下目黒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 目黒区 > 下目黒
下目黒
権之助坂(目黒通り
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 目黒区
面積
 - 計 0.97km2 (0.4mi2)
人口 (2017年平成29年)4月1日)
 - 計 20,559[1]
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 153-0064

下目黒(しもめぐろ)は、東京都目黒区の地名。現行行政地名は下目黒一丁目から下目黒六丁目。

地理[編集]

目黒区東部地区に属する[2]。北で目黒一・二・三・四丁目、東で品川区上大崎四丁目、南で品川区西五反田三・四丁目、南西で品川区小山台一・二丁目、西で目黒本町一丁目、北西で中町一丁目と接する。町域の東部には平安時代前期の創建とされる瀧泉寺(目黒不動)があり、毎月28日の縁日には多くの人出で賑わいを見せる。

一丁目と三丁目は坂が多く、なかでも行人坂は都内屈指の急坂である。四半世紀前[いつ?] の冬、凍結した行人坂をはるか下まで滑り落ちて大怪我する歩行者が続出することがあり、現在では手摺りが取り付けられている。

目黒駅を出発し、坂の町である一丁目を下ると目黒川で、目黒川を越すと平坦な二丁目。山手通りを越すと今度は上りになって三丁目。三丁目の先は四丁目から六丁目まで順に並び、四丁目から六丁目はおおむね平坦である。

河川[編集]

[編集]

  • 権之助坂 (一丁目)
  • 行人坂 (一丁目)
  • 三折坂  (三丁目)
  • 石古坂  (三丁目)
  • 男坂 女坂(目黒不動境内)(三丁目)

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、下目黒3-5-18の地点で58万円/m2となっている。目黒区内では地価が最も低い。 同区青葉台は150万円/m2を超える。[3]

人口[編集]

2017年4月1日現在

  • 1丁目: 935世帯 1,435人
  • 2丁目: 3,509世帯 5,641人
  • 3丁目: 2,406世帯 3,874人
  • 4丁目: 1,549世帯 2,879人
  • 5丁目: 1,803世帯 3,818人
  • 6丁目: 1,394世帯 2,952人

  合計: 11,596世帯 20,599人[1]

歴史[編集]

葛飾北斎富嶽三十六景』より「下目黒」。

江戸時代の下目黒は下目黒村を形成し、米・麦・菜・筍などを栽培する普通の農村であったが、下目黒村でも一部、大鳥神社や目黒不動尊を中心とする寺社群は江戸町民が多く参詣する門前町を形成し茶屋・料理屋・土産物屋で繁盛していた。大鳥神社や目黒不動を訪れる目黒詣では江戸市民の四季折々の楽しみとして賑わい、行人坂や権之助坂は参詣及び下目黒村の農産物を運ぶ道として交通が多かった。[4]

目黒一帯は江戸時代から明治にかけて筍(タケノコ)の名産地として知られ、目黒不動の門前の数軒の茶屋ではタケノコ飯が名物として、筍の旬にはこれが目当てで参詣する人が多かったとされる[5]

地名の由来[編集]

下目黒の地名は旧来の下目黒村に由来する。「目黒」の地名の由来は諸説あり定かでない。瀧泉寺(目黒不動)に祀られる不動明王に由来するともいう。

目黒花壇・苔香園[編集]

下目黒4丁目付近に存在した庭園。 明治35年ごろに開園し、大正9年ごろ閉園した。 明治時代には向島百花園と並ぶ野趣あふれる庭園として知られていた。

目黒競馬場-[編集]

下目黒4丁目~6丁目付近に存在した競馬場。1907年明治40年)開場、宅地化の波に押され1933年昭和8年)閉場。 その役割は現在の東京競馬場(府中市)に引き継がれている。 目黒通りを走る東急バス「元競馬場前」近くには目黒競馬場跡を示す銅像が建てられている。

大円寺[編集]

行人坂の途中にある大円寺は見るべき仏像の多い古刹だが、明和九年(1772年)の江戸の大火事・明和大火の火元になったことで知られる寺である。幕末に再建を許された大円寺は現在は都内唯一の石造り五百羅漢で知られ、五百羅漢は都の文化財になっている。本尊の釈迦如来来立像は国の重要文化財である。[6]

交通[編集]

鉄道[編集]

地内に駅は置かれていないが以下の駅が利用できる。

バス[編集]

東急バス 

  • 黒01(目黒駅前-清水・サレジオ教会-大岡山小学校前)
  • 黒02(目黒駅-清水-二子玉川/等々力七丁目)
  • 東98(等々力操車所-目黒駅前・東京タワー-東京駅南口) 
  • 渋41(渋谷駅-大鳥神社前-大井町)
  • 渋72(渋谷駅東口-目黒不動尊-五反田) 毎月28日は縁日ダイヤ

道路・橋梁[編集]

道路

橋梁

  • 目黒新橋

施設[編集]

目黒川とアルコタワー(正面)、目黒雅叙園(右)
在外公館
官公署
  • 目黒消防署
教育
  • 目黒区立不動小学校
  • 目黒区立大鳥中学校(目黒区立第三中学校と目黒区立第四中学校が平成27年度より統合)
  • 東京学園高等学校
  • 多摩大学中学校・高等学校
公園
文化
企業
  • Amazonジャパン本社
  • 株式会社ホリプロ本社
  • ノキア・ジャパン
  • 株式会社ドリコム
  • ジボダン・ジャパン株式会社本社
  • 株式会社OGGI
  • メルク株式会社本社
  • 紀伊国屋書店本社
  • パナソニックシステムネットワークス株式会社本社
  • ポルシェジャパン株式会社本社
  • 中央三井インフォメーションテクノロジー本社
  • サトーホールディングス株式会社本社
  • ヤマハ音楽振興会財団
  • 大東カカオ本社
  • 目黒雅叙園
寺社

史跡[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 目黒区町丁別世帯数および人口表
  2. ^ 地区・住区区域 中目黒、三田、目黒、下目黒、中町、五本木、祐天寺、中央町、目黒本町-目黒区,2011-09-28閲覧。
  3. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  4. ^ 山本和夫「目黒区史跡散歩」学生社、p65-67
  5. ^ JA東京中央会企画発行、農山漁村文化協会編集『江戸東京農業名所めぐり』2002年、136-137頁
  6. ^ 山本和夫「目黒区史跡散歩」学生社、p68

関連項目[編集]

外部リンク[編集]