夏まゆみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なつ まゆみ
夏 まゆみ
生誕 (1962-03-23) 1962年3月23日
日本の旗 日本神奈川県
死没 (2023-06-21) 2023年6月21日(61歳没)
職業
テンプレートを表示

夏 まゆみ(なつ まゆみ、1962年3月23日 - 2023年6月21日)は、日本ダンスプロデューサーコリオグラファー演出家。ナツ・ファンキーハーツ代表。神奈川県出身。血液型O型[1]

略歴[編集]

1980年、18歳でイギリスに渡り、その後、東京ニューヨークダンスを学びつつ、役者ダンサーとして活躍した。

1988年には、ダンスグループ「FUN-KEY HEARTS」を結成しイベントショーの振り付けなどを手掛ける。

1992年からナインティナイン雨上がり決死隊等が所属していた吉本印天然素材ダンス指導、振り付けを8年間行う。

1993年、ニューヨークのアポロシアターにソロダンサーとして出演。

1997年、初めてNHK紅白歌合戦のステージングを担当。以後毎年20年以上にわたって続けた。

1998年長野オリンピック閉会式での公式テーマソング振り付けを担当。同年、つんく♂プロデュースのモーニング娘。を立ち上げから育成・指導を行う。

2005年秋元康総合プロデュースのもと、AKB48の指導に一般公募、立ち上げ前から約2年に亘って参加。劇場創設に力を注ぎ、合格者をプロフェッショナルへと指導、育成していった。さらに振り付け及び演出まで専任した。

2008年マッスルミュージカル冬公演「~ザ・ベスト~」では、スーパーバイザーに就任。

2009年には、自ら考案した「FUN-KEY DANCING」を商標化。

2023年6月21日がんのため死去[2]。61歳没[2]。訃報は同年7月6日、最後の著書『人はいつでも、誰だって「エース」になれる! 心とからだが輝く72(ナツ)の言葉』を出版したビジネス社によって公表された[2]。訃報を受け、モーニング娘。の立ち上げを共にした盟友でもあり、夏と同様にがんを経験したつんく♂も自身のブログで夏を追悼した[3]。同年8月28日にはホテルニューオータニ・芙蓉の間でお別れの会が行われ、飯田圭織保田圭矢口真里市井紗耶香、モーニング娘。'23(夏の死去当時の現役メンバー)、大島麻衣パパイヤ鈴木など、夏と関わりの深い著名人が参列した[4]

人物[編集]

  • 生涯で手掛けたアーティストは300組以上にも及ぶ[2]
  • モーニング娘。では独自性も交えた振り付けを行った。夏が指導した当時のメンバー達は「つんく♂さんは生みの親、夏先生は育ての親」と称している。また、短期間で多くの振り付けを習得させなければならず過酷な練習を課すことが多い中、テレビ東京系『ASAYAN』にてスパルタ教育ぶりがフィーチャーされたことで「厳しい夏先生」のイメージが定着していった[5]
  • 音楽番組において、作詞家・作曲家と同様に振付師の名前もクレジット表示してもらうために働きかけを精力的に行い、業界の地位向上に尽力した[6]
  • プロ野球では広島東洋カープ読売ジャイアンツのファンである[7]

主な振付作品[編集]

CDシングル・MV[編集]

ハロー!プロジェクト関連[編集]

青色7
あか組4
安倍なつみ
おどる♥11
カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)
後藤真希
三人祭
10人祭
セクシー8
太陽とシスコムーン
タンポポ
ドリームモーニング娘。
7人祭
バカ殿様ミニモニ姫。
ハッピー♥7
H.P.オールスターズ
美勇伝
藤本美貴
プッチモニ
Berryz工房
ミニモニ。
モーニング娘。
モーニング娘。誕生10年記念隊
モーニング娘。20th

AKB48関連[編集]

AKB48
Chocolove from AKB48
  • 明日は明日の君が生まれる

その他関連[編集]

EE JUMP
Umika as Yamako
関東裸会 三羽烏
CUBERS
  • メジャーボーイ[9]
けん♀♂けん(研ナオコ&志村けん
郷ひろみ with HYPER GO号
コガメロン(小金沢昇司&メロン・ゲタネツ)
  • うららか・に
篠原涼子
  • リズムとルール
シャ乱Q
推定少女
鈴木蘭々
  • 泣かないぞェ[11]
ZONE
ソニン
featuring 市井紗耶香+with d.
  • 『はじまりのカウントダウン』 #Episode 0
槇原敬之
真琴つばさ
  • 綺羅-KIRA
MALICE MIZER
観月ありさ
WaT

CM[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

DVD[編集]

  • アイドルみたいに踊りたい! 夏まゆみのファンキー・ダンシング☆キッズ(2004年11月26日、TDKコア

出演[編集]

テレビ[編集]

その他[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

ムック本[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 夏まゆみ - キャスリンク
  2. ^ a b c d “モー娘、AKB48育てた振付師の夏まゆみさん死去 61歳「LOVEマシーン」や長野五輪担当”. 日刊スポーツ (日刊スポーツNEWS). (2023年7月6日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202307060000818.html 2023年7月6日閲覧。 
  3. ^ つんく♂ (2023年7月6日). “夏まゆみ先生。”. サイバーエージェント. 2023年7月6日閲覧。
  4. ^ 振付師・夏まゆみ「魂に出会う会」モー娘。OGや現役メンバー、元AKB48大島麻衣が語りかけた言葉”. 音楽ナタリー (2023年8月28日). 2023年9月29日閲覧。
  5. ^ “モー娘。AKBの「鬼」振り付け師 夏まゆみの「ASAYAN」裏話が話題に”. J-CASTニュース (株式会社ジェイ・キャスト). (2012年2月7日). https://www.j-cast.com/2012/02/07121442.html?p=all 2023年7月6日閲覧。 
  6. ^ ダンスを“著作物”とするために - リアルサウンド ブック 2023年7月11日
  7. ^ ブログ「砂被り席」 夏まゆみOFFICIAL WEBSITE 2012年8月5日
  8. ^ a b 川島海荷演じる“イリオモテヤマコ”が歌手デビュー! 「MajiでKoiする5秒前」をカバー - ORICON NEWS 2010年3月16日
  9. ^ つんく♂×夏まゆみ強力タッグ再び CUBERSメジャーデビュー曲MV公開 - ORICON NEWS 2019年4月6日
  10. ^ 推定少女、豪華スタッフ陣によるPV完成間近 - BARKS 2001年8月14日
  11. ^ 鈴木蘭々、夏まゆみさんの教え子だった「絶対に有名に」デビュー曲の振り付け強い希望で依頼 - 日刊スポーツ 2023年7月8日
  12. ^ キレのある動きに驚愕! 平均121.5kgの巨漢10人が“モー娘。ダンス”を披露 - ORICON NEWS 2009年12月3日
  13. ^ AKB48大島、小嶋、篠田が「ニキビ、きら〜い」 「ハイチオールB」新CM - J-CASTトレンド 2011年7月29日
  14. ^ 「ようかい体操」のDream5、新作体操で鶴瓶と共演 - ORICON NEWS 2015年5月13日
  15. ^ 高橋愛&田中れいな&道重さゆみ、“モー娘。プラチナ期”OG久々集結 「夏まゆみあるある」で盛り上がる - ORICON NEWS 2021年2月25日
  16. ^ 町田慎吾&片山陽加インタビュー「2017年の初笑いとして観に来て頂きたい」 方南ぐみ企画公演『伊賀の花嫁』 - SPICE(スパイス) 2016年12月29日
  17. ^ 方南ぐみ企画公演『伊賀の花嫁 その三「ズルい女」』 町田慎吾、高橋直純、根本正勝よりコメントが到着 - SPICE(スパイス) 2019年1月28日
  18. ^ 劇場版「ドルメンX」予告編公開、志尊淳ら宇宙人4人の15年後や横山由依の姿も - コミックナタリー 2018年4月21日

外部リンク[編集]