コンテンツにスキップ

兵藤ゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひょうどう ゆき
兵藤 ゆき
本名 文田 由紀子
(ふみた ゆきこ)
生年月日 (1952-04-15) 1952年4月15日(72歳)
出生地 日本の旗日本愛知県名古屋市
民族 日本人
血液型 O型
ジャンル タレントエッセイスト
活動期間 1970年 -
配偶者 文田博資
事務所 ジェイピィールーム
( - 2022年)
アップフロントクリエイト(2023年 - )
公式サイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

兵藤 ゆき(ひょうどう ゆき、1952年昭和27年〉4月15日[1] - )は、日本タレントエッセイストである。兵ゆきは誤記。

愛知県名古屋市出身[1]アップフロントクリエイト所属。

来歴

[編集]

父親は女子大学の教員で、母親は洋裁や和裁を教えていた。小学校1年生から6年生まで学級委員を務めた[2]

1968年4月、愛知県立東郷高等学校愛知県立明和高等学校(名古屋市東区)の一部を仮校舎として開校。軍隊式の指導法を導入し、のちに管理教育のモデル校ともなった東郷高校に兵藤は一期生として入学する[3][4][2]。英語の教師は授業をボイコットした生徒に「逆らっていいと思っているのか。教育委員会に言いつけようと思っているかもしれないが、教育委員会は教師側に付いているんだぞ」とすごみ、兵藤が教師を問い詰めると「そういう言い方をする女はな、可愛くない」とはぐらかした。それを聞かされた母親は翌日、学校に乗り込んだ。歴史の教師の一人は「みんなと一緒にできない奴は人間のくずだ」と兵藤をののしった。それまで「何でも最初にやり、深刻に物事を考えたことがなかった」という兵藤は、高校入学を契機に「どういう人がすてきなのか、どういう人の仲間に入りたいのか」と考え始めるようになった[2]。3年生の時に東海ラジオのラジオドラマ「たむたむ劇場」で初出演した[5]

高校卒業後、常磐女学院服装デザイナー科に進み、洋裁正教員の資格を習得[6]ファッションショーの演出や構成を手がける。名古屋ローカルタレント時代の代表的な番組としては、1976年より20年間続いた『ナゴヤフォークタウン』。1983年8月まで放送された東海ラジオの看板番組『ミッドナイト東海』。つボイノリオとのコンビでパーソナリティを務めたCBCラジオの『土曜天国』などがある。

1983年、『笑っていいとも!』(フジテレビ)出演をきっかけに、その人気は全国区となる。さばさばした性格と、コミカルなキャラクターで、「ゆき姐(ゆきねえ)」などと呼ばれて人気を博す。

1985年4月、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ)が放映開始。第1回からレギュラーとして出演。共演者であった高田純次とのデュエット曲「CHANCE!心ときめいて」をリリースした。

ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ)のコント「西日本番長地図」では、「悩みの相談、兵藤ゆき」と名古屋名物のひとつに数えられている。

1996年に『ザ・ハングマン』の主題歌「あ・れ・か・ら」で知られるミュージシャン文田博資(ヒロスケ)と結婚。同年に長男を出産。夫の大学留学のため、1997年春から、家族とともに、アメリカニューヨーク市で生活。夏休みの7、8月頃に日本に一時帰国して、ゲストでテレビ出演することが恒例となっていた他、子育てやニューヨークでの生活を題材としたエッセーの執筆活動を行う。夫の留学の目的であった社会学博士号取得の目処が立ったため、2007年7月に帰国し、現在は東京とニューヨークを行き来している[7]

2009年5月、ヌーブラメーカーのゴールドフラッグとストレス・フリーをテーマにしたインナーやホームウエアーなどのブランド、yukine inc.(ユキネエインク)を立ち上げ、 服飾デザイナーデビュー。通販番組などに積極的に出演している[8]

2023年1月1日、所属事務所をジェイピィールームからアップフロントクリエイトへ移籍。

エピソード

[編集]
  • 中日ドラゴンズのファンである。
  • 象印クイズヒントでピント」の700回記念レギュラー VS OBカップル大会ではオープニングクイズでいきなり「ヒントでピントで700回と言えば「カレンダー」を歌う土居まさるさん」と回答し、一発で正解して土居から「何で分かるのよ?」と驚かれた。本人は「山掛け、山掛け」と言っていた。

出演番組

[編集]

テレビ

[編集]

NHK

[編集]

民放(東京キー局)

[編集]

民放(関西局・その他)

[編集]

ラジオ

[編集]

東海地区局

[編集]

東海地区以外局

[編集]

CM

[編集]
  • 紀文食品「マリーン」(1988年)
  • アイテレホン (1990年)

映画

[編集]

著書

[編集]
  • 「猫ナンパ日記」(KKベストセラーズ
  • 「僕が僕である理由」(双葉社
  • 「ぶんちんタマすだれ」(ワニブックス
  • 「ゆき姐のニューヨーク裏うら散歩」(ワニブックス)
  • 「でこぼこなクラス写真」(ワニブックス)
  • 「ニューヨーク熱血井戸端会議」(集英社文庫
  • 「頑張りのつぼ」(角川書店
  • 「子どもがのびのび育つ理由 ニューヨークで見た子どもと大人のいい関係」(マガジンハウス
  • 「ゆき姐の漫画エッセイ 英語と格闘 in New York」(日本放送出版協会

音楽

[編集]

シングル

[編集]
  • Chance!心ときめいて(1988年) - 高田純次とのデュエット、作詞も担当
  • DEAR MY FRIEND(1988年) - ばんばひろふみとのデュエット
  • 地図にない街(1989年)
  • 僕たちの日々(1989年)
  • ときめきエール(1991年) - 兵藤ゆき&ABブラザーズ名義
  • ギター覚えた頃(1991年) - 兵藤ゆき&ABブラザーズ名義
  • ぼくとディジャヴ / だってネコだもん(1993年)

アルバム

[編集]
  • 僕たちの日々(1989年)
  • やっ!(1990年)

賞歴

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ a b c d e f g h i j DJ名鑑 1987三才ブックス、1987年2月15日、129頁。
  2. ^ a b c 『毎日新聞』1993年4月15日、東京夕刊、10頁、「あした天気になあれ 兵藤ゆき/3 管理教育で息が詰まった高校時代」。
  3. ^ 愛知県議会 平成元年9月定例会(第6号) 本文 1989-10-13”. 愛知県議会 会議録の閲覧と検索. 2023年1月25日閲覧。
  4. ^ 東郷町議会 平成10年第1回定例会(第2号) 本文 1998-03-09”. 東郷町議会会議録. 2023年1月25日閲覧。
  5. ^ ラジオライフ』第2巻第6号、三才ブックス、1981年9月1日、11頁。 
  6. ^ アーティストプロフィール 兵藤ゆき”. アップフロントクリエイト. 2023年2月2日閲覧。
  7. ^ 中日スポーツ2007年7月14日号。
  8. ^ about”. ゴールドフラッグ株式会社. 2023年4月11日閲覧。 “兵藤ゆきさん×ゴールドフラッグの新ブランド「Yukine.inc.」デビュー”
  9. ^ レギュラー前の1987年4月19日(第385回)、1989年1月29日(第469回)、1992年3月22日(第608回)、1992年10月25日(第630回)放送分にゲスト出演。
  10. ^ 「ノリサメ」で、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』で共演していたタレントの高田純次とともに受賞。

外部リンク

[編集]