渋谷凪咲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
しぶや なぎさ
渋谷 凪咲
2017.06.24 슛사인 마쿠하리 메세 개별 악수회-우카, 나기사, 미루 - 시부야 나기사 3장(코멘트회 당첨).jpg
渋谷 凪咲
プロフィール
愛称 なぎさ
なぎちゃん
生年月日 1996年8月25日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本大阪府
血液型 A型
公称サイズ(2018年[1]時点)
身長 / 体重 162 cm / kg
活動
デビュー 2012年
所属グループ NMB48
AKB48
てんとうむChu!
じゃんけん民
Queentet
活動期間 2012年 -
備考 NMB48 チームM
(4期研究生 → チームBII)
元AKB48 チーム4兼任
事務所 Showtitle
主な楽曲君と出会って僕は変わった
アイドル: テンプレート - カテゴリ

渋谷 凪咲(しぶや なぎさ、1996年8月25日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループNMB48チームMのメンバーである。2014年4月24日から2018年5月18日までAKB48チーム4を兼任していた。愛称は、なぎさなぎちゃん[2]大阪府出身。Showtitle所属。

略歴[編集]

NMB48 第4期生オーディションに合格し、2012年12月23日にNMB48劇場で行われた公演で4期研究生としてお披露目された[3]

2013年7月、AKB48グループの研究生から選抜されたユニット「てんとうむChu!」を結成する[4]。同年12月11日に発売されたAKB48のシングル「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」に収録されたNMB48の楽曲「君と出会って僕は変わった」でセンターを務めた[5]

2014年2月24日、『AKB48グループ大組閣祭り』においてチームBIIへの昇格およびAKB48チーム4への兼任が発表された[6]。同年3月26日発売のNMB48の9thシングル「高嶺の林檎」でシングル表題曲における初選抜となり、同年5月21日発売のAKB48の36thシングル「ラブラドール・レトリバー」でAKB48のシングル表題曲における初選抜となった[7]

2015年5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル 選抜総選挙』では59位で、選抜総選挙初ランクインとなりフューチャーガールズに選出された[8]。2016年実施の『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』では56位で、フューチャーガールズに選出された[9]

2017年1月1日からは、NMB48の大組閣(チーム再編、2016年10月18日発表)により、チームMに異動[10]。同年5月から6月にかけて実施された『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』では60位で、フューチャーガールズに選出された[11]。同年より『ViVi』公認インフルエンサーチーム「ViVigirl」に加入した[12]。同年12月8日にAKB48劇場12周年公演でグループ内の組閣が行われ、AKB48チーム4との兼任解除が発表された[13]

2018年5月18日、『夢を死なせるわけにいかない』公演の千秋楽をもってAKB48との兼任を終了[14]

人物[編集]

いつもニコニコとした表情が特徴である[15]。本人は意識的ではないとしているが、「笑ってたらどうにかなるかな」というスタンスで生きてきたともいう[15]。周りからは「ニヤニヤ」「ヘラヘラ」しているといわれる[15]

姉(4歳上)と兄がいる[16][17]。いとこには、元サッカー日本女子代表選手で慶州韓国水力原子力FC所属の田中明日菜がいる[17]。9歳のころから「メイ」という名の猫を飼っている[18]

薮下柊(元NMB48)とは「なぎっしゅー」の愛称で知られ、相方のような存在である[19][20]。NMB48以外のAKB48グループで親しいのは、てんとうむChu!のメンバーらで、特に北川綾巴と仲が良い[21]

お笑い好きであり、かつては京橋花月にお笑いライブを見に行くほどで、中学生の頃にはNSC(吉本総合芸能学院)に入ろうと思っていた[15]。2017年にはR-1ぐらんぷりに出場し、3回戦まで進んだが2回戦で「笑いが一切起きず、キレイにスベった」こともあり、R-1ヨーグルトを見るのも嫌なぐらいのトラウマになり「二度と出ない」と思った[22][19]

NMB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

NMB48

AKB48

アルバム選抜楽曲[編集]

NMB48

AKB48

  • 次の足跡』に収録
    • スマイル神隠し - 「てんとうむChu !」名義
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録
    • ここがロドスだ、ここで跳べ!
    • 涙は後回し - 「Team 4」名義
  • 0と1の間』に収録
    • 泣き言タイム - 「Team 4」名義
    • てんとうむChu ! を探せ! - てんとうむChu !」名義
  • サムネイル』に収録
    • 誰が私を泣かせた?

劇場公演ユニット曲[編集]

NMB48名義

NMB48 研究生公演「青春ガールズ」

  • 禁じられた2人
  • Blue rose

チームBII 1st Stage「会いたかった」

  • 涙の湘南(赤澤萌乃のアンダー)
  • 渚のCHERRY(河野早紀のアンダー)
  • ガラスの I LOVE YOU(赤澤萌乃のアンダー)
  • 恋のPLAN(河野早紀のアンダー)
  • リオの革命(赤澤萌乃のアンダー)

チームM 1st Stage「アイドルの夜明け」

  • 片思いの対角線(バックダンサー)

チームBII 2nd Stage「ただいま 恋愛中」

  • 7時12分の初恋(小林莉加子のアンダー)

チームBII 3rd Stage「逆上がり」

  • 虫のバラード(1st UNIT)
  • 抱きしめられたら(2nd UNIT)

チームM「アイドルの夜明け」公演

  • 口移しのチョコレート

AKB48名義

峯岸チーム4「アイドルの夜明け」公演

  • 片思いの対角線

高橋朱里チーム4「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • 記憶のジレンマ

出演[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

ネット配信[編集]

  • M-1ファンクラブ(2017年9月15日 - 12月25日、GYAO!) - MC[27]

ウェブ連載[編集]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2018年3月までは木曜日に出演[23]

出典[編集]

  1. ^ 講談社 MOOK『AKB48総選挙公式ガイドブック2018』147頁
  2. ^ “松井珠理奈の、知られざる20年の生い立ち”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年9月20日). https://www.barks.jp/news/?id=1000146986 2017年11月4日閲覧。 
  3. ^ “NMB48、最年少は小6!4期生初お披露目”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2012年12月24日). オリジナル2012年12月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121230185146/http://www.sanspo.com/geino/news/20121224/akb12122411200002-n1.html 2017年11月3日閲覧。 
  4. ^ “AKB研究生7人組ユニット・てんとうむChu!お披露目 新曲熱唱”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年7月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2027153/full/ 2017年11月3日閲覧。 
  5. ^ “NMB“新センター”は研究生・渋谷凪咲 さや姉&みるきー脇固める”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年11月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2030967/full/ 2017年11月3日閲覧。 
  6. ^ ““交換留学生”含むAKBグループ大組閣、メンバーに衝撃”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年2月25日). http://natalie.mu/music/news/110569 2017年11月3日閲覧。 
  7. ^ “AKB48:まゆゆ単独センターの新曲「ラブラドール・レトリバー」初披露!”. MANTANWEB (MANTAN). (2014年3月29日). https://mantan-web.jp/article/20140329dog00m200036000c.html 2017年11月3日閲覧。 
  8. ^ “【第7回AKB総選挙】49位〜64位「フューチャーガールズ」決定 各メンバーコメント一覧”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年6月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2053916/full/ 2017年11月4日閲覧。 
  9. ^ “【第8回AKB総選挙】1位〜80位までの開票結果”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2073650/full/ 2017年11月4日閲覧。 
  10. ^ “NMB48上西恵の卒業発表、波乱の大組閣、新シングル選抜…6周年ライブで新始動を予感<セットリスト/新チーム一覧>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年10月20日). https://mdpr.jp/music/detail/1625924 2017年11月3日閲覧。 
  11. ^ “【第9回AKB総選挙】指原莉乃、前人未到の3連覇 ラスト総選挙で有終の美[結果一覧”]. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2092624/full/ 2017年11月3日閲覧。 
  12. ^ “NMB48渋谷凪咲、新ViVigirlに 夏焼雅とスペシャル対談”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年8月23日). https://mdpr.jp/news/detail/1708921 2017年11月3日閲覧。 
  13. ^ “13年目の試練なのかチャンスなのか、AKB48組閣で兼任解除や新キャプテン”. ナタリー (ナターシャ). (2017年12月9日). https://natalie.mu/music/news/260302 2018年4月5日閲覧。 
  14. ^ “AKB48劇場で旧チーム千秋楽迎える、6月より新チーム公演が順次スタート”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年5月29日). https://natalie.mu/music/news/284162 2018年6月11日閲覧。 
  15. ^ a b c d 渋谷凪咲 (2014年1月13日). NMB48 渋谷凪咲の○○な話 第1回「きっかけ」の話. (インタビュー). エンタメNEXT.. http://www.entamenext.com/news/detail/id=213 2017年11月4日閲覧。 
  16. ^ 金子剛 (2014年8月25日). “25日(月) チームBII『逆上がり』公演”. Google+. 2017年11月4日閲覧。
  17. ^ a b 村上久美子 (2015年6月8日). “田中にいとこNMB渋谷がエール/女王の挑戦23”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1489332.html 2017年11月4日閲覧。 
  18. ^ “NMB48渋谷凪咲、SNSでも人気の愛猫・メイの片足切断を告白”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年9月8日). https://mdpr.jp/news/detail/1712906 2017年11月4日閲覧。 
  19. ^ a b 渋谷凪咲 (2017年8月14日). NMB48渋谷凪咲「絶対にR-1出ない」真相を告白. インタビュアー:高橋学. ドワンゴジェイピーnews.. https://news.dwango.jp/2017/08/14/144869/idol/ 2017年11月4日閲覧。 
  20. ^ “NMB48薮下柊が卒業公演 涙流し渋谷凪咲と最後のデュエット”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2017年4月19日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/676722/ 2017年11月4日閲覧。 
  21. ^ 渋谷凪咲 (2014年1月17日). NMB48 渋谷凪咲の○○な話 第3回「てんとうむChu!とセンター」の話. (インタビュー). エンタメNEXT.. http://www.entamenext.com/news/detail/id=215 2017年11月4日閲覧。 
  22. ^ “NMB渋谷凪咲、『R-1』3回戦で敗退「笑いって世界一難しい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年1月31日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170130/akb17013005020001-n1.html 2017年11月4日閲覧。 
  23. ^ 3/29 OH! MY MORNING 851”. FM OH! 85.1. エフエム大阪 (2018年3月29日). 2018年9月25日閲覧。
  24. ^ “NMB48 渋谷凪咲、OH!天気お姉さんに”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク, プランテック, Prometheus Global Media). (2017年12月22日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/58648/2 2017年12月22日閲覧。 
  25. ^ “渋谷凪咲、ピース又吉との共演作は「もうひとつの青春」 スイカ80個完食も告白”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2017年10月13日). http://eiga.com/news/20171013/19/ 2017年11月3日閲覧。 
  26. ^ “ピース又吉直樹主演「海辺の週刊大衆」4・14公開決定”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2018年1月27日). https://tokyopopline.com/archives/96427 2018年2月18日閲覧。 
  27. ^ “ゲストに笑い飯哲夫&ノンスタ石田、ササダンゴと渋谷凪咲がM-1の魅力に迫る”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2017年9月15日). http://natalie.mu/owarai/news/248721 2017年11月3日閲覧。 
  28. ^ 癒やし系女子 NMB渋谷凪咲ちゃんのかわいさの秘密や私服をチェック♡”. ローリエプレス. エキサイト (2017年12月28日). 2018年2月18日閲覧。
  29. ^ “NMB48渋谷凪咲が発見! #かわいい関西 vol.1/異世界に迷い込んだ気分になれる大阪・難波のカフェへ”. NewsWalker (KADOKAWA). (2018年1月23日). https://news.walkerplus.com/article/134866/ 2018年2月18日閲覧。 

外部リンク[編集]