隅田町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
隅田町
廃止日 1932年10月1日
廃止理由 編入合併
寺島町隅田町吾嬬町東京市向島区
現在の自治体 墨田区
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京府
南葛飾郡
総人口 23,194
国勢調査1930年
隣接自治体 南葛飾郡寺島町、南綾瀬町本田町
北豊島郡南千住町
南足立郡千住町
隅田町役場
所在地 東京府南葛飾郡隅田町大字隅田
 表示 ウィキプロジェクト

隅田町(すみだまち)とは、東京府南葛飾郡にかつて存在した町である。現在の墨田区の北部に位置していた。

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)5月1日 - 町村制の施行に伴い、以下の8村の各一部が合併して隅田村が発足(カッコ内は残部の編入先)。
    • 善左衛門村の大部分(大木村
    • 若宮村の大部分(寺島村立石村
    • 隅田村の大部分(寺島村、南綾瀬村
    • 木ノ下村飛地(大木村)
    • 堀切村飛地(南綾瀬村)
    • 篠原村飛地(立石村)
    • 四ッ木村飛地(立石村)
    • 上木下川村飛地(大木村)
  • 1923年大正12年)8月15日 - 隅田村が町制施行して隅田町となる。
  • 1914年大正3年)4月1日 - 荒川放水路設置に伴い、大字若宮の大部分が収用される。また荒川放水路右岸に残った部分は本田村と南綾瀬村にそれぞれ編入された。
    隅田村発足時に編入した飛地のうち、もと堀切村飛地は南綾瀬村に、もと篠原村飛地およびもと四ツ木村飛地は立石村が村名変更した本田村にそれぞれ編入され、結果的に本村と同じ自治体に収まった。
  • 1932年昭和7年)10月1日 - 南葛飾郡全域が東京市に編入。隅田町の区域は向島区となり、隅田町一~三丁目(大字隅田の大部分)、隅田町四丁目(大字善左衛門・若宮・上木下川の全域・大字隅田字高森島の一部)を設置。
  • 1934年(昭和9年)6月1日 - 向島区隅田町二丁目の元綾瀬川以北と足立区千住曙町の元綾瀬川以南を交換(町域変更の協議自体は東京市編入前より隅田町と千住町とで行われていた。)。
  • 1947年(昭和22年)3月15日 - 向島区が本所区と合併して墨田区を新設。

交通[編集]

鉄道[編集]

現在の地名[編集]

墨田堤通二丁目(いずれも大体の範囲)

関連項目[編集]