レヴェナント: 蘇えりし者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レヴェナント: 蘇えりし者
The Revenant
The Revenant.svg
監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
脚本 マーク・L・スミス英語版
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
原作 マイケル・パンク英語版
『蘇った亡霊:ある復讐の物語』
製作 アーノン・ミルチャン、他
製作総指揮 ブレット・ラトナー、他
出演者 レオナルド・ディカプリオ
トム・ハーディ
音楽 坂本龍一
アルヴァ・ノト
撮影 エマニュエル・ルベツキ
編集 スティーヴン・ミリオン
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
ラットパック=デューン・エンターテインメント
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2015年12月25日(プレミア公開)
アメリカ合衆国の旗 2016年1月8日(一般公開)
日本の旗 2016年4月22日
上映時間 156分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 アリカラ語英語版
英語
フランス語
ポーニー語英語版
製作費 $135,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $532,950,503[1]
日本の旗 10.8億円[3]
テンプレートを表示

レヴェナント: 蘇えりし者』(レヴェナント:よみがえりしもの、原題:The Revenant)は、2015年アメリカ合衆国ウエスタン伝記映画作品である。原作は、作家マイケル・パンク英語版の小説『蘇った亡霊:ある復讐の物語』(The Revenant: A Novel of Revenge)で、アメリカの西部開拓時代を生きた実在の罠猟師ヒュー・グラスの半生と、彼が体験した過酷なサバイバルの旅を描いている。

概要[編集]

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でアカデミー賞を受賞したアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥが監督を務める。レオナルド・ディカプリオが主演を務め、トム・ハーディインセプション以来5年振りの共演をした。イニャリトゥ、ディカプリオとも、本作品でそれぞれアカデミー賞を獲得した。イニャリトゥは2度目の監督賞、ディカプリオは5度目のノミネートにして初の主演男優賞。

リチャード・C・サラフィアン監督作品の"Man in the Wilderness"邦題:「荒野に生きる」1971年)のリメイク(原作が同じ)でもある。

あらすじ[編集]

1823年、アメリカ北西部の極寒地帯。とある毛皮ハンターの一団は先住民の襲撃を受け、多大な犠牲を払いながら命からがら川を下っていた。ハンターのひとり、ヒュー・グラスは先住民の妻との間にもうけた息子、ホークとともにガイドとして同行していた。船を捨て山越えルートを進んでいた最中、グラスは見回り中に子連れの熊に襲われ重傷を負う。隊長のアンドリュー・ヘンリーは瀕死のグラスを残して出発することを決断し、彼の最期を看取り埋葬する者として、ホークとジョン・フィッツジェラルド、若いジム・ブリッジャーが残ることになった。ジョンは2人がいない間にグラスを殺そうとするところをホークに見つかり銃を向けられるが、返り討ちに殺してしまう。一部始終を見ていたが動けないグラスは奇跡的に一命をとりとめ、折れた足を引きずり這いながらジョンを追い始めた。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

製作[編集]

キャスト、スタッフが明らかにしているところによれば、自然光での撮影、それも特にマジックアワーと呼ばれる1日1時間半程度の黄昏時の撮影にこだわり、撮影セットは東向きの「朝用」と西向きの「夕方用」の2種類が用意された。また、劇中に登場する砦のセットは「全方位どこを写しても自然に見える」ことを目指して制作された。時系列に沿って「順撮り」で撮影していたため、当初撮影したカナダでは、予想以上の暖冬であったこともあり、撮影中に雪が早々に溶けてしまった。そこで、季節が反対の南米の高地に移動して撮影が続行され、ロケ期間は9ヶ月に及んだ。撮影は極地で行われ、凍った川に入ったり、実際に生肉を食い、動物の死体の中で眠る等、過酷なものであった[要出典]

封切り[編集]

  • アメリカ合衆国
2015年12月25日(プレミア公開)
2016年1月8日(一般公開)
  • 日本
2016年4月22日(一般公開)

関連商品[編集]

DVD / Blu-ray
レヴェナント: 蘇えりし者(2016年8月24日、20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン)[4]
  • DVD + Blu-ray版と4K ULTRA HD Blu-ray + Blu-ray版がリリース。特典映像としてメイキングが収録。
サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック『The Revanant』坂本龍一アルヴァ・ノトブライス・デスナー)(2016年2月24日、commmons

受賞[編集]

映画賞 対象 結果
2015 第36回ボストン映画批評家協会賞 主演男優賞 レオナルド・ディカプリオ 受賞
第19回オンライン映画批評家協会賞[5][6] 主演男優賞 レオナルド・ディカプリオ ノミネート
撮影賞 エマニュエル・ルベツキ ノミネート
編集賞 ノミネート
第19回トロント映画批評家協会賞 主演男優賞 レオナルド・ディカプリオ 次点
2016 第73回ゴールデングローブ賞[7][8][9] 映画作品賞 ドラマ部門 受賞
映画作品賞 ドラマ部門 主演男優賞 レオナルド・ディカプリオ 受賞
監督賞 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 受賞
作曲賞 坂本龍一
アルヴァ・ノト
ノミネート
第21回放送映画批評家協会賞[10][11] 主演男優賞 レオナルド・ディカプリオ 受賞
作品賞 ノミネート
監督賞 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ ノミネート
助演男優賞 トム・ハーディ ノミネート
第36回ロンドン映画批評家協会賞[12] 英国/アイルランド男優賞 トム・ハーディ 受賞[注 1]
第27回アメリカ製作者組合賞[13] 映画部門作品賞 ノミネート
第66回アメリカ映画編集者協会 エディ賞[14] ドラマ映画部門 ノミネート
第22回全米映画俳優組合賞[15] 主演男優賞 レオナルド・ディカプリオ 受賞
第68回全米監督組合[16][17] 長編映画部門 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 受賞
第43回アニー賞[18] キャラクターアニメーション賞
(実写作品)
受賞
第69回英国アカデミー賞[19] 作品賞 受賞
監督賞 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 受賞
主演男優賞 レオナルド・ディカプリオ 受賞
撮影賞 受賞
音響賞 受賞
第30回全米撮影監督協会[20] 映画部門 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 受賞
第20回サテライト賞[21][22] 主演男優賞 レオナルド・ディカプリオ 受賞
作品賞 ノミネート
監督賞 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ ノミネート
脚色賞 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
マーク・L・スミス
ノミネート
第52回アメリカ映画音響協会賞[23] 実写映画部門 受賞
第88回アカデミー賞[24][25] 監督賞 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 受賞
主演男優賞 レオナルド・ディカプリオ 受賞
撮影賞 エマニュエル・ルベツキ 受賞
作品賞 ノミネート
衣装デザイン賞 ジャクリーン・ウェスト ノミネート
編集賞 スティーヴン・ミリオン ノミネート
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 ノミネート
美術賞 ノミネート
音響編集賞 ノミネート
視覚効果賞 ノミネート
第63回ゴールデン・リール賞[26] 映画(英語)音響効果部門 受賞
エンパイア賞 2016 [27] 作品賞 受賞
MTVムービー・アワード 2016 [28] 最優秀男優賞 レオナルド・ディカプリオ 受賞
最優秀ファイト賞 ヒュー・グラス vs 熊 ノミネート
最優秀TRUE STORY賞 ノミネート
2017 第59回グラミー賞[29] 最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム(映像作品) 未決定
第40回日本アカデミー賞[30] 最優秀外国作品賞 未決定

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ マッドマックス 怒りのデス・ロード』『レジェンド 狂気の美学』『London Road』と合わせて受賞。

出典[編集]

  1. ^ a b The Revenant(2015)”. Box Office Mojo. 2016年1月12日閲覧。
  2. ^ ‘The Revenant’ Budget Soars to $135 Million As New Regency Foots the Bill (Exclusive)”. The Wrap (2015年10月16日). 2016年1月12日閲覧。
  3. ^ 2016年(平成28年) 興行収入10億円以上番組 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. 2017年2月3日閲覧。
  4. ^ “レオナルド・ディカプリオ主演、アカデミー賞3冠「レヴェナント」ソフト化”. 映画ナタリー. (2016年8月23日). http://natalie.mu/eiga/news/199112 2016年8月23日閲覧。 
  5. ^ “Carol” and “Sicario” Lead the 19th OFCS Nominations”. Online Film Critics Society (2015年12月7日). 2016年1月19日閲覧。
  6. ^ オンライン映画批評家協会賞は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が4冠”. 映画.com (2015年12月15日). 2016年1月19日閲覧。
  7. ^ ゴールデングローブ賞「キャロル」が最多ノミネート、坂本龍一は作曲賞候補に”. 映画ナタリー (2015年12月11日). 2016年1月19日閲覧。
  8. ^ ゴールデン・グローブ賞最多は『キャロル』の4部門5ノミネート!女性同士のラブストーリー”. シネマトゥデイ (2015年12月10日). 2016年1月19日閲覧。
  9. ^ ゴールデングローブ賞結果発表、「レヴェナント:蘇えりし者」が最多3部門制す”. 映画ナタリー (2016年1月12日). 2016年1月19日閲覧。
  10. ^ 放送映画批評家協会賞ノミネート発表 「マッドマックス」が最多13ノミネート”. 映画.com (2015年12月15日). 2016年1月19日閲覧。
  11. ^ 「マッドマックス」が放送映画批評家協会賞で最多9冠、トムハ&シャーリーズも受賞”. 映画ナタリー (2016年1月18日). 2016年1月19日閲覧。
  12. ^ ロンドン映画批評家協会賞、作品賞は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」”. 映画.com (2016年1月19日). 2016年1月19日閲覧。
  13. ^ 米製作者組合賞ノミネート発表”. 映画.com (2016年1月6日). 2016年1月20日閲覧。
  14. ^ 『スター・ウォーズ』『マッドマックス』がノミネート!第66回アメリカ映画編集者協会エディ賞”. シネマトゥデイ (2016年1月7日). 2016年1月20日閲覧。
  15. ^ レオナルド・ディカプリオ 主演男優賞受賞 全米映画俳優組合賞映画部門発表”. シネマトゥデイ (2016年2月1日). 2016年2月2日閲覧。
  16. ^ イニャリトゥ&リドリー&ジョージ・ミラー!全米監督組合賞ノミネーション発表”. シネマトゥデイ (2016年1月14日). 2016年1月20日閲覧。
  17. ^ 米監督組合賞に「レヴェナント」イニャリトゥ監督 「バードマン」に続き2年連続”. 映画.com (2016年2月8日). 2016年2月8日閲覧。
  18. ^ 「インサイド・ヘッド」がアニー賞最多10部門に輝く、高畑勲は功労賞を獲得”. 映画ナタリー (2016年2月7日). 2016年2月8日閲覧。
  19. ^ 英国アカデミー賞で「レヴェナント」5冠、トム・クルーズがディカプリオを祝福”. 映画ナタリー (2016年2月15日). 2016年2月15日閲覧。
  20. ^ 米撮影監督協会賞は「レヴェナント」!エマニュエル・ルベツキが3連覇”. 映画.com (2016年2月16日). 2016年2月17日閲覧。
  21. ^ サテライト賞ノミネート発表”. 映画.com (2015年12月3日). 2016年1月20日閲覧。
  22. ^ 作品賞は『スポットライト 世紀のスクープ』 ディカプリオにまた栄冠! 第20回サテライト・アワード発表”. シネマトゥデイ (2016年2月26日). 2016年2月26日閲覧。
  23. ^ 「レヴェナント」が映画音響協会賞を受賞”. 映画.com (2016年2月23日). 2016年2月24日閲覧。
  24. ^ アカデミー賞ノミネーション発表、「レヴェナント」12部門、「マッドマックス」10部門”. 映画ナタリー (2016年1月15日). 2016年1月20日閲覧。
  25. ^ 88th ANNUAL ACADEMY AWARDS 第88回アカデミー賞特集 ノミネート&結果一覧”. シネマトゥデイ. 2016年2月29日閲覧。
  26. ^ 『レヴェナント』と『マッドマックス』が同時受賞!”. シネマトゥデイ (2016年3月2日). 2016年3月2日閲覧。
  27. ^ “『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が最多受賞!2016年エンパイア賞発表”. シネマトゥデイ. (2016年3月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0081370 2016年3月25日閲覧。 
  28. ^ スター・ウォーズ/フォースの覚醒』最多11部門!MTVムービーアワードノミネーション発表”. シネマトゥデイ (2016年3月14日). 2016年3月14日閲覧。
  29. ^ “坂本龍一、「レヴェナント」サントラで第59回グラミー賞にノミネート”. 映画ナタリー. (2016年12月7日). http://natalie.mu/eiga/news/212264 2016年12月7日閲覧。 
  30. ^ “第40回日本アカデミー賞優秀賞の最多受賞は「怒り」、「シン・ゴジラ」「64」が続く”. 映画ナタリー. (2017年1月16日). http://natalie.mu/eiga/news/216979 2017年1月17日閲覧。 

外部リンク[編集]