つぐない (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つぐない
Atonement
監督 ジョー・ライト
脚本 クリストファー・ハンプトン
原作 イアン・マキューアン
贖罪
製作 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ポール・ウェブスター
製作総指揮 ライザ・チェイシン
リチャード・エアー
ロバート・フォックス
デブラ・ヘイワード
出演者 ジェームズ・マカヴォイ
キーラ・ナイトレイ
音楽 ダリオ・マリアネッリ
撮影 シェイマス・マクガーヴェイ
編集 ポール・トーシル
製作会社 スタジオカナル
レラティビティ・メディア
ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 イギリスの旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 イギリスの旗 2007年9月7日
アメリカ合衆国の旗 2007年12月7日
日本の旗 2008年4月12日
上映時間 123分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $35,000,000
興行収入 $129,266,061[1]
テンプレートを表示

つぐない』(原題: Atonement)は、2007年イギリス映画

概要[編集]

イアン・マキューアンの『贖罪』を、2005年公開の『プライドと偏見』のスタッフ・キャストで映画化した作品。第64回ヴェネツィア国際映画祭でオープニング作品として上映された。

第65回ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)と第61回英国アカデミー賞作品賞受賞。第80回アカデミー賞では作品賞を始めとする7部門にノミネートされ、作曲賞を受賞した。

なお、米国オリジナル公開版は130分でありフォーカス・フィーチャーズの配給権が置かれたが、日本公開版は7分の短縮とカットを用いた親会社ユニバーサルによる修正版である。 

あらすじ[編集]

タリス邸ロケ地

1935年のイングランド。幼なじみでケンブリッジ大学の同窓生でもある官僚の娘:セシーリアと使用人の息子:ロビーは、身分の壁を越えて愛し合っていた。セシーリアの妹:ブライオニーは、小説家を夢見る13歳の多感な少女。彼女は、姉とロビーの噴水での不自然な様子や卑猥な手紙など、大人の恋のやり取りを目撃して強いショックを受ける。姉妹の兄:リーオンが友人のポールを連れて戻って来た。姉妹の従妹:ローラは「双子の弟たちに乱暴された」傷のことをブライオニーに相談する。ローラに同情したブライオニーは、ロビーの卑猥な手紙について彼女に話してしまう。

その夜、ブライオニーは姉とロビーの図書室での情事を目撃し、激しい嫌悪感を抱く。三人は何事もなかったかのようにディナーの席につく。同席したポールの顔には「双子にひっかかれた」傷があった。ほどなくローラの弟たちが家出したことが判明し、一同は敷地内を捜索する。その最中、ローラが何者かに強姦される事件が発生し、ブライオニーはその現場を目撃してしまう。そして、ブライオニーは嫌悪感と思い込みからロビーが犯人であると証言し、彼は連行される。屋敷には、ロビーの母の悲痛な叫びがこだました。

事件から4年後、ロビーは減刑と引き換えに、海外派遣軍兵士としてフランスへ出征する。しかし戦場は過酷であり、やがてロビーは撤退(ダイナモ作戦)のため、仲間とともに海を目指す。彼の心の支えとなったのは、出征直前にセシーリアと再会し互いの気持ちを確認し合った記憶と、二人で休暇を過ごすという夢だった。

事件から5年後、18歳になっていたブライオニーは看護婦として働く一方、少女期の体験を下にした小説を出版社に投稿していた。ニュース映画でローラとポールが結婚することを知り、二人の結婚式に出席する。そこでブライオニーは、事件の真相について確信する。そして、ブライオニーはセシーリアを訪ね、許しを請うことを決心する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
セシーリア・タリス キーラ・ナイトレイ 弓場沙織
ロビー・ターナー ジェームズ・マカヴォイ 関智一
ブライオニー・タリス(13歳) シアーシャ・ローナン 松元惠
ブライオニー・タリス(18歳) ロモーラ・ガライ 松谷彼哉
ブライオニー・タリス(老年) ヴァネッサ・レッドグレイヴ 翠準子
グレイス・ターナー ブレンダ・ブレッシン 竹口安芸子
リーオン・タリス パトリック・ケネディ
ポール・マーシャル ベネディクト・カンバーバッチ
ローラ・クィンシー ジュノー・テンプル
インタビュアー アンソニー・ミンゲラ

主な受賞[編集]

サウンド・トラック[編集]

ユニバーサルミュージックより、2008年3月19日発売。『プライドと偏見』と同じくピアニストのジャン=イヴ・ティボーデイギリス室内管弦楽団を起用している。

脚注[編集]

  1. ^ Atonement (2007)” (英語). Box Office Mojo. 2011年4月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]