落合町 (東京府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おちあいまち
落合町
廃止日 1932年10月1日
廃止理由 新設合併
淀橋町大久保町戸塚町落合町東京市淀橋区
現在の自治体 新宿区
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京府
豊多摩郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 30,593
国勢調査、1930年10月1日)
隣接自治体 豊多摩郡戸塚町、中野町野方町北豊島郡高田町長崎町
落合町役場
所在地 東京府豊多摩郡落合町大字下落合字伊勢原1422
座標 北緯35度43分10秒 東経139度41分31秒 / 北緯35.71958度 東経139.69194度 / 35.71958; 139.69194 (落合町)座標: 北緯35度43分10秒 東経139度41分31秒 / 北緯35.71958度 東経139.69194度 / 35.71958; 139.69194 (落合町)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

落合町(おちあいまち)は、東京府豊多摩郡にかつて存在したである。

地理[編集]

ほとんどが武蔵野台地を構成する豊島台上にあるが、妙正寺川神田川の周辺には谷底平野が形成されている。この2つの川は当地で合流しており、地名の「落合」の由来にもなっている。

歴史[編集]

町名の変遷[編集]

淀橋区成立時の町名改称は以下のとおり[1]

実施後 実施年月日 実施前(いずれも特記ない場合は全域)
上落合一丁目 1932年10月1日 大字上落合字前田・八幡耕地・下田・伊勢宮下・前川向
上落合二丁目 大字上落合字大塚・栗原下・三ノ輪
下落合一丁目 大字下落合字東耕地・丸山・新田
下落合二丁目 大字下落合字中原・本村・南耕地・向田・戶塚
下落合三丁目 大字下落合字不動谷・伊勢原・前谷戶、大字上落合字北川向(一部)
下落合四丁目 大字下落合字大原・小上・大上(一部)、大字上落合字北川向(一部)
下落合五丁目 大字葛ヶ谷字御靈下、大字下落合字葛ヶ谷(一部)、大字上落合字北川向(一部)
西落合一丁目 大字葛ヶ谷字東・北耕地・西耕地
西落合二丁目 大字葛ヶ谷字中通・前耕地、大字下落合字大上(一部)・葛ヶ谷(一部)
西落合三丁目 大字上落合字四村

地域[編集]

  • 大字名
    小字名(地番)
  • 上落合
    前田(1-160)、八幡(161-269)、下田(270-401)、伊勢宮下(402-539)、大塚(540-567)、東原下(568-794)、三之輪(795-900)、北川向(901-929)、四村(930-991)
  • 下落合
    東(1-273)、丸山(274-417)、新田(418-562)、中原(563-666)、本村(667-885)、南(886-1072)、不動谷(1073-1383)、伊勢原(1384-1522)、大原(1523-1723)、前谷戸(1724-1912)、小上(1913-2142)、大上(2143-2349)、向田(2350-2369)、戸塚飛地(2370-2378)、葛ヶ谷飛地(2414-2420)
  • 葛ヶ谷
    東耕地(1-91)、北耕地(92-280)、西耕地(281-420)、仲通(421-506)、前耕地(507-794)、御霊下(795-903)

交通[編集]

鉄道[編集]

教育機関[編集]

出身・ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 東京市新區町名地番表 - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー
  2. ^ 『人事興信録 第7版』つ31頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年2月20日閲覧。
  3. ^ 『人事興信録 第14版 下』フ37頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年4月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。

東京市臨時市域擴張部 『豊多摩郡落合町現状調査』 1931年

関連文献[編集]

  • 斎藤長秋 編「巻之四 天権之部 落合惣図」 『江戸名所図会』 2巻、有朋堂書店〈有朋堂文庫〉、1927年、582-583頁。NDLJP:1174144/296 

関連項目[編集]