駒沢オリンピック公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
駒沢公園から転送)
駒沢オリンピック公園
Komazawa Olympic Park
体育館と管制塔
分類 運動公園
所在地
東京都世田谷区駒沢公園、東京都目黒区東が丘2丁目・八雲5丁目
座標 北緯35度37分32.9秒 東経139度39分41.8秒 / 北緯35.625806度 東経139.661611度 / 35.625806; 139.661611座標: 北緯35度37分32.9秒 東経139度39分41.8秒 / 北緯35.625806度 東経139.661611度 / 35.625806; 139.661611
面積 41.3ha
設計者 本文参照
運営者 東京都公園協会
2011~2015年度指定管理者
設備・遊具 陸上競技場
球技場
体育館
アクセス #アクセスを参照。
公式サイト http://www.tef.or.jp/kopgp/
テンプレートを表示

駒沢オリンピック公園(こまざわオリンピックこうえん、英語: Komazawa Olympic Park)は、東京都世田谷区および目黒区にある運動公園1964年東京オリンピックの会場となったことからこの名がある。

所在地は世田谷区駒沢公園、目黒区東が丘二丁目・八雲五丁目。公園内には複数の運動施設があり、これらは駒沢オリンピック公園総合運動場(-そうごううんどうじょう)と呼ばれ、公益財団法人東京都スポーツ文化事業団が指定管理者として管理・運営を行っている。公園南側の深沢ハウス、東側の国立病院機構東京医療センター、北側の駒澤大学などと隣接する。最寄り駅は東急田園都市線駒沢大学駅

概要[編集]

元々は東京ゴルフ倶楽部というゴルフコースであり、昭和天皇イギリス王太子エドワードと共にプレーしたところでもあった。1940年東京オリンピックのメインスタジアム建設が計画されたが、日中戦争の激化により、1940年に行われるはずだった東京オリンピックは1938年に中止となった。スタジアム予定地は第二次世界大戦前後にかけて、また大戦後期には、空襲に備えた防空緑地農地として使われた[1]

戦後1953年プロ野球東急(東映)フライヤーズの本拠地として、東京急行電鉄などが駒澤野球場を建設した。前後して、1949年第4回国民体育大会用にハンドボールコートとホッケー場、1958年の第3回アジア競技大会用にバレーボールコート、1959年第14回国民体育大会用に弓道場がそれぞれ整備された。

1961年には1964年東京オリンピック開催が決定。駒沢公園は国立競技場に次ぐ第2会場として、弓道場以外の運動施設が改修または新設されることとなり、6施設(陸上競技場、体育館、屋内球技場、野外の第一球技場・第二球技場、補助競技場)が整備された。東京オリンピックではサッカーレスリング、バレーボール、ホッケーの会場として使われた[2]。東京都は用地返還を受けて1962年からオリンピックに向けた工事に着工し、1964年に完成。都市計画家高山英華を中心に、設計は芦原義信村田政真横山光雄八十島義之助秀島乾らが手掛けた[3]。オリンピックの期間中、駒沢公園で聖火が燃え続けた[4]。ギリシャで採火された聖火は9月7日に当時米軍占領下の沖縄に到着し、日本国内を4つのコースに分かれてリレーされ、東京で一つの炎に[4]

その後も、ユニバーシアード東京大会(1967年・バレーボール)、全国障害者スポーツ大会(2013年)、全国高等学校総合体育大会(2014年・女子サッカー)など各種大会の会場として使われた。並行して、軟式野球場水泳場サイクリングコース、硬式野球場、トレーニング施設、オリンピックメモリアルギャラリーなどが整備された[2]。各スポーツ施設の老朽化等に対応するため、2010年に「駒沢オリンピック公園総合運動場改修・改築基本計画」が策定されている[5]

2009年からは、毎年東京ラーメンショーの会場として使用されている。また、ミュージック・ビデオ撮影にも何度か使用されている。

周辺には、1964年東京オリンピックの際にバレーボールの練習場となった駒澤大学講堂兼体育館(6号館)、東京都選定歴史的建造物に選定されている駒澤大学耕雲館(文化歴史博物館)がある。緑豊かな公園は周辺住民をはじめ、駒澤大学や日本体育大学の学生たちの憩いの場となっている。

2020年東京オリンピックの東京都の聖火リレーは、2020年7月10日に駒沢オリンピック公園中央広場からスタートする予定であった。東京都の聖火リレーランナーの公募には1万6910人から応募があり、東京都の公募枠は165人で倍率は102倍となった[6]

施設[編集]

駒沢オリンピック公園周辺の空中写真。1989年撮影の4枚を合成作成。
国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。

以下に示す運動施設群のほか児童公園などが整備されている。

陸上競技場[編集]

第一球技場[編集]

第二球技場[編集]

2005年に駒沢オリンピック公園総合運動場補助競技場と共に人工芝に張り替え、リニューアルオープンした。

  • 収容人数:1618人(座席数約1000人・メインスタンドのみ固定座席、他は芝生席)
  • 照明設備
  • 得点板

体育館[編集]

屋内球技場[編集]

硬式野球場[編集]

サイクリングコース・ジョギングコース[編集]

駒沢オリンピック公園の外周を一周するような形で設けられているほか、硬式野球場を囲むようにファミリーコースがある。サイクリングコースとジョギングコースは基本的には園内道路に併設されているが、サイクリングコースは一部区間で単独コースとなっている。このほか、補助輪付自転車のためのコース(チリリンコース)やレンタルサイクルもある。

逆走行為やスケートボードなどの利用、サイクリングコースに歩行者やジョギング目的の利用者が立ち入ることは安全のため禁止されている。

各コースの概要は下記の通りである[7]

  • サイクリングコース:反時計回り、2080m
  • ジョギングコース:反時計回り、2140m
  • ファミリーコース:時計回り、800m
  • チリリンコース:反時計回り、350m。

その他[編集]

アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『写真が語る 世田谷区の100年』いき出版、2020年1月31日。ISBN 978-4-86672-044-9 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]