千駄ヶ谷町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千駄ヶ谷町

  1. 1932年昭和7年)まで東京府豊多摩郡に存在した自治体名。本項で詳述。
  2. 1879年明治12年)まで四谷区に存在した町名。1872年(明治5年)に改称して千駄ヶ谷町一丁目-三丁目が誕生。1878年明治11年)の郡区町村編制法の施行で四谷区となるが、1879年明治12年)に南豊島郡千駄ヶ谷村(1.の前身)に編入された際に消滅した。現在の新宿区霞ヶ丘町渋谷区千駄ヶ谷一-四丁目の区域に当たる。

せんだがやまち
千駄ヶ谷町
廃止日 1932年昭和7年)10月1日
廃止理由 編入合併
渋谷町千駄ヶ谷町代々幡町東京市渋谷区
現在の自治体 渋谷区
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京府
豊多摩郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 40,900
国勢調査1930年昭和5年)10月1日
隣接自治体 東京市赤坂区四谷区豊多摩郡淀橋町、代々幡町、渋谷町
千駄ヶ谷町役場
所在地 東京府豊多摩郡千駄ヶ谷町大字千駄ヶ谷
座標 北緯35度40分41秒 東経139度42分36秒 / 北緯35.678056度 東経139.71度 / 35.678056; 139.71座標: 北緯35度40分41秒 東経139度42分36秒 / 北緯35.678056度 東経139.71度 / 35.678056; 139.71
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

千駄ヶ谷町(せんだがやまち、せんだがやちょう)は、かつての東京府豊多摩郡に存在した町のひとつである。

地理[編集]

町域のほぼ中央を渋谷川が南北に流れるが、町域の大半は武蔵野台地上となる。

歴史[編集]

人口[編集]

  • 1920年 36,374
  • 1925年 39,997
  • 1930年 40,900

地域[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

教育機関[編集]

出身・ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ この際、千駄ヶ谷村のうち1879年(明治12年)に四谷区から編入された地域の一部(字西信濃町・火薬庫前・霞岳・川向・甲賀町・大番町・池尻)は再び四谷区に戻った。(現・新宿区霞ヶ丘町全域、信濃町の西側、大京町の南側)
  2. ^ 飛地の字五反田は赤坂区麻布区に編入された。(現・港区北青山五丁目、西麻布一-二丁目、六本木七丁目)
  3. ^ 仰徳国民学校(千駄ヶ谷第二尋常小学校)跡 渋谷区教育委員会
  4. ^ a b 『人事興信録 第6版』く43頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年10月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]