梁川奈々美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梁川奈々美
基本情報
愛称 やなみん[1]
なーちゃん[2]
出生日 (2002-01-06) 2002年1月6日(17歳)[3][4]
血液型 A型[4]
出生・出身地 日本の旗 日本 神奈川県[3][4]
ジャンル J-POP
職業 歌手[4]
活動期間 2015年 - 2019年
レーベル zetima
hachama
UP-FRONT WORKS
事務所 アップフロントプロモーション
グループ/
ユニット等
ハロプロ研修生
カントリー・ガールズ
Juice=Juice
公式サイト カントリー・ガールズ梁川奈々美プロフィール
(2019年3月11日時点のアーカイブ)
Juice=Juice梁川奈々美プロフィール
(2018年10月28日時点のアーカイブ)
テンプレートを表示

梁川 奈々美(やながわ ななみ、2002年1月6日 - )は、日本の元歌手[4]、元アイドルであり、ハロー!プロジェクトに所属していたカントリー・ガールズの元メンバー、およびJuice=Juiceの元メンバーである。ニックネームはやなみん[1]なーちゃん[2]神奈川県出身[3]

2019年3月11日Zepp Tokyo公演をもってカントリー・ガールズとJuice=Juiceの両グループ、およびハロー!プロジェクトを卒業、ならびに芸能界を引退した。

来歴[編集]

出自[編集]

2002年1月6日、神奈川県にて生を受ける[5]。「奈々美」の名は、本来は"なな"だけの予定であったが、母と祖母の名の末尾にも"み"がついていたことから、それにあやかり"ななみ"とした[5]。また、意味よりも響きを重視してつけられた[5]

小学生の時に、バラエティ番組に出演する道重さゆみを見て[6]、その姿が「とにかくかわいすぎて衝撃を受け」る[5]。アイドルに対する憧れはもとからあったが、この出来事をきっかけにハロー!プロジェクトに加入したいという思いが芽生えた[5]

ハロー!プロジェクトへの加入[編集]

2014年に開催された「モーニング娘。'14 <黄金(ゴールデン)>オーディション」に応募し、落選する[7][8][要ページ番号]

2015年4月1日、ハロプロ研修生に加入する[9]。同年5月に行われた「ハロプロ研修生 発表会 2015 〜春の公開実力診断テスト」では、Juice=Juiceの楽曲「ロマンスの途中」をソロで歌った[10]。このとき審査員を務めていた元モーニング娘。高橋愛は、梁川の初パフォーマンスの完成度を賞賛している[10]

カントリー・ガールズへの加入[編集]

2015年11月5日に行われた「カントリー・ガールズ 嗣永桃子復活祭」の中で、カントリー・ガールズの新メンバーとなることが発表された[11]。この時、梁川は「ももち先輩のように誰にでも知られているようなアイドルになりたい[12]」、「ももち先輩のようにトーク力やMCに磨きをかけたいです[11]」と発言している。このとき同時加入した船木結と共に、のちに「やなふな」と称されるようになった[10]

2016年には、毎月25日に配信しているハロー!プロジェクトモバイル ハロー!ラジオオリジナル番組「宣伝会議」でパーソナリティのハロ!モバ宣伝部員を担当した[13]

2017年6月、グループのプレイングマネージャーを勤めていた嗣永桃子が芸能界を引退する[10]。この引退に対し、梁川はのちに「嗣永さんはアイドルとしての姿勢を背中で語る人で、いろいろ吸収できた。『他のグループに入ったからには、そのグループの1番になって』とエールも送っていただいた。ぜひ達成できたら」と述べている[14]

ハロー!プロジェクト新体制に伴って活動量が低下していたカントリー・ガールズであったが、2018年7月にグループの将来の展望などについてインタヴューに応えている。このインタヴューの場で、梁川はカントリー・ガールズについて「あえてアイドル界の王道を突っ走っていくグループ。でも、王道が逆に個性となっているんじゃないかなって思います。すごくかわいかったり、衣装もフリルがいっぱい、ミュージックビデオや楽曲も“かわいい!”をギュギュッと詰め込んだグループ」と分析し[15]、自分にとっては「お家みたいな存在! すごくあたたかいというか、そういう場所だなって。すごく好きです。ホッとします(照)。もちろんJuice=Juiceもすごく好きだし安心できる場ではあるんですけど、カントリー・ガールズは自分が初めて加入したグループ。初めてのシングルリリースやツアーとか、いろんなことをカントリー・ガールズで経験させていただきました。本当に感謝でいっぱい」と表現している[16]。また、グループとしての目標についても言及している。

日本武道館で公演すること。もう一つは海外でライブをすることです。日本武道館公演は、できたらいいなって今までも漠然と思ってはいたんですけど、やりたいって!気持ちがこの1年で強くなりました。海外公演と武道館公演で共通しているのは、Juice=Juiceの活動で経験させていただいたことが大きい。Juice=Juiceとしてできたことはもちろん嬉しいんですけど、カントリー・ガールズの自分として悔しく思う自分もいたんですよ。やっぱりカントリー・ガールズとしてもやりたいと思うし、挑戦していきたい! — 梁川奈々美「ザ・テレビジョン2018年7月インタヴュー」[17]

Juice=Juiceとの兼任[編集]

2017年6月26日、Juice=Juiceに移籍し、カントリー・ガールズと兼任することが発表された[18][19]。梁川は、ついていけるか不安な部分もあるが、カントリーガールズで学んだことを活かして頑張っていきたい旨のコメントをしており[18]、のちのインタヴューでも複雑な心境を吐露している。

移籍・兼任という試みは、ハロー!プロジェクトでもなかった流れだったので、初めて聞いたときは驚きました。カントリー・ガールズではももち先輩が卒業されてからも、5人で頑張っていこう、と言っていた矢先だったので、色々と悩むこともありましたね[……]日本武道館公演とかを見させては頂いていたけど、正直自分がそこに入る景色が想像できなくて[……]でも結局、ハロー!プロジェクトが大好きだし、まだ私はファンの皆さんに恩返しができていないと思ったんです。6月30日のライブで、ももち先輩とファンの方の愛し愛されている姿を見て感動したので、今回の移籍によって何か良い変化を生むことができれば、私も少しずつハロー!プロジェクトに貢献できるかも!と考えました。 — 梁川奈々美「UTB2017年10月号インタヴュー」[20]

Juice=Juice加入後から泣くことが増えたといわれたが[21]、のちのインタヴューで梁川本人は「Juice=Juiceやカントリー・ガールズだからとか関係なく、純粋にこの1年で泣き虫になりました(笑)。理由はよくわからない」と説明している[22]

段原瑠々とともにインフルエンザに罹患し、2018年2月2日と2月4日の公演が中止になる[23]

2018年6月9日には初の写真集『Yanaming』を発表した。本作品は、書泉店舗における2018年6月の「女性タレント写真集売上ランキング」にて3位を獲得している[24]

ハロー!プロジェクトの卒業・芸能界引退[編集]

2019年3月11日のZepp Tokyo公演をもってカントリー・ガールズとJuice=Juiceの両グループ、およびハロー!プロジェクトを卒業することを2018年11月2日に発表した[25][26][27]。梁川は卒業理由について、次のようにコメントしている。

ここ1年、自分の将来や現在の活動について考えたりすることが増えました。改めて自分自身に向き合った結果『アイドル』から離れ、『梁川奈々美』としての人間的な成長が必要だと感じ、そのためにも進学したい、という気持ちが大きくなりました。まず、進学に向けてしっかりと勉強をしてから、自分の新たな夢を見つけ、目指す分野に進みたいと考えています。 — 梁川奈々美「卒業コメント」(2018年11月2日付)[27]

梁川の卒業に対し、カントリー・ガールズやJuice=Juiceのメンバーは「寂しい」、「もったいない」、「かっこいい」などの感想を抱いたという[10]

アイドル観[編集]

自分がハロプロで一番だといえるものは特にないが、嗣永桃子から学んだ「何事もやりきる精神」には自信があると述べている[5]

梁川は自身にとってのアイドルを次のように表現している。

夢。自分が夢見ていたものでもあるし、たくさんの方に夢を見せるというか、夢を与える職業でもあると思います。いい意味で現実感がないというか、ファンの人と近すぎず遠すぎずというか、存在するのかしないのかわからない感じがアイドルの魅力だなと。夢みたいな幻のような存在かなと。 — 梁川奈々美「ザ・テレビジョン2018年8月期単独インタヴュー」[28]

敬愛する先輩としてJuice=Juice宮本佳林、嗣永桃子、道重さゆみの名前を挙げている[5]。宮本のメンバーフルーツぶどうと同じ色のパープルをカントリー・ガールズでのメンバーカラーに採用している。

評価[編集]

ライターの大塚ナギサは、カントリー・ガールズ時代の梁川は「かわいらしさ」や「ファニーなキャラクターが大きな特徴だった」が、Juice=Juiceへの加入を経て「セクシーでクールな一面を魅せるようになっていき」、「スキルを持ち合わせた完璧なアイドルへとどんどん進化してい」ったと評している[10]

人物[編集]

  • 楽屋ではおしゃべりをし出すと話が止まらないといわれている。
  • チャームポイントは「八の字まゆげ」[29]
  • 祖母に半ば育てられた影響と本人は語るが、しゃべりは丁寧な口調でさらに難しい言語を多用する姿が印象的。但し、嗣永桃子は馬鹿にされているのかという印象をもったことがある[30]
  • 特技にアルトサックスの演奏をあげている[31]ほか、同グループの楽曲涙のリクエストではテナーサックス演奏も担当。
  • 大好きなもののひとつにポケットモンスターを挙げている[32]LoVendoЯ(ラベンダー)のギタリスト宮澤茉凜とはポケモン仲間[33]
  • 家族からは「おとぎ」と呼ばれている[34][31]
  • 宮城県の曾祖母の家には玄関に家紋が施され、家系図甲冑がある[35]
  • 好きな食べ物はさくらんぼチーズで、嫌いなのはねぎ[36][31]の好みは「こしあん派」[37]。本を1か月に10数冊読む読書家であり、苦手なのは、ら行の発音と述べている[31]
  • 座右の命は「志は葉に包む」[31]
  • 運動が苦手、また自転車にも乗れなかった。このため、苦手克服企画を催されて克服[38]
  • 独特の世界観を持っており、グループのムードメーカーである[39]

作品[編集]

映像作品[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

舞台[編集]

  • 演劇女子部「気絶するほど愛してる!」(2016年3月25日 - 4月3日、池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER)[45][46] - ナツミ 役
  • 演劇女子部『タイムリピート〜永遠に君を想う〜』(2018年9月28日 - 10月8日、全労済ホール/スペース・ゼロ)[47] - マドカ 役

書籍[編集]

写真集[編集]

  • 梁川奈々美・船木結(カントリー・ガールズ)ミニ写真集『Greeting-Photobook-』(2017年6月3日、オデッセー出版[48]
  • 梁川奈々美(Juice=Juice/カントリー・ガールズ)ファースト写真集『Yanaming』(2018年6月9日、オデッセー出版、撮影:西村康)[49]
  • 梁川奈々美(Juice=Juice/カントリー・ガールズ)セカンド写真集『unbalance』(2019年2月22日、オデッセー出版、撮影:根本好伸[50]

所属グループ・ユニット[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 【Juice2】梁川奈々美“顎クイ”PR”. 日本テレビ放送網 (2018年4月15日). 2018年11月8日閲覧。
  2. ^ a b 梁川奈々美プロフィール”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2015年12月31日閲覧。
  3. ^ a b c 【Juice=Juiceノミカタ:連載6】梁川奈々美「カントリー・ガールズとの兼任は正直不安でした」”. 東京スポーツ (2018年5月4日). 2018年11月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e 梁川 奈々美(カントリー・ガールズ)”. タレントデータバンク. 2018年11月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g Juice=Juice梁川奈々美が“20問20答”でハロプロ愛を語る!【ハロプロ誕生20周年記念連載】(1/5)” (日本語). ザ・テレビジョン. p. 1 (2018年8月9日). 2018年11月11日閲覧。
  6. ^ 宮田英一郎 (2016-04-23). “THINKING OF HELLO! PROJECT① あらためて、ハロプロの魅力とは??”. B.L.T. (東京ニュース通信社): 34-35. 
  7. ^ “話題のカントリー・ガールズ新メンバー本当の実力”. ドワンゴジェイピーnews. (2015年11月15日). https://news.dwango.jp/2015/11/15/62587/idol/2/ 2017年10月1日閲覧. "モーニング娘。オーディション受験者(梁川の場合は「モーニング娘。’14 <黄金(ゴールデン)>オーディション!」でしたが)" 
  8. ^ 「Top Yell」 2016年3月号<カントリー・ガールズ新メンバー 梁川奈々美&船木結に直撃!>(抜粋) ――そもそも、なぜアイドルになりたいと思ったんですか? 梁川 きっかけは道重さゆみさんです。とにかく可愛すぎるし、トークも面白いってことで大好きになって、それで自分もオーディションを受けました。モーニング娘。さん12期の黄金(ゴールデン)オーディション(=2回目)です。
  9. ^ 梁川奈々美プロフィール”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. 2015年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月1日閲覧。
  10. ^ a b c d e f 大塚ナギサ (2018年11月6日). “梁川奈々美というアイドルの4年間 「人間的な成長が必要」だと彼女は語る 逆に聞くけどアナタたちは?”. 株式会社ロフトプロジェクト. 2018年11月11日閲覧。
  11. ^ a b カントリー・ガールズももち復活祭で新メンバー発表”. dwango news (2015年11月5日). 2015年11月5日閲覧。
  12. ^ カントリー・ガールズ、1周年で13歳の新メンバー2名加入 ”. ナタリー (2015年11月5日). 2018年11月11日閲覧。
  13. ^ ハローラジオオリジナル番組スタート!”. ハロー!プロジェクトモバイル. 2017年1月18日閲覧。
  14. ^ ももち卒業後のハロプロ新体制初お披露目! ちぃちゃん、メンバーから愛される!!” (日本語). ザ・テレビジョン (2017年7月16日). 2018年11月11日閲覧。
  15. ^ カントリー・ガールズがメンバー5人で叶えたい夢を告白!【ハロプロ誕生20周年記念連載】” (日本語). ザ・テレビジョン. p. 1 (2018年7月8日). 2018年11月11日閲覧。
  16. ^ 森戸知沙希&梁川奈々美&船木結「カントリー・ガールズは家族!」【ハロプロ誕生20周年記念連載】” (日本語). ザ・テレビジョン. p. 4 (2018年7月8日). 2018年11月11日閲覧。
  17. ^ カントリー・ガールズがメンバー5人で叶えたい夢を告白!【ハロプロ誕生20周年記念連載】” (日本語). ザ・テレビジョン. p. 3 (2018年7月8日). 2018年11月11日閲覧。
  18. ^ a b “モーニング娘。’17、Juice=Juice、アンジュルムが新体制へ。移籍・昇格メンバー発表”. BARKS音楽ニュース. (2017年6月26日). https://www.barks.jp/news/?id=1000143823 2017年6月26日閲覧。 
  19. ^ “カントリー・ガールズ:森戸、梁川、船木が移籍、兼任へ ハロプロ新体制が発表”. 毎日新聞. (2017年6月26日). https://mainichi.jp/articles/20170626/dyo/00m/200/028000c 2017年10月21日閲覧。 
  20. ^ “宮本佳林×梁川奈々美×段原瑠々(Juice=Juice)”. UP to boy (ワニブックス) 258: 32-40. (2017-08-23). 
  21. ^ 中西香菜&高木紗友希&山木梨沙、20歳を迎え大人(!?)な女子会トーク♪【ハロプロ誕生20周年記念連載】 ” (日本語). ザ・テレビジョン. p. 3 (2018年1月24日). 2018年11月11日閲覧。
  22. ^ 森戸知沙希&梁川奈々美&船木結「カントリー・ガールズは家族!」【ハロプロ誕生20周年記念連載】” (日本語). ザ・テレビジョン. p. 3 (2018年7月8日). 2018年11月11日閲覧。
  23. ^ Juice=Juice、梁川と段原インフルエンザのためツアー福岡&熊本公演中止”. ナタリー (2018年2月2日). 2018年11月11日閲覧。
  24. ^ “金澤朋子、梁川奈々美のハロプロ勢がTOP3独占 書泉女性タレント写真集ランキング”. 毎日新聞. (2018年7月5日). https://mainichi.jp/articles/20180705/dyo/00m/200/018000c 2018年11月11日閲覧。 
  25. ^ “Juice=Juice梁川奈々美、進学のため卒業”. 日刊スポーツ. (2017年11月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811020000874.html 2018年11月7日閲覧。 
  26. ^ “Juice=Juice梁川奈々美、来年3月に卒業「進学に向けてしっかりと勉強」”. サンケイスポーツ. (2017年11月2日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181102/ido18110222250001-n1.html 2018年11月7日閲覧。 
  27. ^ a b “梁川奈々美が来年3月にカントリー・ガールズ、Juice=Juice、ハロプロから卒業”. 音楽ナタリー. (2017年11月2日). https://natalie.mu/music/news/306462 2018年11月7日閲覧。 
  28. ^ Juice=Juice梁川奈々美が“20問20答”でハロプロ愛を語る!【ハロプロ誕生20周年記念連載】(1/5)” (日本語). ザ・テレビジョン. p. 5 (2018年8月9日). 2018年11月11日閲覧。
  29. ^ カントリー・ガールズの只今ラジオ放送中!! 2017年7月9日放送より
  30. ^ 嗣永 いや。国語得意だとは思うんだけど、普段喋る敬語が丁寧すぎて慇懃無礼みたいになっちゃって「あれ? 馬鹿にしてんの?」って思うことも時々あって(笑)http://best-times.jp/articles/-/1266 カントリー・ガールズのメンバーが考えるなんでもBEST6 第1回 嗣永桃子が答える『勉強を教えたいメンバーBEST6』2016年03月08日
  31. ^ a b c d e ハロ!ステ#147, カントリー・ガールズ新メンバー「梁川奈々美」プロフィール映像から
  32. ^ 2016年9月25日放送のポケモンの家あつまる?(テレビ東京)にプレイング・マネージャーの嗣永と出演。その際に劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアークをみてスイクン一目ぼれをして以来と発言している。
  33. ^ TopYell[トップエール]2017年11月号
  34. ^ 森戸知沙希「梁川奈々美ちゃんは家族には『おとぎ』と呼ばれている」ラジオ放送中第59回2016年5月16日放送より
  35. ^ 4代パワフル!?♡梁川奈々美 2016-06-25 [1]
  36. ^ ラジオ放送中2018年7月9日放送回ではねぎは克服したが、キャベツの千切りが苦手と述べている
  37. ^ Girls Night Out #1(2016年1月28日、YouTube)
  38. ^ カントリー・ガールズ DVD Magazine vol.7
  39. ^ “試練の3年目迎えるカントリー・ガールズを嗣永桃子が振り返る”. DWANGO.JP NEWS. (2016年10月8日). https://news.dwango.jp/2016/10/08/107453/idol/7/ 2017年2月13日閲覧。 
  40. ^ Greeting 〜梁川奈々美・船木結〜”. UP-FRONT WORKS. 2019年4月18日閲覧。
  41. ^ “e-Hello! カントリー・ガールズ 梁川奈々美&船木結『Greeting 〜梁川奈々美・船木結〜』ダイジェスト - YouTube”. カントリー・ガールズ オフィシャルチャンネル. (2017年3月10日). https://www.youtube.com/watch?v=eXxjciF4Yb0 2017年10月1日閲覧。 
  42. ^ わたしのあしおと”. UP-FRONT WORKS. 2019年4月18日閲覧。
  43. ^ “梁川奈々美 Blu-ray「わたしのあしおと」ダイジェスト - YouTube”. Juice=Juice オフィシャルチャンネル. (2019年2月25日). https://www.youtube.com/watch?v=fI8lidiMPeE 2019年4月18日閲覧。 
  44. ^ NHK Eテレ テストの花道 ニューベンゼミ - 出演者紹介 - ウェイバックマシン(2017年8月4日アーカイブ分)
  45. ^ 演劇女子部「気絶するほど愛してる!」”. ODYSSEY. 2018年1月31日閲覧。
  46. ^ カントリー・ガールズ 初主演! 演劇女子部『気絶するほど愛してる!』、満員御礼で開幕!”. PR TIMES (2016年3月25日). 2018年1月31日閲覧。
  47. ^ 演劇女子部「タイムリピート〜永遠に君を想う〜」”. オデッセー. 2018年8月6日閲覧。
  48. ^ 梁川奈々美・船木結(カントリー・ガールズ)ミニ写真集『Greeting-Photobook-』”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト (2017年6月3日). 2019年4月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。
  49. ^ 梁川奈々美(Juice=Juice/カントリー・ガールズ)ファースト写真集『Yanaming』”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト (2018年6月9日). 2019年4月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。
  50. ^ 梁川奈々美(Juice=Juice/カントリー・ガールズ)セカンド写真集『unbalance』”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト (2019年2月22日). 2019年4月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]