長岡村 (東京府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長岡村
廃止日 1940年11月10日
廃止理由 新設合併
箱根ヶ崎村石畑村殿ヶ谷村長岡村瑞穂町
現在の自治体 瑞穂町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京府
西多摩郡
隣接自治体 箱根ヶ崎村、西多摩村霞村
長岡村役場
所在地 東京府西多摩郡箱根ヶ崎村(共同使用)
 表示 ウィキプロジェクト

長岡村(ながおかむら)とは、神奈川県東京府西多摩郡にかつて存在した村である。現在の瑞穂町の西部に位置する。瑞穂町の地名として現存する。

歴史[編集]

村名の由来[編集]

長谷部新田の「長」と下師岡新田の「岡」から取った合成地名

沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行に伴い、長谷部新田と下師岡新田が合併して長岡村が発足。神奈川県西多摩郡箱根ヶ崎村石畑村殿ヶ谷村町村組合を結成し、箱根ヶ崎村外三ヶ村組合が発足。
  • 1893年(明治26年)4月1日 - 東京府へ移管。
  • 1940年(昭和15年)11月10日 - 箱根ヶ崎村外三ヶ村組合を廃止。各村が合併して瑞穂町を新設。同日長岡村廃止。瑞穂町大字長岡長谷部、長岡下師岡となる。

関連項目[編集]