相田翔子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
相田 翔子
出生名 鈴木 敬子
出生 1970年2月23日(45歳)
出身地 日本の旗 日本, 東京都東村山市
学歴 文華女子高等学校
ジャンル J-POP
職業 歌手タレント女優
担当楽器 ボーカル
活動期間 1988年 -
レーベル ポリスター
(1988年-1998年[注 1]
地中海
(2003年-2004年)
UP-FRONT WORKS
(2011年)
zetima
(2013年 - )
事務所 アップライトミュージック
(1988年 - 1999年)
アップフロントプロモーション[注 2]
(2000年 - 2013年)
アップフロントクリエイト
(2013年 - )
共同作業者 門倉聡
公式サイト 相田翔子オフィシャルサイト:Blue Star
ピンク・レディー長渕剛角松敏生など

相田 翔子(あいだ しょうこ、1970年2月23日 - )は、日本の女優歌手タレント。本名、相澤 敬子(あいざわ けいこ)。旧姓、鈴木(すずき)[注 3][要出典]Wink(現在活動停止中)の一員。

東京都[1][注 4]東村山市[2]出身。所属事務所アップフロントクリエイト

略歴[編集]

幼少期から芸能界デビュー(1970年 - 1988年)[編集]

芸能界にデビューして一人暮らしを始めるまで、家族と共に東京都東村山市で育つ。

子供の頃は、やんちゃでイタズラ好きだったという。3歳の時、肥溜に落ちて偶然通りかかった姉と友達に助けられたことは、トーク番組でよく話題にされる[3]。歌が好きで、よく姉とピンク・レディー等の歌を歌っていたという[4]

中学2年生(当時14歳)の時に、友人の応募でオーディションを受けたことを契機として、渋谷で芸能プロダクション所属のマネージャーにスカウトされたのち、芸能プロダクションに所属、歌手としてのレッスンを受け始める。高校2年生(当時16歳)の時にはソロ歌手デビューの話があったものの、校則で禁止されていたのでデビューを断念している[4]1987年9月、ワニブックス社の雑誌『UP TO BOY』の第9代ミスアップ・グランプリを受賞(第7代グランプリが後にWinkとしてデュオを組むことになる鈴木早智子)。

Wink時代(1988年 - 1996年)[編集]

1988年4月、高校卒業後に鈴木早智子とWinkを結成し、CX系ドラマ『熱っぽいの![注 5] 主題歌「Sugar Baby Love」で歌手デビューした。デビュー当時は、頼りなげな素人っぽい雰囲気を残し、ブレイク前の1988年夏のキャンペーンでは観客が入らず、楽屋で泣くこともあったという。1歳年上の鈴木早智子を「すごく優しくて、お姉ちゃんのように相談できる」と慕う一方、「どんどん勉強して実力をつけて、自分の書いたものを人に見てもらえるようになりたい」と作詞に対する意欲を語っている[5]

1988年11月、シングル3作目となるCX系ドラマ『追いかけたいの![注 5] の主題歌「愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜」でブレイクを果たす。以降、1990年3月にリリースされた「Sexy Music」まで5曲連続オリコンチャート1位を獲得した。この間人気は頂点に達し、トップアイドルの仲間入りを果たす。更に、ブレイク後の1989年12月には同年7月にリリースされたシングル5作目となる「淋しい熱帯魚」で第31回日本レコード大賞を受賞している。

Wink時代、特に全盛期には無表情でほとんど笑わないアイドルとして知られる。このことに関して、本人は「当時は突然の人気に戸惑い、ずっと緊張が解けなくて笑うことができなかった」と回想している。その一方で、オルゴール人形のように無表情で独特な振り付けは、Winkのキャラクターとして定着していく。気負いのない素直な振舞いは、時にやる気がないとバッシングを受けることもあったが、本人はWink時代を通して音楽に打ち込み、挑戦を重ねてきた。アルバムのソロ楽曲では、ノーランズジョン・レノンベット・ミドラーチャカ・カーン等、海外アーティストのカヴァーを積極的に取り上げ、歌手としての表現の幅を広げる(「#Wink時代のソロ楽曲」を参照)。さらに中期以降は、アルバムごとに自作曲を発表するようになる。1993年のアルバム『Αφροσιτη(アプロデーテ)』に収録された「おしえて」は、しっとりとしたバラードの曲想にのせて、切ない恋心を歌い上げた佳曲である。また、1994年のアルバム『voce』に収録された「裸足のマリオネット」は、ボサノヴァ志向を明らかにし、後のソロ活動を予見させるものとなった(「#Wink時代の自作曲」を参照)。

1995年3月、ソロ・プロジェクトに着手する。そして、ソロ活動とのけじめをつけるため、1996年3月をもってWinkとしての活動を停止する。アイドルユニットとしては異例の長期にわたるWink時代の約8年間は、あらゆる意味で鈴木早智子との厚い友情と周囲の熱意に支えられたものであり、自らの芸能活動の原点となったWinkについて、本人は「とても大切な宝物みたいな存在」だと語っている。また、鈴木との仲についても、「Wink時代から不仲であり、それが原因で活動を停止した」という説が囁かれたこともあったが、実際には活動停止後も会ったり電話で話したりする機会も多く、自身の結婚式にも招待するなど、現在も交流は続いている。

ソロ活動開始(1996年 - 1998年)[編集]

Wink活動停止直後の2年間は、マイペースな音楽活動に没頭した時期である。音楽雑誌のインタビューや地方FM局のパーソナリティを除いて、テレビ等のメディアに全く登場していない。したがって、この時期の活動成果は、全曲自作曲による2枚のソロ・アルバム『JÓIA』(1996年5月)、『Luz』(1997年5月)に集約される。

この時期、自分自身と向き合い、安らげる音楽を求めて模索を続けながら、辿りついたのはボサノヴァであった。ボサノヴァ界の大御所として知られるセルジオ・メンデスやベン・ウィットマンのプロデュースを得た『JÓIA』は、ボサノヴァ風のサウンドを基調とする本格的なアコースティック・サウンドを目指したかなりの意欲作である。しかし、これらのアルバムは必ずしも一般受けするものとはいえず、商業的な成功を収めることはできなかった。この時期の活動について、本人はアーティストであることにこだわり過ぎていたという。そして「表現者である限り、恥をかいてもいいから、もっとありのままの自分を表に出していこう」と決心する。この強い決意がバラエティ番組等への進出への大きなターニングポイントとなる[4]

バラエティ進出から現在(1998年 - )[編集]

1998年11月、MBS製作・TBS系列のテレビ番組『世界ウルルン滞在記』に出演、旅先での思い切りのよいレポートは好感をもって迎えられ、1999年4月からは同番組の司会に起用される。また、2000年7月に日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』にゲスト出演し、天然ボケといわれる独特のキャラクターで注目されるようになる。

以降、『笑っていいとも!』、『メレンゲの気持ち』、『いいはなシーサー』等、数々のバラエティ番組で司会、レギュラーを務めるとともに、『花とアリス』、『七色のおばんざい』等の映画やドラマにも出演し、女優・TVタレントとしても幅広く活躍している。また、音楽活動も精力的に展開しており、地中海地域の音楽および往年のフレンチ・ポップスをカヴァーしたアルバムを発表したり、2004年以降『晩餐ライブ』と題してライブを開催している。現在は芸能事務所「アップフロントクリエイト[注 6]に所属し、アップフロントワークス(zetimaレーベル)からCD、およびデジタル・ダウンロードシングルをリリースしている。

2006年10月28日公開の映画『虹の女神 Rainbow Song』には、年下の主人公を翻弄する恋人役で出演した。もう若くはないことを自覚し、年齢を偽ってでも可愛いらしく振舞い、主人公の気を惹こうとする女の悲しい性を丹念に表現、『キネマ旬報』2006年11月下旬号では、「年齢不詳の女の持つ迫力をまざまざと見せつけてくれたのは衝撃ですらあった」と評された。

また、舞台出演に関しては、2007年9月に大阪松竹座で公演された『蝉しぐれ』(藤沢周平原作)で、幼馴染である主人公への一途な想いを抱きつつ、藩主の側室となったお福役を演じるとともに、2008年1月には、日本モンゴル親善特別公演『ジンギスカン〜わが剣、熱砂を染めよ〜』に、主人公のライバルの許婚でありながら、互いに惹かれあう主人公とそのライバルとの対決に心を痛める女性として出演していた。

2008年7月31日、医師の相澤宏光と婚姻届を提出した。同年10月30日に東京・芝公園のザ・プリンスパークタワー東京で披露宴を開いた。2012年1月13日、第1子となる女児を出産した。予定日より約2か月早く1866gの体重だった。

2013年9月4日、デビュー25周年記念企画の一環として制作され、『Luz』以来およそ16年4か月ぶりとなる3枚目のオリジナル・アルバム『This Is My Love』をリリースした[6][7]

人物[編集]

文華女子高等学校卒業。身長は160cm[1]、足のサイズは21.5 cm。

家族は、父・母・1歳上の姉。「ユーモアがあって冗談をよく言う父、いつも明るく太陽のように笑っている母、親友のような姉」という。実家は自営業(タイル)。母方の郷里は福島県福島市[8]。家族思いで、2005年に母を亡くした直後に出演した『徹子の部屋』では、「還暦を迎えた母のために開いたパーティーで泣いて喜んでくれた」と涙ながらに語っている[9]。また、夫の宏光は、元衆院議員・相澤英之と女優・司葉子の三男。

独身時代は姉と一緒にマンションに住んでおり、自宅ではパンティーだけはいて上半身は裸で生活していたとのこと。

おっとりとした外見とは裏腹に、仕事に対してひたむきな姿勢を示す。「表現者として歌を歌うことやお芝居を演じることは、多くの人に夢を与えるものでないといけないと思う。そのためには、大袈裟かもしれないけど、命がけなんです」という[10]。音楽に対するこだわりも強く、女優、司会業など幅広く手がけるようになっても、自分のベースにあるのは音楽であり、「不器用な性格だからこそ、音楽という表現方法は欠かせないものなんです」という[11]

その一方、子供の頃から引っ込み思案で人見知りが強く、人前に出るのが苦手だったため、自分は芸能界には向いていないと思っていたという[4][12]。Wink時代末期には、疲労とストレスの連続から突発性難聴になり、自信を失って引退を考えたことや、ソロ活動をはじめてからも、周囲に迷惑をかけているのではないかと心配で、落ち込むことが多かったことなども告白している[13][14]

女優、歌手、タレントに及ぶ自らの芸能活動について、テレビ番組への出演は、素の自分を表現できる場として大切にしたいという。また、自分で曲を作って歌うことは、うまく口に出せない感情も表現できるので、ライフワークとしてずっと続けていきたいという[15]。一方、ここ数年はバラエティ番組への出演が減っており、女優としての活動が目立ってきている。「今は本当に恵まれた環境で仕事ができることを実感しているんです。でも、もっと追いこまれる場所で仕事をしてみたい。大きな壁にぶつかってそれを乗り越えることで、自分自身も見えてくるし、周囲からも理解されると思うから」という[16]

趣味 
多趣味かつ個性的な趣味の持ち主であり、夢中になると自分の世界に入り込んでしまう性格である。
  • 料理:食べるのも作るのも大好きで、仕事柄外食が多いときは、自宅では野菜をたっぷり煮込んで体に優しい食事を心掛けているという。酒も好きで、果実酒作り、ブランデーウォッカを使って自家製の梅酒を漬けており、作家の島田雅彦と料理本について対談したこともある[17]
  • 陶芸:料理好きが高じて2007年の春に友人に誘われて陶芸をはじめる。ずっと憧れていた世界に足を踏み入れ、熱中している。和食器が好きで、自作のお皿に創作料理を盛り付けることが一番の夢だという[18][19]
  • ペットを愛する著名人として、ネスレ・ピュリナ・ペットケアの第1回『ペットケア・アワード』を受賞している(2002年9月2日)。
  • 現在、「スキー技術検定2級」の資格を取得している。
恩師 
高校2年の夏休みに、サイクリング部の先生の引率で、3人の友人とともに、苫小牧から東京まで16日間の自転車旅行をしたことは、高校時代の忘れ得ない思い出だという[20]。その時の恩師が、高校を定年退職後に中国北京外国語大学へ留学し、中国版「ロミオとジュリエット」と言われる「梁山伯祝英台伝説」について調査・研究を行い『梁山伯祝英台伝説の真実性を追う』という本を出版した渡辺明次で、翔子はその本に推薦の言葉を寄せている。

出演[編集]

※すべて単独での出演。Winkとしての出演番組、CMなどはWinkを参照。

バラエティ・トーク・教養・情報・ミニ番組など[編集]

※太字の番組タイトル名はレギュラー出演の経緯がある番組。
※細字の番組タイトル名は不定期およびゲスト出演などの経緯がある番組。
※◎印の付いた番組タイトル名は不定期特別番組。☆印の付いた番組タイトル名はミニ番組。

テレビドラマ[編集]

※ドラマ全リスト中、太字メインタイトルは主演作品

アニメ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

舞台[編集]

コンサート[編集]

CM・広告[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  1. Delphinium1992年5月25日 ポリスター PSCR-1052) - Wink在籍時代のミニ・アルバム。
    • Believe Moon -instrumental version-(作曲:相田翔子、編曲:門倉聡
    • Pleasure(作詞:芹沢類、作曲:門倉有希、編曲:門倉聡)
    • アンビバレンス(作詞:芹沢類、作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
    • LOVE(原曲:ジョン・レノン
    • 黙示録(作詞:芹沢類、作曲:鈴木祥子、編曲:門倉聡)
    • VOX 〜あなたには聞こえない〜(原曲:サラ・マクラクラン
    • Believe Moon(作詞・作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
  2. JÓIA1996年5月25日 ポリスター PSCR-5455) - 全曲自作曲によるオリジナル・ファースト・アルバム。
    • Do-Sol(作詞:芹沢類・相田翔子、作曲:相田翔子)
    • Jóia(作詞:芹沢類・相田翔子、作曲:相田翔子)
    • サヨナラしかあげない(作詞:種ともこ、作曲:相田翔子)
    • i Julia(作詞・作曲:相田翔子)
    • AFRICA(作詞・作曲:相田翔子)
    • Vellrina 〜真珠〜(作詞・作曲:相田翔子)
    • CORAÇÃO 〜コラソン〜(作詞:芹沢類、作曲:相田翔子)
    • 魚になりたい(作詞・作曲:相田翔子)
    • i Julia -instrumental version-(作曲:相田翔子)
    • Blue Lagoon(作詞・作曲:相田翔子)
  3. Luz1997年5月25日 ポリスター PSCR-5603) - 全曲自作曲によるオリジナル・セカンド・アルバム。
    • Intro 〜新しい水(ギター:ホメロ・ルバンボ)
    • 愛された薔薇(作詞・作曲:相田翔子、編曲:門倉聡
    • 3,2,1 and 0(作詞:かの香織、作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
    • 目覚めましょう(作詞:相田翔子、作曲:相田翔子・渡邉浩世、編曲:門倉聡・ホメロ・ルバンボ)
    • Andy(作詞・作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
    • 始まりは東の空(作詞・作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
    • 朝の光(作詞・作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
    • 裸で眠りましょう(作詞・作曲:相田翔子、編曲:河越重義)
    • 熱砂(作詞:かの香織、作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
    • 0:00 a.m. 〜午前0時(作詞・作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
    • 太陽の国(作詞:相田翔子、作曲:相田翔子・渡邉浩世、編曲:門倉聡)
  4. C'est・mon・・na 〜Best of Shoko Aida2002年1月30日 ポリスター PSCR-6006) - ベスト・アルバム。1996年の未発表作品「冷たい月の夜」など、全15曲を収録。
    • 冷たい月の夜(作詞・作曲:相田翔子、編曲:戸田誠司
  5. PARIS, JE T'AIME D'AMOUR2003年1月29日 ゼティマ/地中海 EPCE-2020) - 1960年代から1970年代のフレンチ・ポップスを中心に選曲されたファースト・カヴァー・アルバム。ユーロ・テイストにリメイクされた自作曲「Blue Lagoon」を収録。
    • 恋は水色 L'amour est bleu(原曲:ヴィッキー
    • アネマ・エ・コーレ Ánema e core(原曲:ジリオラ・チンクェッティ
    • パリ・ジュテーム Paris, je t'aime d'amour(原曲:モーリス・シュバリエ)
    • マミー・ブルー Mamy blue(原曲:ポップ・トップス)
    • 悲しき雨音 Rhythm of the Rain(原曲:カズケーズ) - フランス語版を収録
    • 涙の日曜日 Bella da morire(原曲:ホモ・サピエンス)
    • 愛のめざめ Ho capito che ti amo(原曲:ウィルマ・ゴイク
    • ヴィーナスたちの風景 Vénus des abribus(原曲:パトリシア・カース
    • ピノキオ Pinocchio(原曲:ダニエル・ヴィダル
    • Blue Lagoon(作詞・作曲:相田翔子、編曲:前野知常)
    • 君だけを愛して Io che amo solo te(原曲:セルジョ・エンドリゴ)
    • 愛の物語 Nos mots d'amour(原曲:ミッシェル・ポルナレフ
  6. To pathos2003年11月27日 ゼティマ/地中海 EPCE-2013) - セカンド・カヴァー・アルバム。ギリシャの曲が多く含まれている。
    • デン・イメ・エドー 〜わたしはもうここにいない〜 Δεν είμαι εδώ(原曲:コンスタンティーナ)
    • ト・パトス 〜情熱〜 O Pastor(原曲:マドレデウス) - ギリシャ語版を収録
    • はかない愛だとしても Il me dit que je suis belle(原曲:パトリシア・カース)
    • 哀しみの影 Yesterday Yes a day(原曲:ジェーン・バーキン
    • わたしたち20才 Questi vent'anni miei(原曲:カトリーヌ・スパーク
    • グリスビーのブルース Le Grisbi(原曲:ヴィクター・ラズロ)
    • 悲しみの兵士 Les hommes(原曲:シルヴィ・ヴァルタン
    • 太陽のとびら Alle porte del sole(原曲:ジリオラ・チンクェッティ
    • ジー・オー・ユーダス Ζει ο Ιούδας(原曲:コンスタンティーナ)
    • ホリース・フテラー 〜翼もないのに〜 Χωρίς φτερά(原曲:コンスタンティーナ)
  7. Song Selection 〜25th Celebration〜2013年6月5日 ポリスター PSCR-6245/6) - デビュー25周年記念企画の一環として制作されたベスト・アルバム。SHM-CD仕様。
    ソロ・シングル「JÓIA」「ゆりかごを揺すられて」など、CD2枚組+DVD、全30曲を収録。
  8. This Is My Love2013年9月4日 アップフロントワークス/ゼティマ EPCE-5985) - 先述の『Luz』以来、およそ16年4か月ぶりとなるオリジナル・サード・アルバム。デビュー25周年記念企画の一環として制作された。
    • for you(作詞・作曲・編曲:角松敏生
    • 月で泳ぐ(作詞・作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
    • 夜明けの雨はピアニッシモ(作詞:岩里祐穂 作曲:羽場仁志 編曲:佐藤準
    • 一輪(作詞:相田翔子、作曲・編曲:吉田次郎
    • さよならの頁/Duet with 根本要(from スターダスト☆レビュー)(作詞・作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
    • タペストリー(作詞:及川眠子、作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
    • 1秒だけの奇蹟(作詞・作曲・編曲:尾崎亜美
    • クレタの白い砂/Duet with 因幡晃(作詞:三浦徳子、作曲:馬飼野康二、編曲:佐藤準)
    • もっと ありのまま(作詞:相田翔子 作曲:羽場仁志 編曲:佐藤準)
    • 時刻表のない駅(作詞・作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
    • ぼくのともだち(作詞・作曲・編曲:大江千里

シングル[編集]

※タイトルが太字の楽曲はデュエット曲

  1. i Julia(作詞・作曲:相田翔子、編曲:ベン・ウィットマン) - 1996年1月20日 バウンス・レコード bounce-0020
    • c/w Shake Your Heart(作詞:相田翔子、作曲:河越重義、編曲:ベン・ウィットマン)
  2. Jóia(作詞:芹沢類、相田翔子、作曲:相田翔子、編曲:ロビー・ブキャナン) - 1996年4月25日 ポリスター PSDR-5255
    • c/w 魚になりたい(作詞・作曲:相田翔子、編曲:ロビー・ブキャナン)
  3. 裸で眠りましょう(作詞・作曲:相田翔子、編曲:河越重義)- 1996年8月25日 ポリスター PSDR-5265
    • c/w 愛された薔薇(作詞・作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
  4. ゆりかごを揺すられて(作詞:戸沢暢美、作曲・編曲:門倉聡) - 1998年5月2日 ポリスター PSDR-5296
    • 映画『プライド・運命の瞬間(とき)』イメージソング
    • c/w SOCHINA 〜愛の想い出(作詞:甲谷ジロウ、作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
  5. ナチュラル〜抱きしめてこのままで〜(作詞:まことつんく、作曲:根本要、編曲:光田健一) - 2000年5月17日 ゼティマ EPCE-5057
  6. クレタの白い砂(作詞:三浦徳子、作曲:馬飼野康二、編曲:佐藤準) - 2004年4月28日 アップフロントワークス/地中海 EPCE-2024
    • 因幡晃とのデュエット
    • c/w 純愛・アフロディーテ(作詞:三浦徳子、作曲:馬飼野康二、編曲:佐藤準)
  7. 夜明けの雨はピアニッシモ(作詞:岩里祐穂、作曲:羽場仁志、編曲:佐藤準) - 2004年11月17日 アップフロントワークス/地中海 EPCE-2029
    • c/w もっとありのまま(作詞:相田翔子、作曲:羽場仁志、編曲:佐藤準)
  8. 一輪(作詞:相田翔子、作曲・編曲:吉田次郎) - 2011年12月7日 アップフロントワークス

Wink時代の自作曲[編集]

※アルバム『Delphinium』収録曲については上記を参照

  1. さよなら 小さなCrybaby(作詞:KEIKO、作曲:羽場仁志、編曲:船山基紀
  2. Tears(作詞:及川眠子、作曲:KEIKO、編曲:門倉聡
    • 7枚目のアルバム『Sapphire』(1991年11月25日 ポリスター PSCR-1036)に収録
    • ペンネーム「KEIKO」名義
  3. おしえて(作詞・作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
  4. 愛を込めて(作詞・作曲:相田翔子、編曲:小林信吾)
  5. 兵士の休日(作詞・作曲:相田翔子、編曲:門倉有希)
  6. 裸足のマリオネット(作詞・作曲:相田翔子、編曲:門倉聡)
  7. 海に輝いて(作詞・作曲:相田翔子、編曲:岩崎琢

Wink時代のソロ楽曲[編集]

  1. ジャスミンは哀しい香り
  2. 冬のフォトグラフ
  3. Baby Me(原曲:ホーリー・ナイト "Baby Me")
  4. ひきとめないで(原曲:デビー・ハリー "You got me in trouble")
  5. 夏服のジュリエット 〜Dos Hombres〜
  6. 銀星倶楽部 〜I'm In Mood For Dancing〜(原曲:ノーランズ "I'm in the mood for dancing")
  7. 真冬の薔薇
  8. Mysterious 〜真夏の夜の夢〜
  9. 夜の月、昼の月(原曲:ベット・ミドラー "Night and day")
  10. Get My Love
  11. Like A Bird
  12. Celebration(原曲:ヴァネッサ・ウィリアムス "Save the best for last")
  13. 夏に会えなくて
  14. 三日月の夜の小鳥たち(原曲:フォリナー "I want to know what love is" )
  15. AIN'T NOBODY 永遠の恋人(原曲:チャカ・カーン "Ain't Nobody")

その他[編集]

  1. 花の予感(作詞:及川眠子、作曲:相田翔子、編曲:坂本昌之) - 1997年3月20日 日本コロムビア COR-14079
  2. ほたる列車(作詞・作曲:つんく) - 2004年6月
    • 映画『ほたるの星』挿入歌
  3. あなたとの別れ詩(作詞:つんく、作曲:三木たかし、編曲:川村栄二) - 2006年9月
  4. 愛は勝つ(作詞・作曲:KAN) - 2011年6月 アップフロントワークス/ゼティマ EPCE-5796
    • がんばろうニッポン 愛は勝つ シンガーズ名義として参加

出版[編集]

DVD[編集]

写真集[編集]

エッセイ[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ Wink在籍時代を含む。
  2. ^ 2012年9月30日まではアップフロントエージェンシー名義。
  3. ^ 「鈴木敬子」は適当の話もある[誰によって?]。芸名は郵政のアルバイトにも注目[どこ?]
  4. ^ 大阪の噂もある[誰によって?]
  5. ^ a b 主演は南野陽子
  6. ^ 2013年10月1日以降より。同年9月30日以前はアップフロントプロモーションに所属していた。
  7. ^ ただし、2007年当時の番組タイトル名は『世界ウルルン滞在記"ルネサンス"』。
  8. ^ ただし2012年1月以降より相田本人が産休を理由に一時的に活動を休止したため同年2月以降の放送分は彼女の代理として吉澤ひとみドリーム モーニング娘。)が2012年9月まで一時的にパーソナリティを担当していた。2012年10月より再開。

出典[編集]

  1. ^ a b 公式プロフィール”. Blue Star. アップフロントクリエイト. 2014年3月1日閲覧。
  2. ^ 森田一義アワー 笑っていいとも!テレフォンショッキング. フジテレビ. 1991年5月6日放送. での発言。お友達として同市出身の杉浦幸を紹介している。
  3. ^ いつみても波瀾万丈. 日本テレビ. 2006年3月5日放送.
  4. ^ a b c d 徳光和夫の感動再会!"逢いたい" 芸能人スペシャル. TBS. 2009年1月8日放送.
  5. ^ オリコン『オリコン・ウィークリー』1988年4月
  6. ^ 相田翔子が16年ぶりのオリジナル・ソロアルバムをリリース(2013年8月29日) - BARKS(グローバル・プラス) 2013年9月23日閲覧。
  7. ^ 相田翔子、約20年ぶりのミニライブ開催。Wink時代の名曲も披露(2013年9月7日) - BARKS(グローバル・プラス) 2013年9月23日閲覧。
  8. ^ "わたしたちの食". 日本新生. NHK. 2011年10月22日放送.
  9. ^ 徹子の部屋. テレビ朝日. 2005年8月26日放送.
  10. ^ ネスレ フードスタイル第10回「相田翔子の食生活とライフスタイル」2003年8月18日
  11. ^ 『日経おとなのOFF』、日経ホーム出版、2005年11月
  12. ^ 朝日新聞: 夕刊. (2005年6月25日) 
  13. ^ 読売新聞: 夕刊. (2005年6月30日) 
  14. ^ 『DODA』、学生援護会2005年12月14日
  15. ^ 『測量』、日本測量協会、2006年7月
  16. ^ Toshiba Web Street 2004年11月
  17. ^ 朝日新聞. (2006年3月29日) 
  18. ^ オルビス『La Beauty』2007年夏臨時増刊号
  19. ^ 相田翔子 (2008年4月24日). 『相田翔子さん』特別インタビュー. (インタビュー). ドクターシーラボ.. オリジナルの2008-5-20時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080520234516/http://www.ci-labo.com/campaign/0805/ 2014年3月1日閲覧。 
  20. ^ 日本経済新聞『日経マガジン増刊号』2006年7月2日

外部リンク[編集]