千駄ヶ谷町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

千駄ヶ谷町


せんだがやまち
千駄ヶ谷町
廃止日 1932年昭和7年)10月1日
廃止理由 編入合併
渋谷町千駄ヶ谷町代々幡町東京市渋谷区
現在の自治体 渋谷区
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京府
豊多摩郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 40,900
国勢調査1930年昭和5年)10月1日
隣接自治体 東京市赤坂区四谷区豊多摩郡淀橋町、代々幡町、渋谷町
千駄ヶ谷町役場
所在地 東京府豊多摩郡千駄ヶ谷町大字千駄ヶ谷
座標 北緯35度40分41秒 東経139度42分36秒 / 北緯35.678056度 東経139.71度 / 35.678056; 139.71座標: 北緯35度40分41秒 東経139度42分36秒 / 北緯35.678056度 東経139.71度 / 35.678056; 139.71
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

千駄ヶ谷町(せんだがやまち、せんだがやちょう)は、かつての東京府豊多摩郡に存在したのひとつである。

地理[編集]

町域のほぼ中央を渋谷川が南北に流れるが、町域の大半は武蔵野台地上となる。

歴史[編集]

人口[編集]

  • 1920年 36,374
  • 1925年 39,997
  • 1930年 40,900

地域[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

教育機関[編集]

出身・ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ この際、千駄ヶ谷村のうち1879年(明治12年)に四谷区から編入された地域の一部(字西信濃町・火薬庫前・霞岳・川向・甲賀町・大番町・池尻)は再び四谷区に戻った。(現・新宿区霞ヶ丘町全域、信濃町の西側、大京町の南側)
  2. ^ 飛地の字五反田は赤坂区麻布区に編入された。(現・港区北青山五丁目、西麻布一-二丁目、六本木七丁目)
  3. ^ 仰徳国民学校(千駄ヶ谷第二尋常小学校)跡 渋谷区教育委員会
  4. ^ a b 『人事興信録 第6版』く43頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年10月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]