碑文谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 東京都 > 目黒区 > 碑文谷
碑文谷
—  町丁  —
カトリック碑文谷教会(サレジオ教会
碑文谷の位置(東京23区内)
碑文谷
碑文谷
碑文谷の位置
座標: 北緯35度37分10.19秒 東経139度41分30.04秒 / 北緯35.6194972度 東経139.6916778度 / 35.6194972; 139.6916778
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Meguro, Tokyo.svg 目黒区
面積[1]
 - 計 1.0261km2 (0.4mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[2]
 - 計 17,094人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 152-0003[3]
市外局番 03[4]
ナンバープレート 品川

碑文谷(ひもんや)は、東京都目黒区の地名。現行行政地名は碑文谷一丁目から碑文谷六丁目。郵便番号は152-0003[3]

地理[編集]

地区内には東京都道318号環状七号線(環七通り)及び東京都道312号白金台町等々力線(目黒通り)の2つの重要幹線道路があり、両者が交差する柿の木坂陸橋は、重要な交通要所になっている。

公共交通の面では、目黒通りを中心とするバス路線網が充実しており、山手線目黒駅方面への便は非常に良い。最寄りの鉄道駅東急東横線学芸大学駅都立大学駅および東急目黒線西小山駅。他に徒歩で利用可能な駅として、東急大井町線・東急目黒線大岡山駅等がある。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、碑文谷4-12-14の地点で63万円/m2となっている[5]

面積、世帯数と人口[編集]

丁目ごとの面積[1]、および2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口[2]は以下の通りである。

丁目 面積 世帯数 人口
碑文谷一丁目 0.22km2 1,869世帯 4,023人
碑文谷二丁目 0.1597km2 1,594世帯 3,215人
碑文谷三丁目 0.1292km2 1,002世帯 2,143人
碑文谷四丁目 0.165km2 1,265世帯 2,475人
碑文谷五丁目 0.2105km2 2,017世帯 3,436人
碑文谷六丁目 0.1417km2 1,023世帯 1,802人
1.0261km2 8,770世帯 17,094人

歴史[編集]

碑文谷は、かつては東京府荏原郡にあった村である[6]1932年昭和7年)に東京市目黒区に入りその町名となる[6]。かつてはタケノコの産地として有名であったが、次第に宅地化された。

地名の由来[編集]

かつての荏原郡碑文谷郷、後の碑文谷村に由来する。碑文谷の由来には碑文谷八幡宮内稲荷社に保存されている梵字を刻んだ「碑文石」のある谷(里)ないし秘文の谷(里)(「世田谷城名残常磐記」)が起源とするもの、鎌倉・室町期からの加工品「檜物(ひもの)」作りが盛んであったことに由来するなど、諸説ある。

地域[編集]

相談[編集]

2丁目
4丁目
  • 税理士岩間崇浩事務所[7]
  • 丸山圭子税理士事務所[7]
5丁目
  • 税理士奥川透事務所[7]
  • 坂本君枝税理士事務所[7]
  • 税理士法人 山本総合会計[7]
6丁目
  • 才一真也税理士事務所[7]
  • 佐々木香美税理士事務所[7]

公共機関[編集]

教育機関[編集]

健康[編集]

医療機関
1丁目
  • 愛歯デンタルクリニック
  • 吉田医院
2丁目
  • ひもんや歯科
4丁目
  • 碑文谷保健センター
  • 前田歯科医院
  • 芳賀歯科クリニック
5丁目
  • フェニックス矯正歯科
6丁目
  • 藤田医院

施設[編集]

宗教
公園

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[9]

丁目 番地 小学校 中学校
碑文谷一丁目 全域 目黒区立碑小学校 目黒区立第七中学校
碑文谷二丁目 全域
碑文谷三丁目 全域 目黒区立大岡山小学校 目黒区立第七中学校
碑文谷四丁目 全域
碑文谷五丁目 全域 目黒区立鷹番小学校 目黒区立目黒中央中学校
碑文谷六丁目 全域

交通[編集]

鉄道
  • 東急東横線 学芸大学駅・都立大学駅
    • 学芸大学駅は開業当初「碑文谷駅」と称していたほか、1966年までは学芸大学駅と都立大学駅の間に碑文谷工場が所在していた。
  • 東急目黒線 西小山駅
路線バス

目黒駅や都立大学駅を起点とした東急バスの路線網が発達している。特に、碑文谷線(黒01系統)は東急バス全体の中で一番本数が多い。東98系統は東京駅丸の内南口から等々力操車場にいたるバス路線であり、東急バスと都営バスが共同運行する最後の路線であったが、2013年4月1日より東急バスの単独運行となった。詳しくは以下を参照のこと。

出身・ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 区勢要覧 - 2.人口と世帯”. 目黒区 (2016年10月1日). 2018年1月8日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数および人口表”. 目黒区 (2017年12月7日). 2018年1月8日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月8日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月8日閲覧。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ a b 『日本地名大辞典 第5巻』4910頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月4日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i 税理士情報検索、税理士情報検索サイト。
  8. ^ 猫の足あと
  9. ^ 区立学校学区域”. 目黒区 (2015年3月26日). 2018年1月8日閲覧。
  10. ^ a b c d e 『日本紳士録 第35版』東京ツの部513-514頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月26日閲覧。
  11. ^ 『人事興信録 第13版 下』ツ45頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月28日閲覧。
  12. ^ a b 『日本紳士録 第32版』東京ツの部510-511頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月31日閲覧。
  13. ^ 『人事興信録 第9版』ツ39頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月26日閲覧。
  14. ^ 『日本紳士録 第45版』東京ツの部366頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月24日閲覧。
  15. ^ a b 『日本紳士録 第38版』東京ツの部528頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月24日閲覧。
  16. ^ 『東京府市名誉録』荏原郡之部(碑衾村)34頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月24日閲覧。
  17. ^ 『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』附録 全国多額納税者 東京府5頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月24日閲覧。
  18. ^ a b c 『日本紳士録 第36版』東京トの部525頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月22日閲覧。
  19. ^ a b c d 『日本紳士録 第34版』東京トの部514頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年8月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 篠田皇民『東京府市名誉録』東京人事調査所、1925年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第32版』交詢社、1928年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第34版』交詢社、1930年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第35版』交詢社、1931年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第36版』交詢社、1932年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』交詢社、1933年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第38版』交詢社、1934年。
  • 日本書房編『日本地名大辞典 第5巻』日本書房、1937-1938年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第45版』交詢社、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]