深沢 (世田谷区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 世田谷区 > 深沢 (世田谷区)
深沢
深沢地区内を流れる春の呑川
深沢の位置(東京23区内)
深沢
深沢
座標: 北緯35度36分51秒 東経139度39分46秒 / 北緯35.61417度 東経139.66278度 / 35.61417; 139.66278
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 世田谷区
地域 玉川地域
面積
 - 計 1.706km2 (0.7mi2)
人口 (2014年(平成26年)3月1日現在)
 - 計 23,298人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 158-0081 
市外局番 03
ナンバープレート 世田谷[1]

深沢(ふかさわ)は、東京都世田谷区町名。現行行政地名は深沢一丁目から八丁目。人口は23,298人(2014年(平成26年)3月1日現在)[2]

地理[編集]

世田谷区の南東部に位置し、呑川に沿って一丁目から八丁目までが設置されている。世田谷区駒沢桜新町新町等々力中町用賀目黒区八雲自由が丘と隣接する。面積は1.706平方キロメートル[2]

荏原台地の一角にあり、呑川に沿った地帯が低地となるため、町域内は起伏の豊かな地形をなしている。旧駒沢町を含み、現在でも一部が広義の駒沢地区として扱われる。

住宅地としての深沢[編集]

大半が緑豊かな住宅地だが、丁目によってその表情が少しずつ異なる。

駒沢オリンピック公園の南側に位置する一丁目と二丁目は、1964年東京オリンピックの開催を機に次々と庭と車庫を付設する郊外型住宅が建設され、現在もほぼその街並みが保たれている。これらの住宅地内には会員制のテニス倶楽部やテニスコートが点在し、駒沢オリンピック公園のスポーツ施設と共に、長年、周辺住民のスポーツ文化の一端を担ってきた。

戦前から園芸業・造園業が盛んだった深沢の中央部に位置する三丁目から六丁目は、周辺の宅地化に伴いの宅地化が進み、平成に入ると、戸建・低層マンションが目立つ街並みが広がるようになった。

深沢の北西部に位置する七丁目と八丁目は、早くから住宅地(旧東京信託による新町開発の一部)として開発され、この分譲地は広く知られる田園調布より古く、大正初期に官吏実業家に向けて分譲された日本最古の宅地開発とされる。大正から昭和初期にかけた頃のこの住宅地及び、周辺の様子が、作家宮本百合子の作品の中で描かれている。

2004年に、駒沢オリンピック公園に隣接する東京都立大学跡地(二丁目)に地上19階建て、総戸数が770戸を超える大型マンション深沢ハウス(日商岩井不動産)が建設され、新しい深沢の住宅地の一面を形成している。

深沢の自然[編集]

地域を走る通りには、七丁目と八丁目を縦貫するトンネルを始め、イチョウハナミズキなどさまざまな並木が多く、緑化が盛んである。

平成初頭に整備された六丁目の「呑川親水公園」は、両岸に桜が配された遊歩道と、趣向の凝された7つの、さらにカルガモの棲む水辺として近隣住民に親しまれ、世田谷百景のひとつに数えられている。その端整さからテレビドラマ映画ロケ地に利用されることが多い。呑川はこれより下流で暗渠となり、遊歩道を有する緑道として町内を縦貫する。桜の季節になるとこの周辺は散策者が多く訪れる。

八丁目にある私立世田谷聖母幼稚園を経営する無原罪聖母宣教女会の庭には、区内でも珍しい自然の湧水池があり、呑川の水源のひとつとなっている。この庭は世田谷区の特別自然保護区に指定されており、区民によって手つかずの自然が守られ、一般開放は年3回のみに限られている。

点在する教育機関[編集]

文教地区として七丁目には日本体育大学が、四丁目の東京学芸大学附属世田谷小学校と同附属世田谷中学校の二つの国立大学附属学校には、深沢地区のみならず広い地域から多くの児童・生徒たちがバスなどを利用して通っている。

また、園芸が盛んだった地を証明するように、五丁目にある深沢跡には都立園芸高校が建ち、全日制定時制の生徒が広く都内から通う。2006年には、三越の迎賓館として長年利用されてきた「三越エレガンス」跡地に、駒澤大学深沢キャンパスが新しく建設された。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、深沢1-37-1の地点で60万9000円/m2となっている。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

鎌倉時代に源実朝の家臣土岐左衛門がこの地を与えられ、当地域が呑川上流の深く入り組んだ奥深い沢であるからこの名を付けたと言われる。

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)、町村制施行時に、上馬引沢村、下馬引沢村、野沢村、弦巻村、世田ヶ谷新町村、深沢村が合併して駒沢村が成立。深沢村は荏原郡駒沢村大字深沢となった。
  • 1925年(大正14年)10月、駒沢村が町制を施行し、荏原郡駒沢町となった。
  • 1932年昭和7年)東京市世田谷区成立時に、玉川村大字下野毛飛地深沢原および大字等々力飛地字高原を四丁目に加え、一部を新町一丁目にうつして、深沢一〜四丁目に区分された。
  • 1967年(昭和42年)、住居表示の実施に伴う町区域の変更で、駒沢一・五丁目と駒沢公園を分離するなど周辺の町との間で境界の整理や一部の編入を行い、深沢一〜八丁目に区分した。

商業[編集]

平成に入って住宅地としての顔が定着し始めると、駒沢通り駒沢公園通りが交差する深沢不動尊を中心とした深沢不動商店街に、繁華街にはない瀟洒なカフェレストラン洋菓子店などが目に付くようになった。

駒沢オリンピック公園内に設けられた犬専用のスペース「ドッグラン」に、昨今のペットブームに乗じて全国から愛犬家たちが集まるようになると、駒沢公園通り界隈にはペット用のショップやを同伴して利用できるカフェ・レストランなどが目立つようにもなった。

交通[編集]

深沢地区内を走る東急コーチ

鉄道[編集]

当地内には鉄道駅はなく、鉄道に関しては周辺地域と比較してアクセスが悪い。徒歩20分圏内に東急東横線自由が丘駅都立大学駅東急田園都市線駒沢大学駅桜新町駅東急大井町線九品仏駅尾山台駅等々力駅などがある。

バス[編集]

鉄道とは対照的に、バスの便は比較的よい。東急バスを中心としたバス路線網が充実している。右の東急コーチ(東急バス運営)は主に深沢地区と自由が丘駅を結ぶバスであり、平日の朝には4-5分間隔、昼間は5-9分間隔、夕方は6分間隔での運行を行っており、とりわけ利便性が高い。平日には、深夜1時まで運行している。深沢一丁目と深沢六丁目に任意の場所で降りることが出来る「フリー降車区間」が設定されている(東急コーチ参照)。

東急田園都市線用賀駅、東急大井町線上野毛駅などへは、おおむね20分以内、ターミナル駅である渋谷駅目黒駅へは約30分でアクセスできる。深沢地区周辺を走る主なバス路線は以下の通り。

道路[編集]

施設[編集]

教育機関[編集]

駒澤大学深沢キャンパス
  • 小学校
    • 区立東深沢小学校(深沢三丁目) 通学区域:深沢一・二・四丁目全域、三・五丁目一部
    • 区立等々力小学校(等々力七丁目) 通学区域:深沢三・五丁目一部
    • 区立深沢小学校(新町一丁目) 通学区域:深沢六丁目全域
    • 区立桜町小学校(用賀一丁目) 通学区域:深沢七〜八丁目全域
    • 東京学芸大学附属世田谷小学校(深沢四丁目)
  • 中学校
    • 区立東深沢中学校(深沢四丁目) 通学区域:深沢一〜四丁目全域、五丁目一部
    • 区立玉川中学校(中町四丁目) 通学区域:深沢五丁目一部
    • 区立深沢中学校(新町一丁目) 通学区域:深沢六〜八丁目全域
    • 東京学芸大学附属世田谷中学校(深沢四丁目)
  • 保育園・幼稚園
    • 区立深沢保育園(深沢五丁目)
    • 麻生学園深沢幼稚園(深沢三丁目)
    • 区立三島幼稚園(深沢五丁目)
    • 日体幼稚園(深沢八丁目)
    • 世田谷聖母幼稚園(深沢八丁目)
  • その他
    • Komazawa Park International School (深沢三丁目)
    • 世田谷区立深沢図書館(深沢四丁目)
    • 世田谷区立深沢児童館(深沢四丁目)
    • 日本体育大学女子短期大学部(深沢七丁目)
    • 国際動物専門学校(深沢八丁目)

神社仏閣[編集]

  • 清流寺深沢分院(深沢二丁目)
  • 深沢神社(深沢五丁目)

医療機関[編集]

その他[編集]

  • 世田谷深沢一郵便局(深沢一丁目)
  • ルワンダ大使館(深沢一丁目)
  • 区立深沢地区会館(深沢一丁目)
  • 東京都立産業技術研究センター駒沢支所(深沢二丁目)
  • 世田谷深沢郵便局(深沢四丁目)
  • リベリア大使館(深沢四丁目)
  • 区立深沢区民センター(深沢四丁目)
  • 深沢デイ・ホーム(深沢四丁目)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2014年(平成26年)11月16日までは、品川ナンバー
  2. ^ a b 平成26年(2014年)の世田谷区の町丁別人口と世帯数世田谷区公式サイト 2014年3月7日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]