港湾産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

港湾産業とは、港湾を基盤とする港湾事業や、港湾に関連する諸事業を産業としてとらえる概念のことである。

広義には港湾事業のみならず、製造業商業等も含めた広い範囲を総称するものであり、狭義では港湾ターミナル機能と直結する港湾運送業を中心とした物流事業(物流産業)をさす。

港湾産業の分類例[編集]

  • 港湾運送事業:荷役、運送、包装、取扱の諸用役
  • 倉庫業:保管用役
  • 梱包業:包装用役
  • 情報業:情報用役
  • 通関業:取扱用役

もっとも大きな比重を占めるのが港湾運送事業(港湾関連事業を含む)である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 市來清也著 『港湾管理論(四訂版)』 成山堂書店 1996年