い、東京都 葛飾区 金町となる。この時点では葛飾区の区域には変更はなかった。
  • 1966年(昭和41年)1月1日 - 住居表示実施に伴い、旧金町が常磐線を境に北側が東金町と南側が金町に分割される。旧金町の三、四丁目の一部と五~六丁目(常磐線の北側)が東金町一、三~八丁目となり、旧金町の一、二丁目および三、四丁目の一部(常磐線の南側)が現金町の一丁目六丁目および金町浄水場となる。(住居表示完了は1981年10月1日)
  • 上記の変遷を経て現在に至る。

地名の由来[編集]

金町駅前の市街地再開発事業により誕生した高層マンション『ヴィナシス金町』2009年竣工。

1300年代には既に史料には金町の地名は見られるものの「金町」という地名がどのようにしてつけられたか詳しくは不明である。

現在の「区画」としての名称の旧来の南葛飾郡金町(町制施行以前は「金町村」)を引き継いでいる。

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

金町駅北口と南口にそれぞれバスターミナルがある。詳しくは金町駅を参照。

道路・橋梁[編集]

道路

橋梁

施設[編集]

教育機関[編集]

史跡[編集]

史跡はそのほとんどが、住居表示実施で分離された東金町地域に集中して存在する。

伝統野菜[編集]

 明治末に金町(現葛飾区東金町)の長谷碌之助が、「下千葉中生」という小蕪を4月に早どりできるように改良したもの。  春に花芽が出にくい性質をもっていて春の栽培がしやすいため、金町周辺では盛んに生産が行われた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 世帯と人口(平成28年)/ 葛飾区 戸籍住民課 戸籍住民担当係
  2. ^ 入本英太郎 『葛飾区の歴史』 東京ふる里文庫、昭和54年1月10日第1印発行、217頁
  3. ^ 葛飾区郷土と天文の博物館『年表・葛飾の歴史 古代・中世』 かつしかブックレット7、1997年3月25発行、51頁
  4. ^ 入本英太郎 『葛飾区の歴史』 東京ふる里文庫、昭和54年1月10日第1印発行、114~123、270頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]