ダンス・オブ・ヴァンパイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Tanz der Vampire
Dance of the Vampires
作曲 ジム・スタインマン
作詞 ミヒャエル・クンツェ
脚本 ミヒャエル・クンツェ
原作 ロマン・ポランスキーの映画『吸血鬼』(The Fearless Vampire Killers, 1967年)
テンプレートを表示

ダンス・オブ・ヴァンパイア』(ドイツ語題:Tanz der Vampire, 英語題:Dance of the Vampires)は、1967年にロマン・ポランスキーが監督した映画『吸血鬼』(The Fearless Vampire Killers)を舞台化したもので、ポランスキー自身が演出を手掛けた作品。略称は「TDV」。吸血鬼・クロロック伯爵を主人公に据えた、ウィーン初のネオゴシックミュージカル。脚本・作詞は『エリザベート』、『モーツァルト!』のミヒャエル・クンツェ、作曲はジム・スタインマンが務め、1997年にウィーン、ライムント劇場にて初演された。その後ドイツ、エストニア、アメリカ(ブロードウェイ)、ポーランドでも公演された。

主な登場人物[編集]

  • クロロック伯爵:吸血鬼伯爵。
  • アプロンシウス教授:吸血鬼研究者。
  • サラ:宿屋の亭主シャガールの娘。
  • アルフレート:アプロンシウス教授の助手。
  • シャガール:宿屋の亭主。サラの父親。
  • レベッカ:宿屋の亭主シャガールの女房。サラの母親。
  • マグダ:宿屋の女中。シャガールの愛人。
  • ヘルベルト:クロロック伯爵の息子でゲイ。
  • クコール:クロロック伯爵に仕えるせむし男。

主なミュージカルナンバー[編集]

日本公演[編集]

スタッフ[編集]

劇場[編集]

  • 2006年7月2日 - 8月27日(帝国劇場
  • 2009年7月5日 - 8月26日(帝国劇場)
  • 2009年9月2日 - 27日(博多座
  • 2011年11月27日 - 12月24日(帝国劇場)
  • 2012年1月7日 - 12日(梅田芸術劇場
  • 2015年11月3日 - 30日(帝国劇場)
  • 2016年1月2日 - 11日(梅田芸術劇場)
  • 2016年1月15日 - 17日(愛知県芸術劇場
  • 2019年11月5日 - 27日(帝国劇場)
  • 2019年12月15日 - 21日(御園座)
  • 2020年1月13日 - 20日(梅田芸術劇場)

キャスト[編集]

  2006年 2009年 2011-2年 2015-6年 2019-20年
クロロック伯爵 山口祐一郎
アプロンシウス教授 市村正親 石川禅
サラ 大塚ちひろ 高橋愛 神田沙也加
剱持たまき 知念里奈 舞羽美海 桜井玲香 (乃木坂46)
アルフレート 浦井健治 平方元基 相葉裕樹
泉見洋平 山崎育三郎 良知真次 東啓介
シャガール 佐藤正宏 安崎求 コング桑田
レベッカ 阿知波悟美 阿知波悟美 阿知波悟美
出雲綾
マグダ 宮本裕子 シルビア・グラブ Jennifer ソニン 大塚千弘
ヘルベルト 吉野圭吾 馬場徹 上口耕平 植原卓也
クコール 駒田一

公演CD[編集]

  • 「ダンス・オブ・ヴァンパイア(ハイライト・ライヴ録音盤)」(2006年、東宝)

外部リンク[編集]