ヤングタウン土曜日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
MBSヤングタウン土曜日
Akasaka-Biz-Tower-01.jpg
収録が行われるMBS東京支社
赤坂Bizタワー
愛称 ヤン土
ジャンル トーク番組/バラエティ番組
放送方式 録音放送(ごく稀に生放送有り)
放送期間 1992年(平成4年)10月 -
放送時間 毎週土曜日22:00-23:30(90min.)ナイター中継延長による繰り下げ有り
放送局 毎日放送MBSラジオ
パーソナリティ 明石家さんま村上ショージ飯窪春菜工藤遥
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

ヤングタウン土曜日(ヤングタウンどようび)はMBSラジオで放送されているラジオ番組。放送時間は毎週土曜日の22:00 - 23:30(JST)。

この項目では、1992年から現在でも放送されている、明石家さんまらがパーソナリティをつとめる時代について説明する。総説についてはMBSヤングタウン#土曜日を参照。

概要[編集]

正式タイトルは『MBSヤングタウン土曜日』。略称はヤンタンヤン土など。ラテ欄には「さんまのヤンタン」と記載されており、明石家さんまの番組であることを強調している。関西地区でのローカル番組であるが、関西地区以外で遠距離受信しているリスナーも多い(電離層の影響)[1]

メインパーソナリティ明石家さんま1976年の初出演以降、40年以上の長きに渡りMBSヤングタウンのパーソナリティを務めている。1992年10月より、それまで日曜日を担当していたさんまに加え、玉井健二と加藤紀子の3人体制でスタートとなった。その後、たびたびゲスト出演していた村上ショージが正式にレギュラー入りし、現在の体制が定着した。

加藤紀子を初めとして、女性レギュラーにはアップフロントプロモーション(旧:アップフロントエージェンシー)に所属するタレントが起用されている。1999年4月以降はハロー!プロジェクトに参加するアイドルが起用されるようになり、2000年10月以降のメンバーからは、モーニング娘。カントリー娘。にちなんでヤン娘。(ヤンムス)と呼称されるようになる。なお起用されるタレントの選択には、アップフロント側の意向が大きく関わっており、さんまは関与できないことを番組中で度々語っている。ゲスト出演についてはレギュラー出演者を大事にするという番組の方針によりほとんど出なかった時期もあったが、2010年以降は過去のレギュラーメンバーやモーニング娘。OGなどが頻繁に出演するようになり、2013年4月から毎週出演することになった。

関西ローカル番組だが収録は東京都内の赤坂Bizタワー28階にあるMBS東京支社のラジオスタジオで行われている(2008年1月までは、竹橋パレスサイドビルディング内にあった)。ごく稀にではあるが、生放送が行われることもある。

通例、毎週金曜日に収録され[2]、さんまのスケジュールによっては収録曜日変更、2本録り、総集編番組になることもある。年末年始の放送は1週分のみ他の特別番組が放送される。原則として上記の放送時間帯であるが、プロ野球シーズン中(4月 - 9月)は、『MBSベースボールパーク』が21時に終わらなかった場合に時間が繰り下げになり、21時台の番組に続いて放送される。なお2010年3月まで番組後半30分はさんま司会のTV番組「恋のから騒ぎ」(2010年4月より金曜23:30に移動し、2011年3月で終了)と放送時間が被っていたが、放送媒体が異なるため特に問題視されず、番組中で「から騒ぎ」の内容を基にトークすることもあった。年末特番の「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル」や「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」についても同様である。

前述のとおり、毎週金曜日収録のため、同じ日にモーニング娘。が「ミュージックステーション」に出演する時は収録途中で出演中のモー娘。メンバーが途中退席したことがあった。

さんま誕生日の7月1日直前の放送は、誕生日スペシャルとして毎年放送。共演者や番組スタッフからプレゼントが贈られ、有名人からの特別メッセージが流される。

番組オープニングテーマは茶屋町にMBS社屋が移転したのを機に1990年代にリミックスされたバージョンが使用され、番組エンディングテーマにはかつての「ヤンタンスペシャルサンデー 明石家さんまのなんでもこい!」時代からイーグルスの「Take it Easy」が使用されている。ただし、クリスマス直前の放送のみ、さんま司会のTV番組「Merry X'mas Show」で製作された「Kissin' Christmas (クリスマスだからじゃない)」が使用される。

出演者[編集]

通常はレギュラーとゲストを合わせ5人で放送している。(2009年10月以降)

現在のレギュラー出演者[編集]

ゲスト出演者[編集]

上記レギュラー以外に、ハロー!プロジェクトメンバーやモーニング娘。OG、過去のレギュラー出演者が週替わりで出演する。

過去のレギュラー出演者[編集]

卒業後もゲストとして出演する場合あり。

  • 玉井健二(1992年10月 - 2007年3月、体調不良及びプロデュース業専念のため番組を卒業)
  • 加藤紀子(1992年10月 - 1997年2月)
  • 吉村麻希(当時アップフロントに所属していた歌手。1997年3月 - 1999年3月、番組レギュラー中にマキ凛子に改名)
  • 太陽とシスコムーン信田美帆稲葉貴子RuRu小湊美和、1999年4月 - 2000年9月、番組レギュラー中に「T&Cボンバー」に改名)
  • 安倍なつみ(モーニング娘。、2000年10月 - 2002年3月、2004年7月 - 11月、2002年の番組卒業から2年後にレギュラーに復帰したが後述の盗作騒動に伴い降板)
  • りんねカントリー娘。、2000年10月 - 2002年10月、カントリー娘脱退に伴い降板)
  • 松浦亜弥(2002年4月 - 2003年3月)
  • あさみ(カントリー娘。、2002年4月 - 2004年3月)
  • 里田まい(カントリー娘。、2002年4月 - 2004年3月)
  • 後藤真希(2003年4月 - 2006年3月)
  • 石川梨華(モーニング娘。、2003年4月 - 2004年3月、週替わり出演)
  • 加護亜依(モーニング娘。、2003年4月 - 2004年3月、週替わり出演)
  • 柴田あゆみメロン記念日、2004年4月 - 2006年3月)
  • 中澤裕子(2002年4月 - 2004年3月、2009年10月 - 2013年3月*週替りレギュラー)
  • 保田圭(2000年10月 - 2002年3月、2009年10月 - 2013年3月*週替りレギュラー、モーニング娘。時代も含む)
  • 吉澤ひとみ(2009年10月 - 2013年3月*週替りレギュラー)
  • 藤本美貴(2004年4月 - 2007年6月、2009年10月 - 2013年3月*週替りレギュラー、モーニング娘。時代も含む)
  • 高橋愛(2003年4月 - 2006年3月、2006年4月 - 2011年9月、2011年10月 - 2013年3月*準レギュラー・週替りレギュラー、モーニング娘。時代も含む)
  • 光井愛佳(2012年4月 - 2013年3月、モーニング娘。時代も含む)
  • 道重さゆみ(モーニング娘。、2007年6月 - 2014年11月)
  • 鞘師里保(モーニング娘。、2014年11月29日 - 2015年12月26日)

女性レギュラーの出演形態[編集]

  • 1992年10月 - 1997年2月
    加藤紀子
  • 1997年3月 - 1999年3月
    吉村麻希(マキ凛子)
  • 1999年4月 - 2000年9月
    太陽とシスコムーン(T&Cボンバー)
  • 2000年10月 - 2002年3月
    安倍なつみ・保田圭・りんね
  • 2002年4月 - 2003年3月
    松浦亜弥・中澤裕子・準レギュラー(カントリー娘。から数名が不定期に出演)
    ※ りんねは2002年10月まで
  • 2003年4月 - 2004年4月
    中澤裕子・あさみ・里田まい・月1レギュラー(高橋愛・後藤真希・石川梨華・加護亜依の中から1人)
  • 2004年4月 - 6月
    準レギュラー(高橋愛・藤本美貴・後藤真希・柴田あゆみ・稲葉貴子の中から1、2人)
  • 2004年7月 - 11月
    安倍なつみ・準レギュラー(高橋愛・藤本美貴・後藤真希・柴田あゆみの中から1、2人)
  • 2004年12月 - 2006年3月
    準レギュラー(高橋愛・藤本美貴・後藤真希・柴田あゆみの中から2人)
    ※ 2005年2月以降は高橋・藤本が実質的なレギュラー
  • 2006年4月 - 2007年6月
    高橋愛・藤本美貴
  • 2007年6月 - 2009年9月
    高橋愛・道重さゆみ
  • 2009年10月 - 2011年9月
    高橋愛・道重さゆみ・週替わりレギュラー(中澤裕子・保田圭・吉澤ひとみ・藤本美貴の中から1人)
  • 2011年10月 - 2012年3月
    道重さゆみ・週替わりレギュラー(中澤裕子・保田圭・吉澤ひとみ・藤本美貴・高橋愛の中から1、2人)
  • 2012年4月 - 2013年3月
    道重さゆみ・光井愛佳・週替わりレギュラー(中澤裕子・保田圭・吉澤ひとみ・藤本美貴・高橋愛の中から1人)
  • 2013年4月 - 2014年11月
    道重さゆみ・飯窪春菜・週替わりゲスト(アップフロントプロモーションに所属するタレントの中から1人)
  • 2014年11月 - 2015年12月
    鞘師里保・飯窪春菜・週替わりゲスト(アップフロントプロモーションに所属するタレントの中から1人)
  • 2016年1月 -
    飯窪春菜・工藤遥・週替わりゲスト(アップフロントプロモーションに所属するタレントの中から1人)

番組内容[編集]

現行コーナー[編集]

オープニングトーク
主にさんまが近況を基にしたフリートークを15分から20分ほど行う。きりのいい頃合で番組タイトルをコールし、テーマ曲に乗せて出演者全員が順番に名乗り終わるとすぐジングルが流れてCMに入り、テーマ曲はフルサイズ流されない。
前略のコーナー
リスナーからの投稿を端緒に、さんま他出演者がフリートークをする、所謂ふつおたのコーナー。「ぜん・りゃくのコーナー!」とタイトルコールされる。
出演者の近況や様々な裏話を聴くことができる。時折どのメディアも取り扱っていない最新の芸能情報・ネタが飛び出すこともある。
このコーナーへの投稿は必ず「前略、ヤン土の皆さんこんばんは!」で始める決まりごとがある。なお現在はOPトークと前略のコーナーで番組の7割程度を占めている。
ヤン娘。ホメてま川柳ホメ短歌のコーナー
リスナーが川柳や短歌に思いを込めてヤン娘。を褒めるコーナー。ただし、必ずしも褒める内容ばかりとは限らない。
このコーナーとCMの間にモーニング娘。やゲスト出演者の曲がオンエアされる。
期間:2011年10月15日 -
名言珍言ゆうとっtterのコーナー
リスナーが出演者をはじめとする有名人が公の場で発した名言・珍言をtwitter形式で報告するコーナー。
期間:2012年6月9日 -
ヤン娘。はいやせません!のコーナー
リスナーから心を癒されるフレーズを募集し、女性出演者がセクシーな口調で発するコーナー…と題されているが、実態はパックンチョのコーナーとさほど変わらず、事実上の後継コーナーである。
さんまが可・不可の評価をするが、判定は非常に辛くほぼ毎回さんまの厳しい指導が入る。コーナー開始当初は多忙なさんまを癒すためのハートウォッシュコーナーだったが、さんまからの受けが悪く、3か月程で癒す対象がリスナーに変更された。それ以降も不出来からさんまの鶴の一声でコーナータイトルが変更されており、高評価の道重に比べ、一向に上達の兆しが見えない高橋に対して遂にさんまの堪忍袋の緒が切れたということからコーナー名に「高橋愛」を冠するようになった。高橋のレギュラー卒業後は「ヤン娘。は…」に変更された。コーナー名の変遷は以下の通りである。
さんまさんをいやしたい!」→「リスナーをいやしたい!」→「リスナーをいやせるかな?」→「リスナーをいやせそう?」→「リスナーをいやせません」→「高橋愛はいやせません」→「高橋愛は絶対いやせません」→「ヤン娘。はいやせません
期間:2004年4月 -
エンディング
さんまがゲストに番組の感想や近況など聞いて締め括る。エンディングの前に女性レギュラーが番組メールアドレスと次回ゲストを発表する。

過去のコーナー[編集]

この中で言うたら君がナンバーワン!ヤン土モノマネ塾のコーナー
ヤン娘。が芸能界という戦場で、より一層たくましく生きてゆくために、モノマネという武器を手に入れようというコーナー。リスナーから送られるモノマネしてほしい有名人のセリフにヤン娘。が挑戦し、さんまに誰が一番上手だったかを選んでもらう内容。
期間:2011年11月12日 - 2012年5月12日
フェイスビッグのコーナー
リスナーから寄せられたお悩みに、ちょっぴりお顔が大きな道重さゆみが大きな顔をせず、謙虚に答えて、リスナーとの交流を、思いっきり深めようというコーナー。
期間:2011年11月5日 - 2012年5月19日
高橋愛はカミません!のコーナー / 高橋愛はカミます!のコーナー
高橋愛がモーニング娘。のリーダーとして、ライブステージのMCやメディア出演で噛むことが無いように滑舌を良くするコーナー。内容は女性出演者が早口言葉に挑戦するもの。
早口言葉の出題ナレーションはMBSアナウンサーの河田直也(コーナー開始当初)と斎藤裕美(2010年10月9日以降)が担当していた。2011年6月18日放送分よりコーナー名が「高橋愛はカミます!」に変更され、高橋愛が出演しない日は「ヤン娘。はカミません!」で放送された。
期間:2010年6月5日 - 2011年10月29日
あいさつでヤン娘。はつかめます!
ヤン娘。がファンの心を鷲掴みにする「つかみ」の挨拶をリスナーから募集して、素敵な挨拶があれば採用して実際にコンサートやテレビで使用するコーナー
期間:2011年4月9日 - 10月8日
村上ブログのコーナー
ショージが普段思っていることや、その日の出来事などをリスナーが想像し、日記形式にして送ってもらうコーナー。
投稿内容は女性出演者が代読する。
期間:2007年1月20日 - 2011年5月7日
それは保田さんのコーナー(保田圭登場回のみ)
ヤン土で注目のキャラクター、保田圭にスポットを当てるコーナー。
期間:2009年11月14日 - 2010年6月26日
道重親方のコーナー
道重さゆみの家族のように、家族のアンポンタンな行動や言動をリスナーからを募集するコーナー。
それぞれの投稿には道重が6段階(真髄、横綱、大関、関脇、小結、幕下)でアホ番付をつける。コーナー名の「親方」は番組中での道重のあだ名。朝青龍についての不祥事で高砂親方が頻繁にメディアに登場していた時期に、夏休みを終えた道重の顔がむくんでいた事から命名された。最上位の「真髄」は2008年3月8日に追加。
期間:2007年9月8日 - 2010年5月29日
ヤンタンの心得・スタジオは戦場や!のコーナー
番組新レギュラーの道重さゆみが知っておくべきヤンタンの心得をリスナーから募集し発表するコーナー。
期間:2007年6月 - 8月25日
愛の一人でできるもんのコーナー / 愛のショージさんとならできるもんっ!のコーナー
高橋愛がリスナーからの質問に答えるコーナー。
「愛のショージさんとならできるもんっ!」では、高橋が回答に困った時にはショージが助け舟を出す。
2007年5月19日放送分から改題された。
期間:2007年4月21日 - 6月2日
カラオケBOX「さんちゃま」
玉井健二や女性出演者が、「番組内外で起こった出演者に関する出来事」をネタにした替え歌を唄うコーナー。
替え歌の歌詞および選曲はリスナーの投稿による。替え歌以外にヤン娘。メンバーの新曲がオンエアされる場合もある。替え歌を主に担当していた玉井の番組卒業に伴い終了。
期間: - 2007年3月
ヤン土ボケ講座 featuring ショージ
以前あった「ヤン土ボケ講座」 の新バージョンで、いわゆる「あいうえお作文」のコーナー。
リスナーが5文字のお題と最初の2文字の文章を投稿、後の3文字を女性出演者とショージが挑戦する。女性出演者は大御所芸人・明石家さんまの厳しいお笑い指南を受ける。
期間:2005年5月28日 - 2006年12月2日
村上ファン度のコーナー
期間:2005年4月23日 - 5月6日
スイーツクッキング
後藤・柴田出演時の不定期コーナー。
両名が番組収録前に作ったお菓子などを男性出演者が試食する。料理が得意な後藤と苦手な柴田というキャラが確立した。
期間:2004年4月 - 2006年3月
愛のバキューン!
恋愛経験の少ない高橋愛がリスナーからの恋愛相談に答えるコーナー。
以前、安倍のコーナーだった「愛してバキューン!」の高橋バージョン。
期間:2004年12月18日、2005年3月19日
ヤン土作詞選手権
女性出演者が作詞してきた歌詞を発表し、優勝者に玉井が曲をつけるというコーナー。
後述の安倍なつみ盗作騒動以降は行われていない。(不定期コーナー)
期間:2000年11月 - 2004年11月
愛してバキューン!のコーナー
リスナーから送られてきた恋愛エピソードに安倍なつみのハートがどれだけ撃たれたか5段階(1バキューン! - 5バキューン!)で判定するコーナー。
期間:2004年11月
お裁きのコーナー
リスナーからのお便りに対し、安倍なつみが白か黒かでお裁きする。
期間:2004年7月 - 2004年10月
最後の侍 一刀両断のコーナー
リスナーから送られてきた軟弱な男の言動に対し、最後の侍である明石家さんまがアリかナシかを判定する。
期間:2004年頃
なんまら最高にするべぇ〜 / ひって最高にするべぇ〜 / 超最高にするじゃん
あさみと里田がフリートークに挑戦するコーナー。
カントリー娘。の出演するラジオ番組「カントリー娘。のなんまらサイコーだべ。」のフリートークがリスナーから酷いと指摘されたため、2人のトーク力を鍛えるという理由で始まった。後に女性レギュラー変更に伴いコーナー名も変更された。
期間:2003年 - 2004年6月
パックンチョ / ボンバーボンバー / 先生、パックン、ドッキリ、モッコリ、バイブって便利よね。 / NEOパックンチョ / パックンチョ2002 / パックンチョ2003 / パックンチョ2004
なんでもない言葉を、女性出演者がセクシーにしゃべって、明石家さんまが優勝者を決める。元々の「パックンチョ」は吉村麻希がゲスト出演時に前略のコーナーで色っぽく言ったことから始まった。
期間:1994年 - 2004年2月
ヤン土ボケ講座
女性出演者がお笑いのボケに挑戦するコーナー。
期間: - 2003年
目指せDJ!のコーナー
ヤン娘。がラジオDJに挑戦する。
期間: - 2002年3月
つかみのコーナー
ヤン娘。のコンサート用のつかみトークを募集するコーナー。
期間:2001年
ポツリのコーナー
期間: - 2001年1月

備考[編集]

さんまが今もヤンタンを続ける理由
明石家さんまは若手時代に、番組を無断で休むなどといった不祥事を起こしたことがある。本来ならば芸能活動上それなりのペナルティを受けるはずだったが、毎日放送はさんまを引き続き起用した。[3]
MBSヤングタウンは一時、番組消滅の危機を迎えた。しかし、さんまは「ヤンタンの灯を消してはいけない」と現・日曜日担当の笑福亭鶴瓶と共に、放送枠が土日のみになった現在も番組のパーソナリティーを務めている。[4]
「さんま詣で」
同番組の収録現場は明石家さんまが定期的に必ず現れる場所とあって、各メディア関係者がさんまとの面会を求めて集まってくる。彼らの用件の多くはスペシャル番組や新番組の打ち合わせ、CMのオファーなどであり、特に春と秋の番組改編期前には現場が多くの業界人でごった返す。
安倍なつみ盗作騒動
2004年11月、同番組レギュラーであった安倍なつみが番組のコーナー「ヤン土作詞選手権」において発表した自作の詩の数編が盗作であったことが発覚。安倍本人は同年11月27日放送分の番組出演を風邪を理由に辞退、そのまま降板となった。事の起こりは、その前週の11月20日放送の同コーナーで安倍が発表した詩が、シンガーソングライター・榊いずみの「サルの唄」の詩に酷似していることに、放送を聴いていた1人のリスナーが気付いたことによる。当時安倍は公式プロフィールに「趣味・詞を書く事」と記載し、自らの写真集・エッセイ集にも過去何年にも渡って「自作の詩」を発表し続けていたため、この疑惑は瞬く間に広まり、最終的には各報道メディアがこぞって取り上げる騒動となった。毎日放送側は、同年12月11日放送分の番組内でリスナーおよび関係者に対する謝罪のコメントを放送している。安倍は番組にはその後一切出演していない。
『おかえり!つんく♂ MBSヤングタウンスペシャル』
2014年最初の放送日に当たる1月4日に、当番組を休止する代わりに放送した事前収録の特別番組。モーニング娘。などのプロデュースを手掛けるつんく♂と、FUJIWARA藤本敏史原西孝幸)が出演した。ちなみに、つんく♂は「つんく」名義で、1993年4月から1996年3月まで(当時平日にも放送されていた)『MBSヤングタウン』(1994年1月から1995年9月までは『ヤンタン あそびのWA!!』)の木曜日に出演。『ヤンタン あそびのWA!!』以降は、FUJIWARAと共にパーソナリティを務めていた。
つんく♂は収録時点で手術を検討するほど喉を痛めていたが、放送には嗄れた声のまま出演。放送終了後の2014年2月に声帯の手術で初期の喉頭癌が見付かった[5]ため、2014年10月に声帯を摘出する手術を受けた。そのため、声帯摘出後のつんく♂を特集する番組で、この特別番組の音源の一部が用いられることがある。

関連項目[編集]

毎日放送で放送されている明石家さんま司会の関西収録・一部地域ネットのTV番組。当初は関西ローカルだった。
2015年11月22日に放送された「行列のできる法律相談所」の明石家さんまの3時間特番において、「ヤンタン」の生みの親・渡邊一雄プロデューサーとの「ヤンタン」エピソードがVTRで紹介された。
2017年4月10日の放送分で、ヤンタンの収録にさんまの付き人役で木村拓哉が訪れた模様がTV放送された。 これはヤンタンの2017年3月18日分の収録中に行われ、ヤンタンでも3月18日にラジオ放送された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ radikoプレミアムのエリアフリー機能でも全国で聴取可能である。
  2. ^ さんまは同局『ちちんぷいぷい』のオンエアをチェックし、同メンバーへのダメ出しをする。
  3. ^ 千里丘スタジオで水曜日のヤンタン公開収録後にファンが出待ちしているにも拘らず局に出入りしている広告代理店の女性スタッフとタクシーに同乗した事、週刊誌に銀座のホステスとの密会が掲載された事(女性問題)により渡邊一雄プロデューサーが番組降板を決意したが、番組ディレクターによる説得で番組降板を回避できた。
  4. ^ 2011年9月2日放送の『31.5時間ラジオ 「ラジオの力」〜対話が日本を元気にする〜』内のコーナーである明石家さんまと笑福亭鶴瓶の2人だけによる対談「付き合い長いでんな」をMBS東京支社ラジオスタジオから生放送した時にどちらかが辞めると言うまでヤンタンを続けると公言していた。
  5. ^ 2014年3月26日付のつんく♂Official Blog記事「つんく♂より皆様へご報告 」を参照)

外部リンク[編集]