毛皮のヴィーナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
毛皮のヴィーナス
La Vénus à la fourrure
監督 ロマン・ポランスキー
脚本 デイヴィッド・アイヴス英語版
ロマン・ポランスキー
原作 デイヴィッド・アイヴス
原作戯曲
製作 ロベール・ベンムッサ
アラン・サルド
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 パヴェル・エデルマン
編集 エルヴェ・ド・リューズ
マルゴ・メニエ
製作会社 R.P. Productions
Monolith Films
配給 フランスの旗 Mars Distribution
日本の旗 ショウゲート
公開 フランスの旗 2013年5月13日
第66回カンヌ国際映画祭
フランスの旗 2013年11月13日
日本の旗 2014年12月20日
上映時間 96分
製作国 フランスの旗 フランス
ポーランドの旗 ポーランド
言語 フランス語
ドイツ語
興行収入 2600万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

毛皮のヴィーナス』(けがわのヴィーナス、La Vénus à la fourrure)は2013年フランスブラック・コメディ。監督はロマン・ポランスキー

ドイツの作家マゾッホの背徳小説『毛皮を着たヴィーナス』を舞台化しようとしている台本作家と、その作品ヒロイン、ワンダ役のオーディションに現れた謎の女性とのやり取りを絶妙に描いたもの。

原作舞台《毛皮のヴィーナス英語版》は、アメリカ合衆国の劇作家デイヴィッド・アイヴズ英語版が、2011年11月に発表して評判となったもの(アイヴズは、ポランスキー監督の『吸血鬼』のミュージカル版「ダンス・オブ・ヴァンパイア」のブロードウェイ初演版の英語脚色を担当していた繋がりがある)。翌年のトニー賞には最優秀戯曲賞候補となり、ニーナ・アリアンダ英語版が主演女優賞を獲得。また、ブロードウェイ・デビューとなったヒュー・ダンシードラマ・デスク賞の新人賞にあたる男優賞に選出された。なお、この時点ではフランスで初演されておらず、2014年にジェレミー・リップマン演出、マリー・ジランニコラ・ブリアンソン主演でトリスタン・ベルナール劇場で初演され評判となり、モリエール賞Molières 2015で作品賞、主演女優賞を獲得した。

映画は、2013年の第66回カンヌ国際映画祭で5月25日に上映された特別上映され[2][3]、11月にフランス劇場公開された。

2014年1月に発表された第39回セザール賞に監督賞を受賞し、作品賞、主演女優賞、主演男優賞、脚色賞、音楽賞、録音賞にノミネートされた[4]

ストーリー[編集]

レーオポルト・フォン・ザッハー=マゾッホの1870年の小説『毛皮を着たヴィーナス』を翻案した新作劇の台本作家トマ・ノヴァチェクは、主人公ワンダ役の女優のオーディションの翌日、どの女優もしょぼかったので、劇場を去る準備をしている。

そこへワンダ・ジュルダンという無名の女優が酔っぱらって到着する。エネルギーと気まぐれの旋風の中で、ワンダは「ワンダ役の読み合わせをしましょう」とトマに提案する。

トマが驚いたことには、ワンダは、役への深い理解を示し、すべてのセリフをそらんじていた。

「オーディション」が進行すると、集中力は倍加し、トマの好意は強迫観念になる。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 84頁
  2. ^ 2013 Official Selection”. Cannes Film Festival (2013年4月18日). 2013年4月18日閲覧。
  3. ^ 2013 Cannes Film Festival: Screenings of 25 May 2013
  4. ^ France's Cesar Awards: 'Me, Myself and Mum' Wins Best Film”. Hollywood Reporter. 2014年3月1日閲覧。

外部リンク[編集]