八幡山 (世田谷区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 世田谷区 > 八幡山 (世田谷区)
八幡山
—  町丁  —
千歳清掃工場
八幡山の位置(東京23区内)
八幡山
八幡山
八幡山の位置
座標: 北緯35度39分37.41秒 東経139度37分12.52秒 / 北緯35.6603917度 東経139.6201444度 / 35.6603917; 139.6201444
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Setagaya, Tokyo.svg 世田谷区
地域 烏山地域
面積[1]
 - 計 0.659km2 (0.3mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 7,907人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 156-0056[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 世田谷

八幡山(はちまんやま)は、東京都世田谷区町名。現行行政地名は八幡山一丁目から八幡山三丁目。郵便番号は156-0056[2]

地理[編集]

東京都世田谷区の北部に位置し、東側に上北沢、西側に粕谷南烏山、南側に船橋・南西側に千歳台、にそれぞれ隣接し、北側は杉並区上高井戸に隣接する。町域中心から北側の三丁目は都営八幡山アパートを中心に共同住宅が多く立地しており、その周囲に沿って小規模の戸建住宅が密集するように地域を形成する。また、京王線八幡山駅周辺に小規模な商店街が形成され、町域内の商業施設の多くは三丁目に集中している。対して南東側の一丁目は比較的幅広に整備された道路に沿って開発された小中規模の住宅街を中心に形成されており、この地域には小規模の公園、生産緑地等も点在する。南西側の二丁目は町域の多くで大学グラウンド・体育館や千歳清掃工場が面積を占めており、住宅等の数は少なめである。どちらかというと駅近で人口密度の高い三丁目エリアと、公園・緑地等も多く人口密度の低めな一・二丁目エリアとで異なる街の雰囲気が見られる。

なお、町域の全域が「世田谷西部地域上北沢・桜上水・八幡山地区地区計画」[4]に、八幡山二丁目および三丁目地域が「環状八号線粕谷・南烏山・八幡山地区街づくり計画」[5]に指定されているほか、都営八幡山アパートの建て替え計画に沿って、八幡山三丁目地域は地区計画案[5]を策定中である。更に、八幡山一丁目および二丁目地域は、世田谷北部土地区画整理事業を施行すべき区域[6]に指定されている。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)7月1日公示地価によれば、八幡山三丁目29-8の地点で477,000円/m2、八幡山二丁目14-10の地点で422,000円/m2となっている。[7]

歴史[編集]

中世には鍛冶山と呼ばれた。1553年天文22年)吉良頼康から大平清九郎に「かち山」が与えられた文書が残る。

江戸時代には当初は天領だったが、1633年寛永10年)に彦根藩井伊氏領となった。村南部は藩の御林となり、薪炭が採取された。八幡山遺跡からは江戸時代初期の炭焼窯跡が発掘されている。慶安年間、船橋村より移住した島田五兵衛が当地を開拓し、八幡山村が成立した。

1889年明治22年)、北多摩郡千歳村大字となる。1936年昭和11年)より世田谷区八幡山町。1970年(昭和45年)、住居表示により八幡山一〜三丁目が成立した。

地名の由来[編集]

村内にあった八幡神社が由来といわれるが、定かではない。一般的には一丁目の八幡社が由来の神社とされている。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
八幡山一丁目 1,293世帯 2,679人
八幡山二丁目 685世帯 1,368人
八幡山三丁目 2,382世帯 3,860人
4,360世帯 7,907人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8]

丁目 番地 小学校 中学校
八幡山一丁目 全域 世田谷区立八幡山小学校 世田谷区立緑丘中学校
八幡山二丁目 1~8番
11~17番
その他 世田谷区立芦花小学校 世田谷区立芦花中学校
八幡山三丁目 16番5~15号
17~21番
22番5~11号
22番28号
36~40番
その他 世田谷区立八幡山小学校

交通[編集]

公共交通機関[編集]

当地域自体には鉄道駅は存在しておらず、京王線八幡山駅(杉並区上高井戸一丁目に所在する)および上北沢駅が最寄駅となる。また、八幡山駅からは小田急線経堂駅方面に小田急バスおよび京王バス千歳烏山駅方面に京王バスによる路線バスがそれぞれ運行している他、町域南端では小田急バスによる小田急線経堂駅、千歳船橋駅梅ヶ丘駅方面への路線バスが利用できる。

道路交通[編集]

西側を東京都道311号環状八号線、東側を赤堤通り、南側に東京都道118号調布経堂停車場線があり、また赤堤通りを経由して国道20号も利用できるため幹線道路からの当地域へは概ね良好なアクセス状況といえる。一方で、他の世田谷区エリア同様、町域内(特に三丁目付近)は狭隘道路が多く残っており道路事情が良好とはいえない。南北方向および東西方向に都市計画道路補助第215号線および同第54号線(前述の都道118号線の延長)の一部が通過しており、これらの都市計画道路の数少ない既成区間を構成している。

一般施設[編集]

スーパーマーケット・コンビニエンスストア[編集]

その他スーパーマーケット等は、八幡山駅周辺(いずれも所在住所は上高井戸または上北沢となる)の京王リトナード八幡山、まいばすけっと八幡山駅前店、オオゼキ八幡山店等が利用できる。

飲食施設[編集]

大型の飲食施設はいずれもドライバー需要をメインとしており、環八通り沿いに立地が集中している。

公共・文化施設[編集]

教育・体育施設[編集]

福祉施設[編集]

  • 社会福祉法人夢のみずうみ村
  • 動物愛護相談センター

その他文化施設[編集]

その他公共施設[編集]

なお、入口最寄が八幡山駅となるため、古くより東京都立松沢病院の所在地として当地域が取り上げられることがあるが、同施設の所在住所は赤堤通りを挟んで上北沢二丁目となる。

公園・緑地[編集]

  • 八幡山公園
  • 八幡山西公園
  • 八幡山やまぶき公園
  • 八幡山三丁目公園
  • 山下こども公園
  • 希望丘東公園
  • 八幡山はらっぱ広場
  • 八幡山きすげ広場
  • 八幡山こぶし広場
  • 八幡山はなもも広場
  • 八幡山かまのくち緑地

防火・防犯関連[編集]

当地域には警察・消防関連施設は所在しないが、赤堤通りを挟み松沢病院側に警視庁成城警察署八幡山駐在所がある(ただし、当地域を管轄とするのは同署船橋交番である)。

また、消防行政上、当地域を管轄とするのは東京消防庁成城消防署千歳出張所となる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 世田谷区の町丁別人口と世帯数”. 世田谷区 (2017年12月4日). 2017年12月27日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 世田谷西部地域上北沢・桜上水・八幡山地区
  5. ^ a b 環状八号線粕谷・南烏山・八幡山地区
  6. ^ 土地区画整理事業を施行すべき区域(世田谷区)
  7. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  8. ^ 通学区域”. 世田谷区 (2017年4月1日). 2017年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]

八幡山どっとこむ