林マヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はやし マヤ
林 マヤ
プロフィール
愛称 マヤマヤ
生年月日 1958年2月23日
現年齢 59歳
出身地 日本の旗 日本長野県上田市
血液型 O型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 171 cm / kg
活動
ジャンル タレント
他の活動 歌手
事務所 アップフロントクリエイト
モデル: テンプレート - カテゴリ

林 マヤ(はやし マヤ、1958年2月23日 - )は、日本ファッションモデルタレント歌手である。本名、大内 理枝(おおうち りえ)。身長171cm。血液型はO型。所属事務所アップフロントクリエイト[1]。一人称はマヤマヤ[2]長野県上田市出身。

略歴[編集]

長野県小県東部高等学校卒業後に上京して就職するが、就職先の寮で門限破りを繰り返し2週間で退社。その後、風呂なしのアパートに住みアルバイト生活を始める。その頃、東京でモデルをしていた高校時代の友人と銭湯で偶然再会し、モデル事務所を紹介された。

しかし、当時の日本は「可愛い系」のモデルが流行っていたため、個性派モデルである林は、3年間ほど売れない日々を過ごした。当時パンク・ファッションに憧れていたこともあり、事務所を辞めてパンクの本場ロンドンへ行くことを決意。途中、経由地のパリのカフェで、世界的に有名なカメラマンであるピーター・リンドバーグと偶然出会い、日本人として初めてファッション誌『マリ・クレール』フランス版に登場。その後1か月、パリの事務所に所属してモデル活動を行い、パリ・コレクションにも出演した。また、ファッションショーのBGMで使われたジャズの名曲『テイク・ファイヴ』に魅せられ、1991年平成3年)3月21日、ミディ・レコードからジャズアルバム『MAYA』をリリースして歌手デビューもしている。

日本に帰国後の1996年(平成8年)、資生堂エリクシールのCMに出演したことで注目を集め、徐々に仕事が舞い込む。『anan』には毎号トップモデルとして登場し、東京とパリを往復する生活を10年間続ける。この頃、モデルとしての体型を維持するために過激な食事制限を実行し、健康を害したこともあったという。体調を回復した後は、運動を取り入れた健康的なダイエットをするようになった[3]。その後、食生活の改善を考えていた折に農業に出会い、2009年(平成21年)に茨城県守谷市に引っ越した後はプチシャン(小さな農園)で自ら野菜を栽培している[4]

現在はタレントとして活動する傍ら、ジャズ歌手としてライブ活動を展開する。

人物[編集]

  • 前述の資生堂のCMに出演している頃、ダウンタウン浜田雅功が『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ)でのトークで「化粧品のCMで、何か変な顔して笑ってる女おるやろ。アイツは横分けさせて、スーツ着させなアカンのちゃうんか?」と面識のない林のことを語ったところ、翌週同番組のトーク中に林本人が、読者のハガキのワゴンを持って笑いながら登場し、浜田を焦らせたことがある。
  • パリコレ時代に一度結婚しているが、うまくいかず離婚。再婚相手の野菜文化研究家である夫・笛風呂タオスのことを「ダーリン」と呼んでいる。

出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

インターネットドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

  • 資生堂「エリクシール」(1996年)

ラジオ[編集]

雑誌[編集]

  • ESSE 「林マヤさんの菜園カレンダー」(2010年1月号 - 、扶桑社)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年10月1日以降より所属。同年9月30日以前は同アップフロントグループアップフロントプロモーション(旧・アップフロントエージェンシー)に所属していた。
  2. ^ エンジョイDIY>出演者紹介”. 静岡朝日テレビ. 2017年6月1日閲覧。
  3. ^ DHC 「みんな、げんき?」 2006年12月号の本人談より。
  4. ^ 知的な田園都市の生活マガジン つくばスタイル No.13
  5. ^ 『おかあさんの木』映画パンフレットより。

外部リンク[編集]