東映太秦映画村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東映太秦映画村
Toei Kyoto Studio Park
Toei Kyoto Studio Park.jpg
オープンセットでの撮影風景(2012年4月撮影)
施設情報
愛称 太秦映画村
前身 京都東映ボウリングセンター
テーマ 時代劇撮影を見学し、時代劇の世界をオープンセットやイベント、アトラクションを通じて体験できるテーマパーク
事業主体 株式会社東映京都スタジオ
管理運営 株式会社東映京都スタジオ
面積 29,641m2
53,000㎡(敷地全体)
来園者数 5800万人(開業以来の累計)
開園 1975年(昭和50年)11月1日
所在地 616-8586
京都府京都市右京区太秦蜂岡町10
位置 北緯35度0分59秒
東経135度42分30秒
座標: 北緯35度0分59秒 東経135度42分30秒
公式サイト http://www.toei-eigamura.com

東映太秦映画村(とうえいうずまさえいがむら)は、京都市右京区太秦東蜂ケ岡町にある映画テーマパーク東映京都撮影所の一部を分離・一般公開したもの。

概要[編集]

東映は1960年代後半から映画の斜陽化が顕著になると、ヤクザ映画で観客動員を保つ一方で、時代劇が斜陽になったことから京都撮影所のオープンセットの維持を画して、その一部を新設子会社の「(株)東映京都スタジオ」に移管し、東映太秦映画村として1975年昭和50年)11月1日に開村・公開した。

時代劇の殺陣ショーや俳優のトークショー・撮影会・握手会などのほか、スーパー戦隊シリーズ仮面ライダー等のキャラクターショー、殺陣講座などの体験企画なども行なわれている。

舞妓、姫、殿様、武士、町人、町娘、等、時代劇の登場人物への変身体験が出来る変身スタジオもある(予約制)。 駕籠屋、体験として実際の駕籠を運行している。(有料)

東映系列が運営していることから、東映の製作作品のロケ地として使われたり、系列会社の東映アニメーションが製作した作品(『おジャ魔女どれみ♯』など)に京都の観光名所として登場することもある。

また、映画村を舞台にしたオリジナルの特撮の撮影も行われており、いくつかは市場で販売されている。

京都撮影所との関係[編集]

隣接する東映京都撮影所は東映本体の部署であり、子会社の映画村とは業務を連携しているものの、東映内部では別組織として取り扱われている。

沿革[編集]

  • 1974年(昭和49年)5月 - 「京都撮影所再開発プラン」の検討開始
  • 1975年(昭和50年)4月 - 「一日映画村」を試行実施し、撮影所を一般公開
  • 1975年(昭和50年)9月 - 株式会社東映京都スタジオ設立
  • 1975年(昭和50年)11月 - 東映太秦映画村オープン
  • 1977年(昭和52年) - 中村座、大手門、ガラス張りステージ、武家屋敷等の施設オープン
  • 1997年(平成9年)3月 - 大型屋内エンタテインメント施設「『パディオス」オープン。
  • 2011年(平成23年)9月 - 大リニューアルの実施(からくり忍者屋敷、東映アニメミュージアム、浮世絵美術館オープン、新ゲート「撮影所口」の新設(JR太秦駅からのアクセスを改善)

主な施設[編集]

  • オープンセット – 46.000 m2
  • ロケーションスタジオ
  • パディオス(複合施設)
    • まるごととびだす超立体360シアター(有料施設)
    • 多目的ホール
  • 太秦トリックアート迷宮館(有料施設)
  • 映画文化館(展示施設) - 京都太秦美空ひばり
  • 本丸御殿・東映アニメミュージアム(展示・イベント施設)
  • 中村座(イベント施設)
  • 浮世絵美術館(展示施設)
  • 史上最恐のお化け屋敷(有料施設)
  • からくり忍者屋敷(有料施設)
  • 忍者修行道場(有料施設)
  • おもしろ迷路館(有料施設)
  • 飲食施設
  • 駐車場 700台

[1]

アクセス[編集]

正面口[編集]

バス[編集]

  • 京都バス 61系統・62系統・63系統
    「太秦映画村前」バス停下車すぐ
  • 市バス 75系統・91系統・93系統
    「太秦映画村道」バス停下車徒歩5分
  • 市バス 11系統
    「太秦広隆寺前」バス停下車徒歩7分

鉄道[編集]

[編集]

撮影所口[編集]

バス[編集]

  • 京都バス 61・62・63・64・65・71・72・73・74・75系統
    「太秦開町」バス停下車徒歩2分
  • 市バス 11系統
    「太秦開町」バス停下車徒歩1分

鉄道[編集]

マスコットキャラクター[編集]

かちん太
1980年(昭和55年)に映画村誕生5周年を記念して誕生した、2代目マスコットキャラクター。股旅姿をしたカラスで、名前はカチンコから取られている。園内のシンボルマークや案内板などにデザインされており、かちん太一座によるショーも行われている。2002年(平成14年)よりマスコットとしては「旅に出た」として休業していたが、2007年(平成19年)に帰郷した[2]。今後マスコットとして本格復帰が検討されている。
からす天狗うじゅ
映画村で2007年(平成19年)より開催されているイベント「太秦戦国祭り」の公式キャラクター。かちん太の妹で、鞍馬山で暮らす烏天狗。かちん太の行方がわからなくなったため京の町に下りてきた。かちん太と違い魔法少女風のデザインのいわゆる「萌えキャラ」で、青い髪を左右で束ねたツインテールに、ミニのプリーツスカートとニーソックスを身につけている。イメージソングMOSAIC.WAVが担当するなど、かちん太とは別の形でキャラクター展開を進めている。相棒の「うりゅ」や幼馴染の「もみじゅ」、将軍「よしあき」など、関連キャラクターは10人以上にのぼる。ただし、映画村の公式キャラクターではない
かんたろう
映画村の初代マスコットキャラクター。開村から「かちん太」に代わる前の1980年まで使用された。

脚注[編集]

  1. ^ 映画村案内図 - 太秦映画村公式サイト
  2. ^ キャラっと@HAPPY かちん太(東映太秦映画村)京都新聞。(2007年4月16日付夕刊掲載)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]