半保護されたページ

鞘師里保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鞘師 里保
基本情報
愛称 さやし、りほりほ
出生日 (1998-05-28) 1998年5月28日(24歳)[1]
血液型 AB型[1]
出生・出身地 日本の旗 日本広島県東広島市[2]
ジャンル J-POP
職業 歌手
活動期間 2010年 - 2015年
2019年 -
レーベル zetima
(2011年 - 2015年)
Savo-r
(2021年 - )
事務所 アップフロントプロモーション(2011年 - 2018年)
フリーランス(2018年 - 2020年)
ジャパン・ミュージックエンターテインメント(2020年 - )
グループ/
ユニット等
モーニング娘。
公式サイト rihosayashi.jp
テンプレートを表示
鞘師里保
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年 -
登録者数 3.58万人
総再生回数 260万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2022年4月18日時点。
テンプレートを表示

鞘師 里保(さやし りほ、1998年5月28日 - )は、日本歌手女優モーニング娘。(9期)およびハロー!プロジェクトの元メンバーである[3]広島県東広島市出身[2]。身長158cm。

アップフロントプロモーションからフリーランスを経て、2020年9月よりジャパン・ミュージックエンターテインメントに所属[4]

略歴

モーニング娘。加入前

幼稚園のお遊戯会で「Go Girl 〜恋のヴィクトリー〜」を踊ったときにこの曲が大好きになった。モーニング娘。が歌っていると知り、自分もそういう人になりたいと思い、ダンスや歌を始め[5]、さらに、アクターズスクール広島に入所した[6]

アクターズスクール広島では毎年2回発表会が行われており、鞘師は2005年3月13日の『2005 SPRING ACT』より出演。その後2010年秋まで出演している[7][8]。2005年春(6歳)はKIDSクラス、2005年秋(7歳) - 2009年春(10歳)はAクラス、2009年秋(11歳) - 2010年秋(12歳)はBクラスに在籍していた[7][8]。両親は6年間、週末に[要出典]スクールに通わせた。

アクターズスクール広島の発表会で鞘師が参加した曲にはハロー!プロジェクトの曲もあった。

また、「色っぽい じれったい」(モーニング娘。)は「すごくカッコいい」と思い、聴く頻度が高かった[15]

2010年、モーニング娘。と共演する女優を募集する目的で開催された『Jc&Jk 女子中高生女優オーディション』に合格し[16]、同年6月に行われたモーニング娘。主演舞台『ファッショナブル』の大阪公演に出演した[17]

モーニング娘。加入後

  • 2011年1月2日、中野サンプラザで行われた『Hello! Project 2011 WINTER 〜歓迎新鮮まつり〜』にて、約9,000人が応募した『モーニング娘。9期メンバーオーディション』へ合格しモーニング娘。9期メンバーに選ばれたことが発表された[18][19][20][21]。モーニング娘。メンバー内では、舞台『ファッショナブル』で鞘師と共演していたことから「絶対、入るんじゃない?」と言われていた[15]
  • 2011年7月29日、「右坐骨神経痛」により今後約6週間の在宅療養が必要と診断され、疲労骨折の症状が続く光井愛佳とともに翌30日から8月14日までの『Hello! Project 2011 SUMMER』コンサートを休むことが公式サイトにて発表された[22][23]
  • 2011年8月27日、鞘師里保ソロ写真集イベントより仕事に復帰[24][25]
  • 2012年7月20日、SATOYAMA movement活動の一環として、スマイレージリーダー和田彩花と共にユニットピーベリーを結成。
  • 2012年9月10日、モーニング娘。9期メンバーによる『モーニング娘。Q期オフィシャルブログ』を開設[26]
  • 2015年10月29日、ブログにて2015年の大みそかでのモーニング娘。卒業を発表[3][27]。なおハロー!プロジェクトには引き続き在籍する[3]
  • 2015年12月21日、卒業前に単独ソロコンサート『モーニング娘。'15 鞘師里保 ソロスペシャルライブ』が東京ディファ有明ホールにて開催された[28]
  • 同年12月31日、中野サンプラザで行われたハロー!プロジェクトのコンサートをもってモーニング娘。を卒業[29]。先述の「Go Girl 〜恋のヴィクトリー〜」がモーニング娘。在籍時最後の歌唱曲だった[30]。卒業後はダンス英語の勉強のためN.Y.に留学していた[31]
  • 2018年12月7日、前月末をもってアップフロントプロモーションとの専属マネージメント契約を終了し、同時にハロー!プロジェクトも卒業となったことが発表された[32]

ハロー!プロジェクト卒業後

  • 2019年3月30日、幕張メッセで行われた『Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019』にゲスト出演し、3年3か月ぶりにステージに復帰[33][34][35]
  • 2019年6月から2020年2月まで、BABYMETALの2019年度の世界ツアー「METAL GALAXY WORLD TOUR」に、日替わりサポートダンサー3名のうちの1人として出演[注 1]。6月28日に横浜アリーナで行われたライブ『BABYMETAL AWAKENS - THE SUN ALSO RISES -』[36]や6月30日に行われたイギリスの音楽フェス『Glastonbury Festival 2019[37]、7月6日にポートメッセなごやで行われた『BABYMETAL ARISES - BEYOND THE MOON - LEGEND - M -』などへ出演している。ライブ出演時の「DA DA DANCE (feat. Tak Matsumoto)」のパフォーマンス映像は同曲のミュージックビデオに採用されている[38][注 2]
  • 2020年5月1日、インスタグラムのアカウントを開設[39]
  • 2020年9月3日、ジャパン・ミュージックエンターテインメントに所属し、芸能活動を再開させることを発表[4]
  • 2020年10月21日、個人のオフィシャルサイトをオープン[40]
  • 2020年10月24日、Official Fan Club「さやしい人たち」をオープン[40]
  • 2021年8月4日、自主レーベル「Savo-r(セイバー)」を設立し、ソロ初EP(ミニ・アルバム)『DAYBREAK』をリリース[41]。8月9日、東京・豊洲PITで初ライブ[41]
  • 2022年1月15日、東京・中野サンプラザを皮切りに、1月16日大阪・Zepp Osaka Bayside、1月23日広島・BLUE LIVE HIROSHIMAにて初ツアー「RIHO SAYASHI 1st LIVE TOUR 2022 Reflection」を開催。

人物

  • 母親の影響で幼い頃から2000年代に流行した洋楽(ビヨンセDestiny's ChildTLCショーン・ポールなど)や倖田來未を聴いて育つ。[42]
  • 叔父は元広島東洋カープ選手で、現在は同球団スカウトの鞘師智也[注 3][43][44]
  • 特技はけん玉で、協会認定級位は1級。『音流〜On Ryu〜』では日本一周(小皿→大皿→けん)を披露した[45]。また習字も特技で、七段である[46]
  • お笑いが好きで、一人でルミネtheよしもとに行くこともある。初めてくまだまさしを見た時は感動した。
  • 好きなお菓子はチョコレートマカロン。好きな飲み物はコーヒーで、1日に何杯も摂取する。
  • モーニング娘。同期の 譜久村聖鈴木香音によると、鞘師は何でも完璧にこなすように見えたが2か月くらいで本性を表し予想を上回るおっちょこちょいということがわかったとのこと。「忘れ物をしない」と誓ったその日に忘れ物をしたり、飛行機が飛び立つ時間に起きたり、コンサートのソロで出てきたときに盛大にコケたりすると言う[47]
  • さくら学院卒業生で、現BABYMETAL中元すず香(SU-METAL名義)は一学年上で、アクターズスクール広島でユニットを組んだことがある[48]
  • 2018年に放送された『関ジャム 完全燃SHOW』で、プロデューサーのつんく♂から「ダンスという武器を持って、歌もうまい、声質もいいというのは鞘師が最高到達点」と評された。
  • 2021年に放送された『MUSIC BLOOD』で、「アイドルが選ぶアイドル総選挙」第9位に選出された。グループ内外を問わず「憧れの先輩」として挙げられることが多い。その他、女優の松岡茉優がファンを公言している。
  • モーニング娘。を卒業後、約2年ほどN.Y.にダンス留学。TOEICスコア820点を保持。[49]その経験を活かして、『NHK高校講座 2022 英語コミュニケーション1』のMCに抜擢された。
  • 2021年以降の楽曲は全て作詞を担当(共作詞含む)。自分の感情を表に出すことが極端に苦手で、試行錯誤して歌詞をスタッフに提出するものの、すぐに送信を取り消すことを繰り返す。[50]
  • 自身でダンスの振付をすることもある。1stEP収録曲「LAZER」での振付制作の苦しみは2021年11月に公開されたドキュメンタリーフィルム『Middle of the Night』に収録されている。2022年2月に発表された『行列のできる相談所滝沢カレンのダンス企画の楽曲「U」(millennium parade)でも一部振り付けている。「LAZER」の振付を見た振付家のTAKAHIROからは「細かい展開を作れる。表現力があり、振付とテンポを両立できる。」と評される。[51]
  • N.Y.でのダンス留学では基本的にストリートジャズのクラスを受ける。その時の恩師Bo Parkに「BUTAI」「Simply Me」の振付を依頼した。[52]
  • 留学で一番学んだことは「ダンスに正解はない」ということ。留学前は揃えて踊ることを良しと思っていたが、オリジナリティやパッションを出して踊る海外のダンサーを見たときに、放たれるパワーの種類がまったく違うと感動。それが転機となり、パッションも大切にしつつ、アジア人ならではの繊細に踊ることを一層重視することとなる。[53]

作品

EP

タイトル 発売日 品番 備考 収録曲
Savo-r
DAYBREAK 2021年8月4日 SAVR-0002
初回限定盤[CD+DVD]


SAVR-0001
通常盤[CD]

「Find Me Out」
7月14日より配信開始
1.Find Me Out

作詞:鞘師里保 宮野弦士/作曲:宮野弦士

2.BUTAI

作詞:鞘師里保 Akira Sunset(THE SIGNALIGHTS)

作曲:Akira Sunset(THE SIGNALIGHTS) APAZZI(THE SIGNALIGHTS)

3.Simply Me

作詞:鞘師里保

作曲:Akira Sunset(THE SIGNALIGHTS) APAZZI(THE SIGNALIGHTS)

4.Puzzle

作詞:鞘師里保/作曲:orange spotting

5.LAZER

作詞:カミカオル 鞘師里保/作曲:TAKAROT

Reflection 2022年1月12日 SAVR-0003

通常盤[CD]

SAVR-0004

初回限定盤A[CD+DVD]

SAVR-0005

初回限定盤B[CD+ブックレット]

1.Go-by

作詞:鞘師里保 Akira Sunset/作曲: Akira Sunset APAZZI

2.Take a Breath

作詞:鞘師里保 宮野弦士/作曲:宮野弦士

3.Melt

作詞:さらさ 鞘師里保/作曲:Michael Kaneko

4.Baby Me

作詞:鞘師里保/作曲:orange spotting

5.Winding Road

作詞:Kanata Okajima 鞘師里保/作曲:TAKAROT FUNK UCHINO

映像作品

  • さやし りほ〜Greeting〜(2011年8月31日、zetima[54]
  • RIHO(2012年1月20日、UP-FRONT WORKS[55][56] - e-Hello!(イーハロ)シリーズ(e-LineUP!期間限定販売)
  • ひゃっっほ〜い♪( ´θ`)ノ(2012年9月26日、zetima)[57]
  • snowdrop(2013年3月28日、UP-FRONT WORKS)[58] - e-Hello!(イーハロ)シリーズ(e-LineUP!期間限定販売)
  • Riho's Fashion Archive(2014年3月12日、zetima)[59]
  • sixteen(2015年4月8日、zetima)[60] - BD
  • モーニング娘。'15 鞘師里保 ソロスペシャルライブ(2016年4月20日、UP-FRONT WORKS)[61]
  • RIHO SAYASHI 1st Live & documentary~DAYBREAK~(2022年4月6日、Savo-r)

デジタル写真+ムービー作品集

  • Riho+Masaki[モーニング娘。](2012年7月6日、ファンプラス・GザテレビジョンPLUS配信)

出演

映画

ラジオ

テレビドラマ

ネットドラマ

舞台・ミュージカル

テレビ

  • NHK高校講座2022 英語コミュニケーション1(2022年4月7日 - 、NHK Eテレ)

ライブ・コンサート

ワンマンライブ

日程 タイトル 会場
2021年8月9日 RIHO SAYASHI 1st LIVE 2021 DAYBREAK 豊洲PIT
2022年1月15日・16日・23日 RIHO SAYASHI 1st LIVE TOUR 2022 Reflection 全5公演

コンサート同行

書籍

写真集

所属グループ・ユニット

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 残る2名はさくら学院藤平華乃と元さくら学院の岡崎百々子[要出典]
  2. ^ 音源はライブ収録ではなくスタジオ収録[要出典]
  3. ^ 父の弟にあたる。
  4. ^ モーニング娘。9期メンバー(譜久村聖生田衣梨奈、鞘師里保、鈴木香音)の4人組。「モーニング娘。Q期」名義の曲は「アイサレタイノニ…」(モーニング娘。『One・Two・Three/The 摩天楼ショー』の初回生産限定盤C・D、『モーニング娘。’14 カップリングコレクション2』に収録)のみ。

出典

  1. ^ a b 鞘師里保プロフィール”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2018年8月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年12月26日閲覧。
  2. ^ a b ひとくふう発見伝 元就。東広島外伝”. RCCテレビ. 2012年5月11日閲覧。、2012年5月13日放送。
  3. ^ a b c “モー娘。鞘師里保が大みそか卒業を発表”. デイリースポーツ online. (2015年10月29日). https://www.daily.co.jp/gossip/2015/10/29/0008523002.shtml 2015年10月30日閲覧。 
  4. ^ a b “鞘師里保「昔はとにかく頑張ることが美学だと思っていました」 芸能活動再開一問一答”. サンスポ. (2020年9月3日). https://www.sanspo.com/geino/amp/20200903/geo20090305020006-a.html 2020年9月3日閲覧。 
  5. ^ DVDさやし りほ〜Greeting〜. UP-FRONT WORKS. 該当時間: 24分3秒 - 28分44秒 . 2012年1月3日閲覧。
  6. ^ TopYell 2012年12月号, p. 35.
  7. ^ a b 発表会一覧”. アクターズスクール広島. 2011年8月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年9月6日閲覧。
  8. ^ a b アクターズスクール広島発表会 2010 AUTUMN ACT”. スクランブルエッグon the Web (2010年11月1日). 2019年9月6日閲覧。
  9. ^ 7. カッチョイイゼ!JAPAN”. 発表会 第15回 2006・AUTUMN (Sep.17.2006). アクターズスクール広島. 2012年9月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年1月3日閲覧。
  10. ^ アクターズスクール広島発表会 2006 AUTUMN ACT”. スクランブルエッグon the Web (2006年11月3日). 2019年9月6日閲覧。
  11. ^ 4. ハレーションサマー”. 発表会 第17回 2007・AUTUMN (Sep.11.2007). アクターズスクール広島. 2011年1月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年1月3日閲覧。
  12. ^ a b アクターズスクール広島発表会 2007 AUTUMN ACT”. スクランブルエッグon the Web (2007年10月5日). 2012年1月3日閲覧。
  13. ^ 31. でっかい宇宙に愛がある”. 発表会 第17回 2007・AUTUMN (Sep.11.2007). アクターズスクール広島. 2011年1月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年1月3日閲覧。
  14. ^ アクターズスクール広島発表会 2010 SPRING ACT”. スクランブルエッグon the Web (2010年5月4日). 2012年1月3日閲覧。
  15. ^ a b TopYell 2012年12月号, p. 33.
  16. ^ a b モーニング娘。がファッションショー風に主演舞台をアピール”. 音楽ナタリー (2010年6月6日). 2010年6月6日閲覧。
  17. ^ a b BS-TBS開局10周年企画「ファッショナブル」”. 劇団ONLINE. アップフロントエージェンシー. 2018年8月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年9月6日閲覧。
  18. ^ モーニング娘。第9期メンバー決定!!”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト (2011年1月2日). 2011年1月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月11日閲覧。
  19. ^ モー娘。9期メンバー迎春初披露。つんく♂緊急指名で計4名”. 日テレNEWS24 (2011年1月2日). 2017年12月26日閲覧。
  20. ^ “モー娘。に新メンバー4人”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年1月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110102-720202.html 2017年12月26日閲覧。 
  21. ^ a b UTB 平成23年6・8月合併号, p. 103.
  22. ^ モーニング娘。光井愛佳・鞘師里保に関するお知らせ”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト (2011年7月29日). 2011年8月5日閲覧。
  23. ^ 【速報】モーニング娘。光井と鞘師が休養へ”. 日テレNEWS24 (2011年7月29日). 2011年8月5日閲覧。
  24. ^ 活動休止中の13歳モー娘・鞘師里保、笑顔で復帰!初のソロ写真集でさわやかな水着姿も披露”. シネマトゥデイ (2011年8月27日). 2011年8月27日閲覧。
  25. ^ “モー娘・鞘師里保 坐骨神経痛から復帰「うれしい」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年8月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/08/27/kiji/K20110827001496720.html 2011年8月27日閲覧。 
  26. ^ 鞘師里保 (2012年9月10日). “はじめましてっ♪( ´θ`)ノ鞘師里保♪(´ε` )”. モーニング娘。Q期オフィシャルブログ. 2017年12月26日閲覧。
  27. ^ 鞘師里保 (2015年10月29日). “ご報告 鞘師里保”. モーニング娘。‘15 Q期オフィシャルブログ. 2015年10月30日閲覧。
  28. ^ ぴあ年末年始特集号(2015年12月11日)「人気アーティストライブ情報・アイドル編」117頁。
  29. ^ “モー娘。鞘師里保が卒業「頑張ることの積み重ねが自信に」来年留学”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月31日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/31/kiji/K20151231011786140.html 2015年12月31日閲覧。 
  30. ^ “モー娘。'15鞘師里保「立派な人間になって帰って来ます」最後は「Go Girl〜恋のヴィクトリー」熱唱”. ドワンゴジェイピーnews. (2015年12月31日). https://news.dwango.jp/idol/13553-1512 2016年1月30日閲覧。 
  31. ^ “モー娘。鞘師里保が卒業!海外留学へ「これからはなんでも一人」”. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2016年1月1日). https://www.sanspo.com/article/20160101-R5AJDR7JF5J2LK4FAPUYUKIZOY/ 2016年6月4日閲覧。 
  32. ^ 鞘師里保に関するお知らせ”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト (2018年12月7日). 2018年12月7日閲覧。
  33. ^ a b 【特設サイト】「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019」3月30日(土)31日(日)幕張メッセにて開催!”. アップフロントプロモーション. 2017年7月1日閲覧。
  34. ^ a b “ハロプロ「ひなフェス」3年ぶり鞘師里保登場にファン熱狂”. ドワンゴジェイピーnews. (2019年3月31日). https://news.dwango.jp/idol/36316-1903 2019年7月1日閲覧。 
  35. ^ a b ひなフェスで鞘師里保が生み出した「熱狂」と「うねり」、そして「希望」”. ENTAME next (2019年4月5日). 2019年7月1日閲覧。
  36. ^ a b “ベビメタ新体制で初単独公演 元モー娘鞘師も登場”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年6月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906280001094.html 2019年6月29日閲覧。 
  37. ^ a b 【エンタがビタミン♪】BABYMETAL『Glastonbury Festival』にも鞘師里保が登場「RIHOMETAL」が加わり新章突入の予感”. Techinsight (2019年7月1日). 2019年7月1日閲覧。
  38. ^ DA DA DANCE (feat. Tak Matsumoto) (OFFICIAL) Youtube BABYMETAL公式チャンネル
  39. ^ “元モー娘。鞘師里保がインスタグラム開設「お久しぶりです!皆さんお元気でしょうか?」ファンお祭り騒ぎ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年5月1日). https://hochi.news/articles/20200501-OHT1T50160.html 2020年5月1日閲覧。 
  40. ^ a b 鞘師里保 Official Site オープン&公式ファンクラブ詳細情報公開”. 鞘師里保 Official Site. 2020年10月21日閲覧。
  41. ^ a b “モー娘。元“絶対的エース”鞘師里保がソロデビュー 来月ミニアルバム発売&8・9初ライブ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年7月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/07/14/kiji/20210714s00041000099000c.html 2021年7月14日閲覧。 
  42. ^ Inc, Natasha. “鞘師里保「DAYBREAK」特集第2弾|私にとってダンス、歌、作詞、演技、ライブとは……5つのテーマごとに紐解く鞘師の今 - 音楽ナタリー 特集・インタビュー” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年4月19日閲覧。
  43. ^ “モー娘鞘師、生まれたときからカープ女子”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年3月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1453016.html 2015年3月28日閲覧。 
  44. ^ ““カープ女子”鞘師里保が広島にエール! 注目は「菊池涼介選手」”. ORICON NEWS. (2015年3月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2050834/full/ 2015年4月1日閲覧。 
  45. ^ BOMB』2011年4月号
  46. ^ モーニング娘。DVD MAGAZINE Vol.36「クイズ 9期でPON!」
  47. ^ "19年目のモーニング娘。" 東京スポーツ 東京スポーツ新聞社 2016年4月]
  48. ^ アクターズスクール広島 所属アーティスト一覧”. アクターズスクール広島(ASH). アクターズスクール広島 (2008年). 2009年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月31日閲覧。
  49. ^ 英語を学んで気が付いた 人と向き合うことの大切さ|IIBCの活動|IIBCについて|IIBC” (日本語). www.iibc-global.org. 2022年4月18日閲覧。
  50. ^ 鞘師里保 自分の気持ちとすれ違ってしまう歌詞に本当の情熱は乗せられない。” (日本語). www.uta-net.com. 2022年4月20日閲覧。
  51. ^ DanceChannel | ダンスチャンネル | 日本初のダンス専門テレビ局” (日本語). DanceChannel | ダンスチャンネル | 日本初のダンス専門テレビ局. 2022年4月20日閲覧。
  52. ^ Inc, Natasha. “鞘師里保「DAYBREAK」特集第2弾|私にとってダンス、歌、作詞、演技、ライブとは……5つのテーマごとに紐解く鞘師の今 - 音楽ナタリー 特集・インタビュー” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年4月20日閲覧。
  53. ^ Inc, Natasha. “鞘師里保1stミニアルバム「DAYBREAK」1万2000字インタビュー|元モーニング娘。のエース、新たな夜明けを迎える彼女がステージに立つ理由 - 音楽ナタリー 特集・インタビュー” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年4月20日閲覧。
  54. ^ さやし りほ〜Greeting〜 work=UP FRONT WORKS”. 2019年9月6日閲覧。
  55. ^ RIHO”. UP-FRONT WORKS. 2019年9月6日閲覧。
  56. ^ “e-Hello! 鞘師里保DVD 『RIHO』ダイジェスト”. モーニング娘。チャンネル (YouTube). (2012年1月19日). https://www.youtube.com/watch?v=SxVMphxquIU 2012年6月22日閲覧。 
  57. ^ ひゃっっほ〜い♪( ´θ`)ノ”. UP-FRONT WORKS. 2019年9月6日閲覧。
  58. ^ snowdrop”. UP-FRONT WORKS. 2013年12月12日閲覧。
  59. ^ Riho's Fashion Archive”. UP-FRONT WORKS. 2019年9月6日閲覧。
  60. ^ sixteen”. UP-FRONT WORKS. 2015年4月16日閲覧。
  61. ^ モーニング娘。'15 鞘師里保 ソロスペシャルライブ”. UP-FRONT WORKS. 2016年2月29日閲覧。
  62. ^ 映画『シェアハウス』公式サイト”. m-sharehouse. 2012年7月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月11日閲覧。
  63. ^ 鞘師里保と○○と”. 番組公式Twitter. 2021年5月3日閲覧。
  64. ^ あのコの夢を見たんです。:山里亮太の妄想小説原作ドラマに豪華女優陣 中条あやみに芳根京子、池田エライザら 芸能活動再開の鞘師里保も”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2020年9月9日). 2020年9月9日閲覧。
  65. ^ アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~:第5話 萩原利久&鞘師里保がゲスト “万丞”香取慎吾、“最悪の選択”から被害者を守る”. MANTANWEB(まんたんウェブ). 2021年2月22日閲覧。
  66. ^ 『シェフは名探偵』鞘師里保、山本耕史、さとうほなみら7人がゲスト出演”. TV LIFE web. ワンパブリッシング (2021年7月12日). 2021年7月20日閲覧。
  67. ^ 鞘師里保、『准教授・高槻彰良の推察』で恐怖体験する女性役 伊野尾慧&神宮寺勇太とも交流”. ORICON NEWS (2021年9月2日). 2021年9月5日閲覧。
  68. ^ "鞘師里保、『俺かわ』でソロ活動後初の連ドラ 山田涼介の"ちょっとクセのある"恋人役". ORICON NEWS. oricon ME. 28 March 2022. 2022年3月28日閲覧
  69. ^ 大人の麦茶×ゲキハロ 「ごがくゆう」”. 劇団プロジェクト. アップフロントプロモーション. 2013年6月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年12月12日閲覧。
  70. ^ 鞘師里保、音楽朗読劇主演に「本当に本当に幸せ」”. 日刊スポーツ. 2020年11月4日閲覧。
  71. ^ 成河、鞘師里保、水田航生らによる2日間の「35MM: A MUSICAL EXHIBITION」レポート”. エンタ・ステージ. 2020年11月3日閲覧。
  72. ^ "吉岡里帆、舞台初主演…「かもめんたる」岩崎う大が脚本・演出 不思議な世界観に「ワクワク」". スポーツ報知. 報知新聞社. 12 April 2022. 2022年4月12日閲覧
  73. ^ 鞘師里保 初の自叙伝&クロニクル「17歳の決断」発売日変更のお知らせ&各ショップ限定特典付きで絶賛予約受付中!!”. オデッセー出版 (2016年2月22日). 2016年3月28日閲覧。
  74. ^ 鞘師里保 初の自叙伝&クロニクル「17歳の決断」発売決定!!”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト (2016年2月4日). 2016年3月26日閲覧。
  75. ^ 鞘師里保1stソロ写真集『さやしりほ』発売決定!(ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト).2011年8月5日閲覧。
  76. ^ モーニング娘。鞘師里保写真集『アンドゥトゥア』 12/08/27発売(ワニブックスオフィシャルサイト).2012年7月20日閲覧。
  77. ^ モーニング娘。鞘師里保写真集 『太陽』”. ワニブックスオフィシャルサイト. 2013年12月12日閲覧。
  78. ^ 鞘師里保写真集『十六歳』”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2015年4月16日閲覧。
  79. ^ 『モーニング娘。鞘師里保全集2011-2015』”. ワニブックスオフィシャルサイト. 2015年12月31日閲覧。

参考文献

  • 「明日の寄り道 鞘師里保」『UTB』平成23年6・8月合併号、ワニブックス、2011年6月、 ASIN B091FYZ2ZY
  • 「SPECIAL TALK BATTLE シリーズモーニング娘。魂の継承式 高橋愛&鞘師里保」『Top Yell』2012年12月号、竹書房、2012年11月、 ASIN B009W5J2S0

外部リンク