ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯34度08分11秒 西経118度21分22秒 / 北緯34.136518度 西経118.356051度 / 34.136518; -118.356051

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド
ユニバーサルスタジオのシンボルマーク
所在地 アメリカ合衆国の旗カリフォルニア州ユニバーサルシティロサンゼルス市ハリウッド
公式サイト http://www.universalstudioshollywood.com/
所有者 ユニバーサル・パークス&リゾーツ
NBCユニバーサル
開業 1915年3月14日 (映画スタジオとして)
1964年7月15日 (テーマパークとして)[1]
開園期間 一年中
面積 172ha
アトラクション数 15
ジェットコースター数 1
ウォーターライド数 1
キャッチコピー The Entertainment Capital of LA
テンプレートを表示

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド (: Universal Studios Hollywood) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡ユニバーサルシティ英語版コミュニティにある映画スタジオ且つテーマパークである。現在も使われているハリウッド映画スタジオとしては、最古で最も有名なものの一つ。キャッチコピーは "The Entertainment Capital of LA" で、夏の間はよく "The Coolest Place in LA" というキャッチコピーが使われる。当初は、ユニバーサル・スタジオの本物のサウンドステージやセット見学ツアーを提供するために創設された。開業は、世界のユニバーサル・スタジオ・テーマパークのなかで最も早い。略称は「USH」。マスコットはウッディー・ウッドペッカー

歴史[編集]

パークの入り口にある映写技師の像。

誕生と成功[編集]

当初から、ユニバーサルはスタジオツアーを提供していた。カール・レムリは、1915年3月14日にユニバーサル・シティをオープンし、25セントの入場料を取り、チキン入りのランチ付きで、一般大衆を映画の制作現場に招待した。この当時のツアーは1930年頃に、トーキーの登場のために中止された。[1]

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの入り口

1962年ミュージック・コーポレーション・オブ・アメリカがユニバーサル・ピクチャーズを買収した後の1964年7月15日、路面電車による新たなツアーを開始した[1]。これが、やがて本格的なテーマパークに成長していく。その路面電車(トラム)ツアー[2]はスタジオのバックロットでまだ行われているが、かつてファンを引き付けた映画制作現場は、ステージイベントやスタントの実演、ハイテクアトラクションに取って代わられた[1][3]

バックロットでの火事[編集]

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのバックロットでは、今までに8回火災が起きている[4]

  • 1932年10月27日、近くの山火事の残り火がバックロットまで風で飛び火して、4つの映画セットを破壊し、10万ドルの損害を出した。[5]
  • 1949年6月21日、別の山火事で建物1つが全壊し、2つが破損した。[6]
  • 1957年、ニューヨークストリートのフィルムスタジオセットが放火による火事で損壊し、50万ドルの損害が出た。[7]
  • 1967年5月15日の火事では、リトルヨーロッパエリアと、スパルタカススクエアの一部が壊れ、100万ドルの損害が出た。[8]
  • 1987年9月4日、スパルタカススクエアの残りの部分が、通りのセットや建物とともに破壊された。これも、放火によるものと考えられている。[9]
  • 1990年11月6日、別の放火による火事がバックロットで発生。コートハウススクエアの大部分、ニューヨークストリートのセット、ベン・ハーのセットが破壊された。[10]
  • 1997年9月6日、バックロットで7度目の火事が発生し、コートハウススクエアの一部が再び破壊されたが、大部分は無事だった。[11]
2008年の火事の様子。煙の柱の左手に、コートハウスの正面が見える。

最も被害が大きかったのは2008年6月1日の火災で、溶接のためにトーチランプを使っていた従業員がうっかり周りの物に火をつけてしまったことに起因する[12][13]。ロサンゼルス郡消防局は、ブラウンストーンストリート、ニューヨークストリート、ニューイングランドストリート、キングコングのアトラクション、コートハウススクエアのいくつかの建物のほか、ビデオ保管室(映画の複製を保管していた。)が全焼したと報告した。各地の消防署から消防士と、放水のための2台のヘリコプターが駆けつけ、14人の消防士と3人のロサンゼルス郡保安官代理が軽傷を負った。火事は12時間後に鎮火された。

保管室の全焼によって焼失したのは、1920年代にまで遡る、ユニバーサル・ピクチャーズの映画とテレビ番組の歴史を記録したデジタルビデオとフィルムの複製4万から5万本。その中には『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』、『つぐない』、NBCシリーズの『ロー&オーダー』、『特捜刑事マイアミ・バイス』、CBSの『アイ・ラブ・ルーシー』などのフィルムが含まれていた[14][15][16]。ユニバーサル・ミュージックの多くの音声の親テープもまた焼失[17]。ユニバーサル社長のロン・メイヤー氏は、取り替えの利かないものは失われていないと述べ、決して安くは済まないが、最低5000万ドルで全て元に戻すことができると表明した。後日、キングコングのアトラクションは再建されず、その場所には新たな未発表のアトラクションが作られると報道された[18]2008年8月には、ユニバーサルは姿勢を変更し、2005年の映画を元にして、キングコングのアトラクションを再建する計画を発表した。

かつてのアトラクション[編集]

他のテーマパーク同様、アトラクションは、作られてから長い期間がたっていたりスペース不足のために、閉鎖されることがある。

パークの構成[編集]

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、アッパー・ロット (Upper Lot) とロウアー・ロット (Lower Lot) という高さの違う2つのエリアに分かれていて、エスカレーターでつながっている。2014年4月現在、アトラクションは7つ、ショーは5つ存在する[19][20][21]

アッパー・ロット[編集]

名称 写真 開始年 説明 身長制限
Despicable Me: Minion Mayhem Despicable Me Minion Mayhem building.jpg 2014年4月12日 怪盗グルーの月泥棒 3Dのミニオンの訓練施設を舞台とした、家族向けアドベンチャー。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのミニオン・ハチャメチャ・ライドとストーリーはほぼ同じ。 40インチ以上。48インチ以下の子供には保護者の同伴が必要。
Silly Swirly 2014年4月12日 Super Silly Fun Landエリアにある、空中メリーゴーランド風のアトラクション。 48インチ未満の子供には保護者の同伴が必要。
Super Silly Fun Land 2014年4月12日 怪盗グルーの月泥棒 3Dをテーマとする子供のための遊び場。
Studio Tour Universal Studios - Studio Tour.JPG 1964年7月15日 トラムに乗ってバックロットを巡る、45分間の看板アトラクション。実際の映画撮影セットを見られるのほか、キング・コングジョーズ大地震などを元にしたアトラクションもツアーに組み込まれている。それらの演出が、小さな子供には強烈すぎるおそれがある。 身長制限は無いが、小さな子供には保護者の同伴が強く推奨される。
Shrek 4D 2003年5月23日 映画シュレックを元にした、家族向けの4D映画。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのシュレック 4-D アドベンチャーとストーリーはほぼ同じ。 乳幼児不可
The Simpsons Ride USH- Simpsons Ride Enternace.JPG 2008年5月19日 家族向けのアドベンチャーアトラクション。舞台はザ・シンプソンズの町スプリングフィールド 40インチ以上。
Universal's House of Horrors 2007年3月31日 "Stage 13" ビルに入った、お化け屋敷のような形式のアトラクション。
Waterworld: A Live Sea War Spectacular Waterworld Entrance.JPG 1995年 映画ウォーターワールドをモチーフにした、20分間の水を使ったスタントショー。
Universal's Animal Actors USH - Animal Actors set.jpg 2006年 様々な動物が芸やスタントを披露する20分間のショー。
"The Walking Dead: A Walk-Through Attraction 2016年 アメリカの人気テレビドラマ「ウォーキング・デッド」のウォークスルーアトラクション。

ロウアー・ロット[編集]

名称 写真 開始年 説明 身長制限
Jurassic Park: The Ride USH- Jurassic Park River Adventure Ride 1.JPG 1996年6月21日 映画ジュラシック・パークを元にしたアトラクションで、パーク唯一のウォーターライド。25人乗りのボートで様々な恐竜がいる世界の中を進み、ラストには池に向かって、84フィートを急降下する。 42インチ以上。
Revenge of the Mummy Mummy the Ride.jpg 2004年6月25日 ハムナプトラをモチーフにした、2分間の屋内ジェットコースター。前進するほかに、逆行、急降下、急上昇、旋回などの動きをする。健康状態の悪いゲストは乗車しないほうがよい。 48インチ以上。
Transformers: The Ride Transformers The Ride construction (Hollywood, May 2010).jpg 2012年5月24日 4K-3Dプロジェクション技術を採用した、4分半のアトラクション。モチーフは映画『トランスフォーマー』シリーズ。一台あたり12人乗車可能。 40インチ以上。48インチ以下の子供には保護者の同伴が必要。

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター[編集]

名称 写真 開始年 説明 身長制限
Flight of the Hippogliff 2016年4月7日 ユニバーサル・オーランド・リゾート、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにある同様のローラーコースター。 39インチ以上48インチ以下の子供は保護者の同伴が必要。回転、上昇を伴うので体調の悪い方は乗らない方が良い。
Harry potter and the Fordidden Journy 2016年4月7日 ユニバーサル・オーランド・リゾート、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにある同様のダークライド。こちらもホグワーツ魔法魔術学校内部にアトラクションがある 48インチ以上
Ollivanders Wand Fitting Exeperience 2016年4月7日 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンではオリバンダーの店という名前で提供している体験型ギフトショッブ
Frog Choir 2016年4月7日 ユニバーサル・オーランド・リゾート、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでも開催されている外でのライブショー
Triwizard Spirit Rally 2016年4月7日 Frog Choir同様、外で開催されているライブショー

パーク・キャラクター[編集]

道端でダンスをするキャラクターたち。

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドでは、映画の登場人物やキャラクターなどがパーク内を歩いていて会うことができる。[22][23]

入場料金[編集]

1日パスの場合[24]

  • 10歳以上 … 95ドル
  • 3 - 9歳 … 76ドル

なお、通常の入場券より少し高い「フロント・オブ・ライン・パス (Front of Line Pass)」を購入すると、各アトラクションの待ち時間を短縮することができる[24][25]

公共交通機関[編集]

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの最寄り駅はユニバーサルシティ駅で、毎日午前4時55分から翌日の午前0時35分までの時間運行しているメトロ・レッドラインを利用して行くことができる。ユニバーサルシティ駅発のメトロの最終便は、月曜日から木曜日および日曜日と祝日は午前0時58分、金曜日と土曜日は午前2時である。駅からテーマパークの入り口までは無料のシャトルバスに乗ることができる[26]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Universal Studios Hollywood - History”. The Studio Tour. 2014年4月21日閲覧。
  2. ^ GlamourTrams”. The Studio Tour. 2014年4月21日閲覧。
  3. ^ The Studio Tour”. The Studio Tour. 2014年4月21日閲覧。
  4. ^ Backlot Fires”. The Studio Tour. 2014年4月21日閲覧。
  5. ^ Actors Flee Blazing Movie Set”. The Studio Tour. 2014年4月22日閲覧。
  6. ^ Long Beach Independent (1949年6月22日). “Southland Fires Halted”. The Studio Tour. 2014年4月22日閲覧。
  7. ^ 1957 Backlot Fire”. The Studio Tour. 2014年4月22日閲覧。
  8. ^ 1967 Backlot Fire”. The Studio Tour. 2014年4月22日閲覧。
  9. ^ 1987 Backlot Fire”. The Studio Tour. 2014年4月22日閲覧。
  10. ^ 1990 Backlot Fire”. The Studio Tour. 2014年4月22日閲覧。
  11. ^ 1997 Backlot Fire”. The Studio Tour. 2014年4月22日閲覧。
  12. ^ 2008 Backlot Fire”. The Studio Tour. 2014年4月23日閲覧。
  13. ^ “Universal Studios blaze burns sets, video vault”. CNN. (2008年6月1日). http://www.cnn.com/2008/US/06/01/studio.fire/index.html 2014年4月23日閲覧。 
  14. ^ Cieply, Michael (2008年6月1日). “Large Fire Strikes Universal Studio Lot”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/06/01/us/01cnd-fire.html?ref=movies 2014年4月23日閲覧。 
  15. ^ Risling, Greg. “Fire at Universal Studios destroys sets, videos”. Web Archive. 2008年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月23日閲覧。
  16. ^ Nakashima, Ryan. “Universal studios fire may cost tens of millions”. Web Archive. 2008年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月23日閲覧。
  17. ^ Both Sides Now Stereo Chat Board”. 2008年8月25日閲覧。(要登録)
  18. ^ “Universal Studios Hollywood to replace ‘King Kong’ with new attraction”. Los Angeles Times. http://travel.latimes.com/daily-deal-blog/index.php/universal-studios-hollywood-to-replace-king-kong-with-new-attraction-1977  2010年5月27日閲覧。 [リンク切れ]
  19. ^ Park Map”. Universal Studios Hollywood. 2014年4月27日閲覧。(国旗のアイコンから、各言語の最新マップがダウンロードできる。)
  20. ^ Theme Park Dining”. Universal Studios Hollywood. 2014年4月27日閲覧。
  21. ^ Theme Park Shopping”. Universal Studios Hollywood. 2014年4月27日閲覧。
  22. ^ Characters in the Park”. Universal Studios Hollywood. 2014年4月30日閲覧。
  23. ^ Streetmosphere”. The Studio Tour. 2014年4月30日閲覧。過去と現在のキャラクターのほぼ完全な一覧。
  24. ^ a b Buy Tickets”. Universal Studios Hollywood. 2016年2月2日閲覧。
  25. ^ フロント・オブ・ザ・ライン・パスのご紹介”. 地球の歩き方トラベル. 2014年4月30日閲覧。
  26. ^ 日本語による案内”. Universal Studios Hollywood. 2014年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]