上用賀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 世田谷区 > 玉川地域 > 上用賀
上用賀
けやき広場(馬事公苑正門前)
けやき広場(馬事公苑正門前)
上用賀の位置(東京都区部内)
上用賀
上用賀
上用賀の位置
北緯35度38分4.49秒 東経139度37分45.22秒 / 北緯35.6345806度 東経139.6292278度 / 35.6345806; 139.6292278
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Setagaya, Tokyo.svg 世田谷区
面積
 • 合計 1.245km2
人口
2019年(令和元年)9月1日現在)[1]
 • 合計 15,100人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
158-0098[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 世田谷

上用賀(かみようが)は、東京都世田谷区町名。現行行政地名は上用賀一丁目から六丁目。郵便番号は158-0098[2]

概要[編集]

用賀六条通り(右側の道)

世田谷区南部の玉川地域に属する。町域の北は世田谷通りに、東は馬事公苑通りに、西は環状八号線に接する。街区はおおむね碁盤目状であり、町域の東西を結ぶ道は南から順に「用賀一条通り」から「用賀十条通り」まで名付けられている。南北を結ぶ道にはバスが通る「用賀中町通り」「西用賀通り」等がある。北東部の公園「馬事公苑」は約18万5千平方メートルの面積があり[4]、上用賀全体の面積の約15パーセントを占める。

2020年3月現在、都市計画法上の用途地域は、馬事公苑や公共施設を除いた大半が第一種低層住居専用地域第一種中高層住居専用地域である[5]

東京都都市整備局による2018年の評価では、地震に対する総合危険度は、上用賀一丁目から六丁目までいずれも、5段階評価のうち相対的にもっとも安全とされる「ランク1」になった[6]

町域内に鉄道駅は存在しないが、用賀二丁目の東急田園都市線用賀駅(北部は小田急小田原線千歳船橋駅)が最寄り駅になる。また、下記のように多数のバス路線を利用できる。

歴史[編集]

世帯数と人口[編集]

2019年(令和元年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
上用賀一丁目 1,505世帯 2,880人
上用賀二丁目 468世帯 986人
上用賀三丁目 1,150世帯 2,406人
上用賀四丁目 1,475世帯 3,299人
上用賀五丁目 1,347世帯 2,790人
上用賀六丁目 1,226世帯 2,739人
7,171世帯 15,100人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[13]

丁目 番地 小学校 中学校
上用賀一丁目 1~7番 世田谷区立京西小学校 世田谷区立用賀中学校
その他 世田谷区立用賀小学校
上用賀二丁目 全域
上用賀三丁目 7~20番
その他 世田谷区立京西小学校
上用賀四丁目 全域 世田谷区立用賀小学校
上用賀五丁目 1~17番 世田谷区立京西小学校
その他 世田谷区立用賀小学校
上用賀六丁目 全域

交通[編集]

道路[編集]

バス[編集]

いずれも東急バス

  • <用01> 系統(用賀駅 ⇔ 祖師ヶ谷大蔵駅):用賀中町通り~用賀七条通り~馬事公苑通り
  • <用06> 系統(用賀駅 ⇔ 成城学園前駅):用賀中町通り~世田谷通り
  • <用21> 系統(用賀駅 ⇔ 関東中央病院):西用賀通り~世田谷通り
  • <用22> 系統(用賀駅 ⇔ 美術館):西用賀通り~用賀七条通り
  • <渋22> 系統(用賀駅 ⇔ 渋谷駅):用賀中町通り~世田谷通り
  • <恵32> 系統(用賀駅 ⇔ 恵比寿駅):用賀中町通り~駒沢通り方面
  • <園01> 系統(千歳船橋田園調布駅):環状八号線

施設[編集]

上用賀公園(上用賀四丁目)

公共[編集]

医療[編集]

福祉[編集]

  • 世田谷区立上用賀児童館
  • 世田谷区立老人休養ホームいずみ荘
  • 世田谷区立障害者休養ホームひまわり荘

教育[編集]

文化・スポーツ[編集]

  • 馬事公苑
  • 東京農業大学「食と農」の博物館
  • 世田谷区立玉川区民会館別館上用賀アートホール
  • 上用賀テニスクラブ
  • ヤナギテニススクール上用賀
  • グリーンエイトテニススクール・ゴルフスクール
  • YASUサッカースクール

寺社・教会[編集]

  • 用賀本村稲荷神社
  • 上用賀三峯神社
  • 崇教真光上用賀小道場

現存しない施設[編集]

  • 衆議院速記者養成所:面積約1万平方メートル。上用賀に1962年移転、2006年廃止[14]。近隣(瀬田)の参議院速記者養成所も同時期に廃止。
  • 国家公務員宿舎用賀住宅:面積約3万1千平方メートル。跡地は隣接する上用賀公園の拡張領域になる予定[15]
  • 国立医薬品食品衛生研究所:面積約3万平方メートル。2018年、上用賀一丁目から神奈川県川崎市に移転。
  • 沼田絵本美術館:上用賀一丁目25番地。1995年開館、2011年閉館。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 世田谷区の町丁別人口と世帯数”. 世田谷区 (2019年9月3日). 2019年9月29日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 世田谷区内の公園、面積・広さトップ10”. 世田谷ガイド (2017年8月10日). 2020年10月4日閲覧。
  5. ^ 世田谷区都市計画図”. 世田谷区 (2020年4月16日). 2020年10月4日閲覧。
  6. ^ 地震に関する地域危険度測定調査(第8回)”. 東京都都市整備局 (2018年3月9日). 2020年9月21日閲覧。
  7. ^ 秋岡伸彦 (2009年4月). “東京農大ものがたり(61) (PDF)”. 東京農業大学. 2021年6月21日閲覧。
  8. ^ a b 写真でひもとく街のなりたち 東京都世田谷・経堂”. 三井住友トラスト不動産. 2021年6月21日閲覧。
  9. ^ 中島香織. “旧軍施設における近代化遺産の研究 -医療・衛生関係の施設について- (PDF)”. 芝浦工業大学. 2021年6月20日閲覧。
  10. ^ a b 『せたがや百年史(上巻)』せたがや百年史編纂委員会、世田谷区、1992年。NCID BA68653677
  11. ^ 病院の紹介”. 公立学校共済組合関東中央病院. 2021年6月21日閲覧。
  12. ^ 用賀プロムナード”. 象設計集団. 2021年6月21日閲覧。
  13. ^ 通学区域”. 世田谷区 (2018年4月1日). 2019年9月29日閲覧。
  14. ^ 憲政だより 時計塔 令和2年秋季 No.024 (PDF)”. 衆議院. 2021年6月21日閲覧。
  15. ^ 世田谷区立上用賀公園の拡張について”. 世田谷区 (2019年4月22日). 2020年9月28日閲覧。