杉田二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉田 二郎
出生名 杉田 二郎
生誕 1946年11月2日(70歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市
学歴 立命館大学文学部日本文学科
ジャンル フォークソング
職業 歌手
担当楽器
ギター
活動期間 1967年 -
共同作業者 ジローズ
はしだのりひことシューベルツ
ブラザーズ5
公式サイト 公式ウェブサイト

杉田 二郎(すぎた じろう、1946年11月2日 - )は、日本歌手宗教家。所属事務所アップフロントクリエイト

来歴[編集]

京都府京都市出身。立命館高等学校を経て、1969年立命館大学文学部日本文学科卒業。実家は京都の金光教島原教会で、現在金光教島原教会副教会長。金光教関係での音楽活動も行っている。

1967年、アマチュアバンド「ジローズ(第1次)」(メンバーは杉田二郎(リーダー)、塩見大治郎細原徹次郎)を結成。

1968年、ラジオ『ヤングタウン』の「今月の歌」に取り上げられたオリジナル曲『あなただけに』が好評を博し、ラジオ放送用のテープが東芝音楽工業からシングルレコードとして8月1日、発売される。同年8月9日 - 11日、京都・山崎「宝寺(宝積寺)」で開催された第3回関西フォークキャンプに参加。『あなただけに』を後にはしだのりひことシューベルツでともに活動する越智友嗣(おちゆうじ)といっしょに披露した。

その2ヵ月後に第1次ジローズは解散。その後、ザ・フォーク・クルセダーズの解散を控えた北山修から「京都のフォークのエネルギーを絶やしたくない」と、はしだのりひこ(端田宣彦)の新しいバンドへの加入を要請され、ザ・ヴァニティーで活動していた越智と井上博を加え、「はしだのりひことシューベルツ」を結成、リードギターとボーカルを担当。1970年には森下次郎とともに「ジローズ(第2次)」を結成し、『戦争を知らない子供たち』が大ヒットした。

1972年からはソロ活動を開始。ソロ作品のヒット曲には『男どうし』、『ANAK (息子)』(1978年)などがある。2002年には、元ふきのとう細坪基佳と「座・ジローズ」を新結成した。[1]

また、北山修の歌詞を非常に気に入っており、自らのターニング・ポイントでは事あるごとに北山に作詞を頼んだという(2010年3月8日の『きたやまおさむのレクチャー&ミュージック』より)。なお、歌手活動再開時に北山に依頼した『男どうし』では曲終盤のカウントと手拍子を北山が担当している。

オフコースは、下積み時代に彼のバックバンドを務めていた。

2014年、堀内孝雄ばんばひろふみ高山厳因幡晃ブラザーズ5を結成。

主な受賞歴[編集]

  • 日本レコード大賞企画賞(1992年)

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 愛の世界 / あなただけに(1970年5月25日)オリコン89位 杉田二郎とシューベルツ名義
  • 突然 / 知らずにいたなら(1970年12月10日)
  • 人力ヒコーキのバラード / 春は寂しいね(1972年8月1日)
  • 別れるなら今 / 季節(1972年11月5日)
  • 愛の子守唄 / 夕ぐれ時計(1972年12月1日)
  • 27才 / 何もいわずに(1974年4月5日)
  • 男どうし / 天の川(1975年9月20日)オリコン30位
  • 積木 / 雨の中の太陽(1976年2月5日)オリコン69位
  • 君住む街 / 過去への旅路(1976年8月5日)
  • 僕たちの箱舟 / 海においで(1976年12月1日)
  • 八ヶ岳 / モーニングサービス(1978年2月5日)
  • (青春は)まるで映画のように / オチコボレ(1978年7月5日)
  • ANAK(息子)/同・カラオケ(1978年9月1日)オリコン10位
  • エンドマーク(2'46") / あの愛の歌を今唄いたい(1979年4月5日)
  • やわらかい心 / おまえに(1979年8月20日)

アルバム[編集]

  • アパートメント 1109(1972年)
  • 旅立つ彼(ひと)(1973年)
  • 夢袋(1974年)
  • 長い旅のはじまる前に - 杉田二郎 ライブ・イン・コンサート -(1974年)
  • 題名のない愛の唄(1975年)
  • 前夜(1976年)
  • (青春は)まるで映画のように(1978年)
  • GOOD NEWS(1979年)
  • やさしさは残酷(1980年)
  • 地球のどまんなか(1980年)
  • 杉田二郎ライブ 全国138景歌祭りコンサート(1981年)
  • 虹のメッセージ(1982年)
  • Melody Basket(1983年)
  • BRIGHT(1984年)
  • 再会 - Love Ballad Selection(1987年)
  • Lady(1988年)
  • 再会(1988年)
  • サマーソング for you(1989年)
  • Love Letter - 杉田二郎 吉田正を歌う -(1991年)
  • ザ・ベスト 杉田二郎 - ふぞろいの人生 -(1994年)
  • 杉田二郎 30周年記念コンサート《絆》 〜きたやまおさむ作品を唄う〜(1998年)
  • 杉田二郎 Birthday Concert '99 ライブ <祈り>(2000年)
  • Ba BA Lu de Jiro(2001年)
  • 愛とあなたのために「座・ジローズ」(2002年)
  • 戦争を知らない子供たちへ(2012年)

出演[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 忘れられない曲としては、妻子を持つ男の幸福感を歌った『八ヶ岳』など。

外部リンク[編集]