保谷市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ほうやし
保谷市
Flag of Hoya Tokyo.svg
保谷市旗
Emblem of Hoya, Tokyo.svg
保谷市章
 1967年昭和42年)3月制定
廃止日 2001年1月21日
廃止理由 新設合併
保谷市田無市西東京市
現在の自治体 西東京市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京都
団体コード 13217-9
面積 9.05km2.
総人口 102,720
(2000年国勢調査)
隣接自治体 練馬区田無市武蔵野市
東久留米市埼玉県新座市
市の木 ケヤキ
市の花 サザンカ
他のシンボル -
保谷市役所
所在地 202-8555
東京都保谷市中町一丁目5番1号
 表示 ウィキプロジェクト

保谷市(ほうやし)は、東京都にあった。東京都特別区部への通勤率は51.1%(平成12年国勢調査)。2001年(平成13年)1月21日田無市合併新設合併)して、西東京市となった。

地名の由来[編集]

江戸時代の文献には穂屋または穂谷の地名が用いられていた。「」の文字が使われていたことから、周辺に比べ水利が良く、植生が豊かな土地であることが地名の由来であると考えられている。

その後17世紀後半の元禄時代には、公文書に現在の保谷の文字が記されており、幕府に提出する書類に間違えて保谷を使い、以後この字になったとあり、現在の地名はこの頃に確定したと思われる。

西東京市の成立後その名は、駅名の保谷駅と町名(保谷町および下保谷)、創業の地があった光学機器ガラスメーカーの社名「HOYA」として残っている。

地理[編集]

2007年現在の東京都西東京市ひばりが丘(田無市ひばりが丘団地であった三丁目2番を除く。)、ひばりが丘北住吉町栄町北町下保谷東町中町泉町保谷町富士町東伏見柳沢新町に相当する。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

他の多摩地域と同様に江戸時代ごろより江戸への農産物の供給地として発展し、特に玉川上水からの分水である千川上水の開通をうけ新田開発も行われた。

大正時代に池袋と所沢をむすぶ武蔵野鉄道(現在の西武鉄道池袋線)が開通し、保谷駅ひばりヶ丘駅(当時は田無町駅)が開業した。

その後は鉄道により東京(市内)の糞尿を肥料とするため運び入れ、収穫した作物(野菜が中心)を出荷する近郊農業が中心となる。

太平洋戦争後は都心に近いことから住宅(特に団地)開発がすすみ、(都営の柳沢、公団の東伏見、ひばりが丘)東京のベッドタウンとして発展する。

市内に存在した駅[編集]

コミュニティバス[編集]

1996年(平成8年)運行開始[2]西武バス上石神井営業所に運行を委託し、専用車として新車(日野・リエッセ2台、車椅子用リフト無し)を導入。

2001年の合併にともない、翌2002年3月に西東京市「はなバス」として運行開始し、専用車両も引き継がれた。詳細は、はなバスの項を参照。

姉妹都市・提携都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京府北多摩郡埼玉県北足立郡境界変更法律(明治40年法律第8号)「埼玉県北足立郡保谷村ヲ東京府北多摩郡ニ編入ス」『官報』明治40年3月18日号に掲載
  2. ^ 平成29年版 統計にしとうきょう 付録:年表 (PDF) 西東京市公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]