横尾まり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よこお まり
横尾 まり
プロフィール
本名 秋谷 真理
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京都
生年月日 (1952-02-21) 1952年2月21日(65歳)
血液型 O型
身長 168cm
職業 声優ナレーター
事務所 シグマ・セブン
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

横尾 まり(よこお まり、1952年[1]2月21日[2][3] - )は、日本女性声優ナレーター[3]。本名は「秋谷 真理」[4][5]東京都出身[3][6]。身長168cm、体重51kg[3]。血液型はO型[6]シグマ・セブン所属[2]。かつてはぷろだくしょんバオバブに在籍していた(1997年4月からシグマ・セブン)[7]

人物[編集]

劇団テアトル・エコーの養成所卒業後、外国映画の吹き替えやアニメ作品に多数出演[8]

2005年に一新されるまで、『ドラえもん』において、スネ夫のママ役(2代目)を13年間担当[8]。2005年以降は高山みなみが役を継いでおり、高山とは『ミスター味っ子』において母子役で共演したこともある。

語りでは鎌田弥恵に師事[8]槇大輔主宰の語座に2002年から2011年まで参加[8]。シグマ・セブン声優養成所、読売日本テレビ文化センター大森、新浦安カルチャーセンターで講師として後進の指導をしている。「小説の読み語り」をライフワークとして取り組み、読み語りの公演を続けている[8]

趣味はスキーと水泳[3]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1994年
1995年
1996年
1997年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2008年
2009年
2011年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年

劇場アニメ[編集]

1982年
1983年
1987年
1989年
1990年
1991年
1993年
1996年
2002年
2003年

OVA[編集]

1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1998年
2000年
  • 銀河英雄伝説外伝 決闘者(マグダレーナ・フォン・ヴェストパーレ)
2003年

ゲーム[編集]

1991年
1993年
1996年
1997年
1998年
  • スーパーロボット大戦F完結編(ミュージィ・ポー)
  • ボカンですよ(おろカブ)
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
  • 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇(エルチ・カーゴ)
2015年
2016年

ドラマCD[編集]

  • 大人と子供の境界線(母)
  • 大人の問題(杉山由美子)
  • お鍋をみててね ‐ 味吉法子名義。ミスター味っ子・サウンドトラック『満腹定食』に収録。
  • 君さえいれば・・・(山崎みつ子)
  • 最後の夏休み(大野先生)
  • ジャングルはいつも ハレのちグゥ DRAMA CD(ベル)
  • 少年進化論 羊のうた(一砂の祖母)
  • 新鬼武者〜始動する物語〜(淀君)
  • ストロベリー・デカダン(尾花沢伊楚子)
  • スキャンダルシリーズ(深森染香)
  • セイントビースト(トキ)
  • ダブルコール(塔馬の母)
  • 20面相におねがい!! ドラマCD(ママB)
  • パーフェクト・ブルー(植田涼子)
  • 春を抱いていた(洵也の母)
  • BLIND GAME(梧桐束)
  • 魔法陣グルグルシリーズ(ナレーター)
    • 魔法陣グルグル ドラマCD 〜大迷惑!熱血妖精の恩返し〜
    • 魔法陣グルグル ドラマCD 〜水晶玉を取り戻せ!暗闇の中は大コンランですゾ!!〜
    • 魔法陣グルグル 〜ジミナ村の祭典〜
  • ロミ×ロミシリーズ 僕のものになりなさい(力の母)

吹き替え[編集]

映画・ドラマ[編集]

アニメ[編集]

ラジオドラマ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アニメソフト完全カタログ 1994(月刊ニュータイプ ビデオでーた共同編集 角川書店 1994年)705頁
  2. ^ a b 横尾まり”. シグマ・セブン. 2017年5月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e 横尾まり”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年5月13日閲覧。
  4. ^ 『日本タレント名鑑 2007』 VIPタイムズ社、2007年4月、779頁。ISBN 978-4-9901242-6-7
  5. ^ 『声優名鑑』 成美堂出版1999年8月10日、310頁。ISBN 4-415-00878-X
  6. ^ a b 小川びい 『こだわりの声優事典'97』 徳間書店〈ロマンアルバム〉、1997年3月10日、153頁。ISBN 4-19-720012-9
  7. ^ 「ボイスパーフェクトデータ」、『VOICE ANIMAGE』vol.19、徳間書店1998年5月[要ページ番号]
  8. ^ a b c d e バックナンバー Uスタイル Vol.22”. Uスタイル. 公益財団法人うらやす財団. 2017年5月13日閲覧。
  9. ^ ユリシーズ31”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  10. ^ a b “おそ松くん”. ぴえろ公式サイト. http://pierrot.jp/archives/tv_list_1985/tv_017.html 2016年5月4日閲覧。 
  11. ^ 妖獣都市”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  12. ^ ドラえもん のび太とふしぎ風使い”. メディア芸術データベース. 2017年5月16日閲覧。
  13. ^ エブ★ラジ 〜夜の連続スマホ小説〜”. E★エブリスタ. 2015年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]