碑衾町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
碑衾町
廃止日 1932年10月1日
廃止理由 編入合併
目黒町碑衾町東京市目黒区
現在の自治体 目黒区
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京府
荏原郡
総人口 40,972
(1930年10月1日)
隣接自治体 目黒町、荏原町馬込町
池上町駒沢町玉川村
碑衾町役場
所在地 東京府荏原郡碑衾町
座標 北緯35度37分17秒
東経139度40分57秒
 表示 ウィキプロジェクト

碑衾町(ひぶすままち)とは、東京府荏原郡にかつて存在した町である。現在の目黒区の南部に位置していた。町名の由来は文谷と。おおむね東急東横線の沿線にあたる。

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)5月1日 - 町村制の施行に伴い、碑文谷村の全域と衾村の一部(残部は玉川村に編入)が合併して碑衾村が発足。
  • 1927年昭和2年)4月1日 - 碑衾村が町制施行して碑衾町となる。
  • 1931年(昭和6年)4月1日 - 碑衾が難読であることを理由に、町名を公募で決めた「朝日町」に改名する予定であった[1]が、東京市への編入が現実味を帯びてきたため、立ち消えとなっている。
  • 1932年(昭和7年)6月16日 - 大字衾の一部から大字自由ヶ丘が成立。
  • 1932年(昭和7年)9月10日 - 大字衾の一部から大字鷹番、三谷、本郷が成立。
  • 1932年(昭和7年)10月1日 - 荏原郡全域が東京市に編入。碑衾町の区域は目黒区となる。

経済[編集]

産業[編集]

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば碑衾村の篤農家は、「栗山久次郎、河原源右衛門、井上銀蔵」などである[2]農業を営む人物は「栗山仙太郎、栗山徳蔵、栗山政五郎、小杉鎌吉、小杉信太郎」などである[3][4]

商工業
  • 栗山銀右衛門(漬物商)[3]
  • 小杉慶壽(白米商)[4]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

いずれも現在の呼称。

名所・旧跡[編集]

現在の地名[編集]

大岡山柿の木坂自由が丘洗足平町鷹番中根原町東が丘碑文谷緑が丘目黒本町八雲中央町一丁目(いずれも大体の範囲)

教育機関[編集]

出身・ゆかりのある人物[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 目黒区誕生 2 幻の朝日町
  2. ^ 『大日本篤農家名鑑』280頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月29日閲覧。
  3. ^ a b 『日本紳士録 第36版』東京クの部284頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月22日閲覧。
  4. ^ a b 『日本紳士録 第34版』東京コの部295頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月22日閲覧。
  5. ^ 『早稲田大学校友会会員名簿 大正14年11月調』150頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 『早稲田大学校友会会員名簿 大正14年11月調』早稲田大学校友会、1915-1925年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第34版』交詢社、1930年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第36版』交詢社、1932年。
  • 東京市臨時市域擴張部 『荏原郡碑衾町現状調査』 1931年。

関連項目[編集]