成城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 世田谷区 > 成城
成城
—  町丁  —
成城大学
成城の位置(東京23区内)
成城
成城
成城の位置
座標: 北緯35度38分26.07秒 東経139度35分57.95秒 / 北緯35.6405750度 東経139.5994306度 / 35.6405750; 139.5994306
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Setagaya, Tokyo.svg 世田谷区
地域 砧地域
面積[1]
 - 計 2.261km2 (0.9mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 23,022人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 157-0066[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 世田谷

成城(せいじょう)は、東京都世田谷区の地名。現行行政地名は成城一丁目から成城九丁目。郵便番号は157-0066[2]高級住宅街として知られるとともに学園都市でもあり、大学1校・高校4校・私立中学2校・私立小学校1校と、これに加えて公立中学1校・公立小学校2校と非常に多く、成城学園前駅周辺は朝夕の時間帯は学生でごった返す。

地理[編集]

東に仙川、西に野川が流れ、台地状の土地に街は広がる。また、西に国分寺崖線神明の森みつ池がある。

住居表示としての成城は、小田急小田原線成城学園前駅を中心とした約68万坪(225.9ヘクタール)に及ぶ地域である。日本有数の高級住宅街として有名である。駅南側が成城一丁目から成城三丁目にあたり、駅北側が成城四丁目から成城九丁目にあたる。

住民協定[編集]

古くから成城の一軒家に居住する住人たちは、成城憲章を結び、塀を生垣にする、地下室をつくらないなど街の環境を守ってきた。しかし、近年では相続の影響からか大きな区画も細分化され、ミニ開発やマンションの建設に住民は危惧感を抱いている。かつて、統一教会の進出やグリーンプラザ跡地のマンション建設に際しては大規模な住民運動も展開された。2010年には、成城四丁目に知的障害者のグループホーム開設に当たり、反対派住民が『知的障害者グループホーム開設計画の白紙撤回を求める要望書』を作成。区民以外も含む1,035名の反対署名を集め、計画は白紙になる。

歴史[編集]

明治の末ごろまでは北多摩郡砧村大字喜多見と呼ばれ、武蔵野の雑木林原野が広がっていた。

調査により、この地に小田急線が開通することを突き止めた小原國芳の尽力で、学園建設資金捻出のため、周辺の土地2万坪を購入し、区画整理をして売り出す。当時、この土地をみた小原は、「雑木林、家一軒もない、この百二十丁歩の高台、地価は安く、家はなし、いい高台で、西に富士の秀峰、足下は玉川の清流、全く不思議な土地でした」と述べている[4]。小原は、さらに、中央鉄道(現在の小田急電鉄)と交渉して学園前駅の開設の約束を取り付けた。学園用地2万4000坪のうち1万坪は地元の大地主の鈴木久弥の寄付によるものであり、小原は鈴木から現金1万円(当時、公務員の給与は75円)の寄付をも受けている。

ちなみに、玉川学園はこの成城学園都市建設を主導した小原國芳がその手法を応用して開設した学園都市である。

なお、成城学園が手がけて売り出したものは駅北側で、駅南側(現:成城一丁目から成城三丁目)は鈴木久弥によるものである。成城一丁目(東京都市大付属中・高校科学技術学園高等学校東京都立総合工科高等学校区立砧中東京都市大学付属小学校などの所在地)はかつての御料林であり、学習院の移転話も持ち上がっていた。

当初は、柳田國男野上弥生子、後に、大江健三郎大岡昇平川上宗薫中河与一水上勉横溝正史らが移住し、文士村の様相を呈していた。

1932年東宝撮影所ができてからは、黒澤明市川崑本多猪四郎志村喬三船敏郎加東大介加山雄三石原裕次郎宇津井健有島一郎藤田進司葉子深作欣二大林宣彦など映画監督や俳優などが居住するようになった。また、映画産業と関係が深い芥川也寸志松村禎三小澤征爾のような音楽家も住むようになった。

1966年には三船プロダクションの撮影所もできた。

1980年代からバブル期にかけては、折からの経済成長とともに、企業の持ち屋が増加した。

時代とともに、成城町にはかつての祖師谷や喜多見だった周辺場所も編入され、現在は成城一丁目から成城九丁目となる。

地名の由来[編集]

1925年大正14年)に東京市牛込区(現新宿区)原町の成城学校(現、成城中・高等学校)からこの地に分離独立してきた成城学園が由来であり、「成城」というのは中国の古典「詩経」の大雅の一節にある「哲夫成城」に由来する。それまでは北多摩郡砧村大字喜多見という地名であった。1927年昭和2年)に同学園の要請を受ける形で小田急電鉄によって成城学園前駅が設置され、地名として定着していった。

沿革[編集]

  • 1924年(大正13年) - 区画整理と成城学園の校舎建設の開始。第1期の分譲により成城学園の生徒の父兄を中心に178人ほどが土地を購入。売出の当初、一区画の敷地は400坪ほどであった。
  • 1925年(大正14年) - 最初の住宅4戸が建つ。4月、成城学園が移転・開校。5月、砧村大字喜多見字西之原・東之原の全域および中之原、八ケの各一部を分割して大字喜多見成城を設置。小田急線敷設予定地を境に字北・字南を設け、地名としての「成城」が登場する。
  • 1927年(昭和2年) - 小田急線開通と共に住民が移住。40戸ほどの住宅が完城。
  • 1931年(昭和6年) - 駅の南側に東宝の砧撮影所の前身であるPCL(写真化学研究所)が建つ。以後、芸能人などが住み始める。
  • 1936年(昭和11年) - 10月、東京市世田谷区に編入され、大字喜多見成城の部分に成城町が設置される。
  • 1970年(昭和45年) - 3月、住居表示を実施。周辺の祖師谷一丁目、祖師谷二丁目、喜多見町、砧町の各一部を含めた成城一 - 九丁目になる。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
成城一丁目 953世帯 2,051人
成城二丁目 1,436世帯 2,979人
成城三丁目 895世帯 2,049人
成城四丁目 1,385世帯 3,371人
成城五丁目 835世帯 2,003人
成城六丁目 718世帯 1,490人
成城七丁目 1,119世帯 2,668人
成城八丁目 1,803世帯 3,911人
成城九丁目 1,148世帯 2,500人
10,292世帯 23,022人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
成城一丁目 全域 世田谷区立明正小学校 世田谷区立砧中学校
成城二丁目 全域
成城三丁目 全域
成城四丁目 全域
成城五丁目 全域
成城六丁目 全域
成城七丁目 全域 世田谷区立千歳小学校 世田谷区立千歳中学校
成城八丁目 全域
成城九丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

小田急小田原線、成城学園前駅がある。急行、多摩急行、準急、各駅停車が停車するが、一部を除いた特急ロマンスカーと快速急行は通過する。喜多見駅寄りに電車基地があり、同駅から引き込み線がつながっている。

同駅は、平日や土曜日の朝方は様々な学校の学生でごった返す。

バス[編集]

施設[編集]

学校[編集]

 大学
 高等学校
 中学校
 小学校

なお、地名の由来となった成城学園の中でも、成城学園初等学校成城幼稚園仙川を挟んだ祖師谷が所在地となる。

公的施設[編集]

企業・商業施設[編集]

主な著名人[編集]

現在の住人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 世田谷区の町丁別人口と世帯数”. 世田谷区 (2017年12月4日). 2017年12月27日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 河野秀樹『周縁を呑み込んだ都市』p.115(文芸社、2001年)
  5. ^ 通学区域”. 世田谷区 (2017年4月1日). 2017年12月27日閲覧。

関連項目[編集]