松岡茉優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まつおか まゆ
松岡 茉優
松岡 茉優
第31回東京国際映画祭にて(2018年10月)
生年月日 (1995-02-16) 1995年2月16日(23歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
身長 160 cm
血液型 B型
職業 女優タレント
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2004年 -
著名な家族 松岡日菜(妹)
事務所 ヒラタインターナショナル
公式サイト 松岡茉優 official website
主な作品
映画
桐島、部活やめるってよ
ちはやふる』シリーズ
勝手にふるえてろ
万引き家族
テレビドラマ
あまちゃん
She
コウノドリ』シリーズ
その「おこだわり」、私にもくれよ!!
水族館ガール
真田丸
備考
2008年度・2009年度おはガール

松岡 茉優(まつおか まゆ、1995年2月16日 - )は、日本女優タレント東京都出身[1]ヒラタインターナショナル所属。

略歴 [編集]

8歳の時、妹(松岡日菜、当時3歳)がスカウトされ、母親と共にその面接に同行した際、面接担当者に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われて事務所に入る[2]。このことを本人は、「妹のついでに事務所に入れてもらいました。妹には頭が上がりません(笑)」と語っている[2]

2008年おはガールとしてテレビ東京おはスタ』に出演し、本格デビューを果たす[3]。2010年3月26日の『おはスタ』卒業後は、バラエティ番組にはあまり出演せず、女優としての活動が続いていた。また、インターネットの対談番組や、雑誌の対談企画などのホスト役を務めることも多かった。

2013年NHK連続テレビ小説あまちゃん』に出演。同年9月6日、『あまちゃん』で演じた埼玉県出身のキャラクター・入間しおりが「埼玉県の魅力発信に貢献した」との理由で、埼玉県の上田清司知事から感謝状を授与された[4][5]。12月31日には『あまちゃん』の劇中に登場するアイドルグループ「GMT」のメンバーとして、『第64回 NHK紅白歌合戦』に出演した。『あまちゃん』への出演を契機に、バラエティ番組へのゲスト出演も増加した。

2015年2月19日、『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015』において「第2回 ニューウェーブアワード」の女優部門を受賞[6][7]。4月18日放送開始のフジテレビShe』で、連続ドラマ初主演[8]

2016年の『真田丸』で、NHK大河ドラマ初出演。主人公・真田信繁正室[9][10]

2017年12月23日公開の映画『勝手にふるえてろ』で映画初主演[11]。同作は「第30回 東京国際映画祭」のコンペティション部門に、日本代表作品として出品され[12]、観客の投票によって決定される「観客賞」を受賞した[13]。また、2018年には『日本映画プロフェッショナル大賞』において「作品賞」を受賞している[14]

2018年5月、ヒラタグループの組織改編に伴い、デビュー以来所属していた「ヒラタオフィス」から、同社の系列事務所である「ヒラタインターナショナル」に移籍[15]。5月13日(日本時間14日)、出演映画『万引き家族』が、是枝裕和監督及び松岡らキャスト陣出席の下『第71回 カンヌ国際映画祭』のコンペティション部門で公式上映され[16]、19日(日本時間20日)の授賞式において、同作が最高賞「パルムドール」を受賞した[17]。10月より開催の「第31回 東京国際映画祭」ではアンバサダーを務めた[18]

人物[編集]

左利きである[19]

「ほぼ毎日1、2パックを食べている」というほどの納豆好きで、2016年7月には、全国納豆協同組合連合会から、「納豆クイーン」に選出されている[20]

『おはスタ』は2002年度から視聴し始め、中学生になっても視聴を続けるほど大好きで、ずっとおはガールになることに憧れていた。そのため、おはスタの司会を長く務めていた山寺宏一を芸能界の父と慕っている[21]

アイドルが大好きで、中でも熱烈なモーニング娘。マニア。 9期メンバー加入後のモーニング娘。を「新生(新星)モーニング娘。」と呼んでおり、出演したテレビ番組やラジオ番組などで、その魅力を熱く語っている[22]。推しメンは一貫して鞘師里保で、彼女のモーニング娘。卒業後も変わっていない。また、自身が主演を務めるドラマ『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』のスペシャル企画として、2016年3月20日に開催された「Hello! Project ひなフェス 2016」に、モーニング娘。'16のセンター「まゆまゆ」としてサプライズ出演した[23]

連続テレビ小説『あまちゃん』で、アイドルグループのリーダー役を演じたが、本人は、「アイドルになりたかった?」という質問に対し、「それはないです」「役とはいえ、自分がなれるとは思ってもいませんでした」と回答している[24]

芸能活動に関して[編集]

女優としての目標は「女版の八嶋智人になる事」だと公言しており[3]、これを伝え聞いた八嶋本人は、自身のTwitterで、「あまちゃんファンとして幸せいっぱいな気持ちです」とツイートしている。現在2人はドラマでの共演も果たし親交があるが、松岡が目標にしているのは八嶋本人ではなく、あくまでも「八嶋智人のポジション」の女版である。

ストレイヤーズ・クロニクル』の瀬々敬久監督が「小津安二郎の映画の中の杉村春子」にたとえ、「若い出演者が多いなかで、ただひとり円熟の芸域に達していると言ってもよいのが松岡さんでした」と演技力を評価した[25][26]

初の大河ドラマ出演(真田丸)が決定した際には、「大河への出演は目標でした。三谷幸喜さんとご一緒するのは野望でした」とのコメントを残している[9][10]

交友関係[編集]

ももいろクローバーZ百田夏菜子やシンガーソングライターの家入レオは高校の同級生で、2015年5月3日放送の『ボクらの時代』で共演している[27]。ほか、タレント・朝日奈央[28]、子役時代から幼馴染の声優・日高里菜とも同級生で交友がある[29]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

その他テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

ナレーション[編集]

  • エニシバナシ(フジテレビ)
    • 芸人縁談(2014年9月29日 - 10月2日)
    • 芸人縁旅(2015年1月11日)
  • 青春舞台2016(2016年9月17日、NHK Eテレ)
  • 卓球14歳の怪物・張本智和の現在地(2018年1月14日、NHK BS1
  • モーニング娘。まるっと20年スペシャル!(2018年3月31日、NHK BSプレミアム)
  • ENGEI鼎談(2018年4月7日、フジテレビ)
  • 離島に出張〜全部配達します〜(2018年4月14日、テレビ朝日)
  • ドキュメント72時間「命を運ぶ 大病院の引っ越し」(2018年7月27日、NHK)
  • ネコメンタリー 猫も、杓子も。「柚月裕子とメルとピノ」(2018年8月13日、NHK Eテレ) - 朗読

吹き替え[編集]

劇場アニメ[編集]

WEBドラマ[編集]

WEB番組[編集]

ミュージックビデオ[編集]

イベント[編集]

連載[編集]

  • 松岡茉優の直売所(2014年1月 - 6月、読売新聞夕刊 毎月1回コラム)

その他[編集]

  • 日本大衆薬工業協会(2007年) - 啓蒙ビデオ
  • 俊英館Flex(2009年) - 広告
  • 中央労働災害防止協会(2013年) - 全国労働衛生週間ポスター
  • アクセス進学ラボ(2014年) - ハンドブック2014
  • 日本損害保険協会(2015年) - 全国統一防火ポスター
  • furryrate(2016年 - 2017年) - 広告
  • SK-II(2018年) - すっぴん素肌プロジェクト 広告
  • Ropé Picnic(2018年) - 広告

受賞歴[編集]

2015年

2016年

2017年

2018年

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ DVD-BOXの映像特典では、ナレーションも担当している。
  2. ^ 短編映画。第20回 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭(2010年)出品作品。
  3. ^ 短編映画。海外・国内映画祭での公開。
  4. ^ 第30回 東京国際映画祭(2017年)出品作品。
  5. ^ 第27回 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭(2017年)出品作品。 シネマート新宿のみ、2月3日より先行公開。 2月24日より順次全国公開。
  6. ^ 公開に先駆けて、6月2日・3日に先行上映あり。
  7. ^ 伊藤梨沙子疋田英美と共に、おはガールとしてレギュラー出演。
  8. ^ メインMCの山寺宏一の番組卒業に伴うメモリアルゲスト。
  9. ^ 自身が声優を務めるポケモン映画の宣伝の為。
  10. ^ 第1回は、2016年7月24日放送の「FNS27時間テレビ」内の1コーナーとして放送された。
  11. ^ 第2回はスケジュールの都合、第10回は体調不良により欠席。
  12. ^ 24日放送の「笑わせたもん勝ちトーナメント KYO-ICHI」のMCを担当。
  13. ^ 9日放送の「にほん人は何を食べていくのか にほんの食遺産」に出演。
  14. ^ 2017年9月28日放送の最終回には、ポーラ役のほかに特別ゲストとしても出演。
  15. ^ レギュラー放送に先駆けて、2014年2月11日にパイロット版が放送された。
  16. ^ シリーズ化に先駆けて、2014年12月27日にパイロット版が放送された。
  17. ^ 毎週火曜日、『レコメン!』内で放送。
  18. ^ 岡村隆史の夏休みによるピンチヒッター。
  19. ^ 2017年12月22日、自身が主演を務める映画「勝手にふるえてろ」の宣伝の為、1日だけパーソナリティに復帰。
  20. ^ 3月19日の夜公演は体調不良により休演、作・演出の三谷幸喜が代演した。[82]
  21. ^ Angle Picturesの公式サイト上で2012年8月20日から配信しているWEB映画である。監督は佐藤信介
  22. ^ 現在は、HY「GLOCAL 〜SPECIAL ASIA EDITION〜」のDVDに収録。
  23. ^ 現在は、『渚の恋人たち』のタイトルで、「TUBE 30th Summer 感謝熱烈 YEAR!!」のDVDに再編集版が収録されている。
  24. ^ 自身が主演を務める映画「勝手にふるえてろ」の主題歌。

出典[編集]

  1. ^ ヒラタインターナショナル 公式プロフィール”. 2018年5月25日閲覧。
  2. ^ a b 連ドラ初主演 松岡茉優が手にした”三枚目女優”ポジション”. 日刊ゲンダイ. p. 2 (2015年4月7日). 2015年4月8日閲覧。
  3. ^ a b 松岡茉優:20歳の注目女優 「八嶋智人さんの女版になりたい」”. まんたんウェブ. 毎日新聞社 (2015年4月7日). 2015年4月8日閲覧。
  4. ^ GMTリーダー・入間しおりこと松岡茉優、埼玉県知事から感謝状で「ネギネギネギッ!」”. 映画.com (2013年9月6日). 2015年3月24日閲覧。
  5. ^ 連続テレビ小説「あまちゃん」の「入間しおり」さんに感謝状を贈呈”. 2014年8月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月7日閲覧。
  6. ^ a b <ゆうばり映画祭>きょう開幕 松岡茉優が「ニューウェーブアワード」授賞式で感涙”. シネマトゥデイ (2015年2月19日). 2015年2月20日閲覧。
  7. ^ 松岡茉優、旧友・武田梨奈の登場に大号泣!”. 映画.com (2015年2月20日). 2015年2月20日閲覧。
  8. ^ “松岡茉優、連ドラ初主演作『She』スタート 『あまちゃん』に恩返しを”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年4月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2051755/full/ 2016年2月22日閲覧。 
  9. ^ a b c 真田信繁の正室・春(竹林院)役は、松岡茉優さんに決定!”. NHK大河ドラマ真田丸. NHK ONLINE (2016年2月21日). 2016年2月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月22日閲覧。
  10. ^ a b c “【真田丸】松岡茉優、大河ドラマ初出演 信繁の正室役「目標だった」”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年2月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2067229/full/ 2016年2月22日閲覧。 
  11. ^ a b 映画.com (2017年3月14日). “松岡茉優、映画初主演!綿矢りさ原作「勝手にふるえてろ」で恋愛ド素人OL役”. 2017年3月14日閲覧。
  12. ^ “松岡茉優、初主演映画が「東京国際映画祭」コンペ出品 「第30回東京国際映画祭」ラインアップ発表会2”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年9月28日). https://mantan-web.jp/movie/P0JN-PXG6N4.html 2017年9月28日閲覧。 
  13. ^ a b “第30回東京国際映画祭、グランプリはトルコ人監督によるSF「グレイン」”. 映画ナタリー. (2017年11月3日). https://natalie.mu/eiga/news/255388 2017年11月3日閲覧。 
  14. ^ “第27回日本映画プロフェッショナル大賞は「勝手にふるえてろ」!松岡茉優は主演女優賞戴冠”. 映画.com. (2018年3月23日). https://eiga.com/news/20180323/1/ 2018年7月25日閲覧。 
  15. ^ ヒラタオフィス. “ヒラタオフィスからのお知らせ”. 2018年5月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年5月12日閲覧。
  16. ^ “是枝裕和監督「万引き家族」カンヌ映画祭公式上映 スタオベ9分間 リリー・フランキー男泣き”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年5月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/14/kiji/20180514s00041000188000c.html 2018年5月14日閲覧。 
  17. ^ “是枝裕和『万引き家族』に最高賞パルムドール!日本人21年ぶり”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年5月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0100948 2018年5月20日閲覧。 
  18. ^ a b “松岡茉優、第31回東京国際映画祭のアンバサダーに就任”. 映画.com. (2018年9月25日). https://eiga.com/news/20180925/13/ 2018年10月18日閲覧。 
  19. ^ 「問題のあるレストラン」INTERVIEW 4 雨木千佳役・松岡茉優さん”. フジテレビジョン. 2017年1月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年11月13日閲覧。
  20. ^ “松岡茉優 納豆女王に「登竜門」と喜ぶ”. デイリースポーツ. (2016年7月4日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/07/04/0009251080.shtml 2016年7月4日閲覧。 
  21. ^ “松岡茉優“芸能界の父”山ちゃんからの手紙に涙、歓喜のハグも…”. Sponichi ANNEX (スポーツニッポン新聞社). (2016年7月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/03/kiji/K20160703012895790.html 2016年7月3日閲覧。 
  22. ^ “【動画】松岡茉優、モー娘。愛を語る”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年7月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2040401/full/ 2015年3月6日閲覧。 
  23. ^ 松岡茉優がモー娘。'16の一員に!ドラマ「おこだわり」内であの楽曲披露” (2016年3月20日). 2016年3月20日閲覧。
  24. ^ a b アイドルを演じて、生まれて初めて“いい顔探し”をしました(笑)” (2013年7月18日). 2013年7月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月27日閲覧。
  25. ^ 映画.com (2014年11月13日). “松岡茉優、大トリで「ストレイヤーズ・クロニクル」出演発表!瀬々監督&佐藤プロデューサー絶賛”. 2015年4月11日閲覧。
  26. ^ a b CinemaCafe.net (2014年11月13日). “松岡茉優、染谷将太チームに参加! 女優版“椎名林檎”と監督絶賛『ストレイヤーズ・クロニクル』”. 2015年4月11日閲覧。
  27. ^ “百田夏菜子 10年後もアイドルで…理想は「嵐、SMAPの女性版」”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2015年5月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/05/03/kiji/K20150503010284400.html 2015年9月29日閲覧。 
  28. ^ 松岡茉優、友達がいなかった?高校生活を回顧”. モデルプレス (2017年11月30日). 2018年3月22日閲覧。
  29. ^ 松岡茉優&日高里菜 「現代の3大アニメ」を決める!=J-WAVE” (2016年6月29日). 2018年3月22日閲覧。
  30. ^ 映画.com (2012年12月21日). “若手実力派女優・松岡茉優、高校時代の西原理恵子に!義父役はマキタスポーツ”. 2015年2月12日閲覧。
  31. ^ web ザ テレビジョン (2013年6月14日). “「米倉さんのファンの方には大目に見ていただいて…」学生時代の亜矢子を演じる松岡茉優が大恐縮!?”. 2013年6月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月15日閲覧。
  32. ^ 元おはガール・松岡茉優 朝ドラ「あまちゃん」抜てき!アイドルグループ「GMT47」リーダーに”. ニコニコニュース. ニワンゴ (2013年1月19日). 2013年7月27日閲覧。
  33. ^ ウレロ☆未体験少女公式HP 相関図
  34. ^ オリコンスタイル (2013年11月14日). “あまちゃん女優・松岡茉優と天才子役・芦田愛菜が“2人1役””. 2013年11月16日閲覧。
  35. ^ 映画.com (2013年11月14日). “松岡茉優、NHK木曜時代劇「銀二貫」のヒロイン役に決定”. 2013年11月16日閲覧。
  36. ^ webザテレビジョン (2014年5月20日). “「GTO」新ヒロインは比嘉愛未! 生徒役に松岡茉優、菊池風磨ら!!”. 2014年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月20日閲覧。
  37. ^ 映画.com (2014年10月16日). “反町隆史、農業がテーマの新ドラマに主演! 娘役には松岡茉優”. 2014年10月16日閲覧。
  38. ^ 映画.com (2015年4月5日). “松岡茉優、連続ドラマ初主演!女子高生たちの内情を暴くスクールドキュメント「SHE」”. 2015年4月5日閲覧。
  39. ^ NHKドラマトピックス (2015年4月10日). “『経世済民の男』 高橋是清 出演者発表!”. 2015年4月10日閲覧。
  40. ^ ORICON STYLE (2015年7月20日). “向井理『磁石男』続編が今秋放送 りょう、松岡茉優、桐山漣らも出演”. 2015年7月20日閲覧。
  41. ^ モーニング (2015年8月10日). “【特報】 『コウノドリ』、綾野剛主演でドラマ化決定! 10月期TBS金曜ドラマ枠で放送! 松岡茉優、吉田羊、星野源、大森南朋ら豪華共演陣も発表!”. 2015年8月10日閲覧。
  42. ^ “ドラマ「コウノドリ」新シリーズに佐々木蔵之介出演、10月13日放送開始”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年9月8日). https://natalie.mu/comic/news/247858 2017年9月8日閲覧。 
  43. ^ 恋の三陸 列車コンで行こう!|NHK特集ドラマ”. NHK. 2016年2月14日閲覧。
  44. ^ まんたんウェブ (2016年2月26日). “松岡茉優:安田顕と「実録ドラマ 福田和子」に出演 「心して作っていきたい」”. 2016年2月26日閲覧。
  45. ^ スポーツ報知 (2016年2月14日). “松岡茉優が本人役でドラマ主演!「おこだわり」明らかに”. 2016年2月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月14日閲覧。
  46. ^ 映画.com (2016年2月14日). “松岡茉優「その『おこだわり』、私にもくれよ!!」に本人役で主演!”. 2016年2月14日閲覧。
  47. ^ “松岡茉優:NHK連ドラ初主演 「水族館ガール」で飼育員に”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2016年4月1日). https://mantan-web.jp/article/20160331dog00m200047000c.html 2016年4月1日閲覧。 
  48. ^ “石坂浩二主演「やすらぎの郷」追加キャスト発表”. Smartザテレビジョン. (2017年12月22日). https://thetv.jp/news/detail/96319/ 2017年12月22日閲覧。 
  49. ^ Sponichi Annex (2017年5月2日). “関ジャニ錦戸主演ドラマ ヒロインは松岡茉優!残念な夫「支える」”. 2017年5月2日閲覧。
  50. ^ マイナビニュース (2018年2月15日). “アガサ・クリスティー×三谷幸喜×野村萬斎で3年ぶりにSPドラマ”. 2018年2月15日閲覧。
  51. ^ RAFT”. 若手映画作家育成プロジェクト. 2014年2月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年2月17日閲覧。
  52. ^ コミックナタリー (2014年4月4日). “映画版「ワールドゲイズ クリップス」主演は佐藤すみれら”. 2014年4月4日閲覧。
  53. ^ 映画.com (2014年1月18日). “橋本愛「リトル・フォレスト」主演で農業に挑戦! 「あまちゃん」ロケ地・岩手で松岡茉優とタッグ”. 2014年1月18日閲覧。
  54. ^ 映画.com (2014年3月28日). “三浦貴大「サムライフ」主演で奇跡の実話の主人公に! 松岡茉優ら若手実力派ずらり”. 2014年3月28日閲覧。
  55. ^ 映画.com (2014年11月13日). “松岡茉優、大トリで「ストレイヤーズ・クロニクル」出演発表!瀬々監督&佐藤プロデューサー絶賛”. 2014年11月13日閲覧。
  56. ^ 映画.com (2014年11月15日). “風間俊介5年ぶり映画主演!「猫なんかよんでもこない。」でつるの剛士&松岡茉優とタッグ”. 2014年11月15日閲覧。
  57. ^ まんたんウェブ (2015年6月24日). “広瀬すず:「ちはやふる」で映画初主演”. 2015年6月24日閲覧。
  58. ^ 映画.com (2018年2月14日). “枝裕和監督最新作に池松壮亮、高良健吾、山田裕貴ら参戦!タイトルは「万引き家族」に決定”. 2018年2月14日閲覧。
  59. ^ ORICON NEWS (2018年5月14日). “是枝裕和監督『万引き家族』カンヌで上映 約9分のスタンディングオベーション”. 2018年5月14日閲覧。
  60. ^ 映画.com (2018年10月22日). “松岡茉優主演で恩田陸「蜜蜂と遠雷」映画化!松坂桃李×森崎ウィン×新人・鈴鹿央士と共闘”. 2018年10月22日閲覧。
  61. ^ フジ、“不況”のネタ番組に挑戦 ナイナイMCの新お笑い番組を発表”. シネマトゥデイ (2015年5月21日). 2015年5月21日閲覧。
  62. ^ FNS27時間テレビフェスティバル!”. フジテレビ (2016年7月25日). 2016年7月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月25日閲覧。
  63. ^ たけし&村上『27時間テレビ』全容判明、さんま・所・ウンナンも登場”. マイナビニュース (2018年8月14日). 2018年8月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年8月14日閲覧。
  64. ^ 松岡茉優&加藤浩次がMCの「オヤコイ」ドラマパートに赤楚衛二、桐山漣、高田夏帆”. 映画ナタリー (2018年9月21日). 2018年9月21日閲覧。
  65. ^ インターネットTVガイド (2017年8月14日). “渡辺直美がきんたろうに! 松岡茉優は一寸法師に!? 「定番の昔話」を豪華キャストが一人芝居で魅せる”. 2017年8月14日閲覧。
  66. ^ ORICON NEWS (2017年9月20日). “松岡茉優『ど夜中フェス!!』で“大ファン”モー娘。と再共演”. 2017年9月20日閲覧。
  67. ^ ORICON STYLE (2015年7月31日). “松岡茉優、ANNパーソナリティに初挑戦”. 2015年7月31日閲覧。
  68. ^ “松岡茉優が雨上がりの水たまりにジャンプ 元気いっぱいの新CM”. ORICON STYLE. (2016年6月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2073656/full/ 2016年6月20日閲覧。 
  69. ^ “松岡茉優、染谷将太、井上聡、武井壮が“狩り部”を結成!浴衣姿でモンハンをプレイ、武井壮はモンスターとまさかの再会!?” (プレスリリース), カプコン, (2015年11月9日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000000667.html 2018年2月17日閲覧。 
  70. ^ “ABC-MART『Hawkins スノーブーツ』新TV-CM 2015年11月19日(木)から一部エリアより随時オンエア開始” (PDF) (プレスリリース), 株式会社エービーシー・マート, (2015年11月16日), http://www.abc-mart.com/pressrelease/pdf/151116-1.pdf 2015年12月17日閲覧。 
  71. ^ “瑛太&松岡茉優が恋人役で初共演 『1UP』CMシリーズ第3弾”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年12月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2063954/full/ 2015年12月17日閲覧。 
  72. ^ “松岡茉優「勝負癖やめたい」 ロッテ『爽』新CMキャラクターに”. ORICON STYLE. (2016年3月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2068864/full/ 2016年3月22日閲覧。 
  73. ^ “「行くぜ、東北。」 女優「松岡茉優」さんをイメージキャラクターに起用します。” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道株式会社, (2016年4月1日), http://www.jreast.co.jp/press/2016/20160401.pdf 2018年2月17日閲覧。 
  74. ^ “母・吉田羊さんとの“絆”に、娘・松岡茉優さん号泣!トヨタホーム、“家族の絆”がテーマのあったか新CM、4月29日より放送開始!” (プレスリリース), トヨタホーム株式会社, (2016年4月25日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000018869.html 2018年2月17日閲覧。 
  75. ^ “AOKI レディース「楽・らく・キレイ」スーツのストレッチ性を訴求 松岡茉優さんが、可愛いOL役を熱演した新TV-CMを10月11日(火)よりオンエア!” (プレスリリース), 株式会社AOKI, (2016年10月11日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000011795.html 2018年2月17日閲覧。 
  76. ^ “バカリズムの意外な特技に、松岡茉優驚愕 ?! 「エン転職」新テレビCMを11月1日よりオンエア。” (プレスリリース), エン・ジャパン株式会社, (2017年10月31日), https://www.atpress.ne.jp/news/142003 2018年2月17日閲覧。 
  77. ^ “松岡茉優「丸亀製麺」二代目おかみに就任!新CMでさわやか着物姿”. シネマトゥデイ. (2018年5月29日). https://www.cinematoday.jp/news/N0101165 2018年5月29日閲覧。 
  78. ^ “松岡茉優 熱く「マンガが好きだっ」、LINEマンガ新CM出演”. Sponichi Annex. (2018年8月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/10/kiji/20180809s00041000123000c.html 2018年8月10日閲覧。 
  79. ^ ValuePress! (2013年12月6日). “日本のエンタメ界をリードし続けるホリプロが、いま演劇界が最注目する演出家・森新太郎と初コラボする話題の舞台「幽霊」、いよいよ明日12月7日(土)、一般発売開始!”. 2014年1月24日閲覧。
  80. ^ 映画.com (2017年8月17日). “太賀&松岡茉優、映画館で上演の「不帰の恋、海老名SA」で朗読劇初挑戦”. 2017年8月17日閲覧。
  81. ^ 獅童×TOKIO松岡=三谷喜劇!来年3月舞台で初共演”. 2017年10月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  82. ^ 松岡茉優、体調不良で休演 三谷幸喜氏が急きょ代役出演 - スポニチ Sponichi Annex 芸能
  83. ^ 松岡茉優:“本家”と対面しドキドキ 「初恋の人に会ったような気分」”. まんたんウェブ (2015年7月13日). 2015年7月13日閲覧。
  84. ^ 松岡茉優&オリラジ藤森「カーズ」吹替版に出演、マックィーン役声優らの続投も”. 映画ナタリー (2017年6月6日). 2017年6月6日閲覧。
  85. ^ 市川染五郎&松岡茉優、劇場版「ポケモン」最新作でアニメ声優初挑戦!”. 映画.com (2016年4月9日). 2016年4月9日閲覧。
  86. ^ 映画 聲の形 キャスト”. 映画『聲の形』公式サイト. 2016年7月8日閲覧。
  87. ^ 映画.com (2012年8月19日). “佐藤信介監督、連続短編をウェブ配信する新機軸 主演は松岡茉優”. https://eiga.com/news/20120819/2/ 2012年11月7日閲覧。 
  88. ^ 映画.com (2014年1月22日). “松岡茉優、大ファン「HY」新曲が題材のショートムービーに主演!”. 2014年1月22日閲覧。
  89. ^ コミックナタリー (2018年2月17日). “映画「ちはやふる」前作から「-結び-」に繋がるエピソード全5話、Huluで配信”. 2018年2月17日閲覧。
  90. ^ “「オーバー・フェンス」「団地」が最優秀作品に、第8回TAMA映画賞結果発表”. 映画ナタリー. (2016年10月6日). https://natalie.mu/eiga/news/204340 2016年10月7日閲覧。 
  91. ^ “映画賞レース開幕!「第40回山路ふみ子映画賞」は李相日監督の「怒り」女優賞との2冠”. 映画.com. (2016年10月17日). https://eiga.com/news/20161017/10/ 2016年10月17日閲覧。 
  92. ^ “第27回日本映画プロフェッショナル大賞は「勝手にふるえてろ」!松岡茉優は主演女優賞戴冠”. 映画.com. (2018年3月23日). https://eiga.com/news/20180323/1/ 2018年3月23日閲覧。 
  93. ^ “TAMA映画賞:最優秀作品に「万引き家族」と「寝ても覚めても」 安藤サクラ、松岡茉優も受賞”. まんたんウェブ. (2018年10月4日). https://mantan-web.jp/article/20181003dog00m200045000c.html 2018年10月4日閲覧。 

外部リンク[編集]