クリストファー・ハンプトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリストファー・ハンプトン
Christopher Hampton
Christopher Hampton
2016年のオデッサ国際映画祭にて
本名 Christopher James Hampton
生年月日 (1946-01-26) 1946年1月26日(76歳)
国籍 イギリスの旗 イギリス
配偶者 Laura d Holesch (1971-)
 
受賞
アカデミー賞
脚色賞
1988年危険な関係
2020年ファーザー
カンヌ国際映画祭
審査員特別賞
1995年キャリントン
ヨーロッパ映画賞
脚本賞
2021年『ファーザー』
英国アカデミー賞
脚色賞
1989年『危険な関係』
2020年『ファーザー』
トニー賞
ミュージカル脚本賞
1995年サンセット大通り
オリジナル楽曲賞
1995年サンセット大通り
その他の賞
テンプレートを表示

クリストファー・ハンプトンChristopher Hampton, 1946年1月26日 - )は、イギリス劇作家脚本家映画監督

来歴[編集]

イギリス人の両親の元、ポルトガル領のアゾレス諸島で生まれる。父親はケーブル・アンド・ワイヤレスのエンジニアで[1]、父の仕事の都合で幼少期をイエメンアデンエジプトザンジバル島などで過ごし、13歳の時にイギリスに帰国。

オックスフォード大学ニュー・カレッジドイツ語フランス語を学ぶ。大学在学中より演劇に関わるようになり、1968年から1970年までRoyal Court Theatreの劇作家として働いた。1995年には『サンセット大通り』でトニー賞を受賞。

映画の脚本も手がけており、1988年の『危険な関係』ではアカデミー脚色賞を受賞。自身が監督を務めた1995年の『キャリントン』ではカンヌ国際映画祭審査委員特別賞を受賞している。

主な作品[編集]

監督・脚本[編集]

脚本のみ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ John O'Mahony "Worlds of his own", The Guardian, 21 April 2001. Retrieved on 9 August 2008.

外部リンク[編集]