鶴川村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鶴川村
廃止日 1958年2月1日
廃止理由 新設合併
町田町鶴川村忠生村堺村町田市
現在の自治体 町田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京都
南多摩郡
隣接自治体 東京都:南多摩郡町田町忠生村多摩村
神奈川県川崎市横浜市
鶴川村役場
所在地 東京都南多摩郡鶴川村大蔵
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

鶴川村(つるかわむら)は、かつて東京都南多摩郡に存在したである。1958年(昭和33年)、近隣の1町2村との合併により町田市となり廃止された。

概要[編集]

現在の町田市の町名では金井町金井薬師台野津田町小野路町鶴川大蔵町能ヶ谷広袴町広袴真光寺町真光寺三輪町三輪緑山にほぼ相当する。

現在でも町田市ではこの旧村域を「鶴川地域」「鶴川地区」としているほか、「鶴川」という町名として、また「鶴川市民センター」や「鶴川中学校」のように、施設や学校名にその名を残している。 

歴史[編集]

名称の由来[編集]

鶴川村を構成した8つの村がすべて鶴見川水系であったことから[1]

沿革[編集]

地理[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

ゆかりの有名人[編集]

  • 白洲次郎 - 1940年に鶴川村能ヶ谷の古い農家を購入し、疎開した。
  • 白洲正子 - 白洲次郎の妻で、随筆家。
  • 河上徹太郎 - 1945年5月25日の東京大空襲で焼け出されてから2年間、鶴川村の白洲邸に寄寓。
  • 石川桂郎 - 1946年から鶴川村能ヶ谷に居住し、以降その地で過ごした。
  • 根本博 - 大日本帝国陸軍及び中華民国陸軍の軍人。現在の能ヶ谷に居住していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 町田の歴史をさぐる編修委員会『町田の歴史をさぐる』、1978年

関連項目[編集]