映画産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
20世紀中期の映画スタッフ

映画産業(えいがさんぎょう、英語: motion picture industry[1])は世界各国に存在しているが、そのなかでも最大規模のものはアメリカ合衆国の西海岸・ロサンゼルスハリウッドである。金額規模で見ると、ハリウッドがまぎれもなく世界最大である。ただし年間の映画製作本数が最も多いのはアメリカではなくインドであり、2009年には1288本が製作されてアメリカの2倍弱の数字となっている。インドの映画製作の中心はムンバイ(旧名ボンベイ)であり、この地の映画業界はボリウッドと呼ばれるが、インド映画界は各言語別に映画業界が成立しているため、ムンバイ以外にも映画製作地は多数存在している[2]

日本では京都の太秦が時代劇映画の集積地となっているほか、他のジャンルはおおむね東京に多く大泉東映撮影所)や調布市日活撮影所角川大映スタジオ)や東宝スタジオ)などである。最近経済成長が著しい中国は青島東方影都を出現させた。

ビジネスとしての特徴や統計的な評価[編集]

映画産業は、アメリカでは「不況に強い」産業となっている[3]

なお、『ビデオDVDの普及、ファイル共有ソフトの隆盛が、映画産業を破滅に追い込む』といった考えは「誤った思い込み」であり、現実では観客動員数は減るどころか、逆に増えているという[3]。こうした観客動員数の増加については、「大画面で見た方が楽しめる大作を作ることによって、観客の足を映画館へ運ばせている」との指摘がある[3]。しかしながら、移民の増加によって人口が増え続けているアメリカで観客動員数が増えているからと言って、それが直ちに映画産業の好調を示すものではないことに留意する必要がある。映画産業も他の産業同様、全体として需給のバランスが崩れ始めれば衰退が始まる。需給バランスの客観的な指標としては、観客動員数や総興行収入や全国のスクリーン数ではなく、「国民一人当たりの年間映画館利用回数」を用いるべきだという指摘もある[4]

各国の市場規模[編集]

各国の映画市場規模リスト[編集]

MPA調べによる上位10か国[5]

  • 単位は10億US$
順位 2021年
1 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 7.3
2 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 4.5
3 日本の旗 日本 1.5
4 イギリスの旗 イギリス 0.8
5 フランスの旗 フランス 0.8
6 ロシアの旗 ロシア 0.6
7 大韓民国の旗 韓国 0.5
8 インドの旗 インド 0.5
9 オーストラリアの旗 オーストラリア 0.5
10 ドイツの旗 ドイツ 0.4

脚注[編集]

  1. ^ 映画産業とは” (日本語). コトバンク. 2022年3月20日閲覧。
  2. ^ 「世界地誌シリーズ5 インド」p75 友澤和夫編 2013年10月10日初版第1刷 朝倉書店
  3. ^ a b c 「今夏の売上は好調:映画業界は不況にもファイル交換にも強い?」WIRED VISION、2008年9月3日付配信
  4. ^ 西周成著『映画 崩壊か再生か』、アルトアーツ/星雲社、ISBN 978-4-434-15949-7、2011年、41-42頁。
  5. ^ THEME REPORT 2021”. MPA. 2022年6月22日閲覧。

外部リンク[編集]