テス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テス
Tess
監督 ロマン・ポランスキー
脚本 ロマン・ポランスキー
ジェラール・ブラッシュ
ジョン・ブラウンジョン
原作 トーマス・ハーディ
ダーバヴィル家のテス
製作 クロード・ベリ
製作総指揮 ピエール・グルンステイン
出演者 ナスターシャ・キンスキー
ピーター・ファース
リー・ローソン
音楽 フィリップ・サルド
撮影 ギスラン・クロケ
ジェフリー・アンスワース
編集 アラステア・マッキンタイア
トム・プリーストリー
配給 日本の旗 ヘラルド
公開 フランスの旗 1979年10月31日
日本の旗 1980年10月25日
上映時間 171分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
言語 英語
テンプレートを表示

テス』 (Tess) は、ロマン・ポランスキー監督、1979年公開のフランスイギリス映画

原作はトーマス・ハーディの『ダーバヴィル家のテス[1]セザール賞では作品賞、監督賞、撮影賞を受賞。アカデミー賞では作品賞、監督賞、作曲賞の候補となり、撮影賞、美術監督・装置賞、衣装デザイン賞を受賞。

ストーリー[編集]

ある日突然、父の家系が伯爵家だとわかった美しい少女テス(テレサ)は、近くに住む金持ちの家ダーバヴィル家に親戚と名乗り、援助を頼みに行かせられる。テスはダーバヴィル家の持ち物である農場に奉公に行くことになるが、祭りの夜、女主人の息子アレックに犯され、情婦にされてしまう。テスは農場を出て行くが、戻った実家で子供を産む。子供はすぐに死んでしまい、テスはまた別の遠い農場に奉公に行く。

その農場には、牧師の息子だが農場主を目指しているエンジェルという青年がいた。テスとエンジェルは恋に落ちるが、テスは自分の過去を告白できず、彼との結婚を承諾できない。過去を告白した手紙をドアの下からエンジェルの部屋へ差し込み、何も変化の無いエンジェルからのプロポーズを受け入れるが、マットの下に入り込んで手紙が読まれていなかったことに気づく。結婚式の夜、とうとうテスはエンジェルに告白するが、エンジェルはテスを許せずに出て行ってしまう。

テスは故郷に帰るが、父親が死に、一家は困窮を極めていた。かつて自分を情婦にしたアレックがしつこく援助を申し出るが、テスは断る。しかし家賃を滞納して家を追い出され、ダーバヴィル家縁の地へ移るが、金がなくて家を借りることも出来ない。テスはアレックからの援助を受け、再び情婦として彼の元で暮らし始める。

時が流れ、テスを許したエンジェルは彼女を迎えに行くが、アレックの情婦となっていたテスは彼を追い返すことしか出来ない。だがアレックの言葉に激昂したテスはアレックを刺し、エンジェルを追いかけて二人で逃亡する。二人は各地を彷徨うが、ストーンヘンジのある野原で捕まり、その後テスは処刑される。

キャスト[編集]

主な受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『昭和55年 写真生活』(2017年、ダイアプレス)p38

外部リンク[編集]