木下百花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きのした ももか
木下 百花
プロフィール
別名義 百花
kinoshita
生年月日 1997年2月6日
現年齢 24歳
出身地 日本の旗 日本兵庫県
血液型 A型
瞳の色
公称サイズ(2014年7月時点)
身長 153 cm
活動
デビュー 2010年10月9日
ジャンル 歌手
活動期間 2010年 -
備考NMB48 チームM
他の活動 タレント
事務所 Showtitle
レーベル SPACE SHOWER MUSIC
公式サイト 木下百花 OFFICIAL SITE
主な楽曲プライオリティー
アイドル: テンプレート - カテゴリ

木下 百花(きのした ももか、1997年平成9年〉2月6日 - )は、日本タレントシンガーソングライター。女性アイドルグループ・NMB48の元メンバーである。兵庫県出身。KYORAKU吉本.ホールディングスを経てShowtitle所属。NMB48卒業時より「百花」名義で活動。音楽活動時は「kinoshita」名義を使用していた時期もあったが、2020年現在は木下百花に戻している。

Showtitleにおけるカテゴライズはアーティストでもタレントでもなく「スーパービーイングフリーター」[1]

略歴[編集]

2010年9月20日、『NMB48オープニングメンバーオーディション』に合格し(応募総数7256名、最終合格者26名)、10月9日、『Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら』においてNMB48第1期研究生26名の1人として初披露。

2011年2月2日にNMB48劇場の公演デビュー[2]。12月13日、テレビアニメ『AKB0048』の声優を決める声優公開オーディションに「審査員特別枠」で合格する[3]

2012年1月26日、NMB48研究生29人の中から選ばれたチームM初期メンバー16人に入り、正規メンバー昇格。2月8日発売のNMB48 3rdシングル「純情U-19」でシングル表題曲における初選抜となった。6月27日、足のけがのため1か月休養し[4]、7月28日の個別握手会より復帰[5]

2014年11月5日発売のNMB48 10thシングル「らしくない」で、4thシングル「ナギイチ」以来約2年ぶりに選抜メンバーへ復帰した[6]

2016年12月28日発売のNMB48 16thシングル「僕以外の誰か」Type-Dのカップリング曲として、自身初のソロ楽曲「プライオリティー」が収録された[7]

2017年7月29日、NMB48劇場で行われたチームM公演において、グループからの卒業を発表した[8]。卒業イベントは3夜連続で実施した。同年9月25日に大阪・ロフトプラスワン WESTにおいて『木下百花 × 友人1人(中華一番) 〜アイドルとして最後の暴挙〜』[9]、26日に大阪・味園ユニバースにおいて『木下百花・更生施設 祝!出所イベント』を開催し[10]、27日にNMB48劇場で行われた卒業公演もってNMB48としての活動を終了した[11]

NMB48卒業後は百花に改名し、ソロイベントを開催し再始動した[12]。バンドの結成、ファッションブランドの展開も予定している[13]

人物[編集]

尾崎豊を敬愛しており、15歳となった自身の生誕祭公演では「15の夜」を勝手に熱唱したという[14]キャッチフレーズは「リンゴかミカンかやっぱり(ももか!)木の上よりも木の下が好き」である[15]

目標とするタレントはきゃりーぱみゅぱみゅゴールデンボンバー[16]

音楽は基本的に色々なジャンルを聴くが、今の音楽にはあまり詳しくない[17]。好きな歌手は椎名林檎JUDY AND MARYRIP SLYMEゆらゆら帝国相対性理論である[17]

趣味はコスプレ、『ときめきメモリアル』、二次元[16]ジョジョ立ちが得意[18]。NMB48に入る前は引きこもってアニメばかり観ていた[19]

特技は絵を描くこと、アニメの曲をピアノで弾くことである[15]

将来の夢はニートになること[16]

2012年の抱負は「女性をくどいてくどいてくどきまくって口説く!!」だった[20]

本人いわく「ガチヤンキーの姉」がいる[21]。父親は鉄道関係の仕事に勤めている[22]

NMB48[編集]

NMB48に入るまでは、ずっと引きこもっているような人間だった[23]

オープニングメンバーオーディション体操服姿で受けており、周囲から浮いていた。同期生の渡辺美優紀も当初、「苦手だった」と感じていたという[24]。なお、『AKB0048』の公開オーディションにおいても体操服姿で参加し、その時は会場の笑いを誘っていた[25]

メンバーの中で、特に自分の萌えのポイントを突いているのが渡辺で「可愛すぎて泣けてくる」と述べている[26]

アニメ好きのメンバーの中でも、特に「キモい」と言われる5名で結成した「キモヲタレンジャー」の隊長。内訳は、レッドが木下百花、イエローが小笠原茉由、ブルーが小柳有沙、ブラックが三田麻央、パープルが中川紘美[27][28]。活動内容は主に、握手会でいっせいにコスプレすることや、アニメの台詞を言い合うこと[23]。また、小柳とは仲が良く、ブログの写真の撮影役をしてもらうことが多いという(2011年8月時点)[29]

ブログの内容は非常に個性的であり、他のメンバーと比較してもかなり暴走しがちな文章となっている(当初は比較的普通な内容も多かった)。ブログ読者はコメントを書くことが可能になっているが、1件あたりのブログに付くコメント数はNMB48メンバーはもとより、先輩グループであるAKB48のメンバーと同等のコメント数が付くこともある。『AKB48×週刊プレイボーイ2011』(2011年10月24日発売)において、当時研究生ながら「NMB48木下百花が週プレ編集部を侵略!?」というタイトルで3ページの単独取材記事を組まれ「ブログ暴走娘」と呼ばれる[30]。ブログで「ありのままの自分」を出していた一方で、握手会の場では「ありがとうございます」と言い続けることもあったという[31]

コスプレは元々、NMB48のスタッフから「やめろ」と注意されていたが、結果的には「ダメって言われたらやりたくなる。それからは、あきれられましたね」と述べている[32]。同じチームMの村上文香は、新幹線にコスプレしたまま乗ったり、化け物のマスクをして街中を歩く素行を指して「チームMの恥」と称すると同時に「自分らしさを素直に出せるのはすごい」と評している[33]

AKB48グループにおける成人式では、ほかのメンバーが振袖姿を身にまとう中、木下はメンズもののベージュのスーツである国鉄の車掌服で登場した[22][34]。晴れ着姿は、先ずは親に直接見せると決めていたため、成人式では尊敬している父に関連するこの衣装を着用した[22]

Google+における、AKB48グループの部活動では美術部に所属している[35]

NMB48での参加曲[編集]

シングル選抜曲[編集]

NMB48名義

AKB48名義

アルバム選抜曲[編集]

NMB48名義

AKB48名義

劇場公演ユニット曲[編集]

チームM 1st Stage「アイドルの夜明け」

  • 天国野郎(1st UNIT)
  • 残念少女(2nd UNIT)

チームM 2nd Stage「RESET」

  • 奇跡は間に合わない

チームM 「アイドルの夜明け」公演

  • 愛しきナターシャ

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

配信限定[編集]

リリース日 曲名 公式MV
- 2019年7月3日 わたしのはなし kinoshita「わたしのはなし」 - YouTube
- 2019年7月24日 デリートデータ kinoshita「デリートデータ」 - YouTube
- 2019年8月14日 生きる kinoshita「生きる」 - YouTube
- 2020年2月5日 ダンスナンバー 木下百花「ダンスナンバー」 - YouTube
- 2020年8月5日 少しだけ、美しく 木下百花「少しだけ、美しく」 - YouTube

アルバム[編集]

リリース日 タイトル 収録曲 公式動画
1st 2020年12月16日 家出 1:強さ
2:世界の宿題
3:料理教室は似合わない
4:5秒待ち
5:卍JK卍
6:ダンスナンバー
7:少しだけ、美しく
8:いい人のフリ
9:わたしのはなし
10:アイドルに殺される
11:ひかる
作品紹介映像 - YouTube

ソロ楽曲[編集]

出演[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

テレビアニメ[編集]

  • AKB0048(2012年) - 鰐淵恵 役
  • AKB0048 next stage(2013年) - 鰐淵恵 役

映画[編集]

イベント[編集]

書籍[編集]

雑誌・新聞連載[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 木下百花 Showtitle公式
  2. ^ 初日☆木下百花 - NMB48オフィシャルブログ(2011年2月5日)
  3. ^ “アニメ「AKB0048」公開オーディションで声優選抜9名決定”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2011年12月13日). https://natalie.mu/music/news/61195 2020年10月25日閲覧。 
  4. ^ NMB木下百花が足のけがで7月まで休養 - 日刊スポーツ 2012年6月24日
  5. ^ NMB48・木下百花、28日握手会から復帰! - スポーツ報知 大阪版 2012年7月26日
  6. ^ “NMB48 白間美瑠と矢倉楓子がダブルセンターへ!”. リアルライブ (フェイツ). (2014年10月1日). http://npn.co.jp/article/detail/55878962/ 2016年9月19日閲覧。 
  7. ^ “NMB48・木下百花…ソロMVでキス、添い寝の“ベッドシーン””. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年12月7日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161207-OHT1T50266.html 2016年12月10日閲覧。 
  8. ^ “異端アイドルNMB48木下百花が卒業発表「今後のことは追々」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年7月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2094896/full/ 2017年7月30日閲覧。 
  9. ^ a b 木下百花 × 友人1人(中華一番) 〜アイドルとして最後の暴挙〜”. LOFT PROJECT SCHEDULE. ロフトプロジェクト. 2017年9月27日閲覧。
  10. ^ a b 『木下百花・更生施設 祝!出所イベント』/チケット先行発売のご案内”. NMB48公式サイト. Showtitle (2017年9月19日). 2017年9月26日閲覧。
  11. ^ “NMB48木下百花が卒業 最後の言葉に胸が熱くなって仕方ない…「史上最大に問題児だったと思うけど」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年9月27日). https://mdpr.jp/music/detail/1717459 2017年9月27日閲覧。 
  12. ^ “NMB卒業の木下百花、芸名を「百花」に改め再始動 11・30にソロイベント開催”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年11月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2099947/full/ 2017年11月6日閲覧。 
  13. ^ “元NMB48木下百花、再始動で改名&“教祖化”&バンド結成などを発表<インタビュー>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年11月6日). https://mdpr.jp/interview/detail/1725132 2017年11月6日閲覧。 
  14. ^ 月刊AKB48グループ新聞』3月号
  15. ^ a b 木下百花 NMB48名鑑 ― スポニチ Sponichi Annex - スポーツニッポン
  16. ^ a b c 『NMB48 COMPLETE BOOK 2012』(光文社[要ページ番号]
  17. ^ a b 木下百花「ももたす^ω^ 地上に舞い降りた 堕天使 絵日記 第13回」『週刊プレイボーイ』第31号、集英社、2013年8月5日、 114頁。
  18. ^ 『月刊エンタメ』(徳間書店、2012年3月号)
  19. ^ [1] - NMB48オフィシャルブログ(2011年10月10日)
  20. ^ FM OSAKA 〜あつまれ!MUSIC COASTER 2012年1月9日
  21. ^ Google+ 本人投稿記事 2013年1月23日付
  22. ^ a b c “成人式で話題のNMB48木下百花、国鉄服チョイスの裏に秘話「かっこいい」「最高の親孝行」の声”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年1月10日). https://mdpr.jp/news/detail/1653611 2017年5月25日閲覧。 
  23. ^ a b 『NMB48 COMPLETE BOOK 2012』(光文社)本人談
  24. ^ 第33回「Kiss」 - MBSうたぐみ Smile×SongsMBSラジオ)2012年1月4日
  25. ^ アニメ「AKB0048」公開オーディションで声優選抜9名決定 - ナタリー(2011年12月13日)
  26. ^ 『「ズバリ萌え神から産まれただろっ!」木下百花の萌えキュンぽいんと☆』 - NMB48オフィシャルブログ(2011年3月10日)
  27. ^ 「木下百花さんがまたまた重大発表。どうする??どうするの???」 - NMB48オフィシャルブログ(2011年10月16日)
  28. ^ 「キモヲタ!二期生、中川紘美・ω・*」 - NMB48オフィシャルブログ(2011年10月18日)
  29. ^ 面白ブログの秘訣は『思うがままに書け!』木下百花・大谷莉子/NMB48事件簿【紙面連動コラム】 - デイリースポーツonline 2011年8月25日本人談
  30. ^ 「我らが週刊プレイボーイ様に木下百花が……。多分きっといや確実に一週間以内に僕は死ぬ…」 - NMB48オフィシャルブログ(2011年9月26日)
  31. ^ 「木下、今日は真面目だからおとなしく正座して見てね」 - NMB48オフィシャルブログ(2011年10月2日)
  32. ^ 『月刊AKB48グループ新聞』3月号本人談
  33. ^ 「木下百花の百花繚乱」(スポーツ報知)2012年5月27日
  34. ^ “NMB木下百花、成人式で超異彩…国鉄車掌服で登場”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2017年1月9日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/09/0009814541.shtml 2017年5月25日閲覧。 
  35. ^ 片山陽加 - Google+(2012年2月15日付)
  36. ^ “おはスタ:大人向けの深夜版が誕生 山寺宏一がMC復活”. MANTANWEB (MANTAN). (2016年10月3日). http://mantan-web.jp/2016/10/03/20161003dog00m200031000c.html 2016年10月3日閲覧。 
  37. ^ a b 木下百花のTV出演情報”. ORICON NEWS. oricon ME. 2017年12月1日閲覧。
  38. ^ “E‐girls石井杏奈と渡辺大知が震災ドラマで共演、淡い恋心も…”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2015年3月10日). http://dogatch.jp/news/nhk/31917 2016年9月19日閲覧。 
  39. ^ LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版:作品情報”. 映画.com. 2016年1月25日閲覧。
  40. ^ “百花(元NMB48木下百花)再始動イベントが“カオス”だった ファンも涙するほど才能ほとばしる<イベントレポ>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年11月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1731426 2017年12月1日閲覧。 
  41. ^ “NMB48で“トガる個性”木下百花、ファッションアイコンとして台頭 『KERA!』編集長「新しいジャンル必ず作れる」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年7月5日). https://mdpr.jp/news/detail/1595978 2017年5月25日閲覧。 

外部リンク[編集]