ガンジー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンジー
Gandhi
監督 リチャード・アッテンボロー
脚本 ジョン・ブライリー
製作 リチャード・アッテンボロー
製作総指揮 マイケル・スタンレー・エバンス
出演者 ベン・キングズレー
キャンディス・バーゲン
ジョン・ギールグッド
マーティン・シーン
音楽 ラヴィ・シャンカル
ジョージ・フェントン
撮影 ビリー・ウィリアムズ
ロニー・テイラー
編集 ジョン・ブルーム
製作会社
配給 世界の旗 コロンビア ピクチャーズ
イギリスの旗 コロンビア ピクチャーズ、EMIフィルムズ英語版ワーナー・ブラザース[1]
公開 インドの旗 1982年11月30日
イギリスの旗 1982年12月3日
日本の旗 1983年4月16日
上映時間 188分[1]
製作国 イギリスの旗 イギリス
インドの旗 インド
言語 英語ヒンディー語
製作費 $22,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $127,767,889[2]
テンプレートを表示

ガンジー』(Gandhi)は、1982年公開のイギリスインドの合作映画。リチャード・アッテンボローが監督・製作、ジョン・ブライリーが脚本、ベン・キングズレーが主演を務めている。イギリス領インド帝国を舞台に非暴力非協力運動を展開したインド独立運動の指導者マハトマ・ガンディーの生涯を描いた伝記映画

1982年11月から12月にかけてインド・イギリス・アメリカで公開され、歴史的な描写の性格さやキングズレーの演技、衣装デザインなどの面で高く評価され、1億2780万ドルの興行収入を記録した。第55回アカデミー賞には11部門にノミネートされ、アカデミー作品賞アカデミー監督賞アカデミー主演男優賞を受賞した。また、2016年8月12日にはインド独立70周年を記念して映画祭事務局国防省が共同開催した独立記念日映画祭でオープニング上映された[3][4][5]

ストーリー[編集]

1948年の独立を勝ち取ったインド。夕刻の礼拝時に大勢のインド人がガンジーを取り囲む中、1人の男がピストルを隠したままガンジーに近づき、ガンジーが祈りを返すなか3発の銃弾が命を奪った。

1893年のイギリス領南アフリカ。列車の一等車に乗っていたイギリス領インド人の青年弁護士ガンジーは、被差別人種である有色人種であるがゆえに三等車に移るように白人の係員に指示されたものの、それを拒否したために列車から放り出されてしまう。

イギリス連邦の一員でありながら不当な差別を行う白人政府に憤ったガンジーは、有力者のカーンたちと協力して抗議活動を行い、有色人種が所有を義務付けられていた身分証を焼却して逮捕される。逮捕されたものの、無抵抗だったガンジーに対して警察が暴力を振るったことに抗議の声が挙がり、ガンジーは釈放される。

釈放後、ガンジーは人種・宗教・階級の垣根を超えたアーシュラム共同農園を作り、イギリスの人種政策に対抗する。ガンジーの元には牧師のアンドリューや記者のウォーカーが集まり、運動は拡大していく。ガンジーは南アフリカ政府が新たに制定した人種政策を拒否するための集会を開き、有色人種を不当に酷使する農場で抗議デモを実施するが、暴動を起こした罪で再び逮捕されてしまう。しかし、ガンジーの活動に注目が集まり抗議の声も高まっていたため、人種政策を制定したスマッツ将軍は政策を撤回し、ガンジーを釈放する。

釈放されたガンジーは第一次世界大戦中の1915年に故郷インドに帰国して、イギリスの植民地支配下で抑圧されていた民衆から大歓迎され、また、ジャワハルラール・ネルーらが率いるインド独立を目指す「インド国民会議」に迎え入れられる。

ガンジーは知見を広めるためインド全土を旅し、やがてイギリスの植民地政府の暴力に対抗するために「非暴力」を掲げて抵抗を開始する。イギリス植民地政府はガンジーを数度に渡り逮捕するが、その都度民衆や新聞の猛抗議を受け彼を釈放する。勢い付いた民衆は各地で集会を開き非暴力運動を呼びかけるが、イギリス軍のダイヤー将軍は集会を排除するために民衆を虐殺し、アムリットサル事件を引き起こす。

ガンジーたち国民会議のメンバーは総督と会談してイギリスからの独立を目指す考えを伝えるが、インド政府高官たちは彼らの宣言を真に受けようとはしなかった。ガンジーはウッド新総督就任を狙いインド全土でゼネストを呼びかけ、インド政府を混乱させる。ウッドは抵抗運動を弾圧し、怒り狂った民衆が暴動を起こして警官を殺害する事件が発生する。ショックを受けたガンジーは抵抗運動を止めるように訴え、断食を実施する。衰弱するガンジーを見たネルーたち国民会議のメンバーは抵抗運動の中止を指示し、ゼネストは終結した。

1930年、ガンジーは十数年振りにウォーカーと再会し、新たな抵抗運動として塩の行進を決行する。ガンジーは塩の専売権をイギリスから取り戻し、インドの独立を訴える。直後にガンジーは逮捕されるが、残された民衆は塩を作り続け、再び非暴力運動を展開していく。第二次世界大戦が勃発すると、ガンジーは反英運動を理由に逮捕され、収監先の刑務所で妻カストゥルバと死別する。戦争の終結後、戦勝国となるも日本ドイツとの戦いで疲弊した上に、大戦中に日本軍の協力を受けて活動していたインド国民軍参加者への裁判に反対するデモなどを受け、もはや植民地支配を続けることができないと悟ったイギリスはインドの独立を承認し、最後の総督としてマウントバッテンが赴任する。

国民会議のメンバーはマウントバッテンと独立に向けた交渉を始めるが、インドでは少数派であるムスリムの権利が侵されることを危惧したジンナーは、インドとは別のムスリム国家の樹立を模索する。宗教対立を望まないガンジーは、ジンナーを独立インドの初代首相としたムスリム内閣を提案するが物別れに終わり、イギリス領インドは1947年に「インド」と「パキスタン」それぞれ別の国家として独立した。

インドが分裂したことを嘆くガンジーは、それぞれの国家に取り残されたヒンドゥー教徒、ムスリムが迫害を受け、その報復として互いが殺し合う姿を見てさらに衝撃を受ける。宗教対立を止めるように訴えたものの、民衆は怒りからガンジーの言葉を聞き入れようとせず、彼を裏切者として弾劾する。ガンジーは対立を止めようと再び断食を行うが、老齢の彼は次第に衰弱していく。首相となったネルーはガンジーを助けるため奔走し、民衆もガンジーの姿を見て我に返り、暴動は鎮静化する。

インドが落ち着きを取り戻した頃、ガンジーは夕べの祈りに出かけ民衆と触れ合うが、彼を敵視するヒンドゥー原理主義者ゴードセーに射殺される。ガンジーの国葬が執り行われ、インド全土から民衆が駆け付け、各国の要人も弔意を示す中、ガンジーの遺体は火葬され、遺灰はガンジス川にまかれた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ
マハトマ・ガンジー ベン・キングズレー 井上倫宏 寺田農
カストゥルバ・ガンジー英語版 ロヒニ・ハッタンガディー英語版
ジャワハルラール・ネルー ロシャン・セス 水野龍司 津嘉山正種
パテル サイード・ジャフリー 楠見尚己 富田耕生
ムハンマド・アリー・ジンナー アリク・パダムゼ英語版 津田英三 小林勝彦
マーガレット・バーク=ホワイト キャンディス・バーゲン 泉裕子 鈴木弘子
レジナルド・ダイヤー英語版 エドワード・フォックス 稲葉実 麦人
アーウィン卿エドワード・ウッド総督 ジョン・ギールグッド 大木民夫 中庸助
ブルームフィールド判事 トレヴァー・ハワード 有本欽隆 上田敏也
フレデリック・セシジャー総督 ジョン・ミルズ 浦山迅 石森達幸
ヴィンス・ウォーカー マーティン・シーン 堀内賢雄 西村知道
チャーリー・アンドリュー牧師英語版 イアン・チャールソン 小川真司
コリンズ リチャード・グリフィス
コリン ダニエル・デイ=ルイス 大久保利洋
役不明又はその他 屋良有作
幸田直子
有馬瑞香
小林清志
池田勝
松村彦次郎
峰恵研
玄田哲章
村松康雄
柳沢紀男
藤本譲
伊井篤史
竹口安芸子
大滝進矢
小室正幸
翻訳 高間俊子 宇津木道子
演出 安江誠 小林守夫
調整 丹波晴道
効果 遠藤堯雄
桜井俊哉
制作 東北新社
初回放送 - 1987年2月21日
ゴールデン洋画劇場

製作[編集]

マハトマ・ガンディー
ベン・キングズレー

『ガンジー』はリチャード・アッテンボローが長年製作を夢見た企画だったが、過去二度に渡り製作が頓挫している。1952年にガブリエル・パスカル英語版インド首相ジャワハルラール・ネルーとの間にマハトマ・ガンディーの生涯を描く映画の製作契約を結んだが、製作準備が整う前にパスカルが1954年に死去したため企画が中止された[6]

1962年、アッテンボローはモーティラル・コタリ(ロンドンのインド高等弁務官事務所の職員で、ガンディーの信奉者だった)から「ガンディーを題材にした映画の製作について語りたい」と連絡を受けた[7][8]。アッテンボローはルイス・フィッシャー英語版の著作『ガンジー』を読んだ後にコタリの提案を受け入れ、それ以降18年間の歳月をかけて映画化の企画を練った。彼は最後のインド総督ルイス・マウントバッテンとの縁を活用してネルーや彼の娘インディラ・ガンディーと面会して企画を進めていたが、1964年にネルーが死去したため製作は中断した。アッテンボローは完成した映画をコタリ、マウントバッテン、ネルーに捧げている。

デヴィッド・リーンサム・スピーゲルは『戦場にかける橋』の完成後にガンディーを題材にした映画の製作を企画しており、アレック・ギネスが主演を務めることが報じられていたが、『アラビアのロレンス』の製作が決まったことで企画は破棄された[9]。アッテンボローは1960年代後半に不本意ながらリーンに『ガンジー』の企画を持ちかけており、リーンは企画を引き受けてアッテンボローにガンディー役を演じるように提案した。その後、リーンは『ライアンの娘』の製作を進めるが、その間にコタリが死去したため『ガンジー』の製作は中断した[10]

1976年にワーナー・ブラザースの支援を得たアッテンボローは『ガンジー』の製作を再開しようと試みたが、インド首相になっていたインディラ・ガンディーが非常事態宣言英語版を発令したため撮影ができなくなってしまう。この事態に対し、共同プロデューサーのラーニー・ドゥーベはインディラを説得し、インド国立映画開発公社から1000万ドルの資金援助を得ることに成功した[11][12]。1980年にアッテンボローは製作に必要な残りの資金の調達に成功し、同年11月26日から1981年5月10日まで撮影が行われた。一部のシーンはビハール州コイワーリー橋英語版で撮影されている[13]。ガンディーの葬儀シーンでは30万人以上のエキストラを動員し、「世界で最も多くの人員を動員した映画」としてギネス世界記録に登録された[14]

プリプロダクションの段階ではガンディー役の候補について様々な憶測が流れたが[15][16]、最終的にインド人の血を引く(父がグジャラート人英語版)のベン・キングズレーが起用された[17]

公開[編集]

1982年11月30日にニューデリーで公開され、12月2日にはロンドンのオデオン・レスター・スクエア英語版でロイヤルプレミア上映が行われ[18]ウェールズ公チャールズウェールズ公妃ダイアナが出席した[19][20]。12月8日からアメリカ合衆国で限定公開され、1983年1月から世界市場で順次公開された[2]。 日本では同じコロンビアピクチャーズの『トッツィー』と同じ日に公開された。

評価[編集]

興行収入[編集]

北米の4劇場(ニューヨークジーグフェルド劇場英語版ワシントンD.C.アップタウン劇場英語版ロサンゼルスのセンチュリープラザ、トロントのヨーク劇場)では公開5日間で18万3583ドルの興行収入を記録したが[21]、これらの劇場では上映時間の関係で1日3回しか上映できなかった[22]。アメリカとカナダの最終興行収入は5276万7889ドルを記録し[2]、1982年公開の映画興行成績第12位になった[23]

北米以外の地域では7500万ドルの興行収入を記録し、1982年公開の映画興行成績第3位になった[2]。イギリスでは770万ポンド(インフレ調整後の金額は2230万ポンド)の興行収入を記録し[24][25]、同国のインフレ調整後のインディペンデント映画歴代興行成績のトップ10入りを果たしている[24]。インドでは10億ルピー以上の興行収入を記録し、外国映画としては歴代最高額を記録した。現在の為替レートに換算すると1490万ドルに相当し、インド国内で最も収益を上げた外国映画の一つとなっている。ボンベイデリーでは上映に際して免税処置がとられた[26]

製作会社のゴールドクレスト・フィルムズ英語版は507万6000ポンドを投資して1146万1000ポンドを回収し、638万5000ポンドの収益を得た[27]

批評[編集]

リチャード・アッテンボロー

『ガンジー』はインドだけではなく、海外でも高い評価を得ている[26]Rotten Tomatoesでは62件の批評が寄せられ支持率85%、平均評価8.1/10となっており、「リチャード・アッテンボロー監督は確かな手腕を発揮しているが、ベン・キングズレーの素晴らしい演技が、この長く広大な伝記映画の要になっている」と批評している[28]Metacriticは16件の批評に基づき79/100のスコアを与え[29]CinemaScoreでは「A+」評価となっている[30]。2010年にはインディペンデント・フィルム&テレビジョン・アライアンス英語版が「過去30年間で最も重要なインディペンデント映画30」の一つに選んでいる[31]

ニューズウィークタイム誌ワシントン・ポストパブリック・ヒストリアン英語版クロスカレント英語版ジャーナル・オブ・アジアン・スタディーズ英語版フィルム・クォータリー英語版ザ・プログレッシブ英語版クリスティアン・センチュリー英語版などの雑誌で取り上げられている[15][32][33][34][35][36][37][38][39][40]リチャード・シッケル英語版は「ガンディーの精神的な存在感を描いている……キングズレーには驚くしかない」と批評している[32]:97。また、彼はアッテンボローの演出について「盛り上げるというよりも予測可能な型通りなハンサムさ」であるが「様式的な自己否定は人の注意を本来あるべきところに留めておくのに役立っている」と批評している[32]:97ロジャー・イーバートは4/4の星を与えて「素晴らしい経験」と称賛し[41]、1983年のベスト映画第5位に選んでいる[42]。ニューズウィークのジャック・クロール英語版は「必ず観なければならない映画というものは非常に少ないです。サー・リチャード・アッテンボローの『ガンジー』はその数少ない映画の一つです」と称賛しており[15]、「映画は非常に重要なテーマを扱っており……高い知性と感情的な衝撃が混在している……ベン・キングズレーは恐らく映画史上最も驚くべき伝記的な演技をしている」「物語で最も説得力に欠けるキャラクターはイギリス人聖職者やアメリカ人ジャーナリストなど、ガンディーの西欧の友人たち」と指摘しつつ、「アッテンボローの古典的なスタイルは、彼が求めるトリックや心理学的要素のない品質に合っている」と分析している[15]

否定的に評価した人の中で歴史家ローレンス・ジェームズ英語版は映画を「プレ・ハギオグラフィー」と呼び[43]、人類学者アキール・グプタ英語版は「味気ない演出と誤解を招くような歴史の解釈に苦しめられる映画」と呼んでいる[44]。小説家マカランド・パランジャペ英語版は「『ガンジー』は伝記的だが、映画という視覚的イメージそのものが”現実”を描写するという映画製作の模倣的スタイルに沿っている」と批評している[45]。この他にパット・ブキャナンエメット・ティレル英語版リチャード・グレニアー英語版などの右派論客から非暴力を擁護する内容について批判を浴びた[39][46]

受賞・ノミネート[編集]

映画賞 部門 対象 結果
第55回アカデミー賞[47] 作品賞 リチャード・アッテンボロー 受賞
監督賞
主演男優賞 ベン・キングズレー
脚本賞 ジョン・ブライリー
美術賞 スチュアート・クレイグロバート・W・ラング英語版マイケル・セアトン英語版
撮影賞 ビリー・ウィリアムズロニー・テイラー
衣裳デザイン賞 ジョン・モロブハヌ・アタイヤ英語版
編集賞 ジョン・ブルーム
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 トム・スミス ノミネート
作曲賞 ラヴィ・シャンカルジョージ・フェントン
録音賞 ジェリー・ハンフリーズ英語版ロビン・オドナヒュー英語版ジョナサン・ベイツ英語版サイモン・ケイ英語版
アメリカ映画編集者協会賞 長編映画編集賞 (ドラマ部門)英語版 ジョン・ブルーム 受賞
第36回英国アカデミー賞英語版 作品賞 リチャード・アッテンボロー
監督賞
主演男優賞 ベン・キングズレー
助演男優賞 エドワード・フォックス ノミネート
ロシャン・セス
助演女優賞 キャンディス・バーゲン
ロヒニ・ハッタンガディー英語版 受賞
脚本賞 ジョン・ブライリー ノミネート
撮影賞 ビリー・ウィリアムズ、ロニー・テイラー
衣装デザイン賞英語版 ジョン・モロ、ブハヌ・アタイヤ
編集賞 ジョン・ブルーム
メイクアップ&ヘア賞英語版 トム・スミス
プロダクションデザイン賞英語版 スチュアート・クレイグ
作曲賞 ラヴィ・シャンカル、ジョージ・フェントン
音響賞英語版 ジェリー・ハンフリーズ、ロビン・オドナヒュー、ジョナサン・ベイツ、サイモン・ケイ
新人俳優賞英語版 ベン・キングズレー 受賞
英国撮影監督協会英語版 撮影賞 ビリー・ウィリアムズ、ロニー・テイラー
第28回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞 外国映画賞英語版 リチャード・アッテンボロー
外国人プロデューサー賞
外国脚本賞 ジョン・ブライリー ノミネート
ユーロピアン・ダヴィッド賞 リチャード・アッテンボロー 受賞
第35回全米監督協会賞英語版 長編映画監督賞
イブニング・スタンダード英国映画賞英語版 主演男優賞 ベン・キングズレー
第40回ゴールデングローブ賞 外国語映画賞 ガンジー
主演男優賞 (ドラマ部門) ベン・キングズレー
監督賞 リチャード・アッテンボロー
脚本賞 ジョン・ブライリー
新人俳優賞英語版 ベン・キングズレー
第26回グラミー賞 映画・テレビサウンドトラック部門 ラヴィ・シャンカル、ジョージ・フェントン ノミネート
第7回日本アカデミー賞 外国作品賞 ガンジー
カンザスシティ映画批評家協会賞 主演男優賞 ベン・キングズレー 受賞
ロンドン映画批評家協会賞 主演男優賞英語版
第8回ロサンゼルス映画批評家協会賞 作品賞英語版 ガンジー 次点
監督賞 リチャード・アッテンボロー
主演男優賞 ベン・キングズレー 受賞
第54回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞英語版 作品賞 ガンジー
トップ10映画賞英語版
男優賞 ベン・キングズレー
第17回全米映画批評家協会賞英語版 主演男優賞 次点
第48回ニューヨーク映画批評家協会賞 作品賞 ガンジー 受賞
主演男優賞 ベン・キングズレー

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Gandhi”. British Board of Film Classification. 2015年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e Gandhi (1982) - Box Office Data, DVD and Blu-ray Sales, Movie News, Cast and Crew Information”. The Numbers. 2015年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月27日閲覧。
  3. ^ Archived copy”. 2020年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月24日閲覧。
  4. ^ Independence Day Film Festival”. 2016年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月29日閲覧。
  5. ^ Archived copy”. 2021年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月24日閲覧。
  6. ^ See Pascal, Valerie (1970). The disciple and his devil: Gabriel Pascal, Bernard Shaw. New York: McGraw-Hill. ISBN 978-0-595-33772-9. オリジナルの17 December 2019時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191217025311/https://books.google.com/books?id=hjmEM5mjhfMC&pg=PA219 2016年10月15日閲覧。  Page 219 states that "Nehru had given his consent, which he confirmed later in a letter to Gabriel: 'I feel... that you are the man who can produce something worthwhile. I was greatly interested in what you told me about this subject [the Gandhi film] and your whole approach to it."
  7. ^ Gandhi's Inspiring Short Stories”. www.mkgandhi-sarvodaya.org. 2018年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月10日閲覧。
  8. ^ Wakeman, John. World Film Directors, Volume 2. The H. W. Wilson Company, 1988, p. 79.
  9. ^ Entirely Up To You, Darling by Diana Hawkins & Richard Attenborough; paperback; Arrow Books; published 2009. 978-0-099-50304-0
  10. ^ Wakeman (1988), p. 81.
  11. ^ Wakeman (1988), p. 82.
  12. ^ Special Correspondent. “Film producer D.V.S. Raju passes away”. The Hindu. 2013年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月24日閲覧。
  13. ^ The ancient heritage behind our railway bridges”. Rediff. 2018年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月8日閲覧。
  14. ^ Arts and media/Movies/Film extras”. Guinness World Records. 2005年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月27日閲覧。
  15. ^ a b c d Jack Kroll (1982). “A magnificent life of Gandhi”. Newsweek (13 December 1982): 60. 
  16. ^ Kroll (1982, p. 60) mentions advocacy of Alec Guinness, John Hurt, and Dustin Hoffman, and quotes Attenborough as stating that "At one point Paramount actually said they'd give me the money if Richard Burton could play Gandhi."
  17. ^ Jack Kroll (1982). “To be or not to be... Gandhi”. Newsweek [US edition] (13 December 1982): 63. 
  18. ^ Nigel Wolland. “70mm at the Odeon, Leicester Square”. In 70mm.com. 2012年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月26日閲覧。
  19. ^ “Entertainments Guide”. The Guardian: p. 24. (1982年12月2日) 
  20. ^ Attending premiere of "Gandhi" December 2nd 1982”. Princess Diana Remembered (1982年12月2日). 2014年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月26日閲覧。
  21. ^ “Major Openings Bolster B.O.”. Daily Variety: 1. (December 14, 1982). 
  22. ^ Ginsberg, Steven (December 21, 1982). “'Tootsie,' 'Toy' And 'Dark Crystal' Win Big At National Box-Office”. Daily Variety: 1. 
  23. ^ 1982 Domestic Grosses”. Box Office Mojo. 2012年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月29日閲覧。
  24. ^ a b BFI Research and Statistics”. British Film Institute (2016年4月). 2018年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月26日閲覧。 “£22.3 million inflation-adjusted; GDP deflator 34.558”
  25. ^ Pacific Exchange Rate Service (0.57245 GBP per USD)”. UBC Sauder School of Business. University of British Columbia (1982年). 2015年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月21日閲覧。
  26. ^ a b Makarand R Paranjape (30 January 2015). The Death and Afterlife of Mahatma Gandhi. ISBN 9788184006834. https://books.google.com/books?id=GLBrBgAAQBAJ&q=gandhi+box+office&pg=PT118 2016年7月14日閲覧。 
  27. ^ Eberts, Jake; Illott, Terry (1990). My indecision is final. Faber and Faber. p. 656 
  28. ^ Gandhi (1985)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2019年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月29日閲覧。
  29. ^ Gandhi Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2019年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月1日閲覧。
  30. ^ Pamela McClintock (2011年8月19日). “Why CinemaScore Matters for Box Office”. The Hollywood Reporter. 2014年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月14日閲覧。
  31. ^ UPDATE: How "Toxic" Is IFTA's Best Indies?”. Deadline. 2017年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月23日閲覧。
  32. ^ a b c Richard Schickel (6 December 1982). “Cinema: Triumph of a martyr [review of Gandhi, film by Richard Attenborough”]. Time 120: 97. オリジナルの22 January 2011時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110122162427/http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,923124,00.html 2011年3月7日閲覧。. 
  33. ^ Christian Williams (1982年12月6日). “Passage to 'Gandhi'; Attenborough's struggle to bring the Mahatma's life to the screen”. Washington Post: pp. Show, F1 
  34. ^ Coleman McCarthy (1983年1月2日). “'Gandhi': Introduction to a moral teacher”. Washington Post: pp. Style; K2 
  35. ^ Stephen Hay (1983). “Review: Attenborough's "Gandhi"”. The Public Historian (University of California Press on behalf of the National Council on Public History) 5 (3): 85–94. doi:10.2307/3377031. ISSN 0272-3433. JSTOR 3377031. 
  36. ^ Eknath Easwaran (1982). “Gandhi – Reflections After the Film”. Cross Currents (Convergence) 32 (4): 385–388. ISSN 0011-1953. 
  37. ^ Mark Juergensmeyer (1984). “Review: The Gandhi revival—a review article”. The Journal of Asian Studies (Association for Asian Studies) 43 (2): 293–298. doi:10.2307/2055315. ISSN 0021-9118. JSTOR 2055315. 
  38. ^ Darius Cooper (1983). “Untitled [review of Gandhi by Richard Attenborough]”. Film Quarterly (University of California Press) 37 (2): 46–50. doi:10.2307/3697391. ISSN 0015-1386. JSTOR 3697391. 
  39. ^ a b DeParle, Jason (September 1983). “Why Gandhi Drives The Neoconservatives Crazy”. The Washington Monthly: 46–50. 
  40. ^ Roger Ebert (1982年1月1日). “Gandhi [review of film by Richard Attenborough”]. Chicago Sun-Times: pp. online film review. オリジナルの2020年11月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201112034626/https://www.rogerebert.com/reviews/gandhi-1982 2020年10月31日閲覧。 
  41. ^ Ebert, Roger (1982年1月1日). “Gandhi (1982)”. The Chicago Sun-Times. オリジナルの2015年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151211094037/http://www.rogerebert.com/reviews/gandhi-1982 2015年12月10日閲覧。 
  42. ^ Ebert's 10 Best Lists: 1967 to Present. Roger Ebert of The Chicago Sun-Times via the Internet Archive. Retrieved 18 October 2016.
  43. ^ James, Lawrence (1997). Raj: The Making and Unmaking of British India. Little, Brown, and Company. p. 465. ISBN 0-312-19322-X. https://archive.org/details/raj00lawr/page/465 
  44. ^ Akhil Gupta (1983). “Review: Attenborough's truth: The politics of Gandhi”. The Threepenny Review (Threepenny Review) (15): 22–23. ISSN 0275-1410. JSTOR 4383242. オリジナルの3 March 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160303223323/http://central.d127.org/library/classprojects/gandhi/Documents/Attenborough%27s%20Truth.pdf 2021年9月9日閲覧。. 
  45. ^ Paranjape, Makarand R. (2014). The Death and Afterlife of Mahatma Gandhi. New York: Routledge. p. 91. ISBN 978-0-415-69573-2. https://books.google.fi/books?id=9p2QBAAAQBAJ&printsec=frontcover&hl=fi#v=onepage&q&f=false 
  46. ^ Grenier, Richard (1983). The Gandhi Nobody Knows. Nashville: Thomas Nelson Publishers. ISBN 0-8407-5871-5. https://archive.org/details/gandhinobodyknow0000gren 
  47. ^ The 55th Academy Awards (1983) Nominees and Winners”. oscars.org. 2012年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • Attenborough, Richard. In Search of Gandhi (1982), memoir on making the film
  • Hay, Stephen. "Attenborough's 'Gandhi,'" The Public Historian, 5#3 (1983), pp. 84–94 in JSTOR; evaluates the film's historical accuracy and finds it mixed in the first half of the film and good in the second half

関連項目[編集]

外部リンク[編集]