キム・アジュン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キム・アジュン
キム・アジュン
生年月日 (1982-10-16) 1982年10月16日(40歳)
出生地 ソウル特別市[1]
身長 170cm[1]
血液型 A型[1]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2004年 -
主な作品
テレビドラマ
アクシデント・カップル
映画
カンナさん大成功です!
テンプレートを表示
キム・アジュン
各種表記
ハングル 김아중
漢字 金 亞中
発音: キム アジュン
ローマ字 Kim A Joong[2]
テンプレートを表示

キム・アジュン(金亞中、ハングル表記:김아중、1982年10月16日 - )は、韓国ソウル特別市出身の女優。身長170cm、体重48kg。血液型はA型[1]本貫光山金氏[3]

人物・来歴[編集]

街頭でスカウトされ、モデルとして活躍後、映画デビュー。一男一女中の末っ子。徽慶(ヒギョン)小学校、徽慶女子中学校、徽慶女子高等学校、同徳女子大学校放送演芸科を卒業し、高麗大学言論大学院で修士を取得した[1]。趣味はDVD収集、特技はダンス、歌である。亜中(アジュン)という名前は本名で、アジアの中心という意味が込められている[4]。2010年には米中合作映画「アメージング」への出演が報じられ[5]、2013年にAmazing、中国語作品名『神奇』として公開された[6][7]

  • 2006年 初主演映画『カンナさん大成功です!』(原題:「美女はつらいの」)が観客数600万人以上を動員[8]し、2006年公開のNo.1ヒット映画となった。
  • 2011年 高麗大学言論大学院で修士号を取得[9]
  • 2011年 イェダンエンターテインメントとの契約終了後、ナムアクターズと専属契約締結[10]
  • 2012年 「感性の欲求と認知の欲求が感情の強度や満足度に及ぼす影響、スリラー映画鑑賞を中心に」をテーマにした修士論文が社団法人韓国文化経済学会の学会誌「文化経済研究」4月号に掲載された[11]
  • 2012年 『KIM A JOONG LIVE SHOW IN JAPAN 2012』…日本で初となるファンミーティング(6月16日)を新宿文化センター 大ホールにて開催。約1500人の観客と楽しく過ごした[12]
  • 2013年 『KIM A JOONG LIVE SHOW 2 IN JAPAN 2013』…日本で2回目のファンミーティング(9月15日)を東京国際フォーラムホールCにて開催。約1500人のファンと楽しく過ごす。このイベントの為にキム・アジュン本人が作詞をした「run the world」は2013年12月に日本で音源公開予定。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

  • 2004年 暇つぶし MBC
  • 2005年 Happy Together KBS

音楽作品[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 2008年 『感情コミュニケーション』(ハンナレ出版社)[13]※高麗大キム・カンス教授と共同執筆

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 김아중 (金亞中), KIM AH JOONG 朝鮮日報。2021年9月23日閲覧。
  2. ^ 김아중 프로필(キム・アジュン プロフィール)NAVER. 2021年9月23日閲覧。
  3. ^ 스카이데일리, 김수환 추기경 가문, 왕건의 개국공신 명문가”. www.skyedaily.com (2016年7月11日). 2022年11月8日閲覧。
  4. ^ キム・アジュン(KimAJoong. 김아중) Innolife. 2021年9月23日閲覧。
  5. ^ [芸能]キム・アジュン、米中合作映画「アメージング」出演 聯合ニュース(2010年8月22日)。2021年9月23日閲覧。
  6. ^ a b Shen qi IMDb. 2021年9月23日閲覧。
  7. ^ 神奇 (2013) 豆瓣电影。2021年9月23日閲覧。
  8. ^ 『美女はつらいの』、観客600万人突破へ 中央日報 2007年1月29日付記事。
  9. ^ キム・アジュンが修士号取得、高麗大言論大学院 WoW!Korea 2011年1月5日付記事。
  10. ^ キム・アジュン、ナムアクターズと専属契約 Innolife 2011年10月27日付記事。
  11. ^ 女優キム・アジュン、修士論文が学術雑誌に掲載 WoW!Korea 2012年7月17日付記事。
  12. ^ キム・アジュン、日本でのファンミーティング“成功”…約1500人の観客と楽しく過ごす kstyle 2012年6月19日付記事。
  13. ^ キム・アジュン、本出版 Innolife 2008年5月30日付記事。

外部リンク[編集]