ロミオとジュリエット (1968年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロミオとジュリエット
Romeo and Juliet
監督 フランコ・ゼフィレッリ
脚本 フランコ・ゼフィレッリ
フランコ・ブルサーティ
マソリーノ・ダミコ
原作 ウィリアム・シェイクスピア
製作 ジョン・ブレイボーン
アンソニー・ヘイヴロック=アラン
出演者 レナード・ホワイティング
オリヴィア・ハッセー
音楽 ニーノ・ロータ
撮影 パスクァリーノ・デ・サンティス
編集 レジナルド・ミルズ
配給 パラマウント映画
公開 イギリスの旗 1968年3月4日(ロンドン、プレミア上映)
アメリカ合衆国の旗 1968年10月8日
イタリアの旗 1968年10月19日
日本の旗 1968年11月23日
上映時間 138分
製作国 イギリスの旗 イギリス
イタリアの旗 イタリア
言語 英語
興行収入 38,901,218ドル(北米興収)
テンプレートを表示

ロミオとジュリエット』(原題:Romeo and Juliet)は、1968年に製作・公開されたイギリスイタリアの合作映画である。

概要[編集]

ウィリアム・シェイクスピアの著名な戯曲を映画化したもので、フランコ・ゼフィレッリが脚色・監督、イギリス出身のレナード・ホワイティングオリヴィア・ハッセーが主演した。従来の映画化(1936年版など)と比較して、より登場人物の実年齢に近づけたキャスティングが行われ、イタリアでロケーションが行われている。当時16歳のハッセーがヌードシーンを演じていることも大いに話題となった。ロータが担当した音楽も評判となり、テーマ曲は古今東西の映画音楽の代表的な名作として、現在に至るまで親しまれている。最初にロミオ役の出演依頼を受けたのはビートルズポール・マッカートニーであったが、マッカートニーはこれを断っている。北川悦吏子が14才の頃に見た本作に影響を受け、脚本家の道を志すきっかけとなった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
テレビ朝日 テレビ東京
ロミオ レナード・ホワイティング 水島裕 置鮎龍太郎
ジュリエット オリヴィア・ハッセー 榊原良子 川上とも子
ティボルト マイケル・ヨーク 堀勝之祐 森川智之
マキューシオ ジョン・マケナリー 堀内賢雄
ロレンス神父 ミロ・オーシャ 佐々木梅治
ジュリエットの乳母 パット・ヘイウッド 磯辺万沙子
ヴェローナ公 ロバート・スティーヴンス 有本欽隆
ベンヴォーリオ ブルース・ロビンソン
キャピュレット ポール・ハードウィック 富田耕生 麦人
キャピュレット夫人 ナターシャ・パリー 佐藤しのぶ
モンタギュー アントニオ・ピエルフェデリチ 石波義人
モンタギュー夫人 エスメラルダ・ルスポーリ 宮寺智子
パリス ロベルト・ビサッコ
ナレーション ローレンス・オリヴィエ 田原アルノ


スタッフ[編集]

  • 監督:フランコ・ゼフィレッリ
  • 製作:ジョン・ブレイボーン、アンソニー・ヘイヴロック=アラン
  • 脚色:フランコ・ゼフィレッリ、フランコ・ブルサーティ、マソリーノ・ダミコ
  • 音楽:ニーノ・ロータ
  • 撮影:パスクァリーノ・デ・サンティス
  • 編集:レジナルド・ミルズ
  • プロダクションデザイン:ロレンツォ・モンジャルディーノ
  • 美術:エミリオ・カルカーノ、ルチアーノ・プッチーニ
  • 衣裳:ダニロ・ドナティ

映画賞受賞・ノミネーション[編集]

外部リンク[編集]