東京都立総合工科高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京都立総合工科高等学校
Sougou-kouka highschool.jpg
過去の名称 東京都立世田谷工業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都の旗 東京都
併合学校 東京都立小石川工業高等学校
東京都立世田谷工業高等学校
理念 理工系大学進学を重視する工業系専門高校
設立年月日 2006年4月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 (全日制)
機械・自動車科
電気・情報デザイン科
建築・都市工学科
(定時制)
総合技術科
学期 3学期制
高校コード 13329K
所在地 157-0066
東京都世田谷区成城九丁目25番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立総合工科高等学校(とうきょうとりつ そうごうこうかこうとうがっこう)は、東京都世田谷区成城九丁目にある都立高等学校

愛称は校名の「総合工科」を訳した、「総工」や「SOKO」。校内の部活動のユニフォーム等には「SOKO」と書いてある場合が多い。

概要[編集]

東京都立小石川工業高等学校東京都立世田谷工業高等学校が統合され、大学進学を視野に入れた進学重視型の工業系専門高校として開校した。野球部は都立校の中でも屈指の強豪校として知られており、2007年夏には創部2年目にして東東京大会のベスト16に進出、2009年夏には同大会ベスト8に進出した。2017年夏には再び同大会ベスト16に進出。

学習面では、数学・英語・物理で習熟度別授業を行い、資格習得や各種検定試験、大学受験のための学習会や模試などが行われるなど、生徒が学習をしやすい環境の作られた学校である。

2年次より各類型に分かれ、3年次では生徒の進路・興味・関心に合わせて自由に科目を選択し、恵まれた設備と広い校地の中でより高度で専門的な学習が行われる。

ロボカップ2011では世界大会へ出場し、世界第7位に入賞した[1]

沿革[編集]

  • 2005年10月 - 設置認可
  • 2006年2月 - 校歌制定
  • 2006年4月 - 開校
  • 2009年4月 - 森 健 第2代校長に補せられる。
  • 2013年4月 - 石崎 規生 第3代校長に補せられる。
  • 2016年4月 - 平田 誠一 第4代校長に補せられる。

教育課程[編集]

  • 全日制課程
    • 機械・自動車科
      • 機械類型
      • 自動車類型
    • 電気・情報デザイン科
      • 電気類型
      • 情報デザイン類型
    • 建築・都市工学科
      • 建築類型
      • 都市工学類型
  • 定時制課程
    • 総合技術科
      • 自動車コース
      • 電気・メカトロコース
      • 建築コース

校歌[編集]

  • 『永遠(とわ)に輝け』(作詞:浅井慎平、 作曲:山下洋輔) (歌詞) この青い星に生まれ 黄金の光浴び 透明な風に吹かれ ここまで来た 友よ 詩よ 学舎よ  空よ 海よ 山よ 花よ命の限り愛し 不思議忘れず 夢は遥かに 永遠に輝け この若き日よ 永遠に輝け この若き日よ

交通アクセス[編集]

  • 小田急線成城学園前駅 徒歩15分
  • 京王線仙川駅 徒歩20分
  • 京王線千歳烏山駅南口から利用する場合 成06系統 - 成城学園前駅西口行に乗車し、「都立総合工科高校前」で下車。 北口からは成02系統が出ているが、本数少。
  • 小田急線成城学園前駅から利用する場合 成06 - 千歳烏山駅南口行 | 歳20・21 - 千歳船橋駅行へ乗車し、「都立総合工科高校前」で下車。 (狛江駅北口・狛江営業所・千歳烏山駅北口行もあるが、本数少)
  • 京王線仙川駅から利用する場合 成05・06系統 - 成城学園前駅西口行を「仙川駅入口」から乗車し、「南入間町」で下車。 (狛江営業所発の成城学園前駅西口行は都立総合工科高校前は通るものの、本数少)

出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロボカップジュニア2011イスタンブール世界大会までの道のり(PDF)

外部リンク[編集]