高橋愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高橋 愛
2010年Japan Expoオートグラフセッションにて
2010年Japan Expoオートグラフセッションにて
基本情報
出生名 高橋 愛
別名 阿部 愛(本名)[1][2][3]
愛称 愛ちゃん など
出生日 1986年9月14日(29歳)
血液型 A型
出生・出身地 日本の旗 日本 福井県坂井市
ジャンル J-POP
職業 歌手女優
活動期間 2001年 -
レーベル zetima
事務所 アップフロントエージェンシー[注釈 1]
(2001年 - 2012年)
アップフロントクリエイト
(2012年 - )
グループ/
ユニット等
モーニング娘。
ハッピー7(シャッフルユニット
7AIR(シャッフルユニット)
H.P.オールスターズ
エレジーズ(シャッフルユニット)
ポッキーガールズ
ミニモニ。
モーニング娘。さくら組
メトロラビッツH.P.
High-King
公式サイト 高橋愛(アップフロントクリエイト)

高橋 愛(たかはし あい、1986年9月14日 - )は、日本歌手女優であり、女性アイドルグループ・女性ダンス&ボーカルグループのモーニング娘。の元メンバー(第5期メンバー・第6代リーダー[4])である。2009年4月からはハロー!プロジェクトのリーダー(2代目)でもあった[5]。本名、阿部 愛 (あべ あい)[1][2][3]

福井県坂井市出身、出生地は福井市アップフロントクリエイトアップフロントグループ)所属。夫はお笑いタレントあべこうじ

略歴[編集]

人物[編集]

妹がいる[15]

身長は154cm。

好きな歌手は、自身のブログで椎名林檎と語っている[16]

デビュー以前には、合唱部に所属し中学生時代に全国大会に出場、習い事として声楽クラシックバレエを経験した。加入オーディション時も含め、デビュー後のアピールポイントになっている。2006年春のコンサートツアー『モーニング娘。コンサートツアー2006春 〜レインボーセブン〜』では、バレエの動きを取り入れたライブパフォーマンスを見せている。『めちゃ×2イケてるッ!』内の企画私立岡村女子高等学校。では合唱部のリーダーとなり、2003年10月4日に放送された岡女体育祭では藤本美貴に次ぐ総合2位となる。また、2003年11月22日のハロー!プロジェクトスポーツフェスティバルのハードル走においては1位となった。

プロデューサーであるつんく♂から「歌唱力が安定している」と評された[17]。他のメンバー[誰?]は「非常にしっかりしていて、大人」で「なんでもテキパキ片付ける」と話す。新垣里沙は高橋のことをしばしば[いつ?]「(性格が)変わっている」としている。また、松浦亜弥にはラジオ番組[いつ?]で「ハロプロ内で一番歌が上手い。」と評された。

ドラマプロデューサーの丹羽多聞アンドリウからは演技力について「すてきな女優を見つけた」「今まで泣く芝居ですごいと思ったのは前田愛だったが、高橋もすごい」「こんな本物の女優がいたのに、今まで気づかなかったなんて…」などと「褒めちぎ」られている[18]

藤本美貴から「噛んでこそ高橋愛」と語られるほどであるが、親しみやすいトークであるとの評価も得ている[19]。デビュー当初は福井弁の訛りがひどく、当時リーダーだった飯田圭織は高橋の訛りを直すよう指示され、ステージで高橋が訛ると終了後に飯田が叱責された[20]。高橋は「飯田さん、そんなに叱られていたんだ。申し訳ない。なんかスイマセン」と語っている[20]。2002年3月28日放送の「うたばん」では福井訛りで話す高橋のテンポとイントネーションを石橋貴明が「モールス信号みたいな喋り」と称し、以降「テッテケテー」の渾名で呼ばれた時期があった。

モーニング娘。といえば、中澤裕子がリーダーだった時代から続く厳しい上下関係があることで有名だが、高橋はそういった先輩・後輩の関係ではなくフラットな関係を好み、自身のリーダー時代には後輩メンバーに「愛ちゃん」と呼ばせた。特に長い間共に活動した6期メンバーの3人(亀井絵里道重さゆみ田中れいな)には、自身に敬語を使わないよう指示した。

飼っているペットは「王子」(雄、トイプードル[21][22]。 2006年新春開催の「Hello! Project 2006 Winter 〜ワンダフルハーツ〜」で衣裳に付けられていた番号は81。

ミュージカル『リボンの騎士』で共演した箙かおるから「衣装がシワになるから、男役は舞台の裏でも絶対に座らない」と教えられ、約1か月続いた公演期間中、絶対に座らずにいたという[23]

米国の映画情報サイト「TC Candler」にて毎年発表する「世界で最も美しい顔100人」にノミネートされる[24]

趣味・嗜好[編集]

愛読書に『"It"(それ)と呼ばれた子』・『ハリー・ポッター』シリーズ・『ダレン・シャン』シリーズなどがある。好きな食べ物はソースカツ丼(福井県名物で洋食料理店「ヨーロッパ軒」のもの)とイチゴ。嫌いな食べ物はモンブラン・ナス・パイナップル・サザエ以外の貝類。得意なモノマネは土井たか子で『ハロモニ@』のコーナー「MouTube」では土井たか子のモノマネシリーズがある。

ゲーム好きの両親の影響で、自他共に認めるゲーム好き。お風呂の中でもゲームをするほど。好きなゲームは『ファイナルファンタジーシリーズ』とのことである。パソコンはPower Mac G5iBook G4を所有している[25]

小学校2年の頃から宝塚歌劇団が好き[26]で、雪組のトップスターであった高嶺ふぶきのポスターを貼るくらい小さい頃からタカラジェンヌに憧れて来たが、身長が低い(公称154cm)ために断念した[27]

芸能界デビュー以後も熱心なファンであり、宝塚のビデオをモーニング娘。を中心にハロー!プロジェクトのメンバーに勧めたり、メンバーを誘って観劇したりしている。現在は特に水夏希のファンであるため雪組を中心に観劇をしているが、娘役では陽月華のファンであると公言している。宝塚歌劇団の水夏希、北翔海莉など一部のメンバーとは食事に行ったり、メールのやり取りをするなどプライベートでも交流がある。2006年に宝塚歌劇団とハロー!プロジェクトとの共演でミュージカル『リボンの騎士』を上演した際に、高橋はその主演を務め、形は違うものの「タカラヅカ」に憧れた高橋の一つの夢が叶った年となった。また、2008年には再び、宝塚歌劇団とのコラボレーション第2弾として「シンデレラ the ミュージカル」を上演し主演を務めた。

交友[編集]

  • モーニング娘。のリーダーとなってからは、吉澤ひとみ松浦亜弥とメール交換をするなどの交友がある。
  • 第5期メンバーオーディションで最終オーディションまで残ったメンバーの中に現タレントの木下優樹菜がおり、最終オーディションの合宿中に意気投合し仲良くなった。木下は不合格となったがその後、木下は別の形で芸能界入りし、それ以降友達付き合いが始まった[28][29]
  • 福井で同じバレエ団に所属していた輝咲玲央宝塚歌劇団星組)とは、現在もお互いの舞台を見物しあったり食事をする友人である[30]
  • 準レギュラーとしてラジオ番組『ヤングタウン土曜日』で共演している明石家さんまとはメールをする仲であり、尊敬する人物や気になる人物として日本テレビ『しゃべくり007』出演時やアンケート[31] などで公言している。
  • モーニング娘。在籍中は、後輩に厳しい先輩であった石川梨華とは馬が合わず、石川も高橋が自分を避けていることに気づいていたが、卒業後は仲良くなり一緒に食事をするほどの交友がある[32][33]

作品[編集]

映像作品[編集]

  • アロハロ!高橋愛DVD(2003年12月17日、アップフロントワークス
  • ラブハロ!高橋愛DVD(2007年4月11日、アップフロントワークス)
  • I.(2009年6月17日、アップフロントワークス)
  • フィギュア(DVD : 2010年6月2日 / Blu-ray : 12月22日、アップフロントワークス)
  • AI loves you I love AI(DVD : 2011年4月20日 / Blu-ray : 5月18日、zetima)
  • Love Love Love(DVD : 2011年9月21日 / Blu-ray : 10月19日、zetima)

配信限定[編集]

  • 夢から醒めて (2006年7月2日)
    • 作詞作曲は安田信二。「道徳女子短大 エコ研」の主題歌であり、DVD第一話~第三話全て購入した人の中から抽選で1000名にCDがプレゼントされた。のちに「プッチベスト7」にも収録された。
  • HAPPY!いっぷくまる (2012年5月9日)
    • NHK福井放送局のテーマソングとして制作され、作曲は福井県出身の中村タイチ、歌詞には「福井のしあわせ」をテーマに一般から募集されたフレーズが使用された。同年4月14日、ふくい春まつりでお披露目された[34]

その他[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

バラエティ[編集]

スポーツ[編集]

その他の単発番組[編集]

  • コラボTV「高橋×高橋」(2011年6月24日、BS-TBS)
  • 「高橋愛のダイナゾーハンター!〜恐竜王国・福井 その謎に迫る〜」(2012年2月26日、福井テレビ
  • 「ふくいブランド大使 高橋愛の 愛・LOVE 福井・若狭路の旅」(2012年7月8日、サンテレビ、7月9日、KBS京都
  • 「カトちゃんの!やっぱいいねぇ 田舎式にっぽん幸せライフ!」(ナレーター)(2012年9月9日、TBS)
  • 第80回NHK全国音楽コンクール 全国コンクール 中学校の部(2013年10月14日、NHK Eテレ) - 司会

CM[編集]

  • エステー「『ムシューダ』『かおりムシューダ』」(2013年3月18日 - )[40]

ラジオ[編集]

インターネット[編集]

  • 第4回ハロプロビデオチャット(2005年4月8日、ハロー!プロジェクト on フレッツ
  • 新感覚ドラマ「道徳女子短大 エコ研」第1話「セミ」(2006年7月2日 - 9月2日、インターネット放送GyaO
  • オリジナル・ショート・ドラマ「おじぎ30度」(2006年12月公開、Dohhh UP!)木下花梨 役
    • 収録したDVDがシリーズ1 - 3まで3作同時に全国のガスト店頭で期間限定独占先行販売。あわせてガスト店内のガストビジョンでも放映を開始した。
  • 会員限定WEBトーク 高橋愛の苺いちえ(2009年3月23日 - 2010年3月29日) - Hello!Projectファンクラブ会員のみ聴取できるラジオコンテンツ
  • 女子力cafe〜あいすくりーす〜(2011年10月12日 - 2013年6月26日、アメーバスタジオ)隔週水曜日生放送。アメーバピグUSTREAMでも視聴可能。
  • いいね!JAPANプロジェクト(2012年- 、いいね!JAPANプロジェクト)
  • Boom UP TV (2013年7月10日- 、アメーバスタジオ) 隔週水曜日生放送。アメーバピグ、USTREAMでも視聴可能。

映画[編集]

舞台[編集]

ライブ[編集]

  • Ai Takahashi プレミアムライブ2013 at STB139 ‐CRoss RoAD‐(2013年1月27日、STB139 スイートベイジル、2公演)
  • Ai Takahashi プレミアムライブ2013 at STB139 〜Raindrops〜(2013年6月29日 - 30日、STB139 スイートベイジル、4公演)
  • 高橋愛 Sparkling Live in 由比ガ浜 (2013年7月21日、SEACRETBOX BY OTODAMA、1公演)

書籍[編集]

写真集[編集]

スタイルブック[編集]

所属グループ・ユニット[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現・アップフロントプロモーション
  2. ^ 当初予定されていた6月4日の公演が、高橋の両側声帯結節の手術後の安静期間と重なったため、12日に延期された。
  3. ^ 知念里奈とダブルキャスト

出典[編集]

  1. ^ a b c 高橋愛&あべこうじ 異例のバレンタイン婚! あべ自ら司会「得意なんで」”. スポーツニッポン. 2014年2月14日閲覧。
  2. ^ a b c あべこうじ&高橋愛が結婚会見 初2ショットでのろけ全開”. ORICON STYLE. 2014年2月14日閲覧。
  3. ^ a b 高橋愛&あべこうじが入籍報告 プロポーズは高橋から「じゃあ、する?」”. 映画.com. エイガ・ドット・コム. 2014年4月9日閲覧。
  4. ^ モー娘。OG 高橋愛が語るリーダー論”. 株式会社扶桑社 (2013年3月22日). 2015年7月31日閲覧。
  5. ^ ハロー!チャンネル p.16「Hello! Channel Premiun 高橋愛×真野恵里菜」FCイベント「ハロプロ☆ミーティング」の会場において発売された「ハロプロ☆ミーティングDVD」において、本人がハロー!プロジェクトのリーダーであることを明言している
  6. ^ テレビ東京の『ASAYAN』を遅れネットしていた福井テレビが高橋からの問い合わせを受け慌ててテレビ東京に問い合わせたところ、締め切り直前であることが分かり、高橋に急いで書類を発送するよう促したエピソードがある。
  7. ^ “高橋愛、モーニング娘。の変革期 リーダー時代は「あがいていた」”. Yahoo!ニュース (ワードリーフ(株) THE PAGE). (2014年8月20日). オリジナル2014年8月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140823034139/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140820-00000008-wordleaf-movi 2015年7月31日閲覧。 
  8. ^ 高橋愛、秋ツアーでモーニング娘。&ハロプロを卒業ナタリー、2011年1月9日。
  9. ^ 高橋愛さんふくいブランド大使に 「モー娘。」リーダー、26日就任(福井新聞).2011年9月26日閲覧。
  10. ^ 高橋愛さん、福井の大使に(デイリースポーツonline).2011年9月26日閲覧。
  11. ^ 高橋愛 M-line club 加入のお知らせ
  12. ^ UP-FRONT AGENCY -アップフロントエージェンシー”. 2012年10月1日閲覧。
  13. ^ 高橋愛 (2013年12月21日). “ご報告|高橋愛オフィシャルブログ「I am Ai」Powered by Ameba”. サイバーエージェント. 2013年12月21日閲覧。
  14. ^ あべこうじ&高橋愛がハワイ挙式報告「笑顔の絶えないHAPPYな家庭を」|JOSHI+
  15. ^ 高橋愛 (2010年9月18日). “撮られた…”. サイバーエージェント. 2011年6月22日閲覧。
  16. ^ 高橋愛 (2011年12月31日). “絆|高橋愛オフィシャルブログ「I am Ai」Powered by Ameba”. サイバーエージェント. 2013年3月1日閲覧。
  17. ^ 高橋愛から」 つんくOFFICIAL BLOG「つんブロ♂芸能コース」、2009年12月8日。
  18. ^ 高橋愛を褒めちぎるTV LIFE web 丹羽多聞アンドリウの「テレビは冒険だ!」、2010年6月9日。
  19. ^ モーニング娘。の高橋愛が語る 『ファイナルファンタジーXIII』への期待」 日経トレンディネット、2009年12月9日。
  20. ^ a b “【エンタがビタミン♪】「最初は訛っていた」「卒業したら一気に老ける」。ドリムス。や新人からの言葉に高橋愛が涙。”. Techinsight. (2011年9月21日). http://japan.techinsight.jp/2011/09/momus-takahasi-suprisemassage.html 2014年7月3日閲覧。 
  21. ^ 『モーニング娘。のオールナイトニッポンモバイル』「今さらですが10年前の自己紹介とお互いの第一印象言っちゃいます!」(2011年2月2日配信分)より。
  22. ^ 高橋愛 (2010年9月18日). “2010/09/18”. サイバーエージェント. 2011年6月22日閲覧。
  23. ^ 箙かおる談、「せりふの時代」2008年夏 ハロー!ステージ 箙かおる×高橋愛にて。
  24. ^ 元モー娘・高橋愛、“世界で最も美しい顔100人”にノミネート
  25. ^ Mac Fan毎日コミュニケーションズ、2008年8月号。
  26. ^ webR25 (2008年6月13日). “今週の彼女 高橋愛”. リクルート. 2011年6月22日閲覧。
  27. ^ 現在は撤廃されたが、当時の宝塚音楽学校受験資格に身長157cm以上という目安があった。
  28. ^ "5月25日(土) 第110回ゲスト:木下優樹菜×高橋愛". 極上空間. BS朝日. 2013年5月25日放送.
  29. ^ 木下優樹菜、中学生の頃からの友人・高橋愛と、青山テルマとのスリーショット公開”. RBB TODAY (2012年10月18日). 2014年7月3日閲覧。
  30. ^ My favorite …(= ゜-゜)[リンク切れ] 舞台『ファッショナブル』期間限定ブログ。
  31. ^ モーニング娘。連続企画第2弾☆高橋愛&リンリンが"大人になった"瞬間を語る!オリコン、2010年2月17日。
  32. ^ “「モー娘。時代に性格があわなかったのは○○」。高橋愛がテレビ番組で大胆告白。”. excite.ニュース (Techinsight). (2012年10月29日). http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20121026/Techinsight_20121026_68772.html 
  33. ^ モー娘。で合わなかったのは”. NHK. ...[出典無効]
  34. ^ 一福丸の歌ができた!!!&初披露するよー
  35. ^ “【平清盛】高橋愛、大河ドラマ出演 “清盛の嫡男・重盛を支える妻”経子役”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年5月6日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2011131/full/ 2012年5月6日閲覧。 
  36. ^ “高橋愛が吉田鋼太郎を逆ナン? 「東京センチメンタル」のマドンナ役に”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2016年3月11日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160311/geo16031112030023-n1.html 2016年3月11日閲覧。 
  37. ^ “関ジャニ・錦戸、坂本九役で満島“徹子”と共演 NHK『トットてれび』”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年4月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2070450/full/ 2016年4月21日閲覧。 
  38. ^ 高橋愛、緊張の初アフレコ「勉強になった」 | 日テレNEWS24”. 2012年11月25日閲覧。
  39. ^ 韓流α「アクシデント・カップル」で高橋愛が吹き替えに挑戦!」 ハロー!プロジェクト公式サイト、2010年8月31日。
  40. ^ http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20140212/E1392143548975.html
  41. ^ 映画「恐竜を掘ろう」公式サイト”. 2012年11月21日閲覧。
  42. ^ エステー 2万人の鼓動 TOURS ミュージカル 「赤毛のアン」2014”. イマジンミュージカル. 2014年5月22日閲覧。
  43. ^ “モーニング娘。OG 高橋愛が2年連続でミュージカル「赤毛のアン」のアン・シャーリー役に!”. GirlsNews. (2014年5月21日). http://www.girlsnews.tv/actress/153265 2014年5月22日閲覧。 
  44. ^ “高橋愛、劇中でアンは子だくさん「いつかは3人くらい授かりたい」”. SANSPO.COM (サンケイスポーツ). (2014年5月21日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140521/oth14052105020003-n1.html 2014年5月22日閲覧。 
  45. ^ “高橋愛、出産に前向き 周囲も待望論”. デイリースポーツonline (デイリースポーツ). (2014年5月21日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/05/20/0006976356.shtml 2014年5月22日閲覧。 
  46. ^ “高橋愛 “7児の母”アンにあやかり「子供3人は欲しい」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年5月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/05/21/kiji/K20140521008201560.html 2014年5月22日閲覧。 
  47. ^ “高橋愛、“大人AKB48”の人気ぶりに言及”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年5月20日). http://mdpr.jp/news/detail/1364592 2014年5月22日閲覧。 
  48. ^ 「ウェディング・シンガー」公式サイト”. 2012年10月30日閲覧。
  49. ^ 全労済ホール / スペース・ゼロ提携公演「もしも国民が首相を選んだら」”. ハロー! プロジェクト オフィシャルサイト (イベント). 2013年2月26日閲覧。
  50. ^ 11月10日11日即興&演劇「楽屋~負けん気~」開催決定!”. アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba (2015年10月2日). 2015年11月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
藤本美貴
モーニング娘。サブリーダー
2007年5月6日 - 6月1日
次代:
新垣里沙
先代:
藤本美貴
モーニング娘。リーダー
2007年6月2日 - 2011年9月30日
次代:
新垣里沙
先代:
中澤裕子
ハロー!プロジェクトリーダー
2009年4月1日 - 2011年9月30日
次代:
新垣里沙