大蔵 (世田谷区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 世田谷区 > 大蔵 (世田谷区)
大蔵
—  町丁  —
目黒星美学園中学校・高等学校
大蔵の位置(東京23区内)
大蔵
大蔵
大蔵の位置
座標: 北緯35度37分41.74秒 東経139度36分32.52秒 / 北緯35.6282611度 東経139.6090333度 / 35.6282611; 139.6090333
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Setagaya, Tokyo.svg 世田谷区
地域 砧地域
面積[1]
 - 計 1.034km2 (0.4mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 7,583人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 157-0074[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 世田谷

大蔵(おおくら)は、東京都世田谷区の地名。住居表示実施済み。現行行政地名は大蔵一丁目から大蔵六丁目。郵便番号157-0074[2]

地理[編集]

東京都世田谷区の南西部に位置し、砧地域に属する。東で環八通りを境に上用賀、南で鎌田岡本砧公園、西で喜多見宇奈根、北で成城と隣接する。一丁目から四丁目までは概ね世田谷通り沿いに東西に伸び、五丁目と六丁目は南北に伸びている。世田谷通り南側、砧公園の北側、西側にあり、同通り周辺には商店が見られる。また、砧公園に隣接して世田谷総合運動場や、国立成育医療研究センターなどの大規模な施設も見られる。

一丁目は砧公園、世田谷通り(旧道)、東京都道311号環状八号線に挟まれた地域で、主に住宅地。二丁目には国立成育医療研究センターが面積で大きな比重を占めている。三丁目は仙川と国立成育医療研究センターに挟まれた地域で、ほぼ全域が住宅公社大蔵住宅となっている。四丁目は世田谷総合運動公園とウェルサンピア東京がほとんどの面積を占めており、居住人口も131人(2011年3月1日現在)[1]と少ない。五丁目と六丁目は野川と仙川に挟まれた住宅地で、東名高速道路の北側が五丁目、南側が六丁目となっている。

河川[編集]

地価[編集]

住宅地の地価は、2018年平成30年)1月1日公示地価によれば、大蔵5-18-12の地点で34万2,000円m2となっている。[4]

歴史[編集]

江戸名所図会』は延暦期に武蔵国守兼大蔵卿石川豊人が居住していたことを由来とする。1240年仁治元年)安達景盛の次男兼周が石井郷を拝領して石井氏を名乗り、現在に至るまで旧家として残る。永享の乱鎌倉を逃げ延びた二階堂盛秀の子秀高(清仙上人)が1490年延徳2年)、鎌倉大蔵ヶ谷にあった永安寺を同じ地名のここ大蔵に再建した。16世紀には吉良頼康の所領で、1557年弘治3年)大平氏に給付された。1633年寛永10年)彦根藩領となる。江戸時代後期には国学者石井至穀を輩出した。

1889年明治22年)砧村の大字となる。1936年昭和11年)に世田谷区が成立した際、大蔵町となる。1971年(昭和46年)に住居表示が実施され、現在に至る。

当地にまつわる作物に大蔵大根がある。江戸時代、豊多摩郡で源内という農家が栽培していたという源内つまり大根を1953年(昭和28年)に石井泰次郎が品種改良したもので、間もなく区内各地で栽培されるようになった。1974年(昭和49年)頃青首大根に取って代わられ、一旦は姿を消したが、1997年平成9年)に復興された。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
大蔵一丁目 928世帯 2,084人
大蔵二丁目 740世帯 1,457人
大蔵三丁目 726世帯 1,150人
大蔵四丁目 63世帯 133人
大蔵五丁目 718世帯 1,757人
大蔵六丁目 411世帯 1,002人
3,586世帯 7,583人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
大蔵一丁目 1~5番 世田谷区立用賀小学校 世田谷区立用賀中学校
その他 世田谷区立砧小学校 世田谷区立砧南中学校
大蔵二丁目 全域
大蔵三丁目 全域
大蔵四丁目 全域
大蔵五丁目 全域
大蔵六丁目 全域 世田谷区立砧南小学校

交通[編集]

道路[編集]

施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 世田谷区の町丁別人口と世帯数”. 世田谷区 (2017年12月4日). 2017年12月27日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 通学区域”. 世田谷区 (2017年4月1日). 2017年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]