砧地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 世田谷区 > 砧地域
砧地域
きぬた
日章旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京都
自治体 世田谷区
旧自治体 北多摩郡砧村(大部分)
北多摩郡千歳村(南部)
面積
13.566km²
世帯数
73,020世帯
総人口
156,417
住民基本台帳、2014年3月1日現在)
人口密度
11,530.08人/km²
隣接地区 区内:烏山地域北沢地域玉川地域世田谷地域
区外:調布市狛江市川崎市多摩区高津区
世田谷区役所砧総合支所
北緯35度38分28.48秒 東経139度36分2.1秒 / 北緯35.6412444度 東経139.600583度 / 35.6412444; 139.600583座標: 北緯35度38分28.48秒 東経139度36分2.1秒 / 北緯35.6412444度 東経139.600583度 / 35.6412444; 139.600583
所在地 〒157-8501
東京都世田谷区成城六丁目2番1号
リンク 砧総合支所公式ページ
砧地域の位置(東京都区部および多摩地域内)
砧地域
砧地域
テンプレートを表示

砧地域(きぬたちいき)は、世田谷区の定める5地域の一つで、砧総合支所管内を指す。成城学園前駅を中心として、大規模な住宅街を形成している。また、成城は住宅地として名高い。国分寺崖線を中心として砧公園多摩川など、都市部にあって自然環境に恵まれた地域である。東京近郊では、かつては安行に次ぐ植木の主産地であった為、造園業者が多く所在する。

含まれる町名[編集]

地理[編集]

世田谷区の南西部に位置する。 南には多摩川が流れ、その支流が幾つか流れる。 多摩川の河岸段丘である国分寺崖線があり、そこを中心として 自然が広がり、都区内でも緑被率はトップクラスの地域である。 また、国分寺崖線や刻み入る谷戸などで、土地の起伏の激しさは都区内有数である。

[編集]

沿革[編集]

  • 1936年(昭和11年)北多摩郡砧村・千歳村が東京市に編入され、世田谷区に属す。
  • 1991年 世田谷区が地域区分を設定し、砧総合支所が設置され、旧砧村村域の大部分・旧千歳村村域の南部を砧地域として定める。

公共機関など[編集]

所轄となる機関[編集]

経済[編集]

かつては、円谷プロダクションが砧地域に本社を構えていた。

産業[編集]

生産農地が存在する。

教育[編集]

大学・短期大学[編集]

高等学校[編集]

図書館[編集]

  • 区立砧図書館
  • 区立鎌田図書館

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

公園[編集]

スポーツ施設[編集]

観光[編集]

祭事[編集]

砧地域出身の有名人[編集]