TIKI BUN/シャバダバ ドゥ〜/見返り美人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TIKI BUN/シャバダバ ドゥ〜/見返り美人
モーニング娘。'14シングル
初出アルバム『14章〜The message〜(#1)
プッチベスト15(#2)』
リリース
規格 マキシシングル
録音 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル zetima/UP-FRONT WORKS
作詞・作曲 つんく(#3除く)
石原信一(#3・作詞)
弦哲也(#3・作曲)
プロデュース つんく♂#3除く[要出典]
チャート最高順位
モーニング娘。'14 シングル 年表
時空を超え 宇宙を超え/Password is
(2014年)
TIKI BUN/シャバダバ ドゥ〜/見返り美人
(2014年)
※ ここまでモーニング娘。'14名義
青春小僧が泣いている/夕暮れは雨上がり/イマココカラ
(2015年)
※ これよりモーニング娘。'15名義
テンプレートを表示

TIKI BUN/シャバダバ ドゥ〜/見返り美人」(チキ・ブン/シャバダバ ドゥ〜/みかえりびじん)は、2014年10月15日にアップフロントワークス(zetimaレーベル)から発売されたモーニング娘。の57枚目のシングル。前作前々作から引き続き「モーニング娘。’14」(-むすめワンフォー)名義でリリースされる。

概要[編集]

笑顔の君は太陽さ/君の代わりは居やしない/What is LOVE?」以来、2作ぶりとなるトリプルA面シングル道重さゆみの卒業シングル[2]

メンバーのソロ曲およびメンバー全員の歌唱ではない曲が表題曲となるのは本作が初となった[3]。また、3曲目「見返り美人」に限りつんく♂は一切プロデュースには関わっていない[4]。つんく♂非プロデュースによる表題曲としてはピンク・レディーのカヴァー曲「ペッパー警部」以来6年1か月ぶり、カヴァー曲を除いた場合だとインディーズの「愛の種」以来、16年11か月ぶりであり[4]、つんく♂非プロデュースによるオリジナル曲が表題曲となるのもメジャーデビュー以降初となる。

2014年9月30日にグループに加入した尾形春水野中美希牧野真莉愛羽賀朱音はこのシングルには参加していない。

全てのA面曲が収録された前2作とは異なり、後発のオリジナルアルバム14章〜The message〜』には「TIKI BUN」のみアルバムバージョンで収録。また、『プッチベスト15』には「シャバダバ ドゥ〜」のみ収録されており、「見返り美人」は現時点でアルバム未収録となっている。

リリース[編集]

初回生産限定盤A・B・C・D・通常盤A・Bの6形態で発売され、このうち初回生産限定盤A・B・C・DにはDVDが付属する。全ての初回生産限定盤にはイベント抽選シリアルナンバーカードが封入される。初回仕様の通常盤A・Bにはトレーディングカード(ランダム、通常盤A:「TIKI BUN」衣裳のソロ10種+集合1種、通常盤B:「見返り美人」衣裳のソロ10種+集合1種)が封入されている。

楽曲[編集]

TIKI BUN

2014年9月14日開催のモーニング娘。誕生日記念ライブ『18年目もいきまっしょい!』でライブ初披露となった[5][6]
14章〜The message〜』にはイントロが更に追加されたアルバムバージョンで収録。

シャバダバ ドゥ〜

シングル収録曲では唯一となる道重さゆみのソロ曲[3]。道重のラジオ番組で初放送された[7]
Aメロ部分の合いの手には1番に譜久村聖、2番に飯窪春菜が参加している[8]

見返り美人

モーニング娘。初のオリジナル演歌の楽曲で「踊る演歌」をコンセプトとしている[9]。つんく♂曰く「後輩達が卒業する道重を送り出すための歌」で、道重以外の9人が歌唱している。
自身が制作に関与しなかったのは、道重を「和」として表現するため、より日本の伝統を重んじてきた作家に依頼したからとのこと[10]

収録曲[編集]

CD(全盤共通)
  1. TIKI BUN [5:01]
    作詞・作曲:つんく、編曲:大久保薫
  2. シャバダバ ドゥ〜 [4:04]
    作詞・作曲:つんく、編曲:田中直
    歌:道重さゆみ
  3. 見返り美人 [4:55]
    作詞:石原信一、作曲:弦哲也、編曲:鈴木俊介
    歌:譜久村聖生田衣梨奈鞘師里保鈴木香音飯窪春菜石田亜佑美佐藤優樹工藤遥小田さくら
  4. TIKI BUN (Instrumental) [5:02]
  5. シャバダバ ドゥ〜 (Instrumental) [4:04]
  6. 見返り美人 (Instrumental) [4:57]
初回生産限定盤A付属DVD
  1. TIKI BUN (Music Video) [6:19]
初回生産限定盤B付属DVD
  1. シャバダバ ドゥ〜 (Music Video) [7:07]
初回生産限定盤C付属DVD
  1. 見返り美人 (Music Video) [6:39]
初回生産限定盤D付属DVD
  1. TIKI BUN (Dance Shot Ver.) [5:07]
  2. TIKI BUN (メイキング映像) [18:25]

クレジット[編集]

  • 大久保薫 - キーボード&プログラミング(1)
  • 道重さゆみ - コーラス(1,2)
  • 鞘師里保 - コーラス(1,3)
  • 竹内浩明 - コーラス(1)
  • つんく♂ - コーラス(1)
  • U.M.E.D.Y. - コーラス(1)
  • 田中直 - プログラミング(2)
  • 鈴木俊介 - プログラミング,E.ギター&A.ギター(3)

出典・注釈[編集]

  1. ^ POWER SERCH>曲名>TIKI BUN/シャバダバ ドゥ〜/見返り美人”. TBSCDTV」公式ホームページ (2014年10月25日). 2014年10月30日閲覧。
  2. ^ “モーニング娘。’14がグループ結成から17周年を迎え、つんく♂が重大発表”. IRORIO. (2014年9月15日). http://irorio.jp/entame/20140915/161810/ 
  3. ^ a b “モー娘。道重さゆみのラストシングルは初のシングルソロ曲入りトリプルA面!”. エンタメNEXT. (2014年8月16日). http://www.entamenext.com/topics_detail2/id=878 
  4. ^ a b “デビューシングル以来、モーニング娘。'14の新作につんく♂作品以外のオリジナル曲収録”. BARKS. (2014年8月29日). http://www.barks.jp/news/?id=1000107209 
  5. ^ “モー娘。18年目突入で道重「ずっと見守って」”. ナタリー. (2014年9月15日). http://natalie.mu/music/news/126130 2014年10月2日閲覧。 
  6. ^ “ファンの受け止め方も好意的、モー娘。’14の道重さゆみが卒業後の休業を宣言”. エンタメNEXT. (2014年9月21日). http://www.entamenext.com/news/detail/id=991 2014年10月29日閲覧。 
  7. ^ 道重さゆみ、モー娘。として最後のソロ曲『シャバダバ ドゥ~』にファン感激。「久しぶりに衝撃を受けた」”. Techinsight (2014年9月27日). 2014年10月2日閲覧。
  8. ^ モーニング娘。'14 10/15発売シングル「TIKI BUN/シャバダバ ドゥ~/見返り美人」 - つんく♂オフィシャルブログ - Ameba(2014年8月28日)。
  9. ^ “モー娘。道重に贈る新曲で初の踊る演歌”. 朝日新聞デジタル&M. (2014年9月23日). http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cpettp01409230009.html 2014年10月2日閲覧。 
  10. ^ “モー娘。道重に贈る新曲で初の踊る演歌”. 朝日新聞デジタル&M. (2014年9月23日). http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cpettp01409230009.html 2014年10月2日閲覧。 

外部リンク[編集]