渕江村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渕江村
廃止日 1932年昭和7年)10月1日
廃止理由 編入合併
渕江村千住町西新井町梅島町舎人村東渕江村
伊興村江北村綾瀬村花畑村東京市
現在の自治体 足立区
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京府
南足立郡
団体コード 当時存在せず
総人口 3,277
国勢調査1930年
隣接自治体 南足立郡梅島町花畑村伊興村 / 埼玉県北足立郡
渕江村役場
所在地 東京府南足立郡渕江村大字保木間
外部リンク 当時存在せず
 表示 ウィキプロジェクト

渕江村(ふちえむら)は、1889年明治22年)から1932年昭和7年)まで存在した東京府南足立郡である。現在の保木間東保木間西保木間竹の塚保塚町六月東六月町六町に相当する。

概要[編集]

南足立郡北部にあった村である。かつて「渕江」とは舎人周辺地域を除く足立区全体を示す名称であった。

村名の由来[編集]

渕江村の名称は読んで字のごとく、水辺にまつわる地名である。渕江地域は紀元前後まで遠浅の奥東京湾の沿岸に位置し、海退と土砂堆積で内陸化してからもしばらくは湿地や沼が多く点在していた。「渕江」の名が最初に文献に登場するのは1397年応永4年)の「渕江郷」であった。

渕江か淵江か[編集]

「ふち」の表記法は公文書や公機関発行の地図、歴史文献などによって「渕」および「淵」の二種類が混在している。「ふちえ」の名を冠した施設(足立区立渕江小学校・足立区立渕江第一小学校・足立区立渕江第二小学校)などは「渕」の表記を用いているが、しかしそれらも校章や文献資料によっては「淵」と記されている。この表記法についてはどちらが正しいかは厳密に定義されておらず、「にっぽん」か「にほん」かと同じく、慣用的にどちらも認められているものである。ただし、上記の施設の名称を示す場合は、「渕」の表記を用いるのが妥当である。

これは東渕江および東渕江村も同様である。

歴史[編集]

年表[編集]

地域の歴史[編集]

保木間村[編集]

竹塚村[編集]

六月村[編集]

伊興村[編集]

花畑村(飛び地)[編集]

明治22年以前 明治22年5月1日 - 昭和6年 昭和7年 - 昭和17年 昭和18年 - 現在 現在
足立郡保木間村 南足立郡渕江村 東京市足立区 東京都足立区 足立区
足立郡竹塚村
足立郡六月村
足立郡伊興村
足立郡花畑村(飛び地)

関連項目[編集]