武蔵野台地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武蔵野の面影を残す、新座市立新堀小学校の学校教育林。
武蔵野台地のランドサット衛星写真。スペースシャトル標高データ使用。

武蔵野台地(むさしのだいち)は、関東平野西部の荒川多摩川に挟まれた面積700km2[1]台地である。その範囲は東京都区部の西半分、立川市福生市青梅市東南部などの市部の一部、そして所沢市など埼玉県入間地域志木市など新座地域を含み、川越市が武蔵野台地の北端に位置する。武蔵野台地の地形は古くから研究が進められ、日本の第四紀編年の基準とされてきた。

名称の由来は万葉集中世文学にたびたび登場し、国木田独歩の随筆でも知られる地域名“武蔵野”で、地図の上で大きく重なることから名づけられたもの。

成立[編集]

関東山地を穿ちながら縫うように流れ下ってきた多摩川は、青梅を扇頂とする扇状地を形成した。この扇状地が武蔵野台地の基盤であり、その上を関東ローム層が数メートルから十数メートルの厚みをもって堆積している。

地形[編集]

段丘と崖線[編集]

武蔵野公園から見た国分寺崖線。奥の木立がその崖面で、「ハケ」と通称される。
新河岸川から見た北部河岸段丘(朝霞市宮戸)
左手が上野恩賜公園(武蔵野台地)、右手が低地(東京都台東区

武蔵野台地では2種類の発達した河岸段丘が見られる。ひとつは南側を流れる多摩川によって形成されたものであって、最も低い段丘(低位面)を立川段丘あるいは立川面、それよりも一段高い段丘(高位面)を武蔵野段丘あるいは武蔵野面と呼ぶ。もうひとつは北部に見られるものであって、かつての多摩川の流路の名残りと考えられているものである。

各段丘の縁端は段差数メートル程度のちょっとした崖になっており、武蔵野の方言ではこれを「ハケ」とか「ママ」などと呼ぶ[2]。また、段丘の縁端に沿って延々と続くこうした崖の様子を、学術的には崖線(がいせん)と呼んでいる。武蔵野台地周辺ではいくつかの崖線がよく知られている。

立川崖線(府中崖線や布田崖線とも呼ばれる)[編集]

立川市府中市調布市の中心市街地が載っている立川面は立川崖線(たちかわがいせん)によって多摩川の沖積低地と分けられていて、国立市谷保(やほ)から青柳(あおやぎ)にかけて、および昭島市付近や青梅市付近にさらに低位の面を抱えている。それらを青柳面、拝島面、千ヶ瀬面として区別する研究者もいる[3]。立川崖線は、青梅付近から多摩川に沿う形で立川市内まで続き、JR中央線の多摩川鉄橋の付近から東に向かい、立川市役所の南を通って、南武線甲州街道の間をさらに東に向かう。谷保の西で甲州街道の南に入る。ここに谷保天満宮が崖線を利用した形で置かれている。そこからは甲州街道のおよそ500mほど南を東に進み、狛江市元和泉付近まで続いている。立川崖線は府中崖線(ふちゅうがいせん)や布田崖線(ふだがいせん)とも呼ばれる。

これらは、多摩川(玉川)や東京湾(内海)の海による浸食で出来たものである[4]

国分寺崖線[編集]

立川面と武蔵野面とは国分寺崖線(こくぶんじがいせん)によって分けられている。国分寺崖線は武蔵村山市緑が丘付近に始まり、西武拝島線多摩都市モノレール玉川上水駅付近を通り、JR中央線を国立駅の東側で横切り、国分寺市小金井市と国立市・府中市の市境に沿って東に進む。さらに野川の北に沿いながら調布市に入って深大寺付近を通り、つつじヶ丘などの舌状台地を作りながら世田谷区の砧地域玉川地域南部を通り、大田区の田園調布を経て同区の嶺町付近に至る。世田谷区の等々力渓谷は国分寺崖線の一部である。高低差は20メートル近くになる。なおこの国分寺崖線は、古多摩川(関東ローム層下に存在)の浸食による自然河川堤防と考えられている[5]

北部河岸段丘[編集]

武蔵野台地の北部で見られる河岸段丘は、刃物を当ててさらったような形状を示している。それらは現在流れている黒目川落合川柳瀬川といった小河川によって侵食されたのではなく、多摩川のかつての流路であろうと考えられている[6]。段丘の高低差は大きいところで数メートル程度なので段丘崖の存在に気づかないこともある。

東部の舌状台地群と、その上にひろがる都心市街[編集]

武蔵野台地は、その成因から、水を通さない海成の粘土質層の上に水を通しやすい礫層が互層しており、この層面から地下水が湧き出し、台地上の中小河川の源流となっていることが多い。台地上に見られる池の多くがこのような成因である。また地名として「清水」を冠していることが多く、さらに、大きな神社や寺社が境内として取り込んだり、名家や武家の庭園になっていた例もある。これらの河川によって武蔵野台地の東部は開析が進んでいて谷が鹿の角のように入り組み、多数の舌状台地が武蔵野台地から削りだされている。

これらの台地にはそれぞれ名前がつけられており、久が原田園調布目黒淀橋豊島本郷成増といった呼称が行われるほか、より細かい区分を行うこともある。たとえば陣内秀信は都心部について、上野台地、本郷台地、小石川・目白台地、牛込台地、四谷・麹町台地、赤坂・麻布台地、芝・白金台地の7台地を数えている[7]

武蔵野台地は湧水によって水利が得やすく、また沖積低地のような洪水も避けることができるため、古来から人口は多かったと思われ、多摩川の崖線には古墳時代の古墳や遺跡が多数残されている。武蔵野台地の東端にあたる淀橋台に地の利を見出したのが太田道灌であった。道灌が築城した江戸城皇居)は、平川と目黒川の間を広くカバーする淀橋台の最東端に置かれ、道灌につづいて江戸に入った徳川家康もまた台地を囲む圏谷を掘割に利用するなど、地形を巧みに利用している。これらの台地先端は、東側の沖積低地や東京湾岸から見ると、独立した山のように形容され、江戸期までに「忍ケ岡(上野山の古名)」「愛宕山」「紅葉山(現・皇居吹上御所付近)」「城南五山」などと呼ばれ、実際に武蔵野台地は上野駅の西側で15m以上の標高差を見せる崖となって終わる。

分水界[編集]

黒目川や柳瀬川は武蔵野台地を北東方向へ流れ、下流で荒川に合流している。すなわち荒川水系に属している。一方、残堀川や野川のように多摩川水系に属する川も武蔵野台地には流れているので、武蔵野台地のどこかに両水系の境界線、すなわち分水界が存在する。

湧水と利水[編集]

ママ下湧水群のひとつ「上(かみ)のママ下」(国立市矢川)
ママ下湧水群にほど近い農業用水の景観(国立市谷保)

「ハケ」「ママ」の湧水[編集]

「ハケ」「ママ」の斜面地の多くは雑木林で覆われ、「ハケ下」、「ママ下」には湧水がみられる。特に有名なのは名水百選にも選ばれている国分寺市の「お鷹の道・真姿の池湧水群」である。これは国分寺崖線下の湧水であって、多摩川の支流である野川の源流のひとつとなっている。もうひとつ著名なのは、国立市の「ママ下湧水群」である。これは青柳崖線下の湧水であって、湧水量の多さとそれが今も稲作に用いられ、大都市近郊にありながら昔ながらの景観を生み出しているとともに多様な水辺の生物を涵養している点に価値がある。

まいまいず井戸[編集]

武蔵野台地でかつて多く見られた形式の井戸が「まいまいず井戸」である。詳細は「まいまいず井戸」を参照のこと。

用水路と農業[編集]

かつて武蔵野台地の中央、立川面には武蔵国国府国衙国分寺が置かれ、武蔵国の中心となっていた。これは、武蔵国でもこの一帯が水に恵まれていたためであると考えられている。

一方、高位面である武蔵野面の開発は水の便が悪かったため江戸時代まで入会地として利用される程度の状態だった。このような状況を変えたのが、川越藩主の松平信綱による玉川上水野火止用水の開削である。玉川上水は江戸市中の水道のために設けられたものであるが、野火止用水をはじめ多くの分水路は田用水としても作られ武蔵野面の水利の状況を一変させたという点からも重要である。また、川越藩主の柳沢吉保によって現在の所沢市三芳町にまたがって三富新田が開発され、将軍吉宗期の享保の改革では役人集団を率いて地方御用を兼任した町奉行大岡忠相により武蔵野新田の開発が行われた。

典型的な関東地方作地帯であり、昭和も後半の高度成長期頃までは、が2割から3割、それも陸稲米で冷えるとぽろぽろになる麦飯かて飯常食とし[8]水田地帯の人たちから「麦は軽いから、風呂に入ると浮いてしまう」と軽蔑されていた土地柄であったが[9]、今日では武蔵野台地は大消費地を至近に持っている地の利を生かして傷みやすいホウレンソウ小松菜などの葉物野菜の供給地として、またキウイフルーツ花卉などの園芸作物の生産地となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 水環境と武蔵野台地 第12回環境地質学シンポジウム・地質環境国際シンポジウム要旨集
  2. ^ 調布・狛江市内にある「羽毛下通り」、市川市の「真間」など、地名にも見ることができる。
  3. ^ 1.外部リンク「東京の湧水」参照。2.福生市の景観特性と課題>3つの景観ゾーン>【街の手ゾーン】(拝島段丘)・【丘の手ゾーン】(立川段丘)(PDF)
  4. ^ 崖線とは
  5. ^ 国分寺崖線上縁東下がり緩斜面の等高線表現と成因 地図 Vol.34 (1996) No.4 P1-8
  6. ^ 貝塚爽平ほか編(2000年)『日本の地形4 関東・伊豆小笠原』東京大学出版会、235p.
  7. ^ 『東京の空間人類学』 陣内秀信 筑摩書房 1992年
  8. ^ 渡辺善次郎ほか編 『聞き書 東京の食事』 農山漁村文化協会、1988年、ISBN 4-540-87098-X、189p
  9. ^ 新谷尚紀ほか編 『民俗小事典 食』 吉川弘文館、2013年、ISBN 978-4-642-08087-3、28p

関連項目[編集]

外部リンク[編集]