平成あっぱれ開運祭!!チョー縁起いいTV!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平成あっぱれ開運祭!!
チョー縁起いいTV!
ジャンル バラエティ番組/特別番組
放送時間 不規則
放送期間 2002年1月1日–2005年1月1日(各年1月1日)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
プロデューサー 安岡喜郎
出演者 ウッチャンナンチャン内村光良南原清隆
モーニング娘。
松浦亜弥
キャイ〜ンウド鈴木天野ひろゆき
テンプレートを表示

平成あっぱれ開運祭!!チョー縁起いいTV!へいせいあっぱれかいうんさい!!ちょーえんぎいいてれび)とは2002年から2005年まで日本テレビ系列で元日に放送されていた新春正月特番である。

司会はウッチャンナンチャンモーニング娘。(ウッチャンナンチャンは前番組の「平成あっぱれテレビ」から引き続き出演した)。

番組概要[編集]

  • 2003年生田スタジオから、汐留社屋完成後は麹町分室から生放送だった。
  • 2001年まで放送されていた「平成あっぱれテレビ」の流れを汲み、2002年からウンナンとモー娘。の特番として登場した。このタイトルで放送されたのは2005年のみであり、「ウンナン&モー娘。の見ているだけでツキの良くなる奇跡の番組」というサブタイトルが付いていた。かつては「生でハッスル挑戦TV」(2002年・2003年)や「世界あっぱれ最強祭!!」(2004年)のタイトルで放送されていた。
  • 後期には出演者が企画したコーナーなどを視聴率で競う企画が行われ、右上には随時「現在の視聴率」なるものが表記されていたが、この「視聴率」はビデオリサーチ社によるものではなく番組が独自に選んだサンプル世帯によるものであった。後に発覚する「視聴率不正操作問題」では、この問題を起こしたプロデューサーが視聴率というものに固執していたことを示すものとしてこの演出が挙げられている(日本テレビの調査報告書より)。
  • この番組において毎年の様にモー娘。メンバーは番組開始時は晴れ着を着ていたが、途中で私服に着替えるのが恒例だった。
  • ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」終了後、スーパースペシャル枠での特番以外では唯一、内村・南原がウンナンとして出演していた番組であった。

企画[編集]

  • クイズ企画では、回答者のモー娘。が間違えると滑り台の傾きが急になり芸人が落ちるのが恒例であり、回答者は傘で防御をしなければならない。内村光良南原清隆の本名を間違える回答者が大いに目立っていた。滑り台側ではスマイリーキクチが唯一ペ・ヨンジュンの変装で登場し、ウンナンから「白い物体を回答者にかけないでくださいね。」と言われた。
  • 2002年と2003年は出演者がそれぞれ一芸を披露し、番組独自の視聴率が最も高かった出演者に賞金をプレゼントするという企画だった。
  • 2003年に巨大フラフープに挑戦する企画で、辻希美が円周12.5mのフラフープを30秒回し続ける事に成功した。これは当時の世界記録であった為、ギネスブックに申請が行われた。この記録は同年に一度抜かれたが、2004年の同番組にて再び辻希美、そして加護亜依が円周12.8mのフラフープを30秒回し続ける事に成功した。この記録の申請が認められ、現在もギネスブックに残っている。
  • 2004年にはモーニング娘。が見守る中、松浦亜弥がプリンセス☆アヤヤに扮して登場しイリュージョン (奇術)に挑戦した。
  • 2005年には同じモーニング娘。の矢口真里石川梨華などが催眠術を使って苦手な食べ物にチャレンジした。さらに最終対決のジューサーコンセントを当てる対決で内村チームの松浦亜弥がコンセントを当て、南原チームの南原清隆がジュースを飲む途中で番組が終了してしまった(結果南原はジュースを飲みきれず内村チームの勝ち。しかし、放送日の翌週の高校サッカーの準決勝・第2試合でPK戦5人目で決着を付けずに中継が終了してしまい、日テレは2週連続で途中終了の放送事故をしてしまった)。

スタッフ[編集]


日本テレビ 元日9時後半特番枠
前番組 番組名 次番組
平成あっぱれ開運祭!!チョー縁起いいTV!
大笑点
(2006年は5:55 - 20:00の14時間放送)