パワー・オブ・ザ・ドッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パワー・オブ・ザ・ドッグ
The Power of the Dog
The Power of the Dog (2021 film logo - khaki, 4-row).png
監督 ジェーン・カンピオン
脚本 ジェーン・カンピオン
原作 トーマス・サヴェージ英語版
製作 エミール・シャーマン英語版
イアン・カニング
ロジェ・フラピエ英語版
ジェーン・カンピオン
タニヤ・セガッチアン英語版
出演者 ベネディクト・カンバーバッチ
キルスティン・ダンスト
ジェシー・プレモンス
コディ・スミット=マクフィー
音楽 ジョニー・グリーンウッド
撮影 アリ・ウェグナー英語版
編集 ピーター・シベラス
製作会社 ニュージーランド・フィルム・コミッション英語版
BBCフィルムズ
クロス・シティ・フィルムズ
シーソー・フィルムズ英語版
バッド・ガール・ギーク
マックス・フィルムズ
ブライト・スター
配給 世界の旗 Netflix
公開 イタリアの旗 2021年9月2日 (ヴェネツィア国際映画祭)
アメリカ合衆国の旗 2021年11月17日 (劇場公開)
日本の旗 2021年11月 (劇場公開)
世界の旗 2021年12月1日
上映時間 128分[1]
製作国 イギリスの旗 イギリス
オーストラリアの旗 オーストラリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
言語 英語
テンプレートを表示

パワー・オブ・ザ・ドッグ』(The Power of the Dog)は、2021年イギリスオーストラリアアメリカ合衆国カナダニュージーランドドラマ映画。監督はジェーン・カンピオン。主演はベネディクト・カンバーバッチ。共演はキルスティン・ダンストジェシー・プレモンスコディ・スミット=マクフィーなど。1920年代モンタナ州を舞台に、無慈悲な牧場主と彼を取り巻く人々との緊迫した関係を描いた人間ドラマ[2]。原作はトーマス・サヴェージ英語版1967年の同名小説英語版

本作は第78回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品され[1]銀獅子賞を受賞した[3]

ストーリー[編集]

舞台は1925年モンタナ州。フィルとジョージのバーバンク兄弟は、牧場の経営で成功を収めていた。兄弟はある牛追いの道中、宿屋のオーナーで未亡人のローズ・ゴードンと出会う。心優しいジョージはローズとすぐに心を通わせるようになり、結婚することになる。ローズは兄弟の牧場に移住し、ローズの息子ピーターに医学と外科学を学ばせるために、ジョージの金で大学へ通わせることになる。しかし、亡き師ブロンコ・ヘンリーに強く影響されているフィルは、ローズが金目当てでジョージと結婚したと勘繰り、嫌悪感を抱くようになり、そのフィルの粗暴な振る舞いと嘲弄するような態度にローズは不安を募らせる。ある日、ジョージは両親と知事を招いて晩餐会を開くことにする。ジョージはローズに、招待客の為にピアノを弾くようリクエストする。しかし、ローズのピアノの腕前はそれほどのものではなく、戸惑いながらも練習をしようとするが、フィルからの妨害を受ける。晩餐会が始まり、ローズはヨハン・シュトラウス1世の『ラデツキー行進曲』を弾こうとするが、失敗してしまう。さらに、その場に現れたフィルに演奏をけなされ屈辱的な思いをする。ローズはこれまで抑えていた飲酒を再開してしまう。

夏休みにピーターが牧場に泊まりに来た時には、ローズはアルコール依存症になっていた。フィルやその部下はピーターの女々しい言動をバカにし、ピーターは自分の部屋に閉じこもるようになる。ピーターは捕まえたウサギを持ち帰り、酔ったローズを喜ばせるが、後に解剖していたことが判明する。ある日、人里離れた空き地で、フィルはブロンコ・ヘンリーが遺したスカーフを用いて自慰行為をする。時を同じくして、牧場の周りを散策しているピーターは空き地を発見し、そこでブロンコ・ヘンリーの名が記されている男性のヌードが載った雑誌を見つける。その後、ピーターは池でスカーフを首に巻いて水浴びをするフィルを発見し、気配を察したフィルに追い払われる。

その日から、フィルはピーターに優しく接し始め、ピーターの為にロープを編み、馬の乗り方を教えると申し出る。ある日、一人で出かけたピーターは、死んだ牛を見つけ、その皮の一部を切り取る。いつしか、フィルとピーターは行動を共にするようになっていた。フェンス作りの作業中、フィルは手に怪我を負ってしまう。作業の休憩中、ピーターはアルコール中毒で自殺した父親の死体を発見し、自らその死体を解剖した体験をフィルに話す。ピーターは生前の父から「優しさが足りない」「強すぎる」と言われたと話し、フィルはまさかと嘲笑する。

ローズは、ピーターがフィルと共に過ごす時間が多くなるにつれ、アルコール依存症が悪化していった。ある日、泥酔したローズは、不要になった牛の生皮は焼くというフィルの方針を知り、牧場に掛けられていた生皮を、地元のネイティブ・アメリカンの商人に受け渡してしまう。商人から貰ったお礼の手袋に見惚れだしたローズはそのまま倒れ、ジョージに介抱される。生皮が無くなっているのを発見したフィルは激怒し、ピーターのロープを完成させるために、生皮が必要だったと説明する。騒ぎを聞きつけ駆け付けたジョージに怒りをぶつけるフィルに、ピーターは死んだ牛から切り取った皮の提供を持ち掛ける。ピーターの行動に感心したフィルは、ピーターの将来を約束し、今夜中にロープを仕上げると告げる。

フィルとピーターは一晩をかけて、納屋でロープを完成させる。フィルが手に負った傷口とピーターが切り取った皮は触れ合っている。ロープの作業中、ピーターはフィルの納屋にあるブロンコ・ヘンリーのに興味を示す。フィルはピーターに、ブロンコ・ヘンリーは自分の命の恩人で、山で遭難した際、凍えるような天候の中、ブロンコ・ヘンリーが体を密着させ、自分の体を暖めてくれた体験を語りかける。ピーターは、2人は裸だったのか尋ねるが、フィルは答えない。ピーターはタバコを吸い始め、フィルとそれを共有する。翌朝、ジョージは朝食に現れないフィルを訪ねるが、フィルは病床に伏しており、彼の手の傷口がひどく化膿していることに気付く。ジョージはフィルを医者に連れて行くことにするが、フィルは意識が朦朧とする中、ピーターに完成したロープを渡そうとする。

場面が変わり、フィルは既に死亡している。葬儀の席で医師は、フィルの死因が炭疽病である可能性が高いという見解をジョージに示すが、フィルは病気の牛に触れることを常に警戒していた為、ジョージは困惑する。フィルの葬儀を欠席したピーターは、祈祷書詩篇第22編英語版20節「剣と犬の力から、私の魂を解放したまえ」を読み上げる。その後、彼は手袋をはめ、完成したロープをベッドの下にしまう。ピーターが廊下を歩いていると、窓から葬儀から帰宅したジョージとローズが口づけを交わす姿が見える。ピーターは窓に背を向け微笑み、映画は幕を閉じる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替。

製作[編集]

2019年5月、ジェーン・カンピオンが脚本と監督を務め、ベネディクト・カンバーバッチエリザベス・モスが主演することが発表された[5]。9月、ポール・ダノが出演交渉に入った[6]。10月、降板したモスの後任として、キルスティン・ダンストがキャストに加わった[7]。11月、ダノが『THE BATMAN-ザ・バットマン-』とのスケジュールとの兼ね合いで降板し、後任としてジェシー・プレモンスがキャストに加わった[8]。2020年2月、コディ・スミット=マクフィートーマシン・マッケンジーフランセス・コンロイキース・キャラダインピーター・キャロル英語版アダム・ビーチがキャストに加わった[9]

撮影[編集]

主要な撮影は、2020年1月10日にニュージーランドダニーデンを含むオタゴ地方で開始された[10]。撮影は、新型コロナウイルス感染症の流行を受け中断されたが、カンバーバッチ、ダンスト、プレモンスは、ニュージーランドがロックダウンに入ってからも同国に滞在していたと報じられた。キャストとスタッフの隔離免除が認められた後、6月22日に撮影が再開された[11]

公開[編集]

本作は、2021年9月2日にヴェネツィア国際映画祭で世界初上映され、同月4日のテルライド映画祭と10日のトロント国際映画祭でも、特別招待作品として上映された[12][13]。さらに、10月1日のニューヨーク映画祭では、映画祭の目玉作品として上映された後[14]、アメリカでは、11月17日に限定劇場公開英語版され、12月1日にNetflixでストリーミング配信が開始された[15][16]

評価[編集]

ジェーン・カンピオン(左上)の監督と脚色、ベネディクト・カンバーバッチ(右上)、キルスティン・ダンスト(左下)、コディ・スミット=マクフィー(右下)の演技は賞賛され、多くの授賞・ノミネートを受けた。

本作は批評家から絶賛されている。Rotten Tomatoesでは27個の批評家レビューのうち96%が支持評価を下し、平均評価は10点中8.5点となった。サイトの批評家の見解は「ベネディクト・カンバーバッチを中心とした輝かしいアンサンブルによって生命を吹き込まれた『パワー・オブ・ザ・ドッグ』は、ジェーン・カンピオンが、同世代の作家の中で、最も優れているうちの1人であることを観客に再確認させる。」となっている[17]MetacriticのMetascoreは14個の批評家レビューに基づき、加重平均値は100点中90点となった。サイトは本作の評価を「幅広い絶賛」と示している[18]

インディワイヤー英語版』のデヴィッド・エーリッヒは、「『パワー・オブ・ザ・ドッグ』は、あまりにも早くいそいそと観客に牙を突き立ててくるので、エンドクレジットが終わるまで、あなたは自分の肌が刺されていることに気付かないかも知れない。しかし、この映画のエンディングが齎すゆっくりとした嚙みつきは、見る者に十分な傷跡を残すことには変わりない。」と表現し、映画の鋭さを賞賛した[19]

ザ・テレグラフ』のロビー・コリン英語版は、映画に満点となる5つ星を与え、「しばしば見るのが辛くなる作品だが、カンピオンと一様に優れたキャスト陣によって、"我々の前で繰り広げられているものは正確には何なのか"、"この儀式がどこに行き着くのか"という、観客のひりひりする様な絶え間ない好奇心を呼び起こし、その不快感を和らげている。」と評し[20]、『ハリウッド・レポーター』のデヴィッド・ルーニーは、「憂鬱、孤独、苦痛、嫉妬、恨みなどが、音として響き渡り、作品の淡々としたリズムが刻々と変化していく、絶妙に作られた映画だ。カンピオンは素材を完全に操り、登場人物がそれぞれ持つ激動する内面を、確かな繊細さで深く掘り下げている。」と評した[21]

ヴァルチャー』のビルゲ・エビリ英語版は、「カンピオンは、サヴェージのシンプルな文体を、自身の控えめなストーリーテリングで再現しており、同時に、原作が持つ時代遅れなフロイト的発想を、現代に説得力ある形にするよう、上手く切り抜ける。」と原作と比較した上で賞賛した[22]

一方で、『バラエティ』のオーウェン・グレイバーマンは、カンバーバッチの演技やカンピオンのこれまでのキャリアを賞賛した上で、「本来は全てゆっくりと、無理なく、そして力強く、感情を高めていくべき作品なのだが、本質的には、三角関係の駆け引きにおいて、整然とされ古風なタイプの映画である『パワー・オブ・ザ・ドッグ』には、もっと痛烈なカタルシスが必要だった。」とし、「肝心のラストで斜に構えすぎている。」と指摘した[23]

受賞・ノミネート[編集]

日付 部門 対象 結果 出典
ヴェネツィア国際映画祭 2021年9月11日 金獅子賞 ジェーン・カンピオン ノミネート [3][24]
銀獅子賞 (監督賞) 受賞
クィア獅子賞 ノミネート
トロント国際映画祭 2021年9月18日 観客賞 ジェーン・カンピオン 次点3位 [25]
ニューヨーク映画批評家協会賞 2021年12月3日 監督賞 ジェーン・カンピオン 受賞 [26]
主演男優賞 ベネディクト・カンバーバッチ 受賞
助演男優賞 コディ・スミット=マクフィー 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 2021年12月18日 作品賞 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 次点 [27]
監督賞 ジェーン・カンピオン 受賞
主演男優賞 ベネディクト・カンバーバッチ 次点
助演男優賞 コディ・スミット=マクフィー 受賞
撮影賞 アリ・ウェグナー英語版 受賞
撮影賞 ジョニー・グリーンウッド 次点
AFI賞 2022年1月7日 トップ10映画 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 受賞 [28]
全米映画批評家協会賞 2022年1月8日 作品賞 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 3位 [29]
監督賞 ジェーン・カンピオン 2位
主演男優賞 ベネディクト・カンバーバッチ 2位
助演男優賞英語版 コディ・スミット=マクフィー 3位
撮影賞英語版 アリ・ウェグナー英語版 2位
ゴールデングローブ賞 2022年1月8日 作品賞 (ドラマ部門) 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 受賞 [30]
主演男優賞 (ドラマ部門) ベネディクト・カンバーバッチ ノミネート
助演男優賞 コディ・スミット=マクフィー 受賞
助演女優賞 キルスティン・ダンスト ノミネート
監督賞 ジェーン・カンピオン 受賞
脚本賞 ジェーン・カンピオン ノミネート
作曲賞 ジョニー・グリーンウッド ノミネート
オンライン映画批評家協会賞 2022年1月26日英語版 作品賞英語版 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 受賞 [31]
監督賞英語版 ジェーン・カンピオン 受賞
主演男優賞英語版 ベネディクト・カンバーバッチ 受賞
助演男優賞英語版 コディ・スミット=マクフィー 受賞
助演女優賞英語版 キルスティン・ダンスト 受賞
脚色賞英語版 ジェーン・カンピオン 受賞
撮影賞英語版 アリ・ウェグナー英語版 受賞
編集賞英語版 ピーター・シベラス 受賞
作曲賞英語版 ジョニー・グリーンウッド 受賞
オーストラリア国際アカデミー賞 2022年1月26日英語版 作品賞英語版 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 受賞 [32]
監督賞英語版 ジェーン・カンピオン ノミネート
主演男優賞英語版 ベネディクト・カンバーバッチ ノミネート
助演男優賞英語版 コディ・スミット=マクフィー ノミネート
助演女優賞英語版 キルスティン・ダンスト ノミネート
脚本賞英語版 ジェーン・カンピオン ノミネート
ロンドン映画批評家協会賞 2022年2月6日英語版 作品賞英語版 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 受賞 [33]
監督賞英語版 ジェーン・カンピオン 受賞
主演男優賞英語版 ベネディクト・カンバーバッチ 受賞
助演男優賞英語版 ジェシー・プレモンス ノミネート
コディ・スミット=マクフィー 受賞
助演女優賞英語版 キルスティン・ダンスト ノミネート
脚本賞英語版 ジェーン・カンピオン ノミネート
英国男優賞英語版 ベネディクト・カンバーバッチ[注釈 1] ノミネート
技術成果賞 ジョニー・グリーンウッド(作曲) ノミネート
全米美術装飾者協会賞英語版 2022年2月22日英語版 全米美術装飾者協会賞 装飾/デザイン賞 (時代劇部門)英語版 アンバー・リチャーズ、グラント・メイジャー ノミネート [34]
全米映画俳優組合賞 2022年2月27日英語版 主演男優賞 ベネディクト・カンバーバッチ ノミネート [35]
助演男優賞 コディ・スミット=マクフィー ノミネート
助演女優賞 キルスティン・ダンスト ノミネート
映画音響協会賞英語版 2022年3月6日英語版 映画音響協会賞 実写映画録音賞英語版 リチャード・フリン、ロバート・マッケンジー英語版、タラ・ウェッブ、グレーム・スチュワート、スティーヴ・バージェス ノミネート [36]
全米監督協会賞 第74回全米監督協会賞英語版 長編映画監督賞 ジェーン・カンピオン 受賞 [37]
英国アカデミー賞 2022年3月13日 作品賞 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 受賞 [38][39]
監督賞 ジェーン・カンピオン 受賞
主演男優賞 ベネディクト・カンバーバッチ ノミネート
助演男優賞 ジェシー・プレモンス ノミネート
コディ・スミット=マクフィー ノミネート
脚色賞 ジェーン・カンピオン ノミネート
撮影賞 アリ・ウェグナー英語版 ノミネート
作曲賞 ジョニー・グリーンウッド ノミネート
放送映画批評家協会賞 2022年3月13日英語版 作品賞 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 受賞 [40][41]
監督賞 ジェーン・カンピオン 受賞
主演男優賞 ベネディクト・カンバーバッチ ノミネート
助演男優賞 コディ・スミット=マクフィー ノミネート
助演女優賞 キルスティン・ダンスト ノミネート
アンサンブル演技賞 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 ノミネート
脚色賞 ジェーン・カンピオン 受賞
撮影賞 アリ・ウェグナー英語版 受賞
編集賞 ピーター・シベラス ノミネート
作曲賞 ジョニー・グリーンウッド ノミネート
ゴールデン・リール賞英語版 2022年3月13日英語版 長編映画セリフ・ADR賞英語版 レア・カッツ ノミネート
全米製作者組合賞英語版 2022年3月19日英語版 劇場映画賞 ジェーン・カンピオンタニヤ・セガッチアン英語版エミール・シャーマン英語版イアン・カニングロジェ・フラピエ英語版 ノミネート [42]
全米撮影監督協会 2022年3月20日英語版 劇場映画撮影賞英語版 アリ・ウェグナー英語版 ノミネート [43]
アカデミー賞 2022年3月27日 作品賞 ジェーン・カンピオンタニヤ・セガッチアン英語版エミール・シャーマン英語版イアン・カニングロジェ・フラピエ英語版 ノミネート [44]
監督賞 ジェーン・カンピオン 受賞
主演男優賞 ベネディクト・カンバーバッチ ノミネート
助演男優賞 ジェシー・プレモンス ノミネート
コディ・スミット=マクフィー ノミネート
助演女優賞 キルスティン・ダンスト ノミネート
脚色賞 ジェーン・カンピオン ノミネート
撮影賞 アリ・ウェグナー英語版 ノミネート
編集賞 ピーター・シベラス ノミネート
作曲賞 ジョニー・グリーンウッド ノミネート
美術賞 グラント・メイジャー、アンバー・リチャーズ ノミネート
音響賞 ロバート・マッケンジー英語版、リチャード・フリン、タラ・ウェッブ ノミネート
サテライト賞 2022年4月2日英語版 作品賞 (ドラマ部門)英語版 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 ノミネート [45]
監督賞英語版 ジェーン・カンピオン 受賞
主演男優賞 (ドラマ部門)英語版 ベネディクト・カンバーバッチ 受賞
助演男優賞英語版 コディ・スミット=マクフィー 受賞
助演女優賞英語版 キルスティン・ダンスト 受賞
脚色賞英語版 ジェーン・カンピオン ノミネート
撮影賞英語版 アリ・ウェグナー英語版 ノミネート
編集賞英語版 ピーター・シベラス ノミネート
美術賞英語版 グラント・メイジャー、アンバー・リチャーズ ノミネート
衣装デザイン賞英語版 カースティ・キャメロン ノミネート
作曲賞英語版 ジョニー・グリーンウッド ノミネート
音響賞英語版 ロバート・マッケンジー英語版、リチャード・フリン、レア・カッツ、タラ・ウェッブ、デイヴ・ホワイトヘッド ノミネート
アンサンブル賞英語版 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』のキャスト陣 ノミネート

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b The Power of the Dog”. Venice International Film Festival (2021年7月16日). 2021年7月26日閲覧。
  2. ^ パワー・オブ・ザ・ドッグ - 映画.com
  3. ^ a b OFFICIAL AWARDS OF THE 78TH VENICE FILM FESTIVAL”. Venice International Film Festival. 2021年9月12日閲覧。
  4. ^ a b c d 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』感想(ネタバレ)”. シネマンドレイク (2021年12月3日). 2021年12月30日閲覧。
  5. ^ Kroll, Justin (2019年5月6日). “Benedict Cumberbatch, Elisabeth Moss to Star in Jane Campion's New Film (EXCLUSIVE)”. Variety. https://variety.com/2019/film/news/benedict-cumberbatch-elisabeth-moss-jane-campion-power-of-the-dog-1203205974/ 2020年1月25日閲覧。 
  6. ^ Kroll, Justin (2019年9月29日). “Paul Dano in Talks to Join Jane Campion's 'The Power of the Dog' (EXCLUSIVE)”. Variety. https://variety.com/2019/film/news/paul-dano-power-of-the-dog-jane-campion-1203342446/ 2020年1月25日閲覧。 
  7. ^ Kroll, Justin (2019年10月8日). “Kirsten Dunst to Replace Elisabeth Moss in Benedict Cumberbatch's 'Power of the Dog' (EXCLUSIVE)”. Variety. https://variety.com/2019/film/news/kirsten-dunst-benedict-cumberbatch-power-of-the-dog-1203363622/ 2020年1月25日閲覧。 
  8. ^ Kroll, Justin (2019年11月21日). “Jesse Plemons Joins Benedict Cumberbatch in Jane Campion's 'Power of the Dog' (EXCLUSIVE)”. Variety. https://variety.com/2019/film/news/jesse-plemons-benedict-cumberbatch-power-of-the-dog-jane-campion-1203412172/ 2020年1月25日閲覧。 
  9. ^ N'Duka, Amanda (2020年2月12日). “'The Power Of The Dog': 'Jojo Rabbit's Thomasin McKenzie, Kodi Smit-McPhee & More Join Benedict Cumberbatch In Netflix Drama”. Deadline Hollywood. 2020年2月12日閲覧。
  10. ^ “Work starts on Netflix drama in Maniototo”. Otago Daily Times英語版. (2020年1月10日). https://www.odt.co.nz/regions/central-otago/work-starts-netflix-drama-maniototo 2020年1月25日閲覧。 
  11. ^ Hunt, Tom (2020年6月18日). “Jane Campion movie starring Cumberbatch, Dunst is second film allowed in”. Stuff英語版. 2020年6月18日閲覧。
  12. ^ Vivarelli, Nick (2021年7月26日). “Venice Film Festival Full Lineup Unveiled – Live Updates”. Variety. 2021年7月26日閲覧。
  13. ^ Hammond, Pete (2021年9月1日). “Telluride Film Festival: Will Smith's 'King Richard', Peter Dinklage Musical 'Cyrano', Joaquin Phoenix In 'C'mon C'mon', Ken Branagh's 'Belfast' Set To Premiere”. Deadline. 2021年9月2日閲覧。
  14. ^ Hayes, Dade (2021年7月27日). “Jane Campion's 'The Power Of The Dog' Chosen As New York Film Festival Centerpiece”. Deadline Hollywood. 2021年7月27日閲覧。
  15. ^ Fleming Jr, Mike (2021年8月23日). “Netflix Dates Fall Movies: A Whopping 42 Movies Coming At You”. Deadline Hollywood. 2021年8月23日閲覧。
  16. ^ Canfeld, David (2021年8月23日). “Jane Campion Finally Made a New Movie. She Gave It "Everything"”. Vanity Fair. 2021年8月23日閲覧。
  17. ^ The Power of the Dog”. Rotten Tomatoes. Fandango英語版. 2021年9月4日閲覧。
  18. ^ The Power of the Dog”. Metacritic. 2021年9月11日閲覧。
  19. ^ David Ehrlich. “‘The Power of the Dog’ Review: Jane Campion Returns to the Big Screen with a Wickedly Great Western”. 2021年9月11日閲覧。
  20. ^ Robbie Collin. “The Power of the Dog, review: a sly, blistering, career-best performance from Benedict Cumberbatch”. 2021年9月11日閲覧。
  21. ^ David Rooney. “Benedict Cumberbatch in Jane Campion’s ‘The Power of the Dog’: Film Review”. 2021年9月11日閲覧。
  22. ^ Bilge Ebiri. “Jane Campion Makes a Triumphant Return to the Big Screen With The Power of the Dog”. 2021年9月11日閲覧。
  23. ^ Owen Gleiberman. “‘The Power of the Dog’ Review: Jane Campion’s Psychodramatic Western Is Impeccably Crafted but Lacks the Major Voices of ‘The Piano’”. 2021年9月11日閲覧。
  24. ^ 15° QUEER LION AWARD A “LA DERNIÈRE SÉANCE” DI GIANLUCA MATARRESE”. 2021年9月12日閲覧。
  25. ^ Neglia, Matt (2022年1月16日). “The 2021 Toronto Film Critics Association (TFCA) Winners”. Next Big Picture. 2022年1月16日閲覧。
  26. ^ Drive My Car' Named Best Film By New York Film Critics Circle; Benedict Cumberbatch, Lady Gaga, 'West Side Story', 'Licorice Pizza' Take Other Prizes – Complete Winners List”. Deadline (2021年12月3日). 2021年12月3日閲覧。
  27. ^ Shanfield, Ethan (2021年12月18日). “'Drive My Car' and 'The Power of the Dog' Win Top Prizes at L.A. Film Critics Association Awards 2021 (Full List)”. Variety. 2021年12月19日閲覧。
  28. ^ Announcing 2021 AFI AWARDS Honorees”. American Film Institute (2021年12月8日). 2021年12月8日閲覧。
  29. ^ Pond, Steve (2022年1月8日). “‘Drive My Car’ Wins Best Picture Award From National Society of Film Critics”. The Wrap. 2022年1月8日閲覧。
  30. ^ Jordan, Moreau (2021年12月13日). “Golden Globes 2022: The Complete Nominations List”. Variety. 2021年12月13日閲覧。
  31. ^ Gray, Richard (2022年1月25日). “OFCS: Online Film Critics Society announces 25th Annual Film Awards” (英語). The Reel Bits. 2022年1月25日閲覧。
  32. ^ Tartaglione, Nancy (2021年12月17日). “'Belfast' & 'The Power Of The Dog' Lead Australia's AACTA International Awards Nominations – Full List”. Deadline. 2021年12月17日閲覧。
  33. ^ Yossman, K.J. (2021年12月16日). “Female Filmmakers Shine at London Critics' Circle Film Awards With Nominations for Jane Campion, Maggie Gyllenhaal and Joanna Hogg”. Variety. 2021年12月16日閲覧。
  34. ^ Gajewski, Ryan (2022年1月17日). “‘Dune,’ ‘West Side Story’ Among Set Decorators Society of America Awards Nominees for Film”. The Hollywood Reporter. 2022年1月18日閲覧。
  35. ^ Coates, Hilary Lewis,Tyler (2022年1月12日). “SAG Awards: ‘House of Gucci,’ ‘The Power of The Dog’ Lead Film Nominations” (英語). The Hollywood Reporter. 2022年1月12日閲覧。
  36. ^ Pedersen, Erik (2022年1月25日). “Cinema Audio Society Nominations Set: ‘Dune’, ‘Spider-Man’, ‘West Side Story’ & More”. Deadline. 2022年1月25日閲覧。
  37. ^ DGA Awards Set March 12, 2022 Date & Timeline, Reinstate Theatrical First-Run Rule For Best Picture – Update”. Deadline (2021年8月18日). 2022年1月8日閲覧。
  38. ^ Grater, Tom (2022年2月3日). “BAFTA Film Awards: ‘Dune’ & ‘The Power Of The Dog’ Lead Nominations”. Deadline. 2022年2月3日閲覧。
  39. ^ 2022 EE British Academy Film Awards: The Winners”. BAFTA. 2022年3月16日閲覧。
  40. ^ Hammond, Pete (2021年12月13日). “Critics Choice Awards Film Nominations Led By 'Belfast' And 'West Side Story'”. Deadline Hollywood. 2021年12月13日閲覧。
  41. ^ The Power of the Dog and Ted Lasso lead winners at the 27th Annual Critics Choice Awards” (英語). criticschoice.com (2022年3月14日). 2022年3月16日閲覧。
  42. ^ Schneider, Michael (2021年7月26日). “PGA Awards Announce Show Date, Nomination Timeline and Return to In-Person Ceremony in 2022”. Variety. https://variety.com/2021/film/awards/pga-awards-2022-dates-eligibility-1235027592/ 2021年12月10日閲覧。 
  43. ^ Hipes, Patrick (2022年1月25日). “ASC Awards Nominations Include ‘Dune’, ‘Nightmare Alley’, ‘Belfast’”. Deadline. 2022年1月26日閲覧。
  44. ^ Oscars: Full List of Nominations”. The Hollywood Reporter (2022年2月8日). 2022年2月8日閲覧。
  45. ^ Anderson, Erik (2021年12月1日). “'Belfast,' 'The Power of the Dog' lead 26th Satellite Awards nominations”. AwardsWatch. 2021年12月1日閲覧。

外部リンク[編集]