等々力 (世田谷区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 世田谷区 > 等々力 (世田谷区)
等々力
緑が繁る等々力渓谷。公園として整備されている。
緑が繁る等々力渓谷。公園として整備されている。
等々力の位置(東京23区内)
等々力
等々力
等々力の位置
北緯35度36分27.55秒 東経139度39分11.26秒 / 北緯35.6076528度 東経139.6531278度 / 35.6076528; 139.6531278
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Setagaya, Tokyo.svg 世田谷区
地域 玉川地域
面積
 • 合計 1.728km2
人口
2019年(令和元年)9月1日現在)[1]
 • 合計 27,057人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
158-0082[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 世田谷

等々力(とどろき)は、東京都世田谷区神奈川県川崎市中原区の地名である。起源は同じ等々力村に由来し、近代になって市町村制等が整備される中で、世田谷、川崎に分割されたものである。本稿では、このうち世田谷区の等々力を扱う。川崎市側については、等々力 (川崎市)を参照のこと。

概要[編集]

行政上は1丁目 - 8丁目から成り、北は目黒通りを越え上野毛通り辺りまで(8丁目)、南は環八通り付近まで、西は中町・野毛、東は目黒区自由が丘三丁目と接する(6丁目)。おおむね、東急大井町線等々力 - 自由が丘間の北部、目黒通りの等々力不動前から産業能率大学前の沿線に広がっている。面積は1.728平方キロメートル[1]

住居表示実施前までは、環八通りの南側・現在の玉堤地区も、世田谷区玉川等々力町の一部であった。また、多摩川対岸の現在の川崎市中原区等々力は、かつては等々力村の一部であった。

現在、川崎市の等々力とを直接結ぶ公共交通橋梁渡船はない。ただし、世田谷側の目黒通りから川崎側の宮内新横浜線の間の多摩川に橋を架橋する計画が持ち上がり、東京都・川崎市において協議が行われている。[要出典]

等々力には、世田谷区役所玉川総合支所・玉川区民会館が設置されている。商業面では、等々力駅周辺にわずかに商店街が形成されているほかは、目黒通り沿いにスーパーマーケット紀ノ国屋)や飲食店がある程度であり、商業的な求心力は近隣の二子玉川駅や自由が丘駅周辺にある。町域のほとんどは閑静な住宅街であり、比較的緑も多い。

等々力と同じように、多摩川両岸に存在する同名の地名の例としては、他に瀬田、野毛(東京:野毛上野毛、川崎:下野毛)、宇奈根などの例がある。

行政区画の変遷[編集]

  • 品川県荏原郡等々力村→東京府荏原郡等々力村→東京府荏原郡玉川村等々力→東京府東京市世田谷区玉川等々力町→東京都世田谷区玉川等々力町1・2丁目→世田谷区等々力1 - 8丁目、玉堤1・2丁目
  • 神奈川側:品川県荏原郡等々力村→東京府荏原郡等々力村→東京府荏原郡玉川村等々力→神奈川県橘樹郡中原村(→中原町)等々力→川崎市等々力→川崎市中原区等々力

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、等々力6-13-12の地点で84万円/m2となっている[4]

玉川地域の行政上の中心地としての性格[編集]

等々力駅近くにある東急バス等々力操車所

等々力は、江戸期以前は荏原郡等々力村であった。のち周辺の7ヶ村(用賀瀬田、上野毛、下野毛野良田奥沢尾山)と合併し玉川村(現在の世田谷区玉川地域)の一部となる。1932年(昭和7年)、東京市域拡張時に世田ヶ谷町駒沢町松沢村と合併し「東京市世田谷区」となった。

等々力村・玉川村時代、村役場は一貫して等々力にあった。世田谷区成立後は支所となり、現在は玉川総合支所が置かれる。支所の裏手には東急大井町線等々力駅がある。駅周辺は、住宅や小規模商店が軒を連ねる。

総合支所があることや玉川地域の行政上の中心としての歴史的経緯から、古くからバス路線が発達してきた。現在は、目黒通り方面、深沢・駒沢方面(至渋谷)、中町・用賀方面、弦巻・祖師谷方面、玉堤方面などの区内各地に向けて東急バスの路線が発着する。かつては都営バスも乗り入れていた。また、世田谷区のコミュニティバスタマリバーバス」が等々力・玉堤地区を循環している。

「等々力」の由来[編集]

等々力の名は、等々力渓谷に流れ落ちる「不動の」の轟く音に由来するという説が有名だが、ほかにも渓谷の崩落する音から来たという説、現在の都立園芸高校の地にあった「兎々呂城」(「とどろじょう」の読みが「とどろき」と変化)を由来とする説などがあり、いずれが正しいのかは詳らかではない。

等々力渓谷[編集]

等々力には、23区内唯一の渓谷である等々力渓谷がある。等々力駅から等々力渓谷まで、ゴルフ橋を通って徒歩2分ほどの場所にある。西側を谷沢川が流れ、この川が渓谷を形成している。目黒通りが傍を通り、環八通りが渓谷の上に蓋をするように通っている。

渓谷地内には、古墳時代後期から奈良時代7世紀後半 - 8世紀)のものと推定される横穴式墳墓があり、「等々力渓谷横穴古墳」と呼ばれている。不動の滝の近くには平安時代に創建された「等々力不動尊」がある。東京都指定名勝にもなっている。

世帯数と人口[編集]

2019年(令和元年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
等々力一丁目 1,181世帯 2,588人
等々力二丁目 2,005世帯 3,745人
等々力三丁目 1,296世帯 2,551人
等々力四丁目 1,373世帯 2,360人
等々力五丁目 1,819世帯 3,547人
等々力六丁目 2,289世帯 4,486人
等々力七丁目 2,003世帯 4,324人
等々力八丁目 1,547世帯 3,456人
13,513世帯 27,057人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
等々力一丁目 全域 世田谷区立玉堤小学校 世田谷区立尾山台中学校
等々力二丁目 1~30番
34~38番
世田谷区立尾山台小学校
その他 世田谷区立玉川小学校 世田谷区立玉川中学校
等々力三丁目 1~27番
33番
その他 世田谷区立等々力小学校 世田谷区立東深沢中学校
等々力四丁目 18~24番 世田谷区立尾山台中学校
その他 世田谷区立尾山台小学校
等々力五丁目 1~18番
その他 世田谷区立等々力小学校
等々力六丁目 6~20番
32~37番
その他 世田谷区立九品仏小学校 世田谷区立八幡中学校
等々力七丁目 17~21番 世田谷区立東深沢小学校 世田谷区立東深沢中学校
その他 世田谷区立等々力小学校
等々力八丁目 全域

施設・公園等[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 世田谷区の町丁別人口と世帯数”. 世田谷区 (2019年9月3日). 2019年9月29日閲覧。
  2. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 通学区域”. 世田谷区 (2018年4月1日). 2019年9月29日閲覧。

外部リンク[編集]